新生活を充実させるための「こだわり」を取材!!

また間違っている部分は有りますか?

教えて!goo グレード

A 回答 (12件中1~10件)

旧約聖書の、地球は円(球形)であるという表現など、当時は知りえないことが正確に書かれてます。


新約聖書のルカ書は、ローマ人のお偉いさんに対する報告書として書かれてますから、ウソは書かれません。すべてルカが取材したものということになります。
    • good
    • 1

イエスに至る系図はマタイとルカで対立。


ルカはヨセフの系図でなく、マリアの系図ではないかと疑われている。

マリアはヨセフ以外に別の男がいて、それと結ばれてイエスを産んだという不倫説もあり。

神とは何者か。

宇宙人という説を立てる人もいる。

キリストの墓は世界各地にあり。

キリストは磔の難を逃れ、猶太を去り、世界各地に
布教の旅に出た革命ゲバリスタ
    • good
    • 0

1週間で世界を造ったというのは


物の喩。

キリストは死んでいない。
磔で復活は作り話。
替え玉がいた。
    • good
    • 0

客観的な事実を書いた部分は一切ありません。


著者の伝聞か想像ばかりです。伝聞も客観的に証明された部分は一切ありません。
    • good
    • 0

論理的に科学的に言えば、間違いだらけです、ほぼ嘘です



しかし
人類に果たした影響は計り知れません
〇政治上の権力と対決する所から生まれた
〇また 祭紀的呪術の宗教よりも高次元の人間的価値や創造をめざしている
〇実践する弟子達の行動は必然的に民衆救済に立ち上がった
〇原始的宗教の呪術的迷信を打破しようとした
〇既成宗教の祭祀体系を否定した、
〇民族的に偏狭な観念を克服した、イエスはユダの民族主義を乗り越えました

仏教にしてもそうですが、キリスト教にしても 世界宗教に発展した理由に、普遍的な心理を含むものがあり、人間の捉え方にしても、事物の本質の掘り下げ方にしても、万人が納得いくものがあった、と言えます

しかし
歴史を見ると悲惨です
私はこの宗教に、決定的な欠点を発見しました

キリスト教の歴史 ・・・参考
http://rokusann.sakura.ne.jp/newpage5.html
    • good
    • 0

聖書は――ほかのオシへと同じように―― 真理を指し示すその指です。



指は――いかに神による啓示だとは言え―― 人間の言葉で表現された経験思想です。

神秘ないしナゾは――その内容が何を言っているのかが分からないかたちで――経験事象の内におさまるものです。



指としての思想は 聖書記者たちのおのおの主観真実をあらわしています。

人間のこの相対的で可変的な真実によって 真理を指し示し 真理という正解に到るための補助線を引いたという恰好です。





☆ 聖書はすべて記者たちの主観真実です。言いかえると あやまち得ます。

言いかえると すべては表現の問題です。

特に奇蹟の記事などは 修辞学の問題です。経験合理性からわざと飛躍した表現です。
(それによっても 真理への道が分かりやすくなれば・・・といった真実〔の一面〕があります)。


人間の言葉で書かれた内容は 真理ではありません。いかに至極でうつくしい文句であっても 神そのものではありません。


あとは 聖書を読んだ人たちそれぞれの解釈としての真実どうしが たたかうといった舞台に移行します。

その互いに自由な批判をつうじて どちらの側も真理にいたるならば これに越したことはありません。
    • good
    • 1

読む人の解釈の違いですね



どう読むかです

水がワインに変わったというのも
水しか飲めない身分の低かったものが
身分を上げましょうというので
ワインが飲めるようになったのだと
そういう解釈の仕方ですね

アダムとイブの子供のカインが
外で結婚をしていた

他にも人がいたのか?ということに
なりますが
これでもちゃんとした解釈があったりします

またそこが聖書のおもしろいところです
    • good
    • 0

神は世界を創造されました。


勿論、アダムとイブが神が創造した、最初の人類ですが、罪を犯し、エデンの園を追われました。
聖書は神の霊感を得て書かれており、全て真実です。
    • good
    • 3

早い話が愛し合おうということで イエスの奇跡や磔は駄目です嘘です



イエスは生きて指導者に成ればよかったのです。

失敗です。犠牲を出して「助かった」とか虫が良すぎます。
    • good
    • 0

聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。


 テモテへの手紙第二3章16節

当の聖書には、「聖書はすべて、神の霊感によるもので」とありますから、そうなんでしょう。

ただ、現状は宗派や気質によってビミョーに違っています。
聖書は初めから終わりまで「無誤性」とまるっと受け止める信仰者。
そうでなければ、明日から受難月、イースター月に入りますが、キリストの復活はなかった、と講義されてる学者も、実際にいました。
神学校を出た、牧師、宣教師と学者だと、色々違ってくるんでしょうね。

手がかりはあくまで聖書なのだから、そこから外れると、生きていく心持ち、愛、自由、信頼、等々を覆そうという心が出てくるのも人間の性質のひとつなのかも知れません。

何を信じるかは、託されています。

すっごく興味をお持ちなら、旧約、新約まるっとお読みになるのをおすすめします。
「訳」じゃなく「約」なのは、約束の「約」の意味なんですよ♫
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング