1200年後の地球ってどうなっているのでしょうか?
宇宙開発の分野、地球のエネルギー問題、人間の生活、地球の自然環境など
なんでも結構です。参考文献や資料などを御存知な方、その他なんでも結構
などで教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

現在の燃料である化石燃料は今後100年程度で枯渇します。

また、ウランなどの核燃料も200年程度でなくなるようですね。そうなると、現在と同程度のエネルギーをこのまま使いつづけるとすると、人口が減少しない限り現在の生活レベルの維持は難しくなります。
自然エネルギーをどれだけ生かすことが出来るのかがポイントとなると思われますが、水力発電のような非効率で環境破壊が著しいものは排除されるものと思われます。
現在でも実用が出来るかどうか判らない、核融合炉が今後100年以内に開発できないと、自然回帰がはじまるのではないでしょうか。20世紀初期の生活を想像すればいいのかもしれませんね。
今後地球上だけで得られるエネルギーとして可能性のあるものとして、天然ガス、メタンハイドレイド、風力発電、太陽光発電、地熱発電などでしょうか。
また、宇宙空間に目を向ければ、電波誘導による太陽光発電、月面開発、小惑星開発(ウラン鉱石の採掘)等が考えられます。
また、食糧問題として
地球温暖化による砂漠化をどうするかが深刻な問題となります。現在、日本が多くの野菜などを輸入している中国は、今後20年以内に最大の食糧輸入国になることは判っていますから、そのときに食糧の海外依存率60%の日本がどのように食糧を調達するかや、石油エネルギーなしに現在の40%をどこまで維持できるかが最大の問題となります。現在の農業のように栽培の為のエネルギー投下よりも採取する野菜のエネルギーが低いような現象は、今後維持できなくなるでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kokirioさんの解説の通り、地球的な規模の予測を考える前に、地球を取り巻くいろいろな国の情勢も十分ふまえなくてはいけませんよね。
御指摘のとおり、日本や韓国などの原料輸入大国にとってみては、これからの100年はあらゆる分野での方向転換を強いられるでしょう。食料問題に起因して国際紛争がおこり、それが地球滅亡のきっかけになるなんていっている人がいましたがまんざらじゃなさそうですよね。
貴重な意見ありがとうございました。非常に参考になりました。

お礼日時:2001/09/05 10:56

#2の回答を読まずに書いてしまいました。


SFのネタとしてなのですね。そうだとすればテラフオーミングでしょうね。
火星を地球のように変えて人類を移住する計画です。荒唐無稽なものではなくきちんと討論されているものです。URLを入れておきますね。
石川英輔の小説、「大江戸神仙伝」「大江戸仙境禄」「2050年は江戸時代だった」(講談社文庫)等はデータがしっかりしていて参考になります。

参考URL:http://spaceboy.nasda.go.jp/note/Kouso/J/kou104_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

テラフォーミングについては、私もいろいろ考えていました。
貴重な意見有難うございます。

お礼日時:2001/09/05 10:58

当然ご承知かもしれませんが、巨匠クラーク老の「3001年終局への旅」では、西暦1001年から2001年への飛躍にくらべれば、2001年から3001年への飛躍は小さいことになっていますね。

まだ実を結んでいないにせよ、科学技術の種は既に存在しているからだとか。

ところで、たかが1200年では、有意なほど地球が太陽から遠ざかったり、月が地球から遠ざかったりはしませんよ。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。恥ずかしながら「3001年終局への旅」知りませんでした。早速購読したいと思います。
有難うございました。

お礼日時:2001/09/05 10:45

No.2の返答についてのコメントです。



事情はわかりました。
が、すみません。あまりネタがありません。

最近、NHKの番組の中でホーキンス博士(車椅子生活でありながら最先端の宇宙論
を唱えている割と有名な科学者)が、人口増加と環境破壊で地球が滅亡するとの
意見を発していることを知りました。

対策としては、他の惑星に人類が移住すればよいという話だったのですが、
詳しい資料をWebで探したのですがみつかりません。(;_;)
元ネタがあれば、ちょうどいい材料になるかと思ったのですが....
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり、現状のままでは西暦3000年を迎えることなく、地球は滅亡してしまうのでしょうかね?
なかなか、難しいですよね。
とくかく、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/05 10:34

ちょっと時間のスパンが長すぎませんか。



例えば、今から1200年前というと、日本では平安時代でしょうか。
平安時代の頃の人が今の現代社会を想像できますか?
普通の人間の能力ではちょっとできないですよね。

現代の科学である程度の未来を予測するシミュレーションは可能かと
思いますが、数百年も先になるとどんな新技術や新科学が出てくるか、
全く想像もできません。
そういった要素を考慮すると、1200年先のシミュレーションはかなり
きついでしょう。せいぜい100年ですかね。

なぜ1200年先なのか、その理由を挙げてもらえないでしょうか。

この回答への補足

西暦3000年~3200年を題材にしたSF小説を執筆しようと思っています。
次の千年期に地球上でどのような変化が有り、人類はどのような生活を
強いられるかを主な題材にしようと考えています。

天然資源の枯渇問題、人口増加、天文学的には地球と太陽の距離が遠くなり
地球は寒冷地化し、人類は滅亡するなどのさまざまな仮説がありますが、
そのような仮説をもとに人類は宇宙へ生きる道を模索する。といった感じなんですが、西暦3200年の地球の世界観をもっと現代科学の仮説にもとづいて膨らましたいと思っているからです。

補足日時:2001/09/03 17:34
    • good
    • 0

とりあえず人類は絶滅しているか、または非常に少数で生息し文花的な生活は


送っていないのではないでしょうか。また他の種もかなり絶滅しているはず。
以前、新聞で読んだ記憶がありますが、人類が今の状態で西暦2300を迎える
事が出来ると考えている科学者はあまりいないとか。

この回答への補足

yfujiiさん、あと300年で人類は絶滅してしまうという事でしょうか?
西暦2300年というとかなり近い将来に人類が絶滅するということに
なりますが...........。

補足日時:2001/09/03 13:05
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在高校にいて、次で二年生になります。生物の環境の分野や、世界地理の分野、地学などに興味があります。

現在高校にいて、次で二年生になります。生物の環境の分野や、世界地理の分野、地学などに興味があります。好きな分野を深く学べる大学にいきたいのですが、どういった学部があてはまりますか?

また、将来主にどのような仕事がありますか?

Aベストアンサー

毎日、新聞を読んでごらんなさい。世界のこと、社会の動き、いろいろな情報や他人の生きざまが載っています。

そういった記事やインターネットで調べて、いくつか当たりを付けて、そこに自分の足で出向いて、実際に見るなり触るなり話を聞くなりして、自分自身の経験と見聞を広げることが大事でしょう。高校生だとなかなか難しいですが、今はインターネットもあるので疑似体験はできると思います。

とにかく、自分自身の目で広く社会を見ることが大事だと思います。

Q6歳児が理解できる地球温暖化についての資料を紹介してください

娘の6歳幼稚園児に、幼稚園で「地球温暖化」について発表するので資料がほしいといわれましたが、あいにく図書館の本には小学生向けの幼稚園児には不可解だと思われる漢字や言い回しがあり、娘が理解するのは無理そうです。関係ありそうなのをパソコンでからも探していますがなかなか見つかりません。幼稚園児でも理解できる資料があれば紹介してください。

Aベストアンサー

一番手っ取り早いのは北極海の氷がどのように
溶けていっているかを見るのが早いでしょう。

幼稚園児向けなら毎年4回(1/1.4/1.7.1.10/1)のように
日にちを決めて、過去の映像を比較検討すれば
判りやすいと思います。それとも文章がいいですか?

http://www.ijis.iarc.uaf.edu/cgi-bin/seaice-monitor.cgi?lang=j

国土が水没しそうな島というのもネタとしてはいいと思います。

Q騒音レベルdBと騒音の大きさの目安に関する文献

騒音レベル(dB)と騒音の大きさの目安の一覧(たとえば、http://www.noborudenki.co.jp/consultation/knowlege_6.html みたいなもの)を示してある基準やその他の公的な文書、書籍(ある程度権威のある参考文献やweb)などがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

騒音計のメーカである[小野測器]のホームページを参照されると大変判りやすく十分参考になると思います。
次のURLをクリックしてください。この中の項目(11.騒音に関する法律)を参照してください。
http://www.onosokki.co.jp/HP-WK/c_support/newreport/noise/souon_index.htm

このサイトを読まれたあと、[Google]などの検索機能を利用して調べると良いでしょう。
検索文字[騒音]または[騒音規制]などでいろいろ抽出できます。
[Google]が不明の場合は次のクリックしてください。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4GFRC_jaJP207JP208&q=%e9%a8%92%e9%9f%b3

Q水環境をかいつまんで説明している文献は?

下水処理場の活性汚泥の微生物について
研究している院生です。修論の冒頭に研究背景として
「わが国の清涼か美しい水環境は産業活動の発展や
人口の集中などに伴いニ十世紀半ばから悪化し…」
のような感じの文章を入れるとハマると思うのですが、
どのような論文や本を参考にすると良いですか?
参考文献として恥ずかしくないものをお願いします。

Aベストアンサー

私は、卒論の指導の時には、稚拙でもいいから、新しさ・オリジナリティーをだせと言っています。

特に序文のところは研究の動機付けです。学生がなぜその研究に注目したのかという重要なポイントになります。

卒論で我々は成果は期待していません。学生、院生が何を問題として捉え、そして自分なりに考えたかというところです。そして何らかの新しい結果がでれば、「それはよかったね。」ということになります。

自分で考えて見るべきだと思いますが、「わが国の清涼か美しい水環境は産業活動の発展や人口の集中などに伴いニ十世紀半ばから悪化し…」ということの確証がなく、本当の研究の動機でないならば入れるべきではないと思いますがいかがでしょうか。

Q文献購読:PC画面とプリントアウト、どちらが環境に優しいですか?

大学の授業で、毎回A4で20-30枚程度の講義資料をあらかじめ読んで来て、授業で、その講義資料を見ながら、小テストをやり、先生の解説を聞く、という講義があります。

その際、「A4の用紙に印刷するのは、環境に良くないのではないか」という意見が友達から出ました。受講生は100人くらいで、講義資料を読んで来るのは15回の授業のうち、9回あります。なので、全員が印刷すると、A4で20枚だとして、100x20x9=18000枚の紙を使うことになります。

この話を聞いて、環境に悪いなと思ったのですが、一方で、PCの画面で読む場合、自宅でも、授業中でも、電気代がその分かかることになります。分量が結構多いので、ノートをとりながら読むと、3,4時間はかかりますし、授業中も全員がPCの電源を入れて読むわけで、それを合わせた電気代を考えると、どちらが環境に優しいのか、わからなくなりました。

その先生は「さまざまに印をつけたり、メモを書き込みながら読むと、頭に入りやすく、身につきやすい。また、いつでもどこでも読める、という点でも、プリントアウトは良い」「コピーができない時代には、本文を書写したりすることもあったし、自分でノートをしっかりとるのであれば、PCの画面で読んでも、内容を吸収することはできる」ということで、判断は各自に任せる、とのことでした。

授業が本格的にスタートするのは来週からなのですが、僕にはどちらがよいのか(環境によい、というのがメインの質問ですが、中身を吸収消化するうえでよいかどうか、ということも、もしアドバイスいただければ幸いです)わからなくなってしまったので、すいませんが、どなたかご教示いただければ幸いです。よろしくお願いします。

大学の授業で、毎回A4で20-30枚程度の講義資料をあらかじめ読んで来て、授業で、その講義資料を見ながら、小テストをやり、先生の解説を聞く、という講義があります。

その際、「A4の用紙に印刷するのは、環境に良くないのではないか」という意見が友達から出ました。受講生は100人くらいで、講義資料を読んで来るのは15回の授業のうち、9回あります。なので、全員が印刷すると、A4で20枚だとして、100x20x9=18000枚の紙を使うことになります。

この話を聞いて、環境に悪いなと...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも教育という行為自体、社会的に高い環境負荷のかかる行為です。
あなたがプリントアウトしようがしまいが、それ以外に教科書等の大量の書籍が使用されます。これは教育に限らず企業活動でも同じことです。

こうしたことを突き詰めて考えて行くと、人が息をすることすら環境に良くないという極論にもなってしまいます。
そんなことを考えたところで何もできなくなるだけで無意味です。
現実的に環境負荷を減らす誰でもできる手段として、いわゆる3R(Reduce/Reuse/Recycle)が提唱されています。
たとえば印刷時に複数ページを1ページに割り付けたり、両面印刷を使用することで使用枚数を数分の一に減らせます。最近のプリンタならどこの製品でもサポートされている機能です。

そして、もう一つ考えなくてはならないことがあります。
もしその単位を落とすようなことがあれば、その授業分の環境負荷は無駄にかかることになります。これは数十枚程度のプリントアウトとは比べ物にならないほど大きなものです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報