プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

こんにちは。

去年の12月31日に退職しまして、その際に退職金を頂きました。
所得税と県民税等が差し引かれております。
去年は傷病手当金のみですので、所得はございませんでした。
退職金に関しては退職所得控除がありますが、更にIdeco・保険料控除や医療費控除は使えるのでしょうか?ご回答、どうぞよろしくお願い致します。

A 回答 (3件)

>退職金に関しては退職所得控除がありますが…



退職金は、会社に「退職所得の受給に関する申告書」を提出してあるなら原則として確定申告は無用ですが、あえて確定申告をすることも可能です。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

>更にIdeco・保険料控除や医療費控除は使えるの…

給与本体の年末調整は受けたのですか。
年末調整で申請しなかったもの、またもともと年末っ調整の守備範囲ではないものを確定申告する場合は、「総合課税」である給与所得から引き算するのが先です。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

総合課税分だけでは引き切れない場合は、「申告分離課税」である退職所得から引くことができます。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …

したがって、退職金だけの確定申告というわけではありません。

給与所得 (や雑所得など) だけの確定申告とは、使う申告書用紙が異なりますのでご注意ください。
必要なのは
・確定申告書 B
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/y …
・分離課税用第三表
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/y …

税金について詳しくは国税庁の「タックスアンサー」をどうぞ。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/ …
    • good
    • 6

No.1です。

回答を書き直します。↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
退職所得の確定申告をして下さい。そうすれば、保険料控除、医療費控除などの所得控除が使えるので、税金が戻ってきます。
    • good
    • 0

昨年の給与所得と退職所得の確定申告をして下さい。

そうすれば、医療費控除など、年末調整で申告しなかった所得控除が使えるので、所得税が戻ってきます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング