アフリカの奴隷貿易についてお聞きします。
アフリカの奴隷貿易に関与していた国とその時期について
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

奴隷貿易は白人が従事したと信じられていますが、実態はそう単純ではなく部族間の争いで捕虜になった敵をアラブ人の商人に売っていたようです。

後にヨーロッパ人がこれを利用して、部族間の争いを仕向け武器を売りつけ、戦争の捕虜を奴隷として新大陸に供給したようです。16世紀には新大陸(今日の中南米)の鉱山労働者として、17世紀にはカリブを含めた農業労働力として、17世紀ー18世紀には北米南部の大農場労働力として需要が高かったので、ヨーロッパ人のほとんどが何らかの形で(買い付け、輸送、市場での販売、使用人)奴隷貿易に関係したことになります。最盛期には自然供給では需要に応じられないので、突然村を襲って全員を奴隷として連れ去るような非道が盛んに行われたのでしょう。

フランス革命の影響で中南米植民地がスペインから独立すると徐々に奴隷制度の見直しが行われ(供給の問題もあったかも)ブラジル、アルゼンチンがいち早く奴隷制度を放棄しています。最後まで奴隷制度を維持したのは北米南部です。綿を中心とする大農場の働き手として手放せなかった事情があったからです。南部の奴隷依存州と軽工業と小規模農業の北部州の対立から南北戦争が起こり、北軍の勝利でアメリカの奴隷制度が終了しました。しかし、本当に黒人が市民権を得たのは1960年代なので、南部では100年以上にわたって奴隷時代の習慣が残っていたことになります。

詳しくは添付URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.sqr.or.jp/usr/akito-y/kindai/30-syoku …
    • good
    • 0

 16世紀、スペインやポルトガルで始められ、17・18世紀になると、イギリスを中心にして、フランス、オランダが行うようになりました。


(参考)
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/akira16/dorei.html
http://www.infoaomori.ne.jp/~yappi/eiga/EC-08ami …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリスの三角貿易によるアフリカの奴隷売買について

NHK・Eテレの「高校生講座世界史」でイギリスの産業革命を勉強しました。

その中で、イギリスの産業革命の頃、三角貿易が行われていて、イギリスは銃や火薬をアフリカに輸出して、アフリカから黒人奴隷を輸入してカリブ海の植民地に輸出した。そして、カリブ海の植民地からは砂糖を輸入したと説明していました。

イギリスがアフリカに輸出した銃や火薬は、アフリカでは何に使用されたのでしょうか?

奴隷を集めるため、それとも当時アフリカで戦争があったのでしょうか?

すみませんが、お教えくださいますよう、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

よく白人が黒人を狩猟のように集めたと誤解されますが、
アフリカにおける大部分の黒人奴隷と言われる方々は、
戦争捕虜や、すでに現地で奴隷となっていた方々でした。
(狩猟によって奴隷となった方々も、少なからず存在します)
このあたりはWikiに書かれている通りなので、
一部を参照にあげておきます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E8%B2%BF%E6%98%93#.E6.A6.82.E8.A6.81
 「現実には奴隷狩りを行い、ヨーロッパ人に売却したのは
  現地アフリカの勢力である。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E8%B2%BF%E6%98%93#.E6.AD.B4.E5.8F.B2
 「大航海時代のアフリカの黒人諸王国は相互に部族闘争を
  繰り返しており、奴隷狩りで得た他部族の黒人を売却する形で
  ポルトガルとの通商に対応した。」
 「売られた人々は、もともと奴隷、戦争捕虜、属国からの
  貢物となった人々、債務奴隷、犯罪者などだったが、
  コンゴなどでは、ヨーロッパ人に売却する奴隷狩りを
  目的とする遠征も頻繁に行われた。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%A7%92%E8%B2%BF%E6%98%93#.E6.AC.A7.E5.B7.9E.E3.80.81.E8.A5.BF.E3.82.A2.E3.83.95.E3.83.AA.E3.82.AB.E3.80.81.E8.A5.BF.E3.82.A4.E3.83.B3.E3.83.89.E3.83.BB.E5.8C.97.E7.B1.B3.E3.81.AE.E4.B8.89.E8.A7.92.E8.B2.BF.E6.98.93.EF.BC.88.E5.A5.B4.E9.9A.B7.E8.B2.BF.E6.98.93.EF.BC.89
 「輸出された武器は対立するグループ間へ供与され、
  捕虜(奴隷)の確保を促すこととなった。」

このように、武器を供与して部族間抗争を扇動することによって、
経済的利益とともに、さらに捕虜を生み出すことになるので
黒人奴隷と言われた方々を集めることに利用されていったのです。

よく白人が黒人を狩猟のように集めたと誤解されますが、
アフリカにおける大部分の黒人奴隷と言われる方々は、
戦争捕虜や、すでに現地で奴隷となっていた方々でした。
(狩猟によって奴隷となった方々も、少なからず存在します)
このあたりはWikiに書かれている通りなので、
一部を参照にあげておきます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B4%E9%9A%B7%E8%B2%BF%E6%98%93#.E6.A6.82.E8.A6.81
 「現実には奴隷狩りを行い、ヨーロッパ人に売却したのは
  現地アフリカの勢力である。」

http:...続きを読む

Q古代の奴隷制と三角貿易頃の奴隷制の違い

世界史で分からないことがあります。
古代のギリシア・ローマの奴隷制と、19cごろのプランテーション経営を行っていたヨーロッパ(アメリカ?)での主に黒人の奴隷制の違い、またなぜ奴隷制はなくなったのかについて教えて下さい。

Aベストアンサー

前者は征服された地の人々を征服者が連れ帰って奴隷となったケース。古代ローマなどでは必ずしも悲惨で過酷な労働を強要されたわけではなく、身分制度の最下層という位置づけでしたので、実力のある人は、それなりの財を築けたりしたらしいです。
後者は、牛馬と同様、肉体労働の担い手としてアフリカなどで狩ってきた人々を集めてアメリカなどに販売する商品でした。当時、キリスト教にとって、異教徒は人間では無かったので、九州の日本人もキリシタン大名やキリシタンが手先となり、宣教師の指導のもとでインド方面などに売られていました。
こちらは「人」よりも「家畜」とみなされていたので、例えばアメリカから100人の奴隷を注文されると、奴隷船には2~300人を乗せて出港、途中、彼らが病気になると、他の奴隷に移らないように海に捨てました。最終的に納品場所に100人を連れて行ければよかったのですが、この行為は、牛馬でも同じことを行っていたので、欧州各国で法的にも認められていました。
アメリカでは、南部が奴隷を活用して綿の栽培で富を築いていましたが、北部では奴隷を活用する産業が無く、逆に奴隷によって白人の仕事が無くなることもあったため、南北戦争で北軍が勝利した結果、奴隷の活用が大きく制限され、奴隷制度も下火となりました。つまり、単に活用範囲が狭くなって下火になっただけで、当初は特に「人種差別」が問題視されたわけではありません。その証拠に、後年、国際連盟で日本が人種差別撤廃を呼び掛けた時、アメリカはそれに賛成せず、廃案としました。

前者は征服された地の人々を征服者が連れ帰って奴隷となったケース。古代ローマなどでは必ずしも悲惨で過酷な労働を強要されたわけではなく、身分制度の最下層という位置づけでしたので、実力のある人は、それなりの財を築けたりしたらしいです。
後者は、牛馬と同様、肉体労働の担い手としてアフリカなどで狩ってきた人々を集めてアメリカなどに販売する商品でした。当時、キリスト教にとって、異教徒は人間では無かったので、九州の日本人もキリシタン大名やキリシタンが手先となり、宣教師の指導のもとでインド...続きを読む

Q奴隷制度で奴隷となったのはアフリカ人だけですか?

かつて奴隷制度が盛んでしたが、奴隷となったのはアフリカ人だけですか?
それとも中南米の人たちも奴隷となりましたか?

そもそもどうして奴隷が必要なったのでしょうか?
長い目でみると自分たちの仕事を失うことになるし、奴隷人口が増えれば、自分たちの文化の純度も失われてしまいます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカ大陸にアフリカ人が連れてこられたのは
西インド諸島などの現地民(昔の言い方でいうといわゆるインディオ)が
酷使や疫病の結果として大量に死亡したためです。

また南米のチェピ族などは奴隷になるよりは
食われて死んだほうがましと考えていたので
捕まえて奴隷にしても(彼らは恥辱と考えて)働かなかったなどあり、
また偏見や差別感情から、農場を荒らす
害獣としてインディオ狩りが行われ、大量に虐殺されました。

その後、一部ではキリスト教に改宗させて農耕に
従事させましたが、ヨーロッパから持ち込まれた疫病で
南北アメリカ大陸の原住民は大量の死亡し、人口が激減しました。

それで安価な労働力としてアフリカからわざわざ
奴隷をアラブ人などから買ってきて輸入したのです。

奴隷は、単純作業、特に農耕や鉱山採掘、石切などに
従事させるための家畜化された人間です。
発展段階の低い社会で人類が好んで用いる方法で、
ようするに、嫌なこと、辛い仕事を他人を脅してやらせるわけです。

根本的には利益が生まれる限りは存在しますが、
工業化、近代化すると賃金雇用の形態をとるほうが
はるかに便利で、利益があがるので、
どこでも徐々に廃止されていきます。
奴隷制は結局、その人々を食わせて養わねばならないので
その分、面倒で、反抗や反乱の危険もあるわけで、
低賃金でその都度雇ったほうが都合がいいわけです。
これらはともに人権に配慮したものではありません。
この点に関しては利益だけが考慮されていると言って過言ではないです。
要するに、奴隷制は古臭く、もうからないので廃止されたわけです。
奴隷制のある社会は古く後進的な社会で、
資本主義の発展段階で消えていったということです。


”文化の純度”云々は根本的に考え方が
どこか間違っているんでしょうし、質問の意図と離れますが
純粋な文化などこの世に存在しません。
文化とは伝播し交流し発展するものです。
他とのつながりを持たない孤立した文化は滅びる運命にあり
また実際に十人十色というように、二人の人間がいたら
二つの文化が存在するわけで、
人間は常に他人との交流のなかで文化を更新していっているのです。


さて、安価な労働力の流入は常に失業を生みますが、
奴隷制でも不法移民でも、雇用者が呼び込むものであって
労働者がどうこうする問題ではないのです。
だからこそ世界中で移民問題が論議されているわけです。

アメリカ大陸にアフリカ人が連れてこられたのは
西インド諸島などの現地民(昔の言い方でいうといわゆるインディオ)が
酷使や疫病の結果として大量に死亡したためです。

また南米のチェピ族などは奴隷になるよりは
食われて死んだほうがましと考えていたので
捕まえて奴隷にしても(彼らは恥辱と考えて)働かなかったなどあり、
また偏見や差別感情から、農場を荒らす
害獣としてインディオ狩りが行われ、大量に虐殺されました。

その後、一部ではキリスト教に改宗させて農耕に
従事させましたが、...続きを読む

Qアフリカの奴隷船について

現代ではゆるされない奴隷制度ですが、
1.アフリカから連れてこられた奴隷は奴隷商人はどのようにして捕まえたのですか。
2.奴隷船の中は、想像の絶するほどと思いますが、どのように
押し込めたのですか。便所やからだの衛生はどうしたのですか。

Aベストアンサー

奴隷商人は港で待っておれば奴隷を連れた商人がやってきました。
奴隷は彼らを捕まえる商人が部族間で獲得した戦争捕虜や適当に村や部落から略奪した男女でした。

ガラス玉や武器弾薬と交換された奴隷は商品として奴隷船に積み込まれ、足首を鉄鎖で固定され、体が密着するほど詰め込まれたといいます。

食事や水は適当に与えられたようですが、鎖につながれたままでの生活で、鎖を外されるのは死亡して海中に投棄される時だけでした。
航海中の死亡率は半分以上に達する程で強健な者だけが生き残れたといいます。
奴隷的な扱いはそれ以前にガレー船の漕ぎ手がありましたが彼らは労働が必要な為、鉄鎖でつながれましたが荷物扱いではありませんでした。(軍船の場合は漕ぎ手も戦闘員の為鎖につながれることはありませんが)  

Qなぜイギリスは世界の中で早めに奴隷貿易を禁止したのでしょうか?

今日歴史の本をぱらぱらとめくってたんです。
それでリンカーンの項目を読んでたんですけど、
リンカーンといえばあの「人民の・・・」の演説が有名ですけど
奴隷制を廃止したのは調べて見るとイギリスのほうが先に奴隷貿易を禁止してるじゃないですか
これはどの様な理由があったのでしょうか、
人道的といった理由の他に何か利益がでるといった理由がすこしでもないと帝国主義の国はそんな人道的なことはやらないといった偏見を私は持ってたんですが実際のところどのような理由があったのでしょうか?

Aベストアンサー

なにも黒人やアフリカンがかわいそうだから禁止にしたのではないのですよ(●^o^●)たまらん!

直接白人が原住民を管理監督するよりも原住民の傀儡リーダーに
間接的に統治させた方が効率的で良いかそうしたまででつ (^ω^) 
たまらん!

私は、海外旅行は、32ヶ国に行きました。
タイには、20回以上は行っています。
いろんな経験をしているからこそ分かるのですよ♪
また、なにか分からない事があればなんでもご質問してくださいね♪誠実にお答えしますので、ご遠慮せずにどうぞ(●^o^●)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報