プロが教えるわが家の防犯対策術!

日本ってなんで原爆2つも落とされたの?
まぁまだ1つなら分からんでもないよ。こんな兵器があるぞということを示すためにしょうがなかったとかあるんだろうし。良くないことだと思うけどまぁ分からんでもない。
けど2つも落とす必要ある?

A 回答 (11件中1~10件)

ウラン型とプルトニウム型の2種類を開発してたから「どちらも落としてみよう」ということでしょ。



運搬だけでも数週間かかる。
思い付きでできる作戦ではない。
    • good
    • 1

1個目で日本が降伏しなかったというのが1番の理由だと思います。



プルトニウム型の実験がしたかったというのもあるかもしれませんが、プルトニウム型は地上爆発で実験済みなので、決定的な理由ではないと思います。
    • good
    • 1

当時は、ソ連も原爆を計画しており、アメリカと競争状態でした。



原爆を使用しなくても、日本の降伏は時間の問題でしたが、その後の主導権争いで、アメリカはソ連より優位に立ちたかったのです。

そこで、実験もせずにウラン型を広島に投下し、プルトニウム型の所有も見せつけるために長崎に投下したのです。

すべては、対ソ連です。
    • good
    • 1

ウラン型とプルトニウム型。


二つあったら試してみたいじゃん。
    • good
    • 2

トルーマンは原爆投下しなくてもいろいろな情報で日本は降伏することは分かっていた。


トルーマンは終戦になってしまうとマンハッタン計画で使った巨額の税金の無駄を追及されるのを恐れた。原爆使ったから日本がやっと降伏したという言い訳するため慌てて2発落とした。プーチンと大して変わらない下劣。
    • good
    • 5

1つには実験です


開発した核爆弾の実地での実験を行ったのです。

2つには、日本人を皆殺しにしたいという国民感情。
宣戦布告なしに真珠湾攻撃を行い、アメリカ人を殺した日本に対する憎悪です。

戦争とはそういうものです。
    • good
    • 1

ウラン型[広島で使用]とプルトップ型[長崎で使用]の実験だね。



どこぞの砂漠に家を建ててダミー人形を設置すれば、爆発の被害データーはとれるけれど、実際の人体への長期影響や殺傷力データはとれない。
 ⇒真偽のほどはわからないが、広島や長崎で住民が全滅しなかったことに落胆したと聞いている。
 ⇒『終戦後、被爆者を治療するためにアメリカは医師団を派遣した』というのは事実と違う。広島などで血液などの検体(サンプル)を採取していたABCCは学術的な調査をするだけでありまともな治療は行わなかったというのは、被爆者たちの生の声として伝えられている。
  →その時代に経験したことを書いた「はだしのゲン」でも言及されている。
    • good
    • 1

投下された原爆の数よりも、なぜアメリカはドイツに原爆を投下せずに、日本にそれをしたのかが重要だと思います。

それは、日本が有色人種の国だからです。この件については書かれた本がありますので参考にされるといいと思います。
    • good
    • 1

>こんな兵器があるぞということを示すため


という事は、

こんな兵器もあるぞ!
 ↓
これは、かなわないな
 ↓
降伏

という意味ですよね?

こんな兵器もあるぞ!
 ↓
降伏しなかった。
 ↓
「降伏させるための意味なかった」
 ↓
何発も落とせるぞ!(2発目)
 ↓
これは、かなわない
 ↓
降伏   となりましたよね。
    • good
    • 2

2つの原爆は方式が異なるもので、米国からしたら


威力を確認する実験の側面もあったので、
2つ落とす必要があったのです。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング