私は目が悪いです。
普通のカメラだとボヤけて見えるのに
一眼レフとかだときれいにみえるのはどして?

A 回答 (1件)

普通のカメラ(レンジファインダー式のカメラ)でも、ファインダー脇に視度調節用の小さなダイヤルが付いているはずです。


それを回して調節すれば、どこかにピントが合う場所があるはずですよ。

一眼レフではフィルムに送られる光とファインダーに送られる光が全く同じレンズを通ってくるので、ピントリングを合焦するように回せば、視度調節をするのと同じで、どんな視力の人でもどこかにはっきり見える点が見つかります。

でも、一眼レフにも視度調節ダイヤルは付いているはずです。
眼の良い人とカメラを共用している場合、この調整をし直さないと、肝腎の写真がピンボケになってしまうのでは…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございますっ。
これで完璧ですっ。

お礼日時:2001/09/03 00:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鏡にうつった絵がボヤけるのはどして?

私は目が悪いです。
鏡にうつったTVがぼやけて見えるのはどしてですか?
鏡は、ボヤけて見えないのに・・・

Aベストアンサー

物を見るということは、対象物に対して反射した光が目に届いて画像として認識されるのだと思います。
遠くにあるものはそれだけの距離を経て目に入ってきます。
この距離が遠くなる程人間の目のピントを合わせられる範囲を超えてぼやけてしまうことになります。
近視の人なら尚更ですね。
では鏡の場合どうでしょうか。
鏡が目の前30cmのところにあったとしたら、鏡自体の枠や、自分の顔等近くにある物ははっきり見える筈です。
しかし自分の後方の離れた物はやはりぼやけて見えると思います。
これは例え鏡の表面に映っていようと30cmの距離にある物体を見ているわけではないからです。
例えば後方5mのところにあるものは鏡に光線として届くまでの5m+鏡から目までの30cmの合計5m30cmという距離を経て目に入ってきます。
従って近視でこの距離にある物を見るとぼやけてしまう人は例え鏡を通してもぼやけてしまうのだと思います。

Q電波が見えるメガネは世の中に(例えばNASAとかに)ありますか?

赤外線は(多分)サーモグラフィーとかで、モニタで見れますが、
同じように電波も見ることができるのでしょうか。
電波と赤外線はずいぶん違うものなのでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

>同じように電波も見ることができるのでしょうか。
電波望遠鏡という電波を見る装置は「(例えばNASAとかに)ありますか?」と書かれているようにNASAをはじめとして色々な場所にあります。

>電波と赤外線はずいぶん違うものなのでしょうか。
少なくとも波長が違いますよね。赤外線の数百nmに対し、電波は数cm~数百mのように。そのため赤外線を使えば小さいものから”見る”ことができますが、電波では大きいものしか”見る”ことができません。

Qスキャナで取り込んだ画像(図面とか)をdxfで保存できるソフト

スキャナで取り込んだ画像(図面とか)をdxfで保存できるソフトがないかご存知ありませんか?

Aベストアンサー

フリーであります

プログラム名  B2D

http://www.vector.co.jp/soft/win95/business/se147684.html?l

Q引力とか重力とかについて教えて下さい

潮の干満は地球と月の引力などの関わりとゆうことですが、教えてほしいことは海の水の総重量はものすごく重たいのに、なぜ地上の軽いものが動かないでいられるのでしょうか。教えて下さい

Aベストアンサー

水中では四方(正確には前後左右上下)から圧力を受けています。
月の引力がない場合は均等に圧力がかかっているので
球体ですが、月の引力があるとその方向の下向きの圧力が
弱くなるので盛り上がるんです。
言葉ではうまく説明できませんが・・・
丸い風船を立方体の箱に押し込んで、片方だけふたを空けると
そこだけぷくっと出っ張る・・・という感じだと思います。

Q低気圧とか高気圧とか何なのですか?

低気圧とか高気圧とか何なのですか?なぜ低気圧になると雨が降って、高気圧になると晴れるのですか?原理を教えて下さい。

Aベストアンサー

>低気圧とか高気圧とか何なのですか?

空気にも「重さ」があるので、上から押されて、地面近くの空気には「1気圧」くらいの圧力がかかっています。

しかし、空気が温まったり冷えたりすると、比重が変わるので、温かい空気は上に、冷たい空気は下に移動します。

移動により「上昇気流」や「下降気流」が起きると、地面近くの「気圧」が上下します。

上昇気流が発生していると、下に押さえつける力が減るので、地面近くの気圧が下がります。

下降気流が発生していると、下に押さえつける力が増えるので、地面近くの気圧が上がります。

>なぜ低気圧になると雨が降って、高気圧になると晴れるのですか?

温かくなった空気は、温まった分、冷えた空気よりも多くの水分を含む事が可能になります。

温かい室内に冷たい飲み物が入ったペットボトルを置くと、ボトルの表面に水滴が付きます。

これは、温かくなって水分を含んだ空気が、ペットボトルに触れて冷やされると、冷えた分、水分を含む力が減ってしまい、空気中の水分が空気から出て行くからです。

海の上などで温かくなった空気は、温まった分、多くの水分を含んだまま、上昇気流になって高く上がります。

上昇気流のある所は低気圧になります。

水分を含んだまま上昇した空気は、冷えたり、高度による減圧で、水分を含める力が減ります。

水分を含める力が減ると、空気中の水分が空気から出て、小さな水滴や小さな氷の粒になります。

この「小さな水滴や小さな氷の粒」の集まりが「雲」です。

その水滴や氷の粒が、だんだん集まって粒が大きくなると、浮かんでいられなくなり地面に降ってきます。

そうやって降ってくるのが、雨や雪です。

一方、上空で冷たくなって乾いた空気は、冷たくなって下に移動して下降気流になり、下降しているので地面近くは高気圧になります。

下降してきた冷たく乾いた空気は、温まるにつれ、より多くの水分を含めるようになるので、空気中の水分をどんどん吸収してしまいます。

空気中の水分をどんどん吸収してしまうと、小さな粒になって空中に漂っていた水分、つまり「雲」が、空気に吸収されてしまって、雲が無くなったり、雲が出来ません。

「雲が無い」って事は「晴れている」って事です。

>低気圧とか高気圧とか何なのですか?

空気にも「重さ」があるので、上から押されて、地面近くの空気には「1気圧」くらいの圧力がかかっています。

しかし、空気が温まったり冷えたりすると、比重が変わるので、温かい空気は上に、冷たい空気は下に移動します。

移動により「上昇気流」や「下降気流」が起きると、地面近くの「気圧」が上下します。

上昇気流が発生していると、下に押さえつける力が減るので、地面近くの気圧が下がります。

下降気流が発生していると、下に押さえつける力が増えるので、地...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報