「教えて!ピックアップ」リリース!

あなたは何に対して「真剣」になれますか?

その真剣の度合い、数値化が難しいということは重々承知していますが、あえて表現するとしたら
MAXどのくらいの度合いになりますか?

A 回答 (20件中1~10件)

最大値はあると思います、それは自身の命の重さです。

この人生に於いて、又一回限りの人生に於いて、自分は何者かとか、人生とは何ぞや?という問いに挑戦したくないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そこに真剣になれるということですね?共感できます。

お礼日時:2022/03/19 15:28

問題指摘referenceも覚醒、啓蒙enlightmentも発信者サイドで成立しないから、苦労するんです。



特に指導者、上司として苦労するんです。受けとり手の自由ですまないこともあります。取り返しのつかないこともありますから。

まして、サービス業界なら、あなたのように、発信者サイドの問題ではない、と切り捨てられなく、こちらの責任が問われることも多いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

企業の中では、企業の論理がありますし、組織の論理もあります。

企業の論理とは、昨今では100%利益を効率よく上げること、と言っていいでしょう。組織の論理は、企業により若干の違いがあります。
そこに、一対一の人間同士の指摘・啓蒙とは異なる複雑さがあり得ます。

上司が指摘をして、部下が無視をして会社の損害になった場合、上司の責任になることが多いでしょうが、そうでない場合もあります。それは、企業・組織の論理故のことです。

お礼日時:2022/03/19 15:24

指摘も啓蒙も、発信サイドで完結するのではないでしょう。

あなたの意見には、指摘は、指摘として、啓蒙は啓蒙として、存在しているもの言いです。

言葉は、相互了解で成立すると思います。だから、あなたもぼくに自身が得心するまで問い続けるのでしょう。それは指摘や啓蒙にも言えるのです。

どちらも言語によるやり取りです。一方的了解で成立しません。相互了解で指摘も啓蒙も成立すると考えています。それだけの話です。難しいことではないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

指摘や啓蒙は発信側の行為で、発信した時点で一応成立すると考えていますよ。それが受け手に受け入れられたときに「完結」ということになるでしょう。

私は指摘や啓蒙は、基本的に一度で十分であると考えています。伝われば、ですが。伝わらなくても、そう何度も言えるものではありません、うるさいと思われますからね。上手く伝えるために、努力、工夫、配慮はしなければいけません。

受け入れる入れないは、受け手の自由ですから、発信側の問題ではありません。それだけの話ですね。

お礼日時:2022/03/13 21:45

指摘を「受け取った者の判断」に任されるでしょうね。

だから、努力、工夫、配慮が、つど、必要になると思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

指摘・啓蒙をする側は、受け入れられることが目的であるはずなので、努力・工夫・配慮はその人なりに当然しますよ。

私の聞きたいことに対する答えをお持ちでないか、あるいは何らかの理由で明らかにできないか、と判断しました。

論点が浮遊するんです。絞れない、飛ぶ、掴もうとしても掴めない。そんな印象でした。

それは、あなたの師匠もそうでした。

お礼日時:2022/03/13 20:59

enlightment(啓蒙)も、こちらからの指摘によって、聞いた相手が、「あ~そういうことなのか?」と気付きと「納得」がないと、啓蒙=enlightment (=相手の心と思考に気付ける灯火を灯す)ことにはならないですね。

これも、「受けとり手次第」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

指摘、啓蒙ともに発信側の行為です。それを受け入れるか否かは受け手の意志です。それなのに、受け入れられないから指摘・啓蒙にならないというのは、言葉の意味からして違うと思います。

勿論、受け入れられて初めて「実がある」とは言えますが。

私がお尋ねしたことは、発信側の行為のことで、指摘・啓蒙と押しつけ・暴力の違いのことです。

例えば、「ハラスメント」、その行為を一人でもハラスメントと感じたならば、それはハラスメントである。そういう意見がまかり通っている部分がありますが、指摘・啓蒙も一人でも押しつけ・暴力と感じたならば、それはそうなのであるということでしょうか?

お礼日時:2022/03/13 20:27

ぼくの中にあるのでなく、「他者の解釈の中にある」と、言ってますが?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

他者の解釈は多様であり、正反対のものも有り得るものですから基準にはなり得ない。それを基準にするというのがそもそもおかしいのです。

基準は他者の中にあるのではなく、他者の解釈を「選ぶぼく」の中にあるのではないですか?

お礼日時:2022/03/13 19:53

先ほど、ご自身が指摘されてますね。

自己の価値観の押し付けをしていないか?自分から他者への暴力発信の警戒です。だからこその私的なんです。エシックス=生き方ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は、「指摘あるいは啓蒙と、押しつけ、暴力の違いをどこに線を引いておられますか?」とあなたにうかがっています。

そのお答えがこれでは、申し訳ないですがピントがずれていて、理解できません。文章そのものも意味の特定できないものに思えます。

お礼日時:2022/03/13 19:33

これは、紙一重です。

「受け手の解釈」によりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

受け手の解釈は当然様々なものになります。

あなたは、

>同化=意識の暴力への挑戦ですね

とまで仰っているわけですから、当然線引きを踏まえておられなければおかしいということになります、受け手ではなく、あなたがです。

ですから、お伺いしているのです。あまりしつこいと暴力になりますか?

お礼日時:2022/03/13 18:06

指摘結構。

意見交換の場ですから。先の挑戦は「私的」です。そういう意味でいってますよ。公的なルールの提案ではないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう一つ生じてきた問題は、

>同化=意識の暴力

つまり、強引な同化という暴力が存在しているというあなたの指摘です。
これは、あなただけでなく時代の考え方の一つであると思います。それは「価値観の押しつけ」という言葉に端的に表れていると思いますが、あなたは、指摘あるいは啓蒙と、押しつけ、暴力の違いをどこに線を引いておられますか?

本題から逸れていますが、重要事だと思いますので。

それから、私的、公的の立て分けは結構ですが、少し置いておきましょう。

お礼日時:2022/03/13 17:50

まんま。

挑戦です。同化=意識の暴力への挑戦ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「まんま」努力、工夫、配慮そして挑戦?意味不明です。

ケースバイケース…相手が明らかにエゴであると判断できたときにあなたはどうしますか?

「指摘」もあなたの定義では暴力になりますか?

お礼日時:2022/03/13 17:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング