「教えて!ピックアップ」リリース!

教えていただきたいのですが、相手に一方的に殴られて弁護士を立てたい時は無料で出来るのでしょうか?有料のほうが良いでしょうか?

A 回答 (7件)

暴行若しくは傷害の罪で加害者を糺す刑事裁判においては,被害者は証人でしかないので弁護士は必要ではありません。


刑事関連法規を熟知している国(検察)を相手にしなければならない被疑者は,その権利が不当に侵害されないためにも弁護人(弁護士)を付さなければならないとされているので,私選弁護人(被疑者と弁護士との任意の契約によるので有料)を付けない被疑者には国選弁護人が付されます(強制なので被疑者に費用負担なし)。
被害者には弁護士は必須ではないので,弁護士にかかる費用も有料ということになります。

被害者が加害者に損害賠償(慰謝料)請求をする民事裁判においては,弁護士を立てることは双方において自由であって義務ではありません。
つまり任意ですから,そこに発生する費用もまた依頼した人の負担になります。被害者が弁護士を立てるのであれば,その弁護士費用は被害者負担ということになります。
ただ,請求する慰謝料にその弁護士費用を込みで請求することで,勝訴すれば実質的負担はなしにすることはできるかもしれません。
    • good
    • 0

相手に一方的に殴られて弁護士を立てたい時は


無料で出来るのでしょうか?
 ↑
出来ません。
弁護士は民間人です。
無料で弁護活動をしたのでは
喰っていけません。



有料のほうが良いでしょうか?
  ↑
相談だけなら、無料という場合も
あります。
有料の相談の場合は30分5千円が
相場です。

しかし、弁護士活動をやるなら
無料はありません。

加害者で、国選弁護のことを言っている
のですか。
その場合は、無料になる場合もあります。
必ず無料になるわけではありません。

国選弁護人は、一般にはヤル気が無いし
無能も多いので、金があるなら
有料を選ぶべきです。
    • good
    • 0

相手に殴られたのならまず警察に届けるのが筋でしょう。

それから、慰謝料請求するのかしないのかです。請求するのなら金額を決める。そして、相手にその旨通知して示談で済ませるか、どうするかを決めればいいと思います。

示談にする場合は、警察署の応接室を借りて相手と話し合うことをお勧めします。無料です。示談が成立しない場合は傷害罪で訴える。と、言う感じで交渉すれば楽ちんです。お金もかかりません。弱い者にとって一番いい方法です。
    • good
    • 0

無料の国選弁護人は、刑事事件で起訴された被告が対象で、起訴されない被害者には関係ありません。


被害者が裁判を起こす場合は民事事件の損害賠償請求であり、これは強制的な刑事裁判ではありませんから費用は自腹です。
    • good
    • 0

あなたが代理人弁護士を依頼し、相手に対して訴訟を起こしたいということでしょうか?そうであれば、これは無料ではありません。

あなた様が弁護士費用を負担する必要があります。但し民事で慰謝料請求などの賠償訴訟を起こし、結果として相手から慰謝料を受け取ることが出来たら、その額によっては弁護士費用をそれでカバーできる可能性も(少しは)あります。大概は赤字になります。
    • good
    • 0

> 弁護士を立てたい時



民事で治療費や慰謝料の請求を行うって事?


基本有料です。

市役所とかで無料の民事相談受け付けてる事もありますが、普通は相談のみで、質問者さんの代理として訴え起こしたりするなら有料です。

収入や預金が無くて弁護士雇えないとかなら、通帳とか確認してもらった上で、費用を国が負担して国選弁護人を付けてもらえる制度もありますが。


段階的に、
・フツーに相手に治療費請求など行う
・適切な対応が行われない
・「やむを得ず」弁護士へ依頼する事になるが、そちらの都合で弁護士を雇う事になるので弁護士費用に関しては請求するって相手に通告
とかの段取り踏めば、相手に弁護士費用を請求する余地は出来るかも。
    • good
    • 0

弁護士に相談するとき、無料で話相手になってくれることもあるけど、枠が空くまでしばらく待たされるし、相談時間の制限あるし、もっと話をしたいと思っても、まず次回は無い。



だから、30分5000円(だったと思う)の有料の弁護士さんに相談しましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング