色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

日本語では、温かい・冷たい・深い・薄っぺらな、等の修飾語を付けて人の内面を「心」という単語で表現しているようです。
一方、英語ではheart,mind,spirit,thought,will,feelingなどケースバイケースで様々に表現されているようです。それらを一まとめに表現すしている単語はあるのでしょうか。
日本人が一般的に使っている、温かい・冷たい・深い・薄っぺらな等の修飾語の次に来る「心」に相当する単語のことです。

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

温かい・冷たい・深い・薄っぺらな等の修飾語は、マインドやスピリッツとは関係ないでしょう。



スピリッツは日本人の情熱、意気込みと言う意味で、温かい・冷たい「心」のケースバイケースではない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。スピリッツ、マインド、ハートなどが日本人が使っている「心」の中身で、時と場合の酔って使い分けられている。英語には「心」に該当する独立した単語はない、という理解でよいのでしょうネ。

お礼日時:2022/04/04 07:50

heart、、、で良いです。

    • good
    • 0

そのまま直訳した言葉で良いです。

    • good
    • 0

さぁ?


言語と意味は「完全に一対一対応」じゃないので
そんな簡単な英単語なんかないんじゃないの
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング