新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

何で日本って銃の所持が合法化されないんですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (13件中1~10件)

戦国乱世が終わって秀吉の刀狩が行われたのが嚆矢です。

下々の者たちから武器を取り上げてお上に歯向かえないようにしたんです。
江戸時代になると、武士でもおいそれと刀以外の武器を携帯できなくなり、刀は身分の証となります。
明治維新後もそれに倣って、武器の形態所持について厳しい統制を行いました。
まあ、いずれの時代もちゃんと法律に則って合法的理由があれば所持の許可を得られています。
    • good
    • 1

犯罪が増えるからズラ‼️(^◇^)

    • good
    • 0

必要性がないからだと思いますよ



銃がある国と、銃がない国と

どちらの方が安全なのか?

議論は尽きないけどね
    • good
    • 0

戦前には護身用の銃の所持は比較的自由だったみたいだね。

拳銃なんて結構安価で買えたみたいだし。でも終戦後に銃砲等所持禁止令が出て狩猟用等を除き民間の銃の所持は禁止されることになった。日本人に銃持たせたらろくなことにならんってアメリカ人が断じたのかもしれない。それに加えて戦後の日本人はアメリカ人の決めたことに盲従するっていう社会習慣ができたから、そのそれが継続してるってことで。
    • good
    • 0

「銃が合法のアメリカの人々はみんなイカれてるということでしょうか?


どうぞお答えください」
マヌケな問いで、論点がズレまくりだろう。
何でそっちにズラス?
自分の胸に聞いてみてね?

日本の安心安全は銃社会でない事も一つの理由なのだよ?
隣に住んでる人が銃を乱射して流れ弾が飛んでこようが、街中で発砲事件が起こって…以下略
それで貴方や貴方の家族が犠牲になっても良いのだね?
アメリカ人だって銃社会に反対している人はいるのだけど?
ホラ、墓穴を掘り掘りしだしたね。
言えば言うほど暴露されていくよ。

それで?
「カッターや包丁と銃とドッチが危険かなんて、誰でもわかるよね?」
「銃の撃ちあいでもやるつもりなの?」
とかの貴方のオカシイ部分の指摘は?

貴方に限らず、論点ズラしや屁理屈言う人の戯言は聞き飽きてるよ。
    • good
    • 1

「~頭がイカれたやつは銃が合法~やることやってるし」


「別に学校の家庭科で使う包丁やカッター~言ってることは矛盾してるように感じるわ」
何屁理屈言ってるの?
カッターや包丁と銃とドッチが危険かなんて、誰でもわかるよね?
イチイチ説明する必要あるの?
引き金絞るだけで人を離れたところから殺せるのだよ?
何寝言言ってるのかな?

「~自分の命は自分で守る
シンプルにそこなんだけどなぁ
警察とかアテにならなくね?」
正気で言ってるの?
銃の撃ちあいでもやるつもりなの?
N0.5もそうだが、他の国の情勢と日本をゴチャマゼにしすぎ。
警察だって銃の撃ち合いするより、そうならない方が市民を守りやすいに決まってるし、色々突っ込み何処以前に、マヌケな言い訳言い逃れにしか聞こえない。

本気で言っているのなら、思考回路がショートしているレベルで色々イカレているよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おお、人のこといかれてる呼ばわりですか笑笑
ありがとうございます
では銃が合法のアメリカの人々はみんなイカれてるということでしょうか?
どうぞお答えください

お礼日時:2022/03/07 10:40

戦国時代から


鉄砲はありましたが
鉄砲を使うと
お互い構えますから
なかなか戦が始まらない

鉄砲を持つのは
刀を持てない
戦に駆り出された農民などなのですね

戦に本物の武士の出番がない

そこで
鉄砲のない
お互いが名乗りをあげる
以前の刀の戦に戻りました

その頃から
戦うということは
どういうことかという
概念ができたのですね
    • good
    • 0

戦後GHQによって、銃所持が規制されたからです。

 憲法と同じく、ポチはご主人様が決めたことを、そう簡単にはひっくり返せません。 

「日本で銃が原則禁止されている理由」として、秀吉の刀狩りだとか、明治の廃刀令を出す人が多いですが、正直言うとかなり見当はずれな主張です。 
 護身用の武器の所持ということでいうのなら、その二つとも禁止などされていません。 江戸時代でも民間人が護身用の刃物を所持携帯することは違法ではありませんでしたし、廃刀令以降も個人が護身用の刃物や銃器を所持することは普通に行われていました。

たとえ護身目的であっても、一切の武器の所持や使用を民間人に禁じたのは、戦後のGHQによる政策によるものです。 占領政策をとる上で、つい先日まで敵国であった国の民間人がたとえ微かであっても武器を手に取り戦力となることは絶対に避けなければならないわけで、ある意味で当然の政策ではあったのですが、その徹底っぷりは少々常軌を逸したものでした。 数年間続いた戦争においてアメリカは日本に対して根深い恐怖心をいだいており、それはほとんど妄想・幻想に近いものに達していたのが理由だと思われます。

禁止しようとしたのは武器だけではありません。 柔道や剣道といった武道に対しても同じです。講道館が「柔道はスポーツであって武道ではない」という方向で粘り強く交渉することでなんとか生き残った(その結果、武道として発展していた講道館以外の柔道は戦後を境にして壊滅してしまった)なんてのは良い例です。

武器は悪いものである。 戦おうとするのは悪いことである。 戦力や武力は持ってはいけないものであり、それについて知ろうとしたり調べようとするすらも行ってはいけない悪いことである。 そういうふうに徹底的に叩きこまれました。「戦後日本の洗脳工作(WGIP)」の一環ですね。

それが、戦後数十年経った今でも機能し続けているというわけです。「日本の銃規制が厳しいのは、(GHQではなく)秀吉の刀狩りのおかげだ」という、明らかに誤った認識が一般に広まってしまっているのもその一環でしょう。
    • good
    • 1

日本でも銃の所持は合法化されています


誰でも簡単には持てないってだけです

販売や所持が強く規制、限定されている元々の理由は、戦後の混乱期に軍用銃が大量に民間に出回って治安維持が難しくなったため、規制が強化されたってのが理由です
要は銃による凶悪犯罪を極力減らすためですね
    • good
    • 0

秀吉の「刀狩り」、明治維新後の「士族の乱がすべて鎮圧されたこと」、そして「憲法発布と国会の開設」。



以上から戦いは殺し合いではなく、言論を武器とすることになった。

遠い昔の話で云えば、聖徳太子の十七条憲法の「和を以て貴しとなす」という暴力否定の話し合い文化がある。近世のことで云えば明治天皇の五か条の御誓文の「万機公論に決すべし」が同様の考え方だろう。
このふたつは日本の古くからの話し合い文化が、連綿として途絶えていなかったことを示している。

ゆえに銃は合法化されない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど

お礼日時:2022/03/07 08:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング