パラノイアとは、どういった精神障害なのでしょうか。
症状・その対策など詳しく知りたいです。
また、そういった精神障害の説明が多く載っているホームページも
教えていただきたいです。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

パラノイア paranoia は偏執病、妄想症と訳されていた精神疾患です。


症状としては
・持続的で頑固な妄想
・思考や行動が首尾一貫している(分裂症とはここが違う)
・幻覚、幻聴は伴わない
・中年以降の男性に多くみられる
が特徴です。

なお、妄想の種類としては
・誇大妄想(血統妄想、発明妄想、宗教妄想)
・被害妄想(迫害妄想)
・好訴妄想(何かというとすぐ訴えたがる。被害妄想の変型)
などが多く見られます。
どれも自我感情が高揚して持続的な強さや刺激性を示すのが特徴です。
治療には専門医による継続的なカウンセリングと投薬が必要です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても参考になりました、ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/03 18:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパラノイアについて

パラノイアが少し、ある場合治療が必要なんでしょうか?
これは、精神病ですか?

Aベストアンサー

「パラノイアが少し、ある」とはどのような状態をおっしゃっているのでしょう?

パラノイアは単に妄想を有するのではなく,
その人の世界観,人生観に関わるような確固とした妄想体系を発展させるものですから,
定義上「少し、ある」なんてことはありません。

妄想型の統合失調症との鑑別は難しそうですが,
実際にパラノイアとの診断が下されることは極めてまれです。

妄想であることが誰の目にも明らかであって,
そのせいで本人が悩んだり周囲が迷惑したりしているのであれば,
精神科を受診させるべきと思いますが。

Q摂食障害の症状が悪化していて、大学に行けなくなりそうです 軽い適応障害と摂食障害という診断を受け

摂食障害の症状が悪化していて、大学に行けなくなりそうです


軽い適応障害と摂食障害という診断を受けて通院している大学生の女です。
過去8年前頃から拒食の時期があり、4年前から非嘔吐の過食になっています。

体重は10キロ以上増えていますが、1ヶ月位前までは、過食しても1週間くらいは普通の食生活ができていました。
また過食というよりただの食べ過ぎに近い過食もあり、改善してきているな自分でも感じていました。
ただその改善してきていた時期は大学の研究室に行かなくてよい時期でありました。

再び研究室が始まった今、初めて毎日のように気持ち悪くなるまで過食し、下剤を1日に何度も飲み、家に帰ると睡眠薬で無理やり寝て…というクズな生活を送っています

もともと研究室では一番出来が悪く、研究に向いていない自分が悪いのです。

研究室にいっていても、隠れてトイレで過食したり、下剤が効いて1日に何度もトイレにこもったり、遅刻早退欠席が増えています

ただの体調不良で休むのも限界かと思ってきました
質問としては、摂食障害で通学されている方は、学校を休んだことはありますか?
またどのくらいの期間、どのような形で休みましたか?
休まず卒業した方は、そのための心の持ち方など、教えていただければ幸いです

乱文申し訳ありませんが、不足している点があれば補足致します
よろしくお願い致します

摂食障害の症状が悪化していて、大学に行けなくなりそうです


軽い適応障害と摂食障害という診断を受けて通院している大学生の女です。
過去8年前頃から拒食の時期があり、4年前から非嘔吐の過食になっています。

体重は10キロ以上増えていますが、1ヶ月位前までは、過食しても1週間くらいは普通の食生活ができていました。
また過食というよりただの食べ過ぎに近い過食もあり、改善してきているな自分でも感じていました。
ただその改善してきていた時期は大学の研究室に行かなくてよい時期でありました。

再...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。
私は学生ではありませんが、摂食障害を3年間患わっておりました。
仕事を休んだことは度々でした。
この病は精神的な不安を、食べることで脳が満足し、多少ながら不安が軽減されます。
しかし、今のあなたの状態を読ませて頂いて、
現状では、少し休養しなければ悪化していくだけだと思われます。
学校に現状を隠さずに相談し、早めの休暇をとることを優先してください。

大学での単位の範囲内で、あなたの心を休めてください。
もしも、今研究所で研究者として勉強しているが、ほかの人よりも劣っている・・
そう感じてしまうのも、摂食障害が原因かと思われます。
その場所にも原因があるかもしれませんね。

自分自身の気持ちが良くないと思わされる環境は、あなたに合わない環境かもしれません。


一度、心療内科で診察することも良いでしょう。
過食を抑える胃に優しい薬を処方していただき、様子をみてみてはいかがでしょうか。

私自身も同じ経験があるので、まるで自分の事の様に、今のあなたが心配です。

一人で抱え込まず、我慢を続けずいて下さい。
私はあなたの味方ですよ。

Qパラノイアとはどういった精神障害ですか?

パラノイアとは、どういった精神障害なのでしょうか。
症状・その対策など詳しく知りたいです。
また、そういった精神障害の説明が多く載っているホームページも
教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

パラノイア paranoia は偏執病、妄想症と訳されていた精神疾患です。
症状としては
・持続的で頑固な妄想
・思考や行動が首尾一貫している(分裂症とはここが違う)
・幻覚、幻聴は伴わない
・中年以降の男性に多くみられる
が特徴です。

なお、妄想の種類としては
・誇大妄想(血統妄想、発明妄想、宗教妄想)
・被害妄想(迫害妄想)
・好訴妄想(何かというとすぐ訴えたがる。被害妄想の変型)
などが多く見られます。
どれも自我感情が高揚して持続的な強さや刺激性を示すのが特徴です。
治療には専門医による継続的なカウンセリングと投薬が必要です。

Q【説明書障害者】説明書を読まない人は識字障害者らしいです。では、逆に説明書に蛍光ラインマーカーを引く

【説明書障害者】説明書を読まない人は識字障害者らしいです。では、逆に説明書に蛍光ラインマーカーを引く人はなに障害なんでしょう?

Aベストアンサー

受験勉強障害

Qパラノイアに関するお勧めの本

「偏執病(パラノイア)」Wikipediaより引用
・被害妄想 - 挫折・侮辱・拒絶などへの過剰反応、他人への根強い猜疑心(さいぎしん)。
・誇大妄想 - 数を誇大に示したり、大げさな表現を好むなど。
・激しい攻撃性 - 誹謗中傷、大勝利の連呼など。
・自己中心的性格。
・異常な独占欲。

私の身近な人物が正しくこの様な人間です。
執拗に罵倒を浴び続ける、私の親戚や知人に繰り返し電話をして私を誹謗する、私がカルト教団に入信したと信じ込み自宅に警察を呼ばれるなど、大変困っています。
その様な経緯からパラノイアについて知りたいのですが、素人にも理解出来るお勧めの本はないでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたらご教示をお願い致します。

Aベストアンサー

僕が図書館で本を読み漁った時(3年くらい前)は妄想症の本はありませんでした。多分あってもごくわずかだと思います。
パラノイアも人格障害(妄想性人格障害PPD)ですので、人格障害の方に接する場合の本などがわかりやすく参考になるのではないかと思います。ただいずれも境界性人格障害(BPD)をメインに書かれているので、若干自分なりに解釈しなければいけないところもあるかと思いますが参考にはなるかと思います。特に攻撃性や被害妄想などは近い面があると思いますので。
僕は人格障害の本はどんな本だったかは覚えておりませんので、とりあえずネットで人格障害でぐぐって見てください。いろいろ参考になる情報とか出てくると思いますよ。

具体的に紹介できずすいません。

Q障害について アスペルガー症候群は 発達障害? 精神障害? 僕は聴覚障害あるので身体障害者手帳あ

障害について

アスペルガー症候群は
発達障害? 精神障害?

僕は聴覚障害あるので身体障害者手帳あります。
精神疾患であるなら 精神保健手帳申請した方が?

Aベストアンサー

支援学校教員です。

>アスペルガー症候群は発達障害? 精神障害?

どちらもです。分けられてはいません。

>聴覚障害あるので身体障害者手帳あります。
>精神疾患であるなら 精神保健手帳申請した方が?

「養育手帳」ならば「身体障害者手帳」と併用して持つ意味はあるかもしれませんが、「身体障害者手帳」を持っているのに「精神障害者保健福祉手帳」を所得する意味は「あまりない」かと。

「アスペルガー症候群」の方が「精神障害者保健福祉手帳」を申請するのは、知的な障がいがないため「療育手帳」を所持できず、それでも「生活に困る」ので「支援・援助」を受ける為に「精神障害者保健福祉手帳」を申請する場合が多いです。

Q「舞姫」にある「パラノイア」は元々は何?

森鴎外の「舞姫」ですが、現在普通に売られている本では「パラノイア」と書いてあるのですが、水沫集(明治25年発行)なんかでは、違う病名で書かれているようなのですが、それは一体なんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「日本近代文学大系 森鴎外集(1)(角川書店)」の頭註に、「初出ではブリヨートジンとなっている。ブリヨートジンは白痴の意味。」との解説がありました。

Q更年期障害は、早い人で何歳ぐらいから出るのでしょうか? また症状は、何から出ますか?

更年期障害は、早い人で何歳ぐらいから出るのでしょうか?

また症状は、何から出ますか?

Aベストアンサー

いまや、「若年性更年期障害」というものもありますので、早い人ですと2~30台でも出る人は出ます。
症状は人それぞれで絶対これというのはありませんが、基本的には閉経前後の更年期障害と同じようなものです。
参考にお読みください。
http://antiaging-life.info/menopausal-2197.html

Q自分がパラノイアではないかと悩んでいます。

自分がパラノイアではないかと悩んでいます。
最近、ふとした事からパラノイア(偏執病)の事を知り、Wikiや某サイトで主とされている症状を調べた所、主とされる症状の半分くらいが自分に当てはまっているような気がしたので、少々気にかかっています。

以下、パラノイアの症状に関してWikiからの引用ですが、

* 被害妄想 - 挫折・侮辱・拒絶などへの過剰反応、他人への根強い猜疑心(さいぎしん)。
* 誇大妄想 - 数を誇大に示したり、大げさな表現を好むなど。
* 激しい攻撃性 - 誹謗中傷など。
* 自己中心的性格。
* 異常な独占欲。

正直な所、つい数年前までの自分には全ての項目が当てはまっているような気がしました。しかし、対人関係のもつれ等から自らの言動や思考の極端さに自覚が芽生え、なんとか改善されてきていると思っています。
実際、自覚した後は初対面の人に対しての言動や行動に注意しながら接するようにしてますが、今の所は友人関係等うまくやれていると感じています。

しかし現在でも自覚出来る項目が、
誇大妄想(話を盛り上げるためという理由で物事を多少大袈裟に表現したり、話を事実より盛ったりします。ギャグのつもりの場合が多々なのですが)と、
根強いとまでは行きませんが多少なりの猜疑心(恋愛や生活やこれからの人生等、重大な事で悩んでいる話を聞くと、それはマイナス思考過ぎるなあ、的外れだなあと感じて思わず意見を言ってしまいます。そうは言っても自分が全て悟ってるとも思いませんし、その辺は未だにヘタクソなんですが)

この辺りが
未だ、表向きになっている気がします。
ただ、症状の数項目は大抵の人にあるような症状なのではないのかな?と思う部分もあります。現在は自分の方が他人から上記項目のような物を感じる事がありますし、今は攻撃的よりかは受け身寄りだと思います。
しかし現在も、アルコールが入ったりするとそういう面が出てしまう事がありますが、それも自覚はしつつもやはり酔うと何とも自制が効かない時が多い、と言った感じです。


自分は今、夢でもあったプロミュージシャンという仕事を掴みかけているのですが、やはりそういう仕事を目指していた分、周りに集まる人間も違った分野ではありますがアーティストやクリエイターになるという話を共に分かち合ってきた友人が多かったです。
自分は人に悩みを打ち明けたり、物事を相談したりという事を滅多にしない人間だと自分で思うのですが、そのせいもあってか、自分の能力に疑いを持ってしまいひたすら悩みを延々こぼして挙げ句には諦めてしまうような人にはどうしても意見したくなってしまいます。
Wikiの項目には書いてありませんでしたが、パラノイアの症状の一つとして自らの能力の過信や才能者に対する嫉妬、と書いてある所もありました。
これって精神病の症状なんでしょうか?
自分的には人に影響を与える仕事をする人間は、そういう過剰な自信くらいなければいかんのではないかなあ?と思う所もあるのですが..もちろんそれに伴う努力、実力は必要ですが。

ちなみに知り合いの医療福祉関係の方は、精神疾患の診断基準も如何なものかと疑問を感じてると話を聞いた事もあります。自分は精神疾患の知識に全く疎いのでその時は何も言えませんでしたが。

書きたい事を思うままに連ねてしまい、ちょっと乱雑で読みにくくなってしまい申し訳ありませんが、結局何が言いたいかと申しますと、症状を見る限り誰もが多少なり持っている性質だと感じますし、自分自身もパラノイアを知ったからと言って極力不安は感じないようにはしようと思いましたが、やはり昔の事など考えた時に思い当たる節が多かったので、実際どこからの症状で定義付け、線引きされるモノなのか知りたいです。

宜しくお願いします。

自分がパラノイアではないかと悩んでいます。
最近、ふとした事からパラノイア(偏執病)の事を知り、Wikiや某サイトで主とされている症状を調べた所、主とされる症状の半分くらいが自分に当てはまっているような気がしたので、少々気にかかっています。

以下、パラノイアの症状に関してWikiからの引用ですが、

* 被害妄想 - 挫折・侮辱・拒絶などへの過剰反応、他人への根強い猜疑心(さいぎしん)。
* 誇大妄想 - 数を誇大に示したり、大げさな表現を好むなど。
* 激しい攻撃性 - 誹謗中傷など。
* 自己中心的性...続きを読む

Aベストアンサー

もし、meltolmeltさんが「パラノイアの症状」を“文字”による情報だけでしか知らないとすると、実際のパラノイアと、meltolmeltさんの中の「パラノイアってこんな病気なんだろうな」というイメージとは、大きく違っている可能性があります。
少なくともパラノイアなどの他責・他罰的な病気の場合は、meltolmeltさんのように「自分を省みて自覚し、自ら改善する」ことは出来ません。むしろ、「自分を省みることが出来ない」ことが、パラノイアの本質とも言えると思います。
「パラノイア」ではなく「自己愛性人格障害」の項目などを読まれても、「けっこう当てはまる」と感じられるかも知れませんが、不正確な情報を元にご自身で「当てはまる」と思い込むことと、実際の「診断」はまったく違います。

実際の診断は、医師免許を持った医師が、アメリカ精神医学会の“DMS”や、WHOの“ICD”などの診断基準に照らし合わせて、有機的に行なわれます。
なお、私も精神科医療に携わっていますが、meltolmeltさんのご質問の文面からは、パラノイアの「パ」の字も感じられないように思いました。

パラノイアとは関係ありませんが、「自分は他人に相談することも頼ることもなく、たった一人で苦境を乗り越えてきた」という意識の強い人は、他人の苦境に対して「かっ!そんな事くらいで」と言ってしまいがちだと感じています。
他人の思いに耳を傾ける前に、「オレはなぁ、お前よりもっと苦しい思いを――」と自分を語り始めたりもします。
でも、妙な自尊心に縛られることなく、臆することなく他人に悩みを打ち明けることが出来れば、それはとても強いことだと思います。

せっかくですので、この際、meltolmeltさん自身を徹底的に省みてみる機会にされてみてはいかがでしょうか。

もし、meltolmeltさんが「パラノイアの症状」を“文字”による情報だけでしか知らないとすると、実際のパラノイアと、meltolmeltさんの中の「パラノイアってこんな病気なんだろうな」というイメージとは、大きく違っている可能性があります。
少なくともパラノイアなどの他責・他罰的な病気の場合は、meltolmeltさんのように「自分を省みて自覚し、自ら改善する」ことは出来ません。むしろ、「自分を省みることが出来ない」ことが、パラノイアの本質とも言えると思います。
「パラノイア」ではなく「自己愛性人格障...続きを読む

Q精神障害か知的障害か。

自分が精神障害なのか知的障害なのか自分でもわからない場合、どういった病院の何科に診療をすればいいのでしょうか?
また、精神障害などは薬で直ると聞いたのですが、知的障害の場合、治療方法とかはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

確かな診断が欲しいのならば、精神科の受診をお勧めします。精神障害が治るかということについてですが、そもそも「精神障害」の定義自体あいまいなものです。精神保健福祉法上には、一応の定義はありますが、一般的な使われ方は、比較的短期な精神疾患をも含み、かなり幅が広いように思います。精神疾患が治るかどうかは、病気やその症状、程度によりけりで、完治するものもそうでないものもあります。精神疾患が重度化し、長期化した場合が「精神障害」ともいえます。知的障害については、病気ではありませんので、治療はできません。しかしながら、知的レベルと社会で生きていく技能は必ずしも比例しませんから、生活していく上での新しい技術を獲得することは可能です。文面からだけでは詳しい状況がわかりませんが、経験的には精神障害や知的障害を持った方が、ご自分でこういう疑問を持たれることは少ないように思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報