色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

国会をブルジョワ議会と言っている革マル。
進駐軍が、プロレタリア革命(暴力革命)の代わりをしてくれたからですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

なぜ「解放軍」とよんだのかは、No2さんのおっしゃるとおりです。

戦前、戦中は、共産党員またはそのシンパ、さらに自由主義者等は特別高等警察(特高)とよばれる思想警察または憲兵が逮捕して刑務所に収容されました。

進駐軍が思想犯をすべて解放するように命令し、刑務所から出所できたのですから、当然「解放軍」として歓迎したのは当然でしょう。(もっとも共産党員はその後レッドパージで職を追われたりするのですけれどね)

なお、革マルは正式名は「日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派」という組織であって、とロッキーの流れをくむ過激派のひとつであり、共産党とは対立していました。革マルはJR東労組に影響力をもっていましたが、当局の方針変更によりJR東労組は少数労組に転落しましたね。
    • good
    • 0

戦前、刑務所に収監されていた共産党員を解放したのが進駐軍なのだから共産党が進駐軍を解放軍と呼んで賛美したのは当然でしょう。

    • good
    • 1

呼び名は重要です。


ロシア軍のウクライナ侵攻を、
ロシア軍部が「軍事作戦」と呼ぶのと同じです。
戦争や侵攻と呼べば、懲役刑になってしまうほど、
呼び名は重要なのです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング