「教えて!ピックアップ」リリース!

いつか日本が今のウクライナのような惨事に見舞われるとしたら、敵国はどこですか?

A 回答 (9件)

アホのスカポンタン黒電話北朝鮮。



中國はまず襲えないなぜなら元は円に癒着していて大量のメイド・イン・チャイナを買ってくれる大顧客様が大日本帝国様だから。
また韓国も、ウォンは円によって均衡が保たれており、日本がいないと生きてすらいけない。未だに従軍慰安婦問題をしつこくしつこく捏造している。
    • good
    • 1

歴史は繰り返す、中国に攻め入って米国にやられます

    • good
    • 1

北朝鮮、韓国は日本になど手を出す軍事的余裕はありません。


ロシアもこのあと数十年は欧州方面の軍事的緊張が高いので、日本などに手を出す余裕も意味も無いです。
可能性が高いのは中華人民共和国とアメリカ。
中華人民共和国の場合は、太平洋に軍事的に進出するには、在日米軍を叩かないといけません。
アメリカの場合はパナマ侵攻と同じケースです。日本に反米政権が成立して在日米軍撤退が現実味を帯びてきた場合、横田、厚木、横須賀の基地からオスプレイやヘリが永田町に押し寄せ、大臣たちを逮捕し、残りの議員たちにこれまどどおりの隷米政府を選出させるのです。
    • good
    • 0

断トツの確率で中国です。



理由は、日本の一部有力政治家が、「台湾有事は日本有事」「核共有」発言をしています。
この発言は、まさに台湾有事に中国との交戦を前提とした発言に違いありません。
本気で覚悟があるのかは非常に怪しいですが (理由は子分の高市氏が台湾からの避難民受け入れ発言をしていますが、これは安倍発言とは矛盾しています。なぜなら、日本も戦火になるのに、日本への避難はあり得ません。)
アメリカを、確実な根拠もなく過剰に当てにしている可能性が高いです。
安倍発言は非常に愚かな発言ですが、戦争は愚かさが引き寄せるものです。
台湾が中国寄りの政権に政変して、おだやかな形で中国と統一されるのが、日本にとっては一番良いのですが、台湾国民の意思は台湾独立を願う国民のほうが多いと思いますので、戦争は避けられないと考えております。
    • good
    • 1

敵国は、ロシア,中国,北朝鮮 及び 将来的には米国も可能性があると思います。



基本的に、日本の防衛力では、「侵略してくる部隊を自衛隊単独で撃退することはほぼ不可能」である事を、元陸上自衛隊・中部方面総監が語っています。 https://bunshun.jp/articles/-/52846

日本の現在の自衛隊のみの防衛力はその程度のものです。
この点をまず理解しておく必要があります。
日米同盟無しでは今の日本の防衛は成立しえない状況です。

米国に関しては、仮に今後数十年程度かけて、日本がロシア,中国,北朝鮮の軍事的脅威に対して、軍事力を増強し、憲法9条も改正し、尚且つ、米国が予算削減で、日本国内の基地から撤退した後で、もしインドネシアのように、ロシア,中国から攻められないような中立的な立ち位置になれば、逆に米国から敵国扱いされ、攻撃されるリスクを生じると思います。
    • good
    • 0

あくまで仮定ですが。


通常兵器による防衛戦争(核兵器の使用はない)に限定すれば、現時点では、意外と「アメリカしか存在しない」様な気がします。

逆に、核戦争を想定したら、中国やロシアどころか、北朝鮮が相手でもヤバいと言うか。
日本が北朝鮮に占領される訳ではないだろうけど、北朝鮮が全力で日本を核攻撃すれば、日本は壊滅的な被害を受ける可能性があります。

一方、通常兵器での戦闘の範囲では真逆と言え、北朝鮮など相手にならないし、今のところ中国やロシアでも、そこまで脅威ではないです。
中国やロシアの陸軍は強いけど、海を越えての出張戦争は大したことはないので。

従い、四方を海に囲まれた日本は、本土上陸の阻止に注力した防衛装備に特化してますし、発動有無の議論はさておき日米安保もあり、出張戦争では米軍が世界最強です。

言い換えれば、中国やロシアが日本に侵攻してきた場合、自衛隊が単独でそれらを退けられる可能性も無いとは言えず。
更に日米安保が発動すれば、高確率で退けられる訳です。

ただ、そんな日本(自衛隊)でも、全く打つ手がないのがアメリカ(米軍)です。
上陸阻止には長けてても、米軍は既に首都圏付近まで、在日米軍が上陸済みだし。
日本の防衛装備は、主力も含めてアメリカ製やアメリカの衛星を使用しているものも多く、アメリカが通信チャンネルを変えるとか、ウイルスを流し込まれたら、日本の防衛装備の多くが使用不能に陥ります。

とは言え、もしアメリカが日本に対して宣戦布告したら、全く打つ手がない日本は、恐らく即座に白旗を揚げる(無条件降伏)しかないので、ウクライナのような惨事にはならないとは思います。
    • good
    • 2

鄧小平は力を付けたら日本に復讐しろと言い残した。

これは誰がトップになろうと中国共産党が破壊され消えるまで中国の国策です。
習近平は主席就任早々に侵略復讐主義を唱えています。今も唱えています。
日本侵略の強固な意思と実力があるのが中国です。
    • good
    • 0

中国でしょう。


中国共産党の思想の中に、過去に中国(現在の中国となる以前も含む)から文化を
輸入した国や地域は自分らの物であると言う事ですから、遣隋使や遣唐使の時代に
文化など日本は輸入しているので中国共産党の思想に合致する。
ですので、自分の物を取り戻すと言う事で侵攻してくると言う事は思想上有り得る。
ですので日本にとっての最大の敵国は今軍事力増強をしている中国。
    • good
    • 1

中国 北朝鮮 ロシア

    • good
    • 1
この回答へのお礼

一つの国に絞って、そう思う理由も教えてもらえますか。

お礼日時:2022/04/08 10:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング