色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

USD 60%
EUR 24%
JPY  4%
国際間の決済ではドルが当たり前のようです。なぜ、なのでしょうか?
また、ユーロもかなり頑張っており不思議ですがなぜですか?
そして、日本円は使われるだけまだましですが、ドルやユーロと比べると1桁も少ないです。なぜこんなに不人気なのでしょうか?
米国型資本主義はそろそろ行き詰まり感があるとも、聞きますが、世界でいるとドルは非常に強く理由が知りたく思っています。
宜しくお願い致します。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

国際間の決済ではドルが当たり前のようです。


なぜ、なのでしょうか?
 ↑
世界最大の経済大国、軍事大国で
信用があるからです。
ジンバブエドルなど、危なくて使えません。



また、ユーロもかなり頑張っており不思議ですがなぜですか?
 ↑
ユーロ経済圏は、規模で言えば米国を
凌ぎますし、政治的にも安定しています。



そして、日本円は使われるだけまだましですが、
ドルやユーロと比べると1桁も少ないです。
なぜこんなに不人気なのでしょうか?
 ↑
よく頑張っているな、という感じがします
けどね。
米国、ユーロに続く国際通貨ですよ。
ポンドを上回ります。
ユーロは沢山の国の集合体です。
国家単体でいえば、日本は二位です。



米国型資本主義はそろそろ行き詰まり感があるとも、
聞きますが、世界でいるとドルは非常に強く
理由が知りたく思っています。
 ↑
中国元など信用出来ないでしょう。
共産党の都合で、いつどうなるか判りません。
また、暴動が年に20万件も発生しています。
そんな国の通貨など信用出来ません。

こういうことを考えれば、やはり
米国ドルでしょう。
    • good
    • 0

第二次世界大戦の結果、米国以外の主要国は戦災で荒廃し、特に西欧諸国は米国主導で復興した。


米国が西欧諸国にマーシャルプランを提示した。おそるべき巨額のドルをただで援助するというお話だ。ただし、原則としてカネをくれるわけではなく、必要な物資を提供するというお話。そして必要な物資の大半は米国が製造して西欧に送るという仕組み。米企業は米国政府の予算で大儲けし、欧州市場にも大々的に進出して復興した西欧からさらなる大儲け。米国政府も税収が大幅アップして無償援助の元が取れるという算段だ。

かくして米国産業は、西欧が復興している間にゆるぎない地位を築き、世界金融もドルのひとり勝ち状態になった。
だからドルは世界最強の基軸通貨として国際貿易決済で最も使われるようになった。
    • good
    • 1

昔は、国際間取引85%ぐらいドルだったとか?



これでも大分、他の通貨へ分散されたのでは?(シェア自体は下降?)

第一次世界大戦後、欧州は戦後処理で大変だったけど、アメリカが債権国になって、敗戦国ドイツに金を貸し、欧州経済(世界的に)を立て直そうとしたけど、

世界恐慌になり、ドイツ(ナチスドイツ帝国)が一方的に借金を返さないと言ったけど、

第二次世界大戦後も、アメリカが戦争に勝利し、世界の経済を牛耳ったからなのでは?【戦争で儲けたし(軍事兵器など)】

今も、そうだよね。

アメリカは、若い世代の人口比率が高く、今後、景気が良くなる事を同盟国、日本はじめ、世界が望んでると思いますよ。(少なくとも西側は)

世界一の石油産油国はアメリカなんだって!

これから、アメリカは、軍事兵器(F-35なども)と、石油でも儲かるのかな?【アメリカは借金国債あるから、日本としてもアメリカ政府に倒産されたら困るんでしょうね、しないけど】

アメリカは、軍事力、経済力、法律(世界的な)で、TOPレベルなので、
同盟国日本としては、仲良くして置いて損はないと思いますけどね。

逆に、日米同盟がなければ、中国、ロシア、北朝鮮がね。。。。。。
(素人見解ですが、いかがですかね。。。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング