最新閲覧日:

こんにちは。
私はいろいろ哲学の本を読んでいるのですが未だに哲学というものが分かりません。岩波書店のゴルギアスを読んでも何を言っているのか分かりませんし、哲学が分かる本というのを読んでもいまいち納得できないのです。分かりやすく教えていただけると幸いです。

どなたかマーフィーの黄金律ゴールデンルールという本を読んだことはありますか。潜在意識の領域のものなんですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

マーフィーの黄金律という本は読んだことがあります。


簡単に言うとプラス思考を進めている本だと思います。
一度読んでみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

 哲学というのは、要するに「『ある』とは何か」を考える学問であり、いわゆる「科学的な視点」で見ていたのでは絶対に理解できないものです。



 俺は空想哲学読本っていう、某研究所から出てる某シリーズのパチモン的なタイトルの奴を読みましたけど、けっこう面白かったですよ。

 『ある』とは何か。とは何かというと、たとえば、「自分がなぜここにいるか」というようなことが哲学の本には書いてあると思いますが、確率論的には、俺だって中世ヨーロッパの貴族に生まれたってよかったんです。
 確率ってのは「未来において不確定であり、過去には確実に確定しているもの」の総称ですから、俺がもし今現在生まれていなければ、将来においてどこかの貴族になってもいいはずです。
 にも関わらず、俺はなぜだかしがない貧乏人の、四人兄弟の長男なんかやっちゃってます。
 なぜか。

 まあ、そういうようなことを考えるのが哲学なわけですよ。
 って、こんな説明じゃ分からないですね(^_^;
 理解できるまで色々読むしかないかと思いますが(^_^;
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