社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

この前、配偶者特別控除について質問して解決したのですが、もう一つ生命保険料控除について疑問点があります。

2017年度(平成29年度)の確定申告で生命保険料控除の項目を入れ忘れていたので更正の手続きをする予定です。

その年度は、源泉徴収税額と還付金の額が同じだったので生命保険料控除を入れ直して申告してもこれ以上還付金は戻らないと思うのですが、住民税は還付される可能性はありますか?

生活保険料控除をすると、住民税は節税できると書いていたのでお聞きしたいです。

所得税の還付金は受け取っていますが、払い過ぎた住民税を還付したい今回のケースでも e-taxで更正の手続きをすれば問題ないですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

>源泉徴収税額と還付金の額が同じだった…



それだけでは住民税の判断までできません。
源泉徴収票に書かれている字句と数字を全部書き出してください。

と言うか。その翌年平成30年は住民税の「所得割」がかかっているのですか。
均等割 5千円前後のほかに、所得割がかかっているなら、生命保険料控除の追加により還付される可能性はあります。

>e-taxで更正の手続きをすれば問題ないで…

所得税を 1 円も納めなかったのに「e-Tax = 確定申告」は関係ありません。
するなら市役所に「市県民税の申告」(の更正の請求) です。

問合せも、魚の調理法を八百屋に聞いてはいけません。
税務署でなく市役所の税務担当部署です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
無事解決しました。

お礼日時:2022/03/31 11:45

2018年の住民税はいくらくらいでしたか?



それなりに支払っていれば、還付されるかもしれませんが、
4‐5000円/年程度であれば還付はないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
あれから解決しました。

お礼日時:2022/03/31 11:47

e-taxであれ手書きであれ、源泉徴収税額が全額還付されてるなら、所得税の更正の請求はできません。


そこで住民税の申告について「控除が漏れていた」として更正の請求をすることになります。
つまりNO3回答者様の言われてる事が「そのとおり」という話になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
無事解決しました。

お礼日時:2022/03/31 11:46

市税事務所へお問い合わせ下さい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2022/03/31 11:45

住民税は、還付ではなく、


次の年度徴収分が減額される、という対応になります。

確定申告は電子提出(e-tax)のほか、紙の提出でも同じです。

> 2017年度(平成29年度)の確定申告で
確定申告は、年度単位ではなく年単位です。
そのやり直しができる期間は5年間です。
時効ギリギリなので、税務署に直接確認されたほうが良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
解決しました。

お礼日時:2022/03/31 11:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング