位置情報で子どもの居場所をお知らせ

法律は専門外なのですが、仕事の関係上、法令要覧等を読んでいると、法律に合わせて施行令、施行規則なるものが記載されています。施行令、施行規則とは何なんでしょうか。何となくは解るのですが、はっきり定義できません。識者の方々、ご教授よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんばんは。


 法律は、国会で制定されるものですが、法律をうまく機能させるためや、法律で規定しきれなかった細かい事柄を明らかにするために、内閣(政府)が出す命令を政令といい、この政令のことを、施行令といいます。
 また、同様に、各省庁の大臣が出す命令(省令)が施行規則です。
 法律は、国会で制定されるものですから、たとえほんの少しでも改正するためには、国会の審議を経て、可決される必要があります。そこで、しょっちゅう変更することが必要な毎年かわる数値などや、非常に細かい事柄は、施行令や施行規則にしてしまうことによって、内閣や大臣の判断で改正できますから、煩雑な手続きが不要となるという利点があります。
 しかし、勝手に施行令や施行規則が作られては困りますから、これらは必ず、法に基づいて制定されなければならないことになっています。
    • good
    • 32
この回答へのお礼

丁寧な説明ありがとうございます。今まで何となく疑問に思っていたことがはっきりして、とてもスッキリしました。特に、内在する疑問として、「なぜ政令、省令が必要になるのだろうか?法律で全て定めた方が解りやすい(調べやすい)のに」という疑問が有ったのですが、この回答のおかげで納得しました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/03 19:48

法律はご存知のように国会で審議・制定されますので、基本的な考え方および予算の方向性を定めるにとどまり、細かい規定は政令・省令に委任することが多いようです。



施行令…その法律の適用範囲などを定めた「政令」
施行規則…役所の具体的な手続き方法などを定めた「省令」

政令・省令については以下のURL参考になさってください。
これでご質問の意図に答えて(応えて)いますでしょうか。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5190/gai/g …
    • good
    • 5
この回答へのお礼

解りやすい解説ありがとうございます。法律素人の私には簡潔でとても的を射た解説がありがたいです。参考HPもじっくり見させてもらいます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/09/03 19:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q政令と施行令とは何が違う?

政令は、内閣が制定する命令。施行令は、法律の執行に必要な細則や規定を主な内容とする政令。ということなのですが、政令には施行令以外になにがあるのでしょう?

Aベストアンサー

 政令には、大きく2つの種類があります。
 一つは、法律の規定を実施するための「執行命令」(憲法73条6号)。
 そしてもう一つは、法律の委任に基づいて制定される「委任命令」(憲法73条6号。内閣法11条参照)です。

 「執行命令」の例としては、「自動車損害賠償保障法施行令」などがあります。

 「委任命令」の例としては、
 ○ 「地方自治法第二百五十二条の十九第一項の指定都市の指定に関する政令」
 ○ 「商法、有限会社法及び株式会社の監査等に関する商法の特例に関する法律
  の関係規定に基づく電磁的方法による情報の提供等に関する承諾の手続等を
  定める政令」
などがあります。

Q~法と~法施行規則の違い

例えば、会社法と会社法施行規則、学校教育法と学校教育法施行規則などその他いろいろあるとは思いますが、その違いが分かりません。
分かる方がいたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「施行規則」は省令です。
省令とは、各省の大臣が制定する命令です。法律の条文を読んでいると、「・・・その他○○省令で定める事項を記載した書類」といったような言葉が出てくると思います。
省令では、このような形で、法律から委任を受けて、法律の手続き面を補う規定や、書類等の様式が定められていることが多いです。

似たような言葉に「施行令」があります。
施行令は政令です。
政令とは、内閣が制定する命令です。法律条文上、「・・・の規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。」というように出てきます。
政令では、このような形で、法律から委任を受けて、詳細な手続き等の法律の実体面を補う規定が定められていることが多いです。
政令や省令は、法律から委任を受けている限り、法律と同等の効果を有します。そこで、法律と政令・省令を合わせて、広い意味の法律と考えられます。
そこで、法律と政令・省令を合わせて法令と呼ばれます。

では、全てを法律で規定しないで、一部を政令・省令で規定しているのは、なぜでしょうか?
その理由は、機動的に世の中の情勢に合わせて法令を改正するため、というところにあります。法律の改正には、国会の承認が必要なため、どうしても時間がかかってしまいます。
一方、政令・省令については、行政の権限で変更ができるため、比較的短期間で改正を行うことができます。そのため、規定の根幹に関わる部分のみを法律で規定し、詳細な計算方法や手続方法については、政令・省令で規定するというように役割を分担しているのです。

法律
 ↓
施行令
 ↓
施行規則

というイメージです。
ご参考になれば幸いです。

「施行規則」は省令です。
省令とは、各省の大臣が制定する命令です。法律の条文を読んでいると、「・・・その他○○省令で定める事項を記載した書類」といったような言葉が出てくると思います。
省令では、このような形で、法律から委任を受けて、法律の手続き面を補う規定や、書類等の様式が定められていることが多いです。

似たような言葉に「施行令」があります。
施行令は政令です。
政令とは、内閣が制定する命令です。法律条文上、「・・・の規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。」というよ...続きを読む

Q省令・告示・通達などの違いについて(素人です)

お世話になります。
早速ですが、ご教示ください。
よく、省令・告示・通達などのことばが使われますが、
この言葉の意味やそれぞれの違いはどのような内容
なのでしょうか?
また、法律関して他にこれらに類するような言葉と
その意味などについてご教示願います。
当方、素人でして、お手数ですが、よろしくお願い
申し上げます。

Aベストアンサー

 法令の効力は,強い方から,法律,政令,省令となります。法律は,ご存じのとおり国会での民主的な手続を経て制定されるもので,特に,国民の権利を制限するような場合には,必ず法律に根拠となる規定がなければならないとされています。

 政令は,法律の委任を受けて,法律を実施するための細目を定めるものです。○○法施行令とか,○○に関する政令などという名称です。政令は,内閣の閣議を経て制定されるもので,法律で定めるほどではないが,国民の権利義務にかかわる重要な事項を定めています。例えば,法律の施行日を定めるような政令もありますし,法律が与えている権利の内容をより詳細に定める(例えば金額を定めるということもあります)こともあります。

 道路交通法施行令をみると,信号の灯火の意味とか,警察署長の行う交通規制の方法などが定められています。

 省令は,法律又は政令の委任を受けて,法律を実施するためのさらに細目を定めるものです。○○法施行規則といった名称です。よくみられるのは,その法律を実施するための手続きの詳細を定めたり,必要な書式を定めるというものです。

 法律,政令,省令は,「法規性」があるという言い方をしますが,これらは国民を拘束します。すなわち,国民はこれらの規定には従わなければならないのです。これらは省庁の内部規則ではありません。

 通達は,各省庁の内部規則です。これは国民を拘束しません。すなわち,国民は通達には従わなくてよいのです。通達は,国民の権利義務にかかわりのない,各省庁の内部手続を定めたり,法令の解釈を示したりするものが多く見られます。また,補助金の交付の要件や手続を定めるものもあります。

 通達でしばしば問題となるのは,税務通達です。「通達行政」などという批判があるように,通達は,税法の解釈を示したものにすぎないにもかかわらず,これが金科玉条のように用いられて,これに従わないと追徴課税がされるということで,しばしば争いになります。

 通達が法律の解釈として正しいかどうかは,結局は裁判所の判断によらなければならないものですが,その裁判は,国民の側から起こさなければならないということで,国民にとっては,かなりの負担となります。(税務訴訟では,結局は通達の解釈が正しいとされることが多いようです。)

 告示は,法律の委任を受けて,法律を適用するときに必要な基準を定めたり,法律が適用されている場所などを公示したりするものです。この法的な性質はあいまいですが,法律の内容を補充するものとして,国会の議決を経ないにもかかわらず,法律と同等の効力があるという点で,ちょっと問題かなと思われます。

 法令の効力は,強い方から,法律,政令,省令となります。法律は,ご存じのとおり国会での民主的な手続を経て制定されるもので,特に,国民の権利を制限するような場合には,必ず法律に根拠となる規定がなければならないとされています。

 政令は,法律の委任を受けて,法律を実施するための細目を定めるものです。○○法施行令とか,○○に関する政令などという名称です。政令は,内閣の閣議を経て制定されるもので,法律で定めるほどではないが,国民の権利義務にかかわる重要な事項を定めています。例えば,...続きを読む

Q施行令とは?

よく、○○法施行令とありますが、この施行令とは何でしょうか?
大元の、○○法をさらに詳しくしたものでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

たとえば、「動物の愛護及び管理に関する法律」の第16条に「(前略) 人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物として政令で定める動物の飼養について許可を必要とする等により制限し、当該動物の所有者又は占有者その他関係者に対し、当該動物による人の生命、身体又は財産に対する侵害を防止するために必要な措置をとるべきことを命じ、必要があると認めるときは、その職員に、当該動物の所有者又は占有者の飼養施設を設置する場所その他関係のある場所に立ち入り、当該動物の飼養状況を調査させる等動物の飼養及び保管に関し必要な措置を講ずることができる。」というものがあります。

そして「動物の愛護及び管理に関する法律施行令」の第1条に「動物の愛護及び管理に関する法律(以下「法」という。)第16条の政令で定める動物は、別表に掲げる種(亜種を含む。)とする。」とあります。

つまり、法律では「危険な動物の飼育について制限しますよ」と決めます。義務は法律で定めるわけです。
そして、危険な動物は何かという運用について別に「政令」で定めることにしているのです。

いちいち危険動物を法律に列挙していたら、法律制定時に想像もしなかった珍しい生物がブームになって輸入されるようになっても国会で審議を重ね衆参両院で可決されなきゃいけないですから時間がかかり、機動的な運用はできませんよね。
だから省庁の判断でできる「政令」に列挙するんです。
この「政令」というのが「施行令」です。

たとえば、「動物の愛護及び管理に関する法律」の第16条に「(前略) 人の生命、身体又は財産に害を加えるおそれがある動物として政令で定める動物の飼養について許可を必要とする等により制限し、当該動物の所有者又は占有者その他関係者に対し、当該動物による人の生命、身体又は財産に対する侵害を防止するために必要な措置をとるべきことを命じ、必要があると認めるときは、その職員に、当該動物の所有者又は占有者の飼養施設を設置する場所その他関係のある場所に立ち入り、当該動物の飼養状況を調査させる...続きを読む

Q法律が施行 せこう?しこう?

