最新閲覧日:

現在、美術短期大学の専攻科で金属工芸を専攻しています。来年3月で修了したのちも、作家として金属工芸をやっていきたいと思っているのですが、金工をやるにはそれなりの設備やそのための資金が必要です。また今以上に高度な技術も身に付けたいです。金属工芸家として、独立してやっている方々は、どのような経路をたどって今に行き着いたのか参考に教えてください。お願いいたします。

A 回答 (1件)

hanachann2001さんへ


日本の金工芸術といえば、刀装具金工芸術(刀の鐔や刀の鞘などに使う外装金具)で著名な後藤一乗、加納夏雄の名をすぐに思い浮かべます。現在でも刀装具の製作は行われているようです。鐔工やハバキ師や白銀師と呼ばれる金工芸術家が今でも活躍していると聞きます。金工芸術といっても色々な分野があると思いますが、調べる価値があるのではないでしょうか?
刀剣店の銀座長州屋さんのホームページには色々な鐔が写真と解説つきで掲載されています。参考になされては・・?

参考URL:http://www.choshuya.co.jp
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報