ゴム全般とゴム以外の物の違いとは
何なのでしょうか?
 またそれを判別方法、手段、機器等
教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

日常生活で接するような材料では、柔らかくて、手で引っ張ればよく伸びて、


手を放せばすぐにもとの形に戻るような物質がゴムであると思えば、ほぼ
間違いはありません。これだけでは、ちょっと回答として面白くないので、
専門的な話を少ししましょう。

ゴムは、高分子と呼ばれる細い鎖状の分子を数ヵ所つなげることで、
高度に発達した網目状の構造を持っています。
一般的には、金属やセラミックに比べて非常に柔らかく、小さな力で
非常に大きく変形し、また、力を除去するとほぼ瞬時にもとの形に戻ります。
このような変形はゴム弾性と呼ばれていて、jellyfish27さんがおっしゃる
ように、エントロピー的な要素が非常に強いです。
実は、ゴムもそれなりの温度に冷やしてしまうと、プラスチックのように
ガチガチになってしまいます。汎用プラスチックは同じく高分子から
できていますが、大きな違いは、分子同士をつなげて網目状にするという
操作をしていないことにあります。汎用プラスチックを加熱すると、
どろどろに溶けてしまいます。これは鎖状の分子が自由に動けるので形を
保つことができなくなることに原因があります。ゴムは、一つ一つの鎖が
互いに繋がっていて自由に動くことができないので、どんなに温度を上げても
どろどろになってしまうことはありません。材料を破壊してしまっても
良いのなら、150℃から180℃ぐらいまでの高温下で何時間か置いておけば、
プラスチックとゴムの区別はつくかと思います。
ゴムと同じようにして作製されるものに熱硬化性樹脂と呼ばれるプラスチックが
あります。これは、ゴムと同じく非常に発達した網目構造を持っていますが、
分子の交叉点(架橋点と呼ばれています)間の距離が非常に短くて、伸びる
ことができない状態になっています。このような材料は、加熱しても焦げて
くるだけで、柔らかくなることはありません。
金属やセラミックは、明らかに手触りや見た感じが違うので、区別がつくかと
思います。
非破壊の情報で区別をつけたいのならば、それ相応の機器を用いる必要があると
思います。例えば、表面の硬度を測ってみるとか、動的粘弾性測定を行うなどが
考えられますが、さらに詳しいことが知りたいのなら、補足お願いします。

この回答への補足

詳細にご回答頂き誠にありがとうございます。

「ゴムである」または「ゴム以外である」の非接触で
機器(sensor等)を用いて判定することは可能なのでし
ょうか?

よろしくお願い申し上げます

補足日時:2001/09/04 11:17
    • good
    • 0

非接触ですか。

うーん。
金属とそれ以外を区別するなら、導電性を測定すれば済みます。
セラミックとプラスチックを区別するのなら、表面の粗さを測定すればできます。
プラスチックの方がセラミックよりも表面が滑らかになることが多いです。
ここまでは、非接触でも行える操作です。しかし、プラスチックとゴムを
区別するのはかなり難しいと思います。先ほどの回答にも書いたのですが、
プラスチックとゴムは、本来同じものなのです。処理の仕方に一手間
加えているだけなので、何らかの力学測定を行わないとその差は見えて
こないと思います。もちろん、汎用のゴムは、分子レベルでは汎用プラスチック
とは異なりますが、その差を捕らえるのは難しいのではないかと思います。

以前、どこかの学会で、超音波とレーザー光を用いてプラスチックやゴムの
硬さ(弾性率)を測定する方法が発表されていたのですが、うまく応用すれば
使えるかもしれません。超音波によってできた表面の粗密の動的な変化を、
レーザー光の干渉を用いて可視化するという方法です。その発表では、超音波
発生装置は試料に接触していましたが、原理的には離れていても大丈夫だと
思います。

その他に考えられるのは、汎用のゴムは、網目を作製するときに硫黄を用いて
います。うまく表面の元素分析を行えば、プラスチックとゴムの差は出る
可能性があると思います。表面の元素分析を行う機械は売っていたと思います。
かなりの高値がついていたと記憶してますが。原子間力顕微鏡や、走査型電子
顕微鏡を売っているメーカー等をあたってみてください。

しかし、上記いずれの方法をとっても、微小な試料片を切り出す必要があります。
おそらく、想定しておられる状況は、何らかの装置の中に組み込まれている
物質の同定だと思うのですが、このような状況下では、プラスチックとゴムの
区別をつけるのは非常に困難だと思います。もしこのような状況なのであれば、
製造メーカーに直接聞くことをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところ色々と教えていただきありがとうございます。
参考にさせて頂きます。
誠にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/05 07:54

mttさんの「延性ならびに復元性」に関してちょっと追加です.


金属などの固体の弾性は「エネルギー弾性」に従います.これは高温より低温で堅くなるという特徴があります.直感的にわかりますね.ところがゴムは高分子ですから事情が異なり,「エントロピー弾性」に従います.これは逆に高温で堅くなる性質があります.ゴムひもにおもりを吊し,ドライヤーなどで加熱するとわずかながら縮むのがわかります.
詳しくは高分子の物理的性質について書かれた書物を見れば良いでしょう.あるいはレオロジーの書物も.
    • good
    • 0

ゴムとそれ以外の物質との大きな違いは「延性ならびに復元性」です。

訊かれてすぐピーンと答えられるようになってください。 判別機器等については不明です。 とりあえずアドバイスまで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qそれが油かどうかの判別方法を教えて下さい!

川に油らしきものが浮いてたりするんですが、
それが本当に油なのか判別する方法はありませんか?

油が浮いているように見えても、それは実はバクテリア(?)だったみたいなこともあるらしいので…。

何か専門の道具を使う方法でも構いませんので、
確実に「これは油だ!」と断定できる判別方法を教えて下さい!

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

油と言っても、
・炭化水素(パラフィン)
・高級脂肪酸のグリセリド
・高級脂肪酸や高級アルコール
・蝋(高級脂肪酸と高級アルコールのエステル)
・その他、水に溶解しない液体
の総称として使われたりします。ですので、それらを区別する方法はありますが、「水に溶解しない液体」として油を思われていたら、文字通り水と共に攪拌して二層に分かれるか否かを見るしかないです。

Qシリコンゴムと天然ゴムが一緒??

私の上司が「シリコンゴムと天然ゴムは一緒の物質のことだ」と言うのですがそれは本当なのでしょうか?
私的にはどう考えても違うようにしか思えないのですが…??一般的には一緒の扱いなんですか??
ご存知の方、どうか教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

違う物質です.
天然ゴムは,ゴムの木から採取した樹液ラテックス中に含まれる微粒子を集めて固めたもので,主成分は「ポリイソプレン」という化合物です.洗浄,脱水,乾燥したものを「生ゴム」といい,非常に柔らかい物質です.これにイオウを加えて(加硫と言います)分子間を架橋し,実用可能な(硬めの)ゴムにします.天然ゴムは変形能に優れ,タイヤ用に大量に使用されています.

一方,シリコンゴムは主鎖にオルガノシロキサン結合を持つ合成ゴムで,ケイ素ゴムとも呼ばれています.やはり,加硫して適度な硬さにしてから製品にする場合が多いようです.耐油性,耐薬品性,耐寒性に優れ,シーリング材,電線被覆,航空機部品等の用途に幅広く使用されています.

天然ゴムはイソプレンが主成分の複雑な混合物ですが,シリコンゴムの成分の含有率はゼロだと思います.

Q合成ゴムでも加硫すると硬いゴムは作れるのでしょうか

エボナイトという素材があります。
天然のゴムに硫黄を混ぜて加硫という工程を経て、プラスティックと同じような硬さにした素材です。
しかし、石油由来の合成ゴムであっても硫黄を混ぜて加硫させることができるということを、最近本を読んで知りました。
そこで疑問なのですが、合成ゴムでも加硫させればエボナイトと同じような硬さの素材は作ることができるのでしょうか。またそのような素材が市販されていたりしますか。
どなたかご存じのかた、おられましたらご投稿ください。

Aベストアンサー

ちょっと調べると SBR ebonite なんてものが見付かる.

Q金属ポルフィリンの中心金属の分子平面からの浮き出しの原因となる事を教えて頂けないでしょうか。

私は今、大学で、下挿絵のようなポルフィリンの中心にマンガンを置き、そのマンガンに酸素を結合させた分子の構造を、量子科学計算によって求める研究をおこなっております。
そこで得られた構造は、マンガンが分子平面より浮き出ています。
これはどのような影響により生じるのかをご存じの方がいらっしゃれば、どうか助言を頂けないでしょうか。
研究が行き詰って非常に困っております・・・・。

Aベストアンサー

三好克彦/著 化学結合と分子の構造 には、
・正四角錐構造のML5錯体
「d6ML5(つまり16電子)ではこの正四角錐構造のほうが安定である。」
・底面から中心原子が浮いた四角錐構造のML5錯体
「d8(18電子)ではこの構造のほうが正四角錐構造より安定である」
と書かれています。
このMn原子の電子構造は分かりませんが、恐らく18電子であると思われます。
そのために底面から中心原子が浮いている・・・と考えられますが。
なぜこうなるかというのが書いてあるので、興味があればこの本を読んでみてはいかがでしょう?

Q化学全般を網羅できる勉強について教えてください。

大學で有機を専攻していたものです。現在、会社で開発職に携わっていますが、無機やら有機やら高分子やら・・・いろいろなものが混ざった系について総合的にどういう反応が起きており、◎◎のようなメカニズムであり、その結果、●●のトラブルが発生する可能性があるので、商品対策には▲▲な対策が必要。
ということをしないといけません。

しかし、まったくどういう反応が起きうるのか、、など解りません。調べるにも、混ざり物でどういう調べ方をしてよいやらこれまた解りません。

お恥ずかしい限りですが、有機、無機に関わらず化学全般を網羅できる勉強方法はありませんでしょうか。もし、お勧めの本、またはセミナーなどがありましたら是非教えてください。一から勉強しなおしたいと思います。
大学時代のテキストを個別に勉強しても結局実際の混合系ではなにがどうなるのか、さっぱり理解できません。。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

お答えになるかわかりませんが・・・・・。

同じような状況で悩んでいた友人は、有機合成から、材料化学の分野に放り込まれた人でした。
で、一生懸命、一から勉強してて、大学時代のテキストはどれも役に立ち、カステランを今でも開くと言ってました。

なお私自身は遺伝子工学から分析化学に放り込まれました。
大学のテキストはまったく役に立たず、もっぱら、周囲の先輩たちに食いついて知識を蓄えました。

数年もすれば、格好がついてくるものです。
がんばってください。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報