プロが教えるわが家の防犯対策術!

ロシア海軍の旗艦「モスクワ」がウクライナの対艦ミサイル「ネプチューン」2発が命中して、沈没してしまいました。

もし、この船の名前が「ロシア」だったら、プーチンも、さすがに負けを認めて、ウクライナ戦争を終わりにしましたよね?

日本は戦艦大和の沈没を見て負けを認めました。これは「大和」が日本の別名だったからです。

A 回答 (7件)

単なる時代の流れです。


戦艦や空母は実践では、ミサイルの恰好の標的となり役に立ちません。
つまり、戦闘が開始された実践の場で、旧式の兵器が壊されただけです。
大和の時代には、有効な使い方が有りましたが、日本海軍が必敗の精神で戦略を練った為に、無駄に成ってしまいました。必敗で戦っては行けません、日本は教訓とすべき・・・
    • good
    • 0

冗談の質問だと思うけど、沈んだ船の名前くらいでプーチンが戦争を終わらせるはずがないでしょう。

 また、日本が降伏したのも、大和の沈没が原因じゃないし。
    • good
    • 1

旗艦モスクワは旧ソビエト時代にウクライナの造船所で造られた防空型巡洋艦でウクライナはその性能を知っていてモスクワの防空網をドローンで飽和状態にしてネプチューンを撃ち込み大破炎上して露出していた艦載の弾薬に引火して誘爆してあえなく撃沈したそうです。



ネプチューンも旧ソビエト時代に作られてウクライナで近代回収した地対艦ミサイルですが、モスクワの性能をウクライナも把握していての弱点を突いた反撃でした。

思うにロシアは軍事大国でありながら陸海空軍の運用と兵の質が練度と共に劣悪で唯一巡航ミサイルは月並みなだけの名ばかりのロシア軍なのかもしれません。

マリウポリで再編成されたロシア軍が今後どう展開するか見ものですね。
    • good
    • 0

米国の優秀な兵器が 戦争を引き延ばしてる。


対戦車も誰が打っても当たる 戦艦だって沈められる ただ米国の実践データ欲しさの戦い。
潮目が変わり物量作戦に移行する 無差別攻撃に移行するだろう。
操ってるのは米国だ 中東のようにウクライナのハシゴを何時外すかだけだよね。
    • good
    • 0

モスクワはネプチューン製造工場を攻撃中でした。

返り討ちにあいました。悪いことはできません。キーウを攻撃した戦車軍団はマッド将軍に泥の中に引きずりこまれ身動きできず敗北撤退しました。
海でモスクワが沈んだんだんだからロシヤは負けたも同じです。往生際が悪いプーチン。
    • good
    • 1

これが引き金で 物量作戦に。


いくら精度の良い武器でも(米国から)ミサイル空爆で終わる 少数の限界。
    • good
    • 1

西側のミサイルの精度が高いことの証ですね。


ロ軍の兵器は、遅れている。
早く収束してほしいですね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング