船体の引き上げ作業を行っている現在ですが、大分手ごわいみたいですね
ところで、30mの水深まで引き上げを行って船内捜索を行った後再び海底に沈めるような話を聞いたのですが、なぜ引き上げを行わないのでしょうか?
現在もかなりの燃料を積んでいるようですが、このまま捜索の後海底に戻すとなるといつかはこの油が漏れ出したりするのではないかななどの心配をしてしまいます。
あえて戻す理由を教えてください.

A 回答 (1件)

油は、沈める前に抜き取るそうです。

また、沈めてから1年は船体の状態を超音波かなにかで追跡するそうです。

再度沈める理由は、主に、アメリカ側の都合なのでしょうか。それについて報道したマスコミはなかったようです。わたしも疑問に思ったので、読売の記事を保存していました。これくらいしか、なぜ沈めるかに触れた報道は見かけませんでした。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/ehime/e0615_01.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます
油は抜き取ることと、ここ数日の報道を見て船体の破損状態をみるとなんとなくわかるきもしますが、いまいちはっきりしませんね
家族の心情などを考慮してるのでしょうが…
どうもありがとうございました

お礼日時:2001/09/04 22:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1年前の倉敷市海底トンネル工事中の大事故のその後

一年程前岡山県倉敷市で最大手ゼネコンの鹿島が元請の海底下トンネル工事で大事故があり何人もの作業員が犠牲になりました。海底下の事故であり当時は何もすることが出来ず、その後海底を浚渫してシールド機(トンネル掘削機)を取り出すことになり、 一ヶ月ほど前やっとシールド機が海上へ引き上げられたとの簡単なニュース記事をインターネットで見ました。

私自身以前ゼネコンに勤め大小いろんなタイプのトンネル工事に従事しましたが、現在は転職し海外在住です。このような次第でこの事故原因解明には大きな関心がありますが、やはり鹿島も自社の汚点になるような情報はあまり出したくないと見え同社のホームページを見ても事故原因については触れられていません。もしどなたか情報があれば教えていただけるとうれしく思います。特に以下の点に関心があります。

1)シールド機が回収されて一ヶ月位経ったと思いますが、原因については何か分かってきているのか?
2)事故当時安物の韓国製セグメント(トンネル掘削後取り付けられるコンクリート製の板)が原因のように言われてましたがこれについてどうなったか?
3)事故当時行方不明作業員が全員は見つかってはいなかったと思いますが、こちらのほうはどうなったのか?
4)事故の起きたトンネルの代替のトンネルは掘られたのか?
5)鹿島は事故の後役所の指名停止や、労基からの処分をうけたのか?

その他お知りのことがあれば教えてください。どうかよろしくお願いします。

一年程前岡山県倉敷市で最大手ゼネコンの鹿島が元請の海底下トンネル工事で大事故があり何人もの作業員が犠牲になりました。海底下の事故であり当時は何もすることが出来ず、その後海底を浚渫してシールド機(トンネル掘削機)を取り出すことになり、 一ヶ月ほど前やっとシールド機が海上へ引き上げられたとの簡単なニュース記事をインターネットで見ました。

私自身以前ゼネコンに勤め大小いろんなタイプのトンネル工事に従事しましたが、現在は転職し海外在住です。このような次第でこの事故原因解明には大き...続きを読む

Aベストアンサー

ttp://www.geo-yokoi.co.jp/News/Mizusima_Sield.htm
水島シールド事故の教訓
(13/08/28)の図
筆者による考察

ttp://www.asahi.com/area/okayama/viewphoto_okayama.html?area-pg/OSK201308240091.jpg
シールドマシン内側より
ttp://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2013/08/23kurashiki/
シールドマシン内側より

Q旅客船「セウォル号」の沈没事故で引き上げ計画は?

旅客船「セウォル号」の沈没事故で、韓国海洋警察などは、事故発生から11日目となる26日も船内の捜索を続けたが、強い潮流や気象の悪化でたびたび中断を余儀なくされるなど、作業は難航している。・・・・との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140427/kor14042700330002-n1.htm
船長の無責任ぶり同様、韓国のチンタラした捜索にあきれます。
今となっては生存者がいる可能性はゼロです。(仮に空気があったとしても水が無い)
何故船を引き上げ遺体を回収しないのでしょうか?

Aベストアンサー

日本人の感覚では彼らの心のうちは理解できません

彼らに任せましょう。儒教が絡んだ文化の違いです

いずれにしても15℃の水温で暖房なしではたとえ空気と水があったとしてもほとんど低体温症で生存の可能性はありません

当事者の判断しかないでしょう
ただ、見守るだけです

Q深海の光ケーブルや海洋深層水をくみ上げる配管などが海底には有りますが、

深海の光ケーブルや海洋深層水をくみ上げる配管などが海底には有りますが、船のアンカーでケーブルを切られた、配管を切断されたといった問題はニュースにはなりますが、警察が出てくるほどの問題にはなっていません。海底での事故はもともと配管やケーブルがアンカーなどによる衝撃を防ぐことができないために切断などの事故があってもいたしかたないという考え方なのでしょうか。あるいは、海の中の事は調べようが無いためそのままになっているのでしょか。それとも、故意にやった訳ではないので致し方ないということなのでしょうか。
町中の銅像が壊されたなど陸の上での事故に関しては重大ニュースになりますが、海の中のこのような事故が警察を巻き込んだ問題になることが無いので不思議です。確か海底ケーブルがまだ出始めた頃、フランス?かどこかの漁師さんがケーブルを海藻と間違えて切断して一部を陸に揚げたなんていうニュースが当時有ったそうですが、あの漁師さんは犯罪を犯した事になってるんでしょうか。

Aベストアンサー

先の方が言われるように海上保安庁の管轄ですから海上保安庁が出てきて色々調べて海上保安庁のHPなどに事故情報として出ることも有ります。
海底ケーブルはアンカーの届くところに無いと先の方は言われてますが、陸上に上がる部分では水深も浅いので充分に届きますし大型船のアンカーなら300m程度までの水深でも届きます。
基本的に故意であることが立証されなければ全て事故として処理されていますので犯罪での処理はされません。
あの漁師さんと言われる方も知らなかったんですから事故処理ですね。

Q政府が放射能基準値を引き上げ

原発事故が起こってから、政府が放射能の基準値をいろいろ引き上げていると
話題になってますが、これで健康被害が出て裁判になった場合政府の責任は
どこまで追求できるのでしょうか?
事故が起こってから、恣意的に基準値を引き上げたのは、争点になりえますか?
被害者の勝訴の可能性はどれくらいでしょうか?

Aベストアンサー

作業員に対する基準引き上げの件でよろしいのでしょうか。

政府の責任を問うのは難しいと思います。

というのは、現在の基準(変更後)が2011年現在の科学水準では「問題ない」と判断されているからです。

250mSvという値は、一般的には高い値です。通常の状況では絶対にありえない値です。
ですが、すぐに健康被害がでる値でもありません。高線量であることは間違いありませんので、将来健康被害の可能性は否定できませんが。

今回、従来の基準値では作業員が作業する時間が少なすぎて、有効に作業できないそうです。(基準値超えたら作業させられないから)
作業によって今回の事故の悪化をくいとめるというメリットと、作業員の被曝というデメリットを比較すると、デメリットの方が少ない、という判断なのでしょう。
確かに、100mSvから250mSvになったところで、大きな影響はありませんが、作業できなくて事態が悪化したらそれどころじゃないですからね。

Q捜索に費用はかかる?

 最近遭難の事件が多いですね
 先日、子供三人が山で迷うという事件がありました、それ以外いも山岳をしていた人達が遭難する事件もよくありますが、あれらの捜索には費用が掛かるんでしょうか?。

 それは自己負担となるんでしょうか?

Aベストアンサー

#1の方が書かれている通りで、国の機関が出動した場合は、請求はありませんが、民間が出てくると請求されます。
特に民間ヘリが飛ぶと、200万以上かかることもあります。
その為に、山登り用の保険もあります。
普通のスポーツ保険等では補償対象外のこともありますので


人気Q&Aランキング

おすすめ情報