身の回りの人のことですが
「**方が施行(せこう)される」
と言う人がいます。

確かに施行=せこう という読みはあるようですが
法律は施行=しこう とずっと思っていました。

しこう、せこう どちらで読んでもいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

各社の辞書(平凡社、三省堂、岩波書店)によると読み方は4つあるようです。

1.しこう
2.せこう
3.しぎょう
4.せぎょう


その中で平凡社では「仏教の布施(ふせ)の行の一つ。……」という説明がされています。

三省堂では「しこう:(1)実際に行うこと。」と書かれており、続く分の中で「(2)公布された法令の効力を発生させること。……せこう。」とされていますから、法律用語としては「せこう」と読むことを示しています。さらに「せぎょう:(1)仏法の善行を積むため……物を施し与えること。(2)しこう(1)に同じ」とされています。

岩波では「しぎょう/せぎょう」は「しこう」の意味を持つほかに「善根・功徳のために……」と仏教で使われる意味を持つとしています。そして「せこう」については「しこう」項目内で法律用語の読み方と位置づけています。

ご参考まで

Q「当」と「本」の使い分け

研修先に礼状を出すのですが、自分の所属(学校)を表すには「当校」と「本校」のどちらが正しいのでしょうか?
また使い分け方法は何を基準にしているのでしょうか?

Aベストアンサー

1.どちらでもいい場合
 当院と本院(これは病院のこと。別の人が触れていらっしゃるように別院があれば話は別)
2.意味が違ってしまう場合
 当日と本日(当日とは指定された日)
3.どちらも誤解を招く場合
 「本日(当日)をもちまして、閉店させていただき ます」ただし、日付があればいい。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q業務委託と業務請負の違いとは?

業務委託と業務請負契約の違いが分かりませんので
教えて下さい。

Aベストアンサー

説明しづらいですが、概略以下の通りです。

○業務委託
 本来、自分で行う仕事の全部又は一部を、代わりにやってもらうこと。
 例えば、ビル内の清掃、車の運転、商品の販売とか。

○業務請負
 何か特定の物を完成させることを目的として、仕事をしてもらうこと。
 例えば、家の建築、設計図の作成とか。

変な例えかもしれませんが、フランスパンが欲しかったとします。
委託にすると、パン屋さんに行ったけどパンが無かったら、交通費以外のお金を返してそれでおしまいです。
でも請負だと、フランスパンが見つかるまで探しに行きます。探した結果、多額の交通費がかかっても余計にかかったお金はもらえません。

分かりづらいですか。
 

Q「取組」と「取り組み」の違い

文章の校正をしているのですが、「取組」と「取り組み」と「取組み」の使い分けがわかりません。名詞と動詞で区別するというようなことを聞いたこともあるのですが、名詞と思しき箇所にも「取り組み」とあり、迷ってしまいます。
どなたか、違いのわかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語の書き表し方は、『常用漢字表』をはじめいくつかの基準が国によって定められています。
そのうち、送りがなに関しては、「一般の社会生活において現代の国語を書き表すための送り仮名の付け方のよりどころ」として,昭和48年に内閣から発表されています。

【通則 6】
本則は「取り組み」
複合の語(通則7を適用する語を除く。)の送り仮名は,その複合の語を書き表す漢字の,それぞれの音訓を用いた単独の語の送り仮名の付け方による。

許容は「取組み」
読み間違えるおそれのない場合は,送り仮名を省くことができる

【通則 7】
「取組」
複合の語のうち,次のような名詞は,慣用に従って,送り仮名を付けない。
(1)特定の領域の語で,慣用が固定していると認められるもの。

詳しくは、文化庁の『国語施策情報システム』をどうぞ。
「参考資料」→「国語表記の基準」→「送りがなの付け方」
http://www.bunka.go.jp/kokugo/

Q法令と省令の違い?

法令と省令はどのように違うのでしょう?
また、このような用語がわかりやすく示されて
いるサイトがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

法令と言うと、法律と省令や政令などを合わせて言う場合です。
法律は、国会で可決されて成立し、天皇の御名御璽の儀式を経て公布され施行される物です。
省令は省、たとえば文部科学省とか厚生労働省などが独自に制定した物で国会は通さずに制定できます。
政令は内閣府が制定する物で、こちらも国会を通さずに制定します。

省令と政令は、法律の補完をするように制定されるのが通例で、法律の本文で「別に定める基準…」などと書いてある部分になる場合が多いです。
また、法律の施行にあたって、古い法律との適合(すり合わせ)などをする場合にも使用されます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング