10年ほどうつ病を患っている者です。昨日の新聞の朝刊に、「「うつ病」でお悩みの方、治験へのご協力をお願いします。」という記事を見つけました。どのような内容か知りたく、問い合わせたところ、今服用している薬との相互作用で症状を悪化させることがあるためと、参加を断られました。今、飲んでいる薬はSNRIですが、早朝覚醒、寝つきが悪い、行動抑制、疲れやすいなど、なかなか、うつ病の症状が改善されません。この際、主治医に治験のことを話してみようか悩んでいます。なお、主治医の診断では、「気分変調症」ということです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

治験経験者です。


主治医の先生にご相談されるのは良いのですが、治験を主催する団体から断られたのならやめておいた方が無難だと思います。
ご存じかと思いますが、治験は発売前の薬についてデータを採る為に行われます。
既に発売中の物で何年かごとのデータ提出の為に行われることもあるようですが、今回は恐らく前者であると思われます。
新薬には確かに従来の薬品よりも高い効果が期待出来ますが、同時に副作用等も強い可能性があります。
そのために治験により反応や成分の残留率を調べるわけですから、治験の段階では副作用を被らない保証はないわけです。
私が受けたときには誓約書を書かされ、「何かあっても自分が承諾したことであって御社の責任を追及する様なことはしない」と言う様な文面に押印させられました。
勿論相手だってそういう事故を起こしたいわけではないので事前に検査を行って不適格と見なされれば断られます。
今回の場合も不適格、つまり副作用等の不都合が起こる可能性が高いと判断されたわけですから避けておいた方が無難かと思います。
出来ればその薬が発売になってから、尚かつ主治医にご相談の上服用された方が良いでしょう。
色々お悩みも多いかと思いますが、まずはお身体をお大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。今の病気のせいか、判断力が落ちてしまいまして、なかなか判断できません。大変助かりました。

お礼日時:2001/09/03 14:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q治験のバイトの5泊6日の意味

治験のバイトをやってみようと思うのですが
5泊6日と記載されてあります。

これは5日間は家に帰れない事を表しているのでしょうか?
私としては電車賃が馬鹿にならないので5日間も病院に居れれば満足なんですが・・・。
状況によりますか?

Aベストアンサー

こんにちは。医師です。
しかし、治験バイトの経験はありません。

治験のアルバイトでは5泊6日の間は帰れません。
その理由は施設外で規定以外のもの(例えば他の薬など)を口にするのを防ぐためです。そのため、食事、水分も指定のもののみとなります。

また、治験の期間中には血液検査(血液中の薬物濃度の経時変化をみる)、尿と便検査(代謝経路をみる)をします。

運動は対象薬によって異なるとは思いますが、原則できないケースが多いと思います。

No.2の方が回答されているように、条件(報酬、個室or大部屋、食事・水分の制限、運動の制限、入浴・シャワーの制限くらいでしょうか?)を細かく確認してからの方がいいと思いますよ。

Q「非定型うつ病」「気分変調症 」「難治性うつ病」の違い

・非定型うつ病
・気分変調症
・難治性うつ病

上記3つの違いがイマイチよく分かりません。
カブる部分もあるのかもしれませんが、
違いについて分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

非定型うつ病というのは、通常知られた症状である睡眠障害が不眠
ではく過眠であり、食欲は減退ではなく亢進(過食)である、
というように一般的に見られる諸症状から外れたタイプの症状を
伴ううつ病を指すようです。

気分変調障害は、2年以上軽い憂鬱な気分が続いていて、気分の良い
期間が2ヶ月と続かないようなタイプのうつ病です。
極めて治りにくく、抗うつ剤への反応が乏しいのが実感です。

難治性うつ病は、「難治性」の「うつ病」。 治りにくいタイプの
うつ病を指す総称のようです。

私自身に当てはめると、「難治性(の)うつ病」である「気分変調障害」で、
「非定型うつ病」に見られる過眠・過食の症状があります。
・・・というように表されます。

ちなみに、「気分変調障害」は、従来は「神経症性うつ病」と呼ばれて
いましたが現在では、「気分変調障害」と言うようになっています。

Q治験と臨床試験の英語表現

治験と臨床試験は明らかに意味が違うのですが、英語表現ではどちらも「clinical trial」で表現されています。混同は起きないのでしょうか?厳密にはどう表現を変えて意味の違いを出せばいいのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

臨床試験は clininical study 治験は clinical trial です。リンクの福井大学医学部付属病院のpdfファイルが違いをわかりやすく説明しています。

http://www.hosp.u-fukui.ac.jp/09okusuri/chise/chise_img/nws_16-12.pdf

Q精神薬の服用について質問です。私、うつ病歴13年目、過呼吸、慢性胃炎、慢性閉塞性肺疾患を患っ

精神薬の服用について
質問です。

私、うつ病歴13年目、過呼吸、慢性胃炎、慢性閉塞性肺疾患を
患ってます。

現在、薬は、クロチアゼパム(デパス)、エビリファイを服用してます。
クロチアゼパムは服用して、13年目になります。
エビリファイは半年服用してます。
精神薬の長期服用は、体に害ですか?
今は、毎日、うつ病の症状に波があり、
精神薬無しでは日常生活が
困難な状態になってきました。

精神薬の事をネットで調べたのですが、
長期服用は体に害を及ぼすと
書かれていました。

これから先、精神薬を一生服用しなくては駄目なのか?
長期服用は体に害を及ぼすのか?と
考えたら落ち込んでしまいます。

やはり、長期服用は
体に害を及ぼすのでしょうか?

アドバイスお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

辛い状態に耐えてよく頑張っていますね。

僕はパニック障害を24年患って20年以上精神薬を飲みましたが、健康に害を及ぼすことはありませんでしたよ。
一生服用してもいいと思っていたんですが、治ってきたので少しずつ減らしてみて、飲まなくても大丈夫になってきました。

いまでも少し変だなと感じたら抗不安薬を飲みます。

デパスもエビリファイも安全な薬ですから大丈夫ですよ。

抗不安薬で辛い症状を抑えて、脳内のバランスを整える薬で自律神経を整えて、
頑張り過ぎない自分のペースを作って、
自分にも周囲にも優しくなっていければ、必ず治りますよ。

○○じゃなきゃいけない。と考えてしまったときは、

○○なこともある。
○○なときもある。
○○なひともいる。
という思考に切り替えてみてください。

頑張り過ぎないようにしてくださいね。

Q治験に参加したことのある人教えてください。

治験に参加したことのある人、次のようなことについて教えてください。
1.不安はなかったですか。
2.治験者を送り出す側(何というんだろう) 、治験をする病院の対応はどうでしたか。
3.気分がわるくなったり、体の具合がおかしくなったりしたことはないですか。
4.何らかのトラブルのようなことはありませんでしたか。
5.その他治験を受けた感想などでもかまいません。

Aベストアンサー

1.そりゃ知らない人にとっては不安は有るのが当然でしょう.
安全性については,事前に丁寧に説明があり,不安なら何時でも止められます.
2.治験ボランティアに対し丁寧で親切な対応してくれますよ.先方にとってはお客様です.
3.具合が悪くなれば,訴えればいいんです.些細な事もいいんです.それが治験です.
4.先ず,トラブルは無いです.あったら大変です.
5.それなりの高額な謝礼が貰えますから嬉しいもんです.

  http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&rls=SNYA,SNYA:2003-46,SNYA:en&q=%e6%b2%bb%e9%a8%93

Qうつ病と躁うつ病の症状の違いは?

3年程前から、うつ病とPMSで精神科で薬をもらい通院しています。今までは、イライラや落ち込み、何もやる気になれない等の症状が中心でしたが、ここ最近イライラしたり、落ち着かないとカードで買い物ばかりしてしまい、調子の良い時はしゃべり続けたりして、落ち込むと何もやる気になれず1日家にこもって、おやつを食べ過ぎたりといった症状が続いています。本やネットで調べると、こういった症状は躁うつ病なのでは?と思うのですが、病院の先生はそうだとは言いません。同じ様な症状の方がいらっしゃったらどういう病名だと言われたのか教えて頂きたいのですが。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

今日のyahooのトピックスにミトコンドリアが躁鬱病の原因か?なんて記事がありました
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/depressive_disorders/

そこにうつ病と躁鬱病の違いについてリンクがありましたのでご覧ください。

http://utubyo.jp/betsu.html

Q治験について

今治験についてもし応募できるのであれば是非一度参加してみたいとおもっています そこで治験について応募出来るサイトなどがあれば教えて頂けたらとおもいます また何故治験の協力費用というのは一日につき2万や3万といった高額なのでしょうか?

Aベストアンサー

未だ試験段階の薬を投与するのですから,高くて当然です.メーカーは業者にはもっと払っていますが,被検者にはそのほんの一部なのです.

 http://www.vob.jp/
 http://generic-med.jugem.jp/
 http://www.vob.jp/faq.html#29
 http://www.chikenlab.jp/?gclid=CJ6X_oOAx4oCFSLiYAodKyepcg
 http://www.clinical-t.com/
 http://www.kenkounavi.net/site/hikensha.htm
 http://www.h4.dion.ne.jp/~okane/tikenmonitor.html
 http://www.chikennavi.net/phase1/index.htm
治験募集で検索すれば幾らでも出てきます.

Qうつ病の症状について 特に女性にお尋ねしたいです。 先日心療内科でうつ病、パニック障害、不安障害と

うつ病の症状について
特に女性にお尋ねしたいです。

先日心療内科でうつ病、パニック障害、不安障害と診断されたものです。

わたしはどちらかと言うと身体的な不調が多いのです。

体が痛いというのもうつの症状と書いてあり、医師もそのように言っていたのですが私も慢性的な足の痛みや頭痛、顔面の痛みなどあります。

そこで質問なのですが胸の痛みを訴えるうつ病の方はよく見かけるのですが、私の場合おっぱいがとても痛みます。
心臓がどうこうとかの部分でなくおっぱいとても痛いのです。
生理前のあの痛みにも近い気がしますが、生理前のとは違って触って痛みが生じるわけではありません。
しこりや違和感はないです。

女性でうつ病にかかり、いわゆるおっぱいがいたくなった方いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

身体の一部に違和感を感じたりすることはうつ病や不安障害でよく見られる症状だと思います。
お薬の種類によっては、副作用で乳汁の分泌などが起こる場合がありますね。

Q薬の治験について

最近新聞に時々治験の募集広告が載っています。そこで質問があります。
1.治験の募集広告は、以前は無かったと思うのですが、薬事法?が変わったのでしょうか。(私の勘違い?)
2.治験は人体実験ではないのでしょうか。
3.治験は薬として、一般の患者に使われるまでの過程の、どの位置で行われるのでしょうか。それとも承認されてから行うもの?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

昔、治験担当者(開発といいます)でしたので、わかる範囲で回答します。

1.治験は厚生労働省令の「GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)」によって基準が定められています。
昔は、その病気の専門医に依頼を行い、患者さんの選定などは医師に任せきりになっていましたが、広く募集できるように変わってきているようです。
※この件の現在の情報はよく知りません。すみません。

2.見方によれば人体実験と言うことになりますね。

3.薬ができるまでの課程は次にようになっています。

・研究所において、化学合成などにより「薬」として使えそうな物質を作成し、その「効力」や「安全性」について動物実験を行います。
マウスなどを使い人工的に病気の症状を発生させた状態での実験や、高濃度・長期間などの投与方を使い、効果が現れる血中濃度や安全性が認められる血中濃度などが見積もられます。
もちろんこの段階で効果のない(少ない)ものや安全性に問題があるものは脱落します。

・動物実験において効力・安全性が認められた「もの」であっても人間で同じように働くとは限りませんので、実際に人間で試験を行う段階に移ります。

・第一相試験:
健康体の成人に対し「物質」を投与し、物質がどのように取り込まれ、どのように排出されるかを「血中濃度」や「尿中濃度」などで検査し、副作用などの問題がないかを検証します。
この血中濃度の推移は、「効果」が見込まれる「時間」の目安をつけ、実際の投与方法の参考となります。
8時間ほどしかもたないものは一日3回投与、12時間もつものは一日2回投与などですね。

・前期第2相試験:
1相試験で安全性が認められた「もの」は、少数の患者さんに実際に服用してもらい、その「効果」について検証を行います。
このときは、特にその病気に詳しい数名の専門医に依頼し、医師による患者さんへの投与が行われ、投与期間中の症状の変化や副作用と思われる症状も含め状態の詳細な記録を行います。

・後期第2相試験
効果が認められた「もの」については、実際の用法用量を見積もる段階へと進みます。
患者さんの人数を増やし、患者さんごとに数種類の投与量を設定し、効果の度合いや副作用の度合いなどを検証して適正な投与量を設定することとなります。

・第3相試験
最後の段階は、「本当に効果があるのか」をもう一度検証することです。
既存の類似薬を対照薬として設定し、開発中のものと効果比較を行います。
このとき投与する医師も、投与される患者さんもどちらの薬を投与されているかわからないようにして実施し、効果判定をまず行います。
その後にどの患者さんにどちらの薬が投与されていたのかの「割付表」が開封されて、それぞれの薬ごとに評価をまとめます。
この評価を比較し、十分な有効性が認められた場合には「薬」としての承認申請を行えるようになります。

・承認申請は、ここまでのすべての実験結果や参考文献などをすべてまとめて「厚生労働省」へと「承認申請」を行い、「承認」された後に、初めて「薬」として発売できるようになるわけです。


通常「治験」とは「第1相試験から第3相試験」までをいいます。
すべての段階で「医師」の立ち会い(というよりも医師による実施)が行われ、投与される患者さんへも「効果や副作用も含めての情報の提示」および「文書による参加了承」が行われて初めて実施されます。
一旦了承した参加を取りやめることも自由意志でできますし、これによる不利益はありません。

大昔は「人体実験」というようなこともあったのかもしれませんが、今ではそういうことはないということですよ。

参考URL:http://www.chiken-net.com/

昔、治験担当者(開発といいます)でしたので、わかる範囲で回答します。

1.治験は厚生労働省令の「GCP(医薬品の臨床試験の実施の基準)」によって基準が定められています。
昔は、その病気の専門医に依頼を行い、患者さんの選定などは医師に任せきりになっていましたが、広く募集できるように変わってきているようです。
※この件の現在の情報はよく知りません。すみません。

2.見方によれば人体実験と言うことになりますね。

3.薬ができるまでの課程は次にようになっています。

・研究所にお...続きを読む

Qうつ病の症状について、 うつ病の方で片方の眉間がいたかったり片方の下腹部や片方の足がいたかったり

うつ病の症状について、


うつ病の方で片方の眉間がいたかったり片方の下腹部や片方の足がいたかったり片方の目が酷いドライアイの方、いらっしゃいますか?

わたしは基本、左半分が酷いドライアイと顔面痛、左側の下腹部痛、左側の下股痛が酷いんです。

心療内科では不安障害や心気症の症状が出ているねといわれました。

たぶん考えすぎだろうと心療内科で言われましたがどうしても不安がぬぐえません。

医者に診てもらうにしても症状がありすぎて何科にいけばいいのか、……しかも先生にも気にしすぎだと言われてますし……

でもネットで病名など調べたりして不安で怯えてしまう自分がいます。
夜も眠れなかったりしてしまいます。


同じような症状の方、いらっしゃいましたらご回答よろしくお願いいたします。
わたしは未成年の女です。

Aベストアンサー

私は、5年前にうつ病を発症し、今年の8月に電車の飛び込みをもろに目撃してしまい、「急性ストレス性障害」から「PTSD」になっちゃった者です。

何の心の病気でも、人それぞれに、出てくる症状が違うそうですよ。(薬の副作用もあるようです。)

私も、左の喉部分にしこりが出来たり、身体が痒くなったり、右目の瞼がけいれんしたり、手がはじけるように勝手に動き、モノを落としたり、手がずっと(足が痺れた時みたいに)痺れて、まるで小さい虫が手の中で這いずりまわっているような感じが何時間も続いたりしまいます。

お身体の症状が心配の様でしたら、うつ病と告げた上、お薬ノートを持って、お近くのクリニックを訪ねてみて下さい。
(評判はネットなどで確認して)クリニックは総合的な診察をしてくれます。自分のところで手に負えない病気だったりしたら、症状によって他の病院を紹介もしてくれます。

…ただ、一番、私が心配なのは、いま通院していらっしゃる、心療内科の先生の言葉です。「気にしすぎ・・・」って、夜眠れなくなるほど不安を抱えてる心の病気を持つ患者に言う言葉でしょうか?
先生はご自分にとって本当に信頼できる方ですか?私はセカンドオピニオン、サードオピニオンしてでも、安心できるマイドクターをみつける事が一番だと思います。

人によって、精神科、心療内科、神経科、そして、その先生と合う合わないがあり、知人は、精神科で薬だけ出してくれて、話しはあまり聞いてくれず、症状が悪化したパターンもあります。
私は、心療内科から、都立病院の神経科に変更し、なんでも相談できる先生と出逢う事が出来てラッキーだったのですが、合わない、自分を理解してくれないドクターと長く診察を続けるのは悪い結果しか生まれないと思います。

面倒ですが、評判の良いお医者さんを探してみる事を、是非、おススメします!

どうぞ、貴女が平穏に過ごせるように、お祈ります。
だいじょうぶ、だいじょうぶ、だいじょうぶ。

私は、5年前にうつ病を発症し、今年の8月に電車の飛び込みをもろに目撃してしまい、「急性ストレス性障害」から「PTSD」になっちゃった者です。

何の心の病気でも、人それぞれに、出てくる症状が違うそうですよ。(薬の副作用もあるようです。)

私も、左の喉部分にしこりが出来たり、身体が痒くなったり、右目の瞼がけいれんしたり、手がはじけるように勝手に動き、モノを落としたり、手がずっと(足が痺れた時みたいに)痺れて、まるで小さい虫が手の中で這いずりまわっているような感じが何時間も続いたりし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報