神経芽細胞腫のスクリーニングで引っかかる確率はいったいどのくらいなんでしょうか?どこかのHPでは1000人に2人とか書いてあったのですが、
うちの子は二人とも引っかかってしまいました。
上の子2年くらい前で、とうとう精密検査まで受けましたが幸い異常なしでした。
下の子は現在8ヶ月で、再検査を受ける予定です。
こういう確率の低いものにふたりとも引っかかるなんて何か理由なり、原因なりあるのでしょうか?
ちなみに保健所が教えてくれた避けるべき食べ物は指導どおりに避けて検査を受けました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「神経芽細胞腫」
この中で特に「原因と危険因子」「予防」「症状」「徴候と検査」と関連リンク先を参考にしてください。

http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(血中カテコールアミン)
この中では特に「検査方法」「検査を行う理由」「異常値の意味」と関連リンク先を参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速みてみました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 23:03

1000人に2人というのはスクリーニング(保健所などで受け付ける尿検査)で異常とされ精密検査をすすめられる数で,最初の尿検査で異常とされ再検査(2度目の尿検査)になる率はその10倍,加えて検体の状態が悪くて再検査(もういちど1度目の尿検査)となるものもあります.あわせて5%程度でしょうか.



神経芽細胞腫の検査に限らず,尿中や血液中のある物質の量で病気であるかどうかを検査する場合,統計的に判断しますから,病気でなくても検査で異常という結果が出る人は少数ですが常にあります.ある物質が尿中に多いというのが体質的なものであればきょうだいで傾向が似ていても不思議ではないと思います.

なお,尿検査の数値はご存知のように食べ物によって変化する他,尿の保存状態(ろ紙であれば乾かし不足)によっても不安定となります.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な数字を教えてくださってありがとうございます。
.ある物質が尿中に多いというのが体質的なものであればきょうだいで傾向が似ていても不思議ではないと思います.
そういっていただくと気が楽です。

お礼日時:2001/09/04 23:05

我が家も次男が引っかかりました。



病院で受けた説明では
「まず最初の自治体が行う一斉検査で引っかかる確率が100人に1人くらい、その後再検査を数回行って、病院に通うようになってから実際に神経芽細胞腫で手術をする人は10人に1人くらいです。」と言われました。

うちの子供は再検査を3度くらい行ってから、病院へ半年くらい通っていましたが、基準の数値よりもかなり低くなった時点で「もう来なくてもいいですよ。」と言われました。

先生には「とりあえず現状では大丈夫ですが、数年後に神経芽細胞腫になる可能性がゼロな訳ではありません。 もちろん今回お子さんがこうして病院通いをすることになったのも、たまたま自治体の検査で引っかかっただけのことなので、当時検査に引っかからなかった子供さんが神経芽細胞腫にならないという保証もないのです。」と言われました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

万が一のことがあってもすぐに手術というわけではないんですね。。
再検査にトライするつもりですがそういうお話を聞くと安心しました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/05 00:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先日父が、口腔底癌と宣告されました ステージ4Aだと言われなした 5年生存率などわかる方いますか?

先日父が、口腔底癌と宣告されました
ステージ4Aだと言われなした

5年生存率などわかる方いますか?

Aベストアンサー

5年後の生存率は30%以下ですね
http://www.gan-info.com/313.6.html

Q大腸がん検査の便潜血が陽性で精密検査を受けます。

人間ドックの大腸がん検査で便潜血が2回とも陽性でした。
人間ドックの先生が、「手遅れにならないように早めにいってください」と言われてショックでした。

覚悟を決めて精密検査(内視鏡)を受けたいと思います。

その場合ですが、検査結果をもって病院に行ったあと、精密検査をするのはいつごろになるのでしょうか?
手遅れにならないようにしたいですが、年末のこともあって心配です。

それと、内視鏡検査は大変なもんでしょうか?
ちょっとそのあたりがとても心配です。

それと、ポリープがあればその場で切除ということですが、入院した場合退院するのにどれくらいの日数が必要なのでしょうか?

いろいろと質問させていただきましたが、お答えできる部分だけで結構ですのでよろしくお願い致します。
ちなみに私は痔もちではないと思っています。(ハードな登山のときに少し痔が出ることもありますが)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

痔の出血は便の表面に付きます。潜血検査には便の内部を検査します。

内視鏡検査
まず病院で予約を取ります。混雑状況によりますが2週間後くらいです。
検査日の前日から検査食等の準備を始めます。
当日は下剤を飲み腸内の洗浄をします。下剤は2リットルでこれを飲むのが大変です。便を出し切ります。2時間以上かかります。
排便といっても水ですがきれいになれば検査です。麻酔をかける病院もありますがしないことが多いです。空気を入れながら内視鏡を入れていきますが、ガツンガツンと当たります。医者のテクニック次第であまり痛くないのですが下手は酷いですね。
ポリープがあれば切除し、後でガン検査します。結果は2週間後で病院で。
小さいポリープの切除では入院しませんが2週間は喫煙飲酒せず消化のいい食事をとります。検査直後は腸内に空気が残って腹が痛くなります。ガスを出すとき液体もでるのでトイレでガス抜きします。検査後も病院で3時間くらい過ごしたほうがいいですね。
私が昨年検査した病院ではポリープ切除したので一泊しました。
過去に酷い目にあいました。
小さなポリープ(小さいのは切除してはいけない)を1個取り、10日後大出血(その間飲酒も運動もせず。仕事は込んでいた)し危く失血死するところでした。珍しいことではないようです。

痔の出血は便の表面に付きます。潜血検査には便の内部を検査します。

内視鏡検査
まず病院で予約を取ります。混雑状況によりますが2週間後くらいです。
検査日の前日から検査食等の準備を始めます。
当日は下剤を飲み腸内の洗浄をします。下剤は2リットルでこれを飲むのが大変です。便を出し切ります。2時間以上かかります。
排便といっても水ですがきれいになれば検査です。麻酔をかける病院もありますがしないことが多いです。空気を入れながら内視鏡を入れていきますが、ガツンガツンと当たります。医者の...続きを読む

Q5年生存率の解釈

大腸がん治療中の者です。5年生存率と再発率の関係についてご教授頂けますでしょうか。100から再発率を引いた値は、ほとんどの場合5年生存率よりも高い値となっています。癌再発以外が原因で死亡したケースがあるためだと思いますが、再発以外にどんな原因で死亡した例が多いのでしょうか?
(色々なデータを見ていますが、再発率の割には5年生存率のデータが低過ぎるデータが多いような記がします。)

Aベストアンサー

100>5年生存率+再発率でしょうか。
通常、再発率は手術などで一度は取りきり、「完治した人」を対象にした言葉ですが、5年生存率は治らなかった人も含まれます。ざっくりステージ分類で5年生率が書かれている事が多いです。
また自然低下(厚労省によると70-75才なら年間1.8%、5年で10%の死亡率)や合併症も低下要素になろうかと思います。
逆に再発したからと言って必ず5年後に居ないわけでもなく難しいですが…。
簡単に言って。
100%=(自然低下+合併症)%+元々治らなかった人%+治療により治る確立%×再発率%+5年生存率%
間違っていますでしょうか?

Q潜血便検査の結果、内視鏡検査を受けポリープが2個出来ていました

一部切り取って細胞検査をしその結果ポリープはレベル3との事ですが2個とも4mmでした。
実際レベル3なら心配要らないと言われましたが
「レベル4でなくて良かったですね」と言われました。
このレベル1つの違いって良く分りません。
「癌とか考えずに忘れて良いですよ。」と言われましたが来年潜血便検査で異常が無いか又受けてくださいと言われました。
今アリコがん保険に入っていて10年超えて不況の為他の安いがん保険切り替える予定で3ヶ月保険がきかなくなるので困っています。
動かしても保険の保障が聞くまで大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

 まず、業界用語で恐縮ですが、「レベル」という言葉は使いません。細胞が悪性(=ガン)か良性かを判断するときは、「グループ」か「クラス」を使い、ガンの進行度を表すのは「ステージ」を使います。(まあ、わかりやすくするために「レベル」という表現を使われたとおもいますが。)
 
 グループ3であれば「腺腫」という良性の腫瘍と考えられます。大腸では腺腫からガンができることがあり、切除が望ましいのです。また、4ミリのものであれば、細胞を取ったところ以外がすでにガンになっている可能性もないわけではありません(おどかして、すいません)。
 
 保険について;切り替えるときに、「グループ3のポリープで、取る必要がないと医者に言われた。」としっかり保険会社に告知し、将来、切除するときに支払いしてくれるかどうか確認し、それでも支払いすると言うならば、はっきり確認し文書化しておく必要があります。そうでなければ不払いになる可能性が大です。今の保険が有効なうちにポリープを取ってもらうのがベストだと考えます。
 
 大腸ポリープの「生検」について; 私見ですが、以前は、よく生検(細胞検査)をしていましたが、最近はしない傾向にあります。理由は、(1)もし癌があった場合、癌細胞を中に押し込み、血流やリンパ流に乗せてしまう可能性がある (2)ポリープの表面をよく観察すると、取るべきポリープか否かがだいたい判断がつく (3)生検した場合、傷跡となり、ポリープを取るときに穴が空きやすくなる、からです。ただし、これは、私の意見であって、生検をするのは決して誤りではありません。

 まず、業界用語で恐縮ですが、「レベル」という言葉は使いません。細胞が悪性(=ガン)か良性かを判断するときは、「グループ」か「クラス」を使い、ガンの進行度を表すのは「ステージ」を使います。(まあ、わかりやすくするために「レベル」という表現を使われたとおもいますが。)
 
 グループ3であれば「腺腫」という良性の腫瘍と考えられます。大腸では腺腫からガンができることがあり、切除が望ましいのです。また、4ミリのものであれば、細胞を取ったところ以外がすでにガンになっている可能性もな...続きを読む

Q5年生存率

質問です。
無治療患者の5年生存率は0.5であり、ある薬物治療によって死亡ハザードがハザード比にして0.5まで減少した。比例ハザードの仮説のもとでは、薬物治療をうけた患者群の5年生存率はいくつになりますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ハザード比 0.5 ということは、
期間 t の生存率を exp(-kt) と表す k が
0.5 倍になったということです。
生存率が同じだけ減るのに倍の時間がかかる
ようになったということであり、
一定期間の生存率は、√ になります。
もとの 5 年生存率を 2 度掛けると
新しい 5 年生存率になるのですから。
答えは、√0.5。
近似値は、電卓に訊いてください。

Q念の為の乳癌の検査で 触診とマンモグラフィーとエコー検査を受けました。触診とマンモグラフィーは異常な

念の為の乳癌の検査で
触診とマンモグラフィーとエコー検査を受けました。触診とマンモグラフィーは異常なかったのですが、エコー検査で腫瘍が2つ見つかりました。大きくなるとまずいからという事で、半年後に再検査を受けるようにと言われました。乳癌の可能性はありますか?

Aベストアンサー

脅すようになってしまいますが、私は妊娠中に良性の管内乳頭腫が見つかったのですが、出産して断乳が済んだらガン化しました。

今の段階では良性でも残念ですが乳がんになるリスクはあります。
だからこそ半年後に再検査と言われたのです。
現時点では乳がんではありません。
ですが腫瘍があると分かっている以上、病院の検診だけではなくセルフチェックがとても大事になります。
月に1度、生理が終わったらチェックするようにしてください。
乳がんは早期発見早期治療で治る病気ですから、半年経たずに変わったことがあるならば、直ぐに病院に行ってください。
https://www.nyugan.jp/self/

Q新人作家の5年生存率は?

サントリーミステリー大賞
日本ホラー小説大賞
日本ファンタジーノベル大賞

等等、エンターテイメント系のメジャーな文学賞受賞者の5年生存率、10年生存率はどのくらいでしょうか?
正確なことでなくても、おおよそのことで結構です。

Aベストアンサー

5年生存率なので1997年まででいいのですよね?
日本ファンタジーノベル大賞だと
11/17(64.7%)
日本ホラー小説大賞
3/9(33.3%)
この二つは5年生き残ったら10年生き残ってます。
後者のほうはまだ10年経ってません。
サントリーミステリー大賞
5年生存19/40(47.5%)
10年生存11/40(27.5%)
ただし最近の方になるとおそらく生き残るであろう人が
結構いました。(著書が多い)
5年と10年比べるのは意味がないかもしれませんね?
なぜなら大抵5年持ったら10年持つみたいだからです。
三つ合わせると
50%でした。
「DEAD OR ALIVE」ですね。

Q内視鏡検査の見落とし。 2年前に大腸内視鏡検査を受け、何も病気は発見されませんでしたが、今月約2㎝の

内視鏡検査の見落とし。
2年前に大腸内視鏡検査を受け、何も病気は発見されませんでしたが、今月約2㎝の直腸癌が発見されました。

2年前から排便後のトイレットペーパーに若干の鮮血がついている状態が、現在まで続いていました。

2年前の検査は若い先生でしたが見落としの可能性は無いでしょうか?

確認する手段を教えてください。
見落としがあれば医療事故となるのでしょうか?

Aベストアンサー

回答No.7の続きですが…

癌と一口に言っても様々なものがあり、どこに出来た癌であるかも進行速度が違ってくるようです。大腸がんの倍化時間は30日~300日前後が多いという見かたがあり、胃がんの倍化時間は30日以下なのでその進行速度はこれに比べれば遅いわけですが、それにしても早いと言えます。

Qがんの生存率

がんは一般に術後5年生存で治癒といわれていますが、生存曲線をみると、5年経過以降も同じ様な傾斜で下降していくものをよく見ます。やはり何年経っても再発したり、治療によるダメージなどで、生存率が下がり続けるのでしょうか。

Aベストアンサー

私の身の回りの方をみた経験上のデーターですが、5年以内に再発されなくても、癌になる方というのは体質なのか食べ物なのか良く分かりませんが再度別の癌にかかられる方が多いように思います。

もちろん、5年経ち癌が完治したとは言え、臓器を摘出したりしているわけですから、抵抗力や免疫力が普通の人より弱っているという点も見逃せないと思います。

5年というのは再発が考えられる可能性の年数だと思うので、5年という年数も一概に言えないとは思うのですが、5年を目安に下降曲線が描かれるという事だと思いますが。

癌の原因が何なのか・・・?は分かりませんが、私の周囲ではそういった人が多いなあと感じています。

Q77歳の母が、胸部レントゲンで再検査となり、8月中旬に受けた検査で心臓の後ろに腫瘍のようなものが2つ

77歳の母が、胸部レントゲンで再検査となり、8月中旬に受けた検査で心臓の後ろに腫瘍のようなものが2つあると言われました。ガンの可能性が高いとのことでPET検査を受けることになり、結果は、わずか五日間で腫瘍のようなものが大きくなっていたこともあり、そんなに短期間で大きくなるのならばガンの可能性は低いと言われました。ところが血液検査でも全く炎症反応はなく、一体何が原因のものなのか分からず、その後またレントゲンをとりましたが大きさはほぼ同じで、また21日の診察でレントゲンをとることになっています。内視鏡で細胞を取る検査を受ければ原因ははっきりするようですが、心臓の裏でとりにくいのできれいなところの細胞を間違えてとってしまう可能性もあることや、辛い検査であることを主治医の先生からの話の中でお聞きして、検査を受けることに対する不安と、このまま原因がわからない状態で様子を見てばかりでは取り返しのつかないことになるのではという不安で、どうすればよいのか悩んでいます。もっと大きな病院へ行って別の見解を聞き、大きな病院で細胞を取る検査を勧められたら思い切って受けた方がよいのでは?と娘としては思っております。その場合、紹介状を書いていただいて、これまでに受けた検査の結果データなどもらって持っていくことは可能なのでしょうか?

77歳の母が、胸部レントゲンで再検査となり、8月中旬に受けた検査で心臓の後ろに腫瘍のようなものが2つあると言われました。ガンの可能性が高いとのことでPET検査を受けることになり、結果は、わずか五日間で腫瘍のようなものが大きくなっていたこともあり、そんなに短期間で大きくなるのならばガンの可能性は低いと言われました。ところが血液検査でも全く炎症反応はなく、一体何が原因のものなのか分からず、その後またレントゲンをとりましたが大きさはほぼ同じで、また21日の診察でレントゲンをとることにな...続きを読む

Aベストアンサー

77歳ということを考えますと、無理な検査をしてまでそれが何なのか調べることに意味があるのかどうかという話になってくると思います。
無理な検査でガンとわかったとして、検査のしにくい場所=手術もしにくいところですし、判明したところで手術可能なのかどうか。
可能だったとして予後が悪かったとしたら、現状維持と比べてどちらが長生きできるのか。
意識がはっきりしたまま、普段の生活を維持したまま最期を迎えるのと、意識のないまま長期寝たきりで最期を迎えるのとどちらが良いのか。
などの話になってきます。
高齢になるとガンだった場合、無理な手術はせず普段の生活を維持しつつ、最期を迎える方針が最近では多くなってきたと思います。(QOLの優先)
SOLの優先(何をしてでも命を最優先)という考え方もありますが、若い方と高齢では考え方も変わってきますので、QOLとSOLの違いを調べてみてはいかがでしょうか。
もっと大きな病院で検査することや、紹介状やデータを貰うことは可能であると思います。
家族や本人が強く希望すれば、どんな難しい状態でも手術をしてくれる医師がどこかにいると思います。
しかしながら高齢の場合、命を縮める可能性もあると十分理解されたうえ、本人の意向を大事にされることをお勧めします。

77歳ということを考えますと、無理な検査をしてまでそれが何なのか調べることに意味があるのかどうかという話になってくると思います。
無理な検査でガンとわかったとして、検査のしにくい場所=手術もしにくいところですし、判明したところで手術可能なのかどうか。
可能だったとして予後が悪かったとしたら、現状維持と比べてどちらが長生きできるのか。
意識がはっきりしたまま、普段の生活を維持したまま最期を迎えるのと、意識のないまま長期寝たきりで最期を迎えるのとどちらが良いのか。
などの話になってき...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報