メタン発酵の設計に使う算出根拠となる数値なんですが意味が良くわかりません。
わかる方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「有機物負荷量」のことではないでしょうか。


これは、メタン発酵槽における有機物の分解処理能力を示す指標です。
槽容積1立方メートル、1日あたりの有機物の処理量で表されます。
一般的条件では1~2kg/立方メートル/day、発酵促進条件では2kg/立方メートル/day以上となります。
詳細については、図書館や書店でお調べください。
廃棄物処理・リサイクル辞典(産調出版発刊)という書籍には、一般的条件及び発酵促進条件において各要因がどのように異なるか簡単にまとめてありました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。早速調べてみます。

お礼日時:2001/09/15 10:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有機物・無機物

有機物と無機物の違いは

有機物…加熱すると火が付く
無機物…加熱しても燃えない

で合ってるでしょうか?


また有機物と無機物の物質の例をお願いします!
(有機物…砂糖・木  などこんな感じで)

Aベストアンサー

有機物は 燃えると二酸化炭素を発生する物質、加熱すると黒くこげて炭になる物質です。
無機物は それ以外の物質です。
無機物でも 燃えます。
分かりやすい例では スチールウール、マグネシウムリボンは 激しく燃えますが無機物です。
水素も爆発的に燃えますが無機物ですね。

有機物の例、、、砂糖・ろう・プラスチック・エタノール・木・紙・プロパンなど
無機物の例、、、ガラス・鉄・アルミニウム・水・食塩・二酸化炭素・水素・酸素など

ご参考になれば幸いです。

Q京都伏見区のメタン発酵プラント

京都の伏見区に建設された生ゴミを処理しているメタン発酵プラントのことが数日前の新聞記事にのっていたのですが。どの新聞か忘れてしまいました。
たしかタクマが建設しているということでした。

このプラントのことがのっているホームページをご存知でしたら教えてください。
また、見学はできるのでしょうか?一度ぜひ見学してみたいと思っているのですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

kamieroです。

カンポリサイクルプラザのバイオリサイクル施設
http://www.campo.co.jp/plaza/p_bio.html

ですね。

見学等については明記されておりませんが下記に問合せをされるのがよろしいかと思います。

株式会社カンポ
TEL:075-933-6030 FAX:075-934-5491

カンポリサイクルプラザ株式会社
TEL:0771-68-3636 FAX:0771-68-3639
※ 受付時間 月~金 8:30~17:00

参考URL:http://www.campo.co.jp/plaza/p_bio.html

Q有機物質と無機物質についての質問です。

無機物質と無機物質、有機物質と有機物質はくっつく(結合)するが、
無機物質と有機物質はくっつかない
という見解と

反対に

無機物質と有機物質はくっつくが
無機と無機、有機と有機はくっつかない
という見解をきいたことがありまして、

どちらが正しいのか素人の私には検討もつきません。

化学の分野、またこの分野に詳しい方教えて下さい。

どなたか小学生にもわかるような解説で教えて頂けたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>化学の常識では、無機と無機はくっつきません。
かなり強引な主張ですが、間違っているとは言い難い。それは「素人」相手で、無機物の典型は金属ないし塩、さらに挙げるなら酸化物、硫化物になります。これらを混ぜても何も起きません。通常水溶液か強引な固体反応という私でなければ絶対思い付かない方法でしか反応しないのです。理由は簡単で無機物は質量あたりの表面積が小さいのです、つまり砂利をかき混ぜていると思えば良く、スケスケだと思えば良い。水溶液にするのは固体を液体という均一な状態に変え表面積の縛りから外すのです。受験の時しか使わない金属イオンの分離、定性はこの性質を利用しています。さらに金属間結合は未だに珍しく、かなり強引で、金属原子の周囲に配位子を付けてやらないと安定になりません。
無機と有機の反応が起こり易いという表現はこの配位子が有機物だからでしょう。ですが強酸、強塩基は無機物ですから、厳密な定義に従うと、無機と無機の反応が起きにくいとは言い難いと思います。

QPM2.5という中途半端な数値・厳密風な数値を採用

PM2.5が話題になっています。
これは、
<大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が概ね2.5μm以下のもの。>
だそうですね。
ところで、なぜ、PM2.5という中途半端な数値・厳密風な数値を採用したのですか? アバウトなPM2やPM3では、いけないのですか?

Aベストアンサー

PM10の1/4だから

粒子の大きさだから、1/2x1/2=1/4 がキリが良い
※漉し取るフィルターの目の細かさで考えよう

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q温泉ガスのメタンの対策について

温泉のためにボーリングしたところ、メタンガスが21%V/Vとでてきました。この濃度では、何か人体あるいは周辺で障害が出てくるのでしょうか?
また、障害がでたとしたら、何か対策はあるのでしょうか?教えてください。
60%以上でしたら回収して燃料に利用できると聞いたのですが。。。。

Aベストアンサー

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「メタン」
このページで「燃焼・爆発特性」「燃焼・爆発特性」「条例・要綱及び指針」「毒性症状」「事故事例」等を参考にして下さい。

特に「爆発」と「無酸素状態」に注意が必要なようですが、さらに法規制等を調査されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/kisnet/hyouji.asp

Q有機物と無機物の見分け方

過去の良く似た質問等拝見しましたが、よくわかりませんので質問させていただきます。
炭化水素が入っていれば有機物、入っていなければ無機物とありましたが、CHが入っていれば大体どんなものでも有機物と考えてよいのでしょうか?
例えば、グリセリン(HOCH2CHOHCH2OH)は有機物ということでよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

グリセリンは有機物です。
見分け方は参考URLで。

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/bussitu1.html

Q放射能の数値の意味について教えてください。

放射能の数値の意味について教えてください。

福島原発の現状については皆様御存知とは思いますが。
さて、よく危険度の比較としてレントゲン写真の数値と、今回のそれとを比較して、「当面の健康に影響はない」と報道されています。
しかし、専門知識のない私には安全なのかどうかと、その数値の意味がさっぱり分かりません。
安全かどうかは誰も断言できないのでは?と思います。また、「当面」は影響ないけど時間が経過すれば影響がある可能性があるの?という事についても同様かと思いますので、以下の2つに質問内容を絞ります。

(1)レントゲン写真撮影はほぼ一瞬ですが、今回の事故に伴う各地の測定値(よくわかりませんが、マイクロシーベルとかミリシーベルとかの数値)は、レントゲンのように一瞬の値と同等の比較と考えてよいのでしょうか?(公表されている各地の数値について)
(2)以下、単なる素人の印象ですが。ヘリコプターによる給水(散水)を行おうとしたが、放射能レベルが基準値を越えていたため、放水を断念したとの報道がありました。
安全基準以上の放射能が測定され(続けていた)という事は、浴びる放射能の総量とは、単位時間あたり x 総時間(=長時間放出?され続ければレントゲンの比ではないのではないのではないか?)不安に思ってしまうのですが、実際はどうなのでしょうか?

被災地&かつて放射能に関する重大事故があった県に住む人間として、素朴な(本当は不安でしょうがないのですが)疑問をなげかけさせていただきました。

尚、いたずらに不安の煽るような内容故、回答に困ると判断された場合は放っておいていただいても構いません。よろしくお願いいたします。

放射能の数値の意味について教えてください。

福島原発の現状については皆様御存知とは思いますが。
さて、よく危険度の比較としてレントゲン写真の数値と、今回のそれとを比較して、「当面の健康に影響はない」と報道されています。
しかし、専門知識のない私には安全なのかどうかと、その数値の意味がさっぱり分かりません。
安全かどうかは誰も断言できないのでは?と思います。また、「当面」は影響ないけど時間が経過すれば影響がある可能性があるの?という事についても同様かと思いますので、以下の2つに...続きを読む

Aベストアンサー

放射線の量を表す方法は2種類あります。Sv(シーベルト)とGy(グレイ)です。
この違いを簡単に言うと人体への影響として表すのがSvで照射した量を表すのがGyになります。(専門的に言うと吸収線量と照射線量)

(1)今回報道等で出てくる単位はμSv/h(マイクロシーベルトパーアワー:1時間当りの線量)です。そして、比較に使われているレントゲンなどはmSv(ミリシーベルト:マイクロの千倍)若しくはμSvです。
これを踏まえていただいて、簡単に言うとレントゲンは一瞬で30μSvの被ばくをします。30μSv/hの環境では1時間そこに居続ければ30μSvになります。30分なら半分の15μSvと言うことです。ですので、あなたの考えている同等であると言う認識に近いですね。

(2)放射能と放射線は全くの別物です。恐らく放射線レベルと言いたかったのでしょうから、ここでは放射線レベルと言う前提でお答えします。
恐らく今回のヘリの断念は、放射線レベルが高かったのだろうと思います。3号機近辺?で400mSv/hと言うことでしたから・・・。
どの位の高度での作業か判らないのではっきりとは言えませんが、仮に50m上空だとします。放射線は距離の2乗に反比例しますし空気中では遮蔽がありませんから、単純計算で160μSv/hになります。しかし、放射能を含んだ蒸気が立ち込める中ですからもっと高い数値でしょう。
そこで仮にこの蒸気の中の環境を3号機近辺と同じ400mSv/hとしましょう。蒸気の中での作業では距離はゼロに近いので無視してそのままで計算しますと、15分で職業として放射線をあびる人(放射線業務従事者)の許容限度に達します。(放射線業務従事者の限度は5年につき100mSv、年間20mSv:平成13年4月以降連続する5年毎の区切りで100mSvまでなので15分の作業でもう残りの期間は作業出来ない事になる)
以上の事から現場は大変な状況です。

私も質問者さんと同じ県(原子力銀座のある村在住)ですのでお気持ちは良くわかります。
確かに直近では恐ろしいですが、距離をとれば大丈夫です。

放射線の量を表す方法は2種類あります。Sv(シーベルト)とGy(グレイ)です。
この違いを簡単に言うと人体への影響として表すのがSvで照射した量を表すのがGyになります。(専門的に言うと吸収線量と照射線量)

(1)今回報道等で出てくる単位はμSv/h(マイクロシーベルトパーアワー:1時間当りの線量)です。そして、比較に使われているレントゲンなどはmSv(ミリシーベルト:マイクロの千倍)若しくはμSvです。
これを踏まえていただいて、簡単に言うとレントゲンは一瞬で30μSvの被ばくをします。30μSv/...続きを読む

Q有機物は加熱すると二酸化炭素を発生するものとありますが

有機物は加熱すると二酸化炭素を発生するものとありますが

中学坊です。
有機物は加熱すると二酸化炭素を発生するものとありますが、
つまり加熱する物質にCとOが含まれてれば全部有機物ですか?
それともCだけ含まれてて空気中のO2と結びついてCO2になることで
道理にかなってるんでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
有機物とは、炭素が含まれている、とか酸化すると二酸化炭素が出る物、とかいう話じゃありません。

元々は「生命に由来する物質」という意味で、昔は化学合成できなかった物でした。
その為に、作るために生命の助けが必要であった、という歴史からできた分類です。

その為、一酸化炭素、二酸化炭素、炭化カルシウム(カーバイド)、炭化珪素などのように炭素を含むけど無機物に分類される物も結構あります。

代表的な有機物であった、「尿素」が化学合成に成功した事で、「生命の手を借りなければ作れない」という定義は出来なくなりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BF%E7%B4%A0

今では、炭素を含む物質ごとに有機物か無機物かをその時の扱い方で変わってしまうような場合もあります。

基本的には、炭素を含むもので生き物の中に存在する物質やそれを合成した構造をもつ物、という方が現実に合っています。

Q単位の意味がわかりません。

ディーゼル車から排出されるNOxなどの排出量などに使われる単位で「g/kwh」というのを目にするのですが、どういった意味なのかよくわかりません。

簡潔でいいので、どういった意味なのか教えてもらえれば幸いです。

Aベストアンサー

エンジンの出力の単位として、「馬力=HP」が一番なじんでいます。
最近は、国際単位系に統一され、
「ワット=w」で表示されています。
日本の場合は、
1馬力=0.7355Kw
1.36馬力=1kw
になります。
ですから、「g/kwh]は
一時間に、1kw(1.36馬力)あたり、何グラム窒素酸化物が排出されているかを表しています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報