プロが教えるわが家の防犯対策術!

Windows 11のクリーンインストール用メディアを作成しておけば、無償アップグレード期限以降も、それを使用して無償でWindows 11のインストールは可能なのでしょうか?

A 回答 (3件)

Windows 11 への無償アップグレードには、Windows 10 のパソコンと有効なライセンスが必要です。



Windows 10 もそうでしたが、Windows 11 も Windows Update でバージョンが変わって行きます。更に、メジャーアップデートで大きな変化もあるので、常に変化していると言ってよいでしょう。

Windows 10 ではアップグレードを最初の1年間は無償でできましたが、実際はその後も無償状態でのアップグレードは可能でした。これは、現在もそうなっています。

恐らく、これを有償にしては殆どの人が、前の OS に留まってしまうからでしょう。その状態でも、何の不便もなく(実際は不満はあるでしょうけれど 笑)使える訳ですから、当然と言えば当然です。

Microsoft としては、機能だけでなくセキュリティの問題からも、Windows 11 にアップグレードしてほしいと思っているでしょうから、当分と言うかずっと無償でのアップグレードは、やって行くと思います。こうなると、OS のアップグレードは、殆どボランティアのような感じですね(笑)。

また、Windows 11 のインストールメディアを作成することは、いつでもオフラインでアップグレード可能な状態を作れます。これは多少古くてもアップグレード自体は可能ですが、最新版を用意しておくと良いと思います。

下記は Windows 10 のケースの操作で、恐らく Windows 11 でも同じだと思います。アップグレードとメジャーアップデートが、同じ OS のインストールメディアで可能です。

Windows10 上書きインストールでアプリやデータを引継ぐ
https://www.pasoble.jp/windows/10/uwagaki-instal …

常に最新版をダウンロードし作成することで、Windows 11 を最新版にアップグレードすることができます。サポートの終了した Windows 11 ではなく、最新版で OS のインストールメディアを作成して下さい。
※まだ、次のバージョンは出ていませんので現状が最新版ですね。当面はサポートが切れることはないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
対応が遅れたことお詫びします。

お礼日時:2022/04/08 17:34

Win11の利用権、或いはアップグレード権が無ければ、


インストールはできません。

Win10/11は、常に最新版を公開しており、
誰でも無料で落とすことができます。
なので、インストール用メディアを作成しておけば、ではなく、
必要な時に落とせばよいです。
ただ、その後、それを使えるか否かは別です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

対応が遅れて申し訳ありませんでした。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2022/04/08 17:30

アップグレードに期限はありません。


好きなときに最新のビルドを使いましょう。


windows10の時は、期限がありましたがこのときは
一度インストールする必要がありました。
PC個体識別して、ライセンスを付与したからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
対応が遅れてすみませんでした。

お礼日時:2022/04/08 17:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング