プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

今どちらの方が優勢でとかもイマイチ分からないのですが、どのような結果になると皆さんは予想しますか…?

A 回答 (11件中1~10件)

ロシヤ敗北は必然。

経済制裁で滅亡する。
ウクライナはほぼ壊滅状態になる。一時的にロシヤが占領する。長期占領するには70万の軍隊が必用だが、侵攻前の20万人のままで兵力は減っている。長期化すれば欧米が支援するゲリラが優勢になる。占領は経済的にも不可能。勝利が得られないプーチンは失脚しウクライナから撤退。クリミヤも放棄する。黒海艦隊滅亡。
ロシヤは撤退しても欧米日本の経済制裁は解かれないので欧米に降伏し武装解除される。
ロシヤは解体され非武装地帯になる。沿海州はウクライナ領、樺太、千島は日本領になる。

厄介なのはプーチンの最後っ屁でワシントン、ニューヨークなどに核ミサイル発射。
    • good
    • 1

アメリカはウクライナに武器を送るだけではなく、


それを扱える元兵士を志願兵という形で送り込んでます。
そして、ウクライナをドロ沼化させるでしょう。

プーチンがウクライナで手一杯になってるところ
アメリカは、ロシア国内の反政府勢力に金を与えるなどして
いろいろ工作し、ロシアの政権を弱体化させます。

たぶんロシアは、シリアやイランなど中東で戦争が起こるように
飛び火させて、アメリカの矛先をウクライナから中東に向けさせると
思います。ロシアはウクライナを制圧します。
しかし、中東での戦火が続き、たぶんアメリカとロシアの核が
使用されます。

そして「仁義なき戦い」は続く。
「狙われるもんより狙いもんのほうが強いんじゃ!」
    • good
    • 1

ロシアの支配下にはいり


ロシアは西側を拒絶反応が酷くなる。

西側に売らない!

世界の食料危機がおとずれる。
日本は所得が上がらずにインフレ突入
小麦、大豆が暴騰
    • good
    • 2

どう転んでも ウクライナの勝ちは 戦力・戦況から考えても無理。


唯一勝つとすれば NATOの参戦と アメリカの軍事介入 中国の傍観のみ。

それが起こり得るとしたら 南ウクライナ原発の破壊。
現在ロシアが取ったザポリージャと並ぶ巨大原子炉が破壊されれば ウクライナ南部と地中海は放射能で汚染される。
NATOは国民を守るため参戦するしかなく アメリカもロシアにさらなる核攻撃をさせないと介入する。

ウクライナは日本同様 多くの原発の盾を持っており ロシアはまずこれを制圧しようとした。
「まさかそこまでは」と考えていたウクライナは 出足が遅く ザポロジェは一部破壊に留まり 全壊爆破にならなかった。
実効支配しているクリミアとロシア本国にも放射能被害があり ロシアの全面攻撃の恐れもあったのだろう。

だが南ウクライナは ほぼ黒海 地中海のみが被害の対象となる。
破壊は誰が行おうと攻めたロシアの責任になり 世界中の非難が集中する。
これのみが ウクライナが勝利できる道筋。
だから ウクライナ政府さえ この件は 信用できない。

しかし未来は悲惨だ。
暗澹とした暗闇の中 街が放射能の炎に燃え 世界は数多くの戦火に包まれる。
そうしないためには NATOは南ウクライナ原発に対してのみは 防衛しなければならない。
むろんアメリカには 物資と金銭の援助のみを願う。
ここにアメリカ軍を入れてはいけない。
危険だから。

あるいは むしろ積極的にロシアに無抵抗で占拠させ そのままムィコラーイウ州とザポリージャ州の一部の統治権を譲る手がある。
そうなれば 電力の約40%は奪われるが 何年かの間はロシアの方から安く供給する。
停戦の条件として これらを交渉材料とすれば ロシアとしても安心を得られる。
そのかわり ウクライナの自治と 軍の保持は認めさせる。
停戦後 完全終戦を以て ムィコラーイウ州は即時返還するとする。

現状 誰が南ウクライナ原発を破壊してもおかしくない。
    • good
    • 1

いま国外退去に対して その場所を休戦エリアにする事になった。


民間人が居ないと解釈され ミサイルによる一斉攻撃 地形が変わるぐらいの攻撃になるだろう それが各地で行われウクライナは国としての機能を失い 降伏以外ない状態になる。
同時進行で原発の確保が行われてる 電気切られれば…。
仲裁に入った国とロシアで線引きが行われ 手打ち。
    • good
    • 2

ウクライナが勝つ。


罪の無い人を殺した罪は重い。
まず、プーチンは敵を作りすぎた
会談にも独自論で突っぱねる。
ウクライナ軍は、アメリカの武器を大量に貰ったせいでかなり強い。ロケットランチャーで、戦車を燃やしまくってる。あの、一発で戦車壊せる武器凄いよね。
プーチンさ、意味のない兵力拡大してるけど、こねままだと、弾劾訴追されて、侵攻や破壊、殺人の罪で拘束される可能性が高いです。
それをいつやるかは、頼りないバイデンが決めます。
    • good
    • 2

ウクライナの一部を削ってロシアに併合。


キエフ陥落の前にそれで合意する。
それ以外に落としどころがない……。
    • good
    • 2

多国が介入しないのであれば


ウクライナはロシア領になる。

他国の関わり方次第では最悪、世界戦争に発展する可能性もある。

そうなれば中国、北朝鮮、イラン辺りがクセ者。
今も北朝鮮はミサイルを開発し日本海側へ向け打っている。

アメリカの犬、我が国日本には、いつ、どこからミサイルが降ってきても
何も仕返しすら出来ない無意味な憲法を擁護する者に阻まれ
再び原爆被害国となり、ドサクサ紛れで中国に日本は占領される
シナリオも準備されているかも。
アメリカも世界戦争となれば日本を助けるなんてレベルではないので
日本が先に滅亡する可能性もある。

戦争を仕掛ける国は日本レベルの冷静な対話なんて
求めていない。
中国、韓国、北朝鮮も同様。

ロシアが求める詳細を世界が本気で耳を傾け
円満解決に向けた調整と、こちらからの要件を
和平条約に盛り込み決着させるのが最大多数の最大幸福であることに
間違いはない。
(戦争を仕掛けたロシアは悪いがNATOにも問題がある)

欧米等が優勢だからと言って勝てるレベルではない
どちらかの核弾頭が発射された時点で、世界はカオスとなる。

ロシアの財政は破綻寸前、最悪のシナリオは既に用意されている。

結果、プーさん死去、ウクライナ大統領暗殺が成立すれば
時代は大きく変わる。
またはロシア内の軍事クーデターがあれば時代は良い方向に
変わる。

なので各国のトップ次第で局面は大きく変わる要素があると
思います。
    • good
    • 1

1.ウクライナによる「ドネツク人民共和国」「ルガンスク人民共和国」の承認。


2.ウクライナによるNATO加盟方針の撤回。
3.ゼレンスキー大統領の退任。
    • good
    • 2

プーチンが暗殺されるか、クーデターで排除されて、無事収まる。

 プーチンが大統領に留まる限り、経済制裁で国民が如何に苦しもうと、絶対に中途半端に妥協しないし、西側諸国も力による現状変更の悪しき例を残すような妥協をしない。 早くプーチンを排除しなければ、侵攻ロシア軍が劣勢に立った時に、プーチンは核兵器を使うかもしれないのが恐ろしい。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング