色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

A: 普遍神っていうのは あるかも知れないけれど これが普遍神だって言う主張はおかしくないか?

B: そうだ そうだ。それぞれわが神なんてのは おのおの自由にえらんでいだいていればいい。それが 普遍神だ。

C: ただ それでは 何でもかんでも神になっちゃわないか? 無い神も神か?

D: いや。無い神は 神だよ。普遍神というのなら 信教・良心の自由が 大前提だ。

E: だけど ふざけた神でもいいのか? たとえば ポアの思想をゆるす神。

F: たしかに。あのニーチェの阿呆が 復讐のためなら人殺しもゆるすと説くディオニュソスの神をたたえた。ゆるされることではない。

G: まぁ。ただ ニーチェもあとで それは引っ込めたらしいから。

H: ぢゃあ まったく自由ってことか?

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

他人の自由を侵害する行いをした人間をこらしめる神もあなたの言う普遍神たちの中に入っており、しかもその神は人間が復讐に走らなくてもいいよう独立して裁いてくれる。



三権分立の真意ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

なるほど。

あえて長い引用をしてみておきます。

▲ (ローマ書 12:16-21 ) ~~~
12:16 互に思うことをひとつにし、高ぶった思いをいだかず、かえって低い者たちと交わるがよい。自分が知者だと思いあがってはならない。

12:17 だれに対しても悪をもって悪に報いず、すべての人に対して善を図りなさい。

12:18 あなたがたは、できる限りすべての人と平和に過ごしなさい。

12:19 愛する者たちよ。自分で復讐をしないで、むしろ、神の怒りに任せなさい。なぜなら、「主が言われる。復讐はわたしのすることである。わたし自身が報復する」(*)と書いてあるからである。

12:20 むしろ、「もしあなたの敵が飢えるなら、彼に食わせ、かわくなら、彼に飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃えさかる炭火を積むことになるのである」(箴言 25:21-22 )。

12:21 悪に負けてはいけない。かえって、善をもって悪に勝ちなさい。

* 
▼ (レヴィ記: 19:18 ) ~~~
あなたはあだを返してはならない。
あなたの民の人々に恨みをいだいてはならない。
あなた自身のようにあなたの隣人を愛さなければならない。
わたしは主である。
~~~



★ 三権分立の真意ですね。
☆ なるほど。と言いますか そこまで伸ばして捉えられましたか。

たしかに 律法やオシへ〔だけ〕では 弱いですよね。むしろ経験科学の場へ移して取り組んだほうが よいかも。

客観性〔というのは むつかしいですが〕を問い求めたほうが みんなの話し合いにふさわしい。

お礼日時:2022/03/15 05:48

神が客観的存在であれば、それが


何であれ普遍神になるでしょう。

神は、脳の中にしか存在しない、と
なればどうでしょう。

全人類の脳の中に共通して存在する
のであれば、それは普遍神と言えるでしょう。

欧米人の脳にしか存在しない、となれば
それは普遍神とは言えません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 神が客観的存在であれば、それが
何であれ普遍神になるでしょう。
☆ ですね。

すなわち:
① 経験事象から帰納するなら 超自然ないし超経験なるところまたはチカラを 《客観的に推理されたもの》として神とよぶ。

② 概念としての説明には 《絶対性ないし無限》を――経験合理性にじゅうぶんもとづくかたちに成り得ますから――当てる。

③ 認識の対象(じつは 非経験の場ないしチカラゆえ 非対象)としては 経験事象についての可知(既知&未知)や不可知(知り得ぬと証明された未知)のほかに 《非知:すなわち 知り得るか知り得ないかが知り得ないナゾ incomprehensible incomprehensibility 》として定義する。



★ 神は、脳の中にしか存在しない、と
なればどうでしょう。
☆ 概念が ふつうは感じるや考えるの対象と 間接的にしろ 対応するのですが この非知なる神についてだけは――感性の原野も思考の緑野をも超えているからには―― 例外となります。

つまり:
★ 頭の中にしか 〔実証するものが〕 存在しない
☆ 恰好です。

けれども ①~③の説明事項は 有限・相対の経験世界との――つながりと言わずとも――兼ね合いを 無理なく明らかにしていましょう。


★ 全人類の脳の中に共通して存在する
のであれば、それは普遍神と言えるでしょう。
☆ 脳細胞なる知性のハタラキにおいて じゅうぶん科学的に保証された情報足り得ていましよう。



★ 欧米人の脳にしか存在しない、となれば
それは普遍神とは言えません。
☆ 食わず嫌いか または みづからすすんでの痴呆現象かでしょう。どちらも いただけません。

お礼日時:2022/03/14 15:19

うわ~・・・・


やっぱりっていうか、痛い人とは…それっぽかったけれど、
つい衝動的にね・・・・・手を出してしまいました。
修業が足りませんでしたわ…

神を盲目的に信じていたり、定義ではなく根拠のない屁理屈とか、
絶対性~とか 非知 とか、自分でもロクに分かっていない事を理解している様にカッコよさそうに言っている、論理中二病患者や電波な人確定ですね。

取り敢えず、精神科の病院に行く事をお勧めしますよ。
まさかそれを、失礼な事を言うな、とか間抜けな戯言は言わないよね?
頭から血を流している怪我人など、見た目でそれとわかる怪我や病気の人達に病院に行く事を進めたり救急車呼ぶことを、物理か精神の違いでしかないそれを失礼などとは言わないよね?

実年齢が若年層なら年齢的に大人に成る事で、精神的にも大人に成って治る可能性もあるが、実年齢が大人なら、早く自覚して、治療した方が良いですよ。
結局そういう事。
お大事にね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

★ 神を盲目的に信じていたり、
☆ 神は 絶対性ゆえに(そして われわれはおのおの相対的な存在でしかないゆえに) これを認識するには 可知(既知&未知)や不可知(知り得ないと証明された未知)ではなく 非知として――仮りに――捉えなくてはならない。

つまりは 感じるや考えるではなくそれらを超えて《信じる:すなわち 非知なるナゾを無条件で心に受け容れる》という関係になります。


盲目的にではなく 理性を最大限にはたらかせていても 及ばない。ゆえに ただ受け容れる(すなわち 有としてか無としてか 受け容れる)。

受け容れないとして受け容れても 神のばあいは かまいません。




★ 絶対性~とか 非知 とか
☆ けっきょく分からなかったですか。おつかれさんでした。

お礼日時:2022/03/14 09:52

「~人間が派生させた副次機能~」


神という存在も言葉も、人が作り出したものなのだから、副次的に派生させたもへったくれもないよ。
抑々言葉は、時代によっても意味が変わったり追加されていくもので、神だろうと何だろうと、人が作り出したものなのだからそれは変わらない。

「~うむ。なら初めから ゼロだと言えばよいかも」
ゼロではないよね?
人が既に想像した存在として、下地はあるのだからね。

「~一面的だとわたしは思う」
それは此方も、「~神の本質の一つとして~」と言っている事だが、変えようのない事実の一つ。
答えが一つだとは限らないし、事実は事実として、一面的だ何だのと誤魔化したところで何の意味もないし、何にでも成り得るのだしね。

中二病患者の様に、無駄に哲学的な部分に嵌っている感じで、色々ズレているよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

☆☆ 「~人間が派生させた副次機能~」
★ 神という存在も言葉も、人が作り出したものなのだから、副次的に派生させたもへったくれもないよ。
☆ 言葉は人間が持つようになった。ただし 《超自然また超経験なるもの》をみとめたとき これを神という言葉で呼んだ。

非経験なるナゾを 人間が作り出したわけではない。


★  抑々言葉は、時代によっても意味が変わったり追加されていくもので、神だろうと何だろうと、人が作り出したものなのだからそれは変わらない。
☆ 定義をすればよいだけ。しかも神は 絶対性であるゆえ その定義は――いちどしっかりした内容を与えるなら―― もう変わらない。《非知》。



☆☆ 「~うむ。なら初めから ゼロだと言えばよいかも」
★ ゼロではないよね?
☆ いや。《無つまり 無い神》なら ゼロだよ。


★ 人が既に想像した存在として、下地はあるのだからね。
☆ いやいや。《非経験なるナゾ》が 基礎です。《絶対性ないし無限》 これが 概念としての説明。




☆☆ 「~一面的だとわたしは思う」
★ それは此方も、「~神の本質の一つとして~」と言っている事だが、変えようのない事実の一つ。
☆ つまり 《無い神〔という神〕》だけでは 一面的だという意味。それと同等に――そして同時に――《有る神》も あり得ます。両者は 重ね合わせになっている。

神は 絶対性だが 人間は有限で相対的ゆえ そういった対立する二項の同時共存が成り立つ。



★ 答えが一つだとは限らないし、
☆ 神は 有神論と無神論とが自由に互いに対等に しかも同時に 分かれて持たれ得る。こういう《ひとつの答え》であり 定義内容につづく説明です。


★ 事実は事実として、一面的だ何だのと誤魔化したところで何の意味もないし、何にでも成り得るのだしね。
☆ いやいや。《絶対性》よりほかには なり得ません。あったとしたらそれは ただのおもちゃの神にすぎません。


★ 中二病患者の様に、無駄に哲学的な部分に嵌っている感じで、色々ズレているよ。
☆ 定義は 変わらないよ。

お礼日時:2022/03/14 07:56

「まったく自由ってことか?」


その通りだよ。

神→紙→薄っぺらで、そこに書かれたものなら何でもアリアリでご都合主義で曖昧でいい加減で…以下略・・・・というものでしかない。

神 作品だ! 神 曲だ! 神 〇〇だ!・・・・それらが示している通り、神とは安上がりでお手軽でどんな事でも何にでも使いやすい言葉。
定義が人其々異なる曖昧でいい加減な言葉なのだから、当然とすらいえる事。

人の心? 良心? …などなど…だったら最初から、そういえば良いだけ。
なのに何故そんな曖昧な言葉を使うのか?
ハッキリ特定の言葉で明言するより、何方にとっても暈した部分を勝手に脳内で自分達の都合の良い様に補完できて、都合が良いから…などなどといった事も含まれる。

普遍神というより、神自体がそういうものなのだから、普遍も何もあったものではないし、普遍という、例外なく全てのものにあてはまる事、というのなら、それこそ神の本質の一つとして、普遍的な曲げようのない事実であり、それを普遍神の定義としても、御託程度の屁理屈は言えても正しい反論などできはしないだろうね。

結局 神とは、紙 の様に薄っぺらくて、何にでも成り得るものでしかない、
という事。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。


★ 「まったく自由ってことか?」
その通りだよ。
☆ まぁ 良心・信教の自由っていう公理があるからね。


★ 神→紙→薄っぺらで、そこに書かれたものなら何でもアリアリでご都合主義で曖昧でいい加減で…以下略・・・・というものでしかない。
☆ うむ。なら初めから ゼロだと言えばよいかも。空(シューニャター)。


★ 神 作品だ! 神 曲だ! 神 〇〇だ!・・・・それらが示している通り、神とは安上がりでお手軽でどんな事でも何にでも使いやすい言葉。
定義が人其々異なる曖昧でいい加減な言葉なのだから、当然とすらいえる事。
☆ それは 派生的な意味だ。副次的な用法。元の言葉 元の意味をおさえておかなきゃ。


★ 人の心? 良心? …などなど…だったら最初から、そういえば良いだけ。
なのに何故そんな曖昧な言葉を使うのか?
☆ 良心は 微妙ですね。人間がその知性や意志でどうにかしたり機能させたりできるものではない。だから 神の生命性にかかわっていると思われる。

つまり 初めから ゼロだと見なすか。それとも 良心にかかわる生命性のことだと言っていくか。


★ ハッキリ特定の言葉で明言するより、何方にとっても暈した部分を勝手に脳内で自分達の都合の良い様に補完できて、都合が良いから…などなどといった事も含まれる。
☆ そちらは 人間が派生させた副次機能。


★ 普遍神というより、神自体がそういうものなのだから、普遍も何もあったものではないし、普遍という、例外なく全てのものにあてはまる事、というのなら、それこそ神の本質の一つとして、普遍的な曲げようのない事実であり、それを普遍神の定義としても、御託程度の屁理屈は言えても正しい反論などできはしないだろうね。
☆ 認識の問題として 《知り得るか知り得ないかが知り得ないナゾ:非知》と言える。これ 普遍的な定義!?



★ 結局 神とは、紙 の様に薄っぺらくて、何にでも成り得るものでしかない、
という事。
☆ というのは 一面的だとわたしは思う。

お礼日時:2022/03/14 05:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング