粗利益と経常利益の違い、粗利益と粗利益率、経常利益と経常利益率、の違いについて教えて下さい。

会計に関しては全くの素人です。『経済辞典』を引いてみてもいまいち分からなかったのですが、一から全て勉強をしている時間がないので、もし、分かりやすく説明できる方がいらしたら、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

企業の収益の規模を勘案するのに


粗利益では本当の姿が見えません。
これは皆さんが回答されている通り
(売上 - 原価) だけのものだからです。

一般的に企業はそれ以外にも収益の出入りがあります。例えば株式で運用して本業以外のことで儲けたりすることもあるわけです。そこで登場するのが経常利益です。
これにより本業と本業以外でどれだけ収益をあげたのかが指標として使われることが多いのです。
    • good
    • 0

こんにちは。


計算式で示すと、
粗利益:売上高-売上原価
経常利益:売上高-売上原価-販売及び一般管理費+営業外収益-営業外費用
となります。

簡単に言いますと、粗利益(売上総利益ともいいます)は販売した商品の売値から仕入値を差し引いた額です。また、その粗利益を売上高で割ったものが粗利益率で売値のうちに占める粗利益のパーセンテージを示します。
経常利益は、粗利益から販売にかかったコストや従業員の賃金、事務所の家賃といった企業が通常の営業を行うのにかかる費用をマイナスし、企業が本業とする収入以外の収益をプラスしたものです。同じように、この経常利益を売上高で割ったものが経常利益率となります。
以上のことから、粗利益率は販売している商品の本来の稼ぐ力を示し、経常利益率は、通常の経営活動を行った場合に会社がどれだけ利益を上げることができるかを示す指標となります。
粗利益率、経常利益率ともに高いほど良いとされます。
    • good
    • 0

魚屋さんの例で行きましょう。



600円でお魚を仕入れて、1,000円で売りました。
その間、電気・水道代が100円、運搬賃が200円かかったとしましょう。

粗利益は、 1,000-600=400円
経常利益は、1,000-(600+100+200)=100円

粗利益率は、 400円÷1,000円=40%
経常利益率は、100円÷1,000円=10%

ということです。

「売上」1,000円に対して、600円の仕入を「売上原価」、
電気・水道代やら運搬賃やらの諸経費をひっくるめて、「販管費」(販売費および一般管理費)といいます。

「売上」から「売上原価」を引いたものが「粗利益」、
「売上」から「売上原価」と「販管費」とを引いたものが「経常利益」です。

「率」は、それぞれ「売上」に対する百分率です。
    • good
    • 0

 粗利益とは、商品を売った金額(売上高)から売った商品を仕入れた金額または、商品を造るのに直接かかったコストを引いた金額のことです。

たとえば、車10台を1台200万円で売ると売上高は2000万円ですが、車を造るために必要な部品の仕入額や工場で働いた人の給料など製造にかかった経費が1200万円であれば、2000万円ー1200万円=800万円が粗利益になります。粗利益800万円を売上高2000万円で割ると40%ですが、これが粗利益率になります。
 さらに、テレビCMにかかった経費や経理部や人事部の人など直接商品製造に携わっていない人の給料、文房具代、銀行借入金の支払利息など、製造に直接かかわっていないけど会社を運営するために必要な経費が700万円かかったとしたら、粗利益800万円ー間接経費700万円=100万円が経常利益になり、経常利益100万円を売上高2000万円で割った5%が経常利益率になります。
 粗利益は商品を売った金額に対して、商品そのものにかかったコストを差し引いた利益で、売上高に対してどれくらいの利益幅があるかのの指標が粗利益率です。
経常利益は、粗利益から会社運営において通常かかる全ての経費を差し引いて残る利益のことで、経常利益率は売上高に対して、どれくらいの利益幅があるのかの指標です。
 
 粗利益率や経常利益率は、同業社を比較してどの会社が収益力があるかをみる時によく使う指標です。粗利益率が高低は、製造工程の効率性で差がつくと思いますし、経常利益率は製造工程に加え、会社の運営を効率的に行っている会社の方が高くなり、それだけ優良であると言えると思います。また、競争の激しい業界では、非常に効率的に運営できている会社は、競合会社より安い価格で販売して、粗利益率では競合より低くても、経常利益率では競合に勝る、というような戦略展開をはかることが可能です。
    • good
    • 0

損益計算書は以下のように書きます。



  売上高
 -売上原価
-------------
  粗利益
 -販管費
-------------
  営業利益
 +営業外収益
 -営業外費用
-------------
  経常利益

上の図からわかるように、
 粗利益  =売上高-売上原価
 経常利益 =営業利益+営業外損益

率のほうは、売上高に対するパーセンテージを表したもので、それぞれ
 粗利益率  =粗利益÷売上高
 経常利益率 =経常利益÷売上高

となりなります。
    • good
    • 0

具体例でご説明しましょう。


例えば、仕入れ単価400円の商品を1万個、売値1000円で売ったとします。
(売れ残り在庫とかは考えない。)

1.粗利益
 売上高1000万円から仕入高400万円を引いた、600万円が粗利益です。

2.粗利益率
 売上高に対する比率ですので、60%が粗利益率です。

3.経常利益
 その売上を作るために使った人件費や輸送費やその他の経費が500万円あったとすると、それを粗利益から引いた、100万円が経常利益です。

4.経常利益率
 売上高に対する比率ですので、10%が経常利益率です。

われわれが日常「儲け」と呼んでいるもののとらえ方の違いですね。
参考にしていただければ。
    • good
    • 0

 こんばんは、ghq7xyです。

損益計算書の雛型順に説明します。
 まず、粗利益とは正式には売上総利益といいまして、営業収益たる売上高から営業費用のうち売上原価を差し引いた利益をいいます。
 売上総利益から更に売上原価以外の営業費用である販売費及び一般管理費を差し引きます。この差し引いた利益を営業利益といいます。営業活動から得られた利益ということです。
 この営業利益から今度は営業活動以外の企業活動から発生した正常な収益や費用(営業外収益、営業外費用といいます。)を加減算します。加減算した利益が経常利益です。これは正常な収益力をみる重要な資料となります。企業の業績を比較する時は経常利益に注目します。

 余談ですが、損益計算書ではこの後、臨時的に発生した収益や費用、それと過年度の損益の修正項目(特別利益、特別損失といいます。)を加減算します。加減算した利益が税引前当期利益となります。
 ここから法人税等を差し引き、税効果を調整して、前期繰越利益を加算し、任意積立金の目的取り崩し額を加算し、中間配当額とそれに伴う利益準備金積み立て額を差し引いて当期未処分利益を計算します。これが配当の対象となるものです。

 粗利益率や経常利益率はよく分からないので、他の方を参考にしてください。
    • good
    • 0

粗利益=売上高-販売原価



経常利益=粗利益-販売経費及び一般管理費

経常利益率=経常利益/売上高×100

こんなところでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「会社四季報」にある「営業利益」「経常利益」「利益」の違いを分かりやすく教えてくださいませんか?

「会社四季報」にある「営業利益」「経常利益」「利益」の違いを分かりやすく教えてくださいませんか?

又「利益」はイコール「純益」と考えてもいいんでしょうか?
それと会社を知るう上でどの数字を「営業利益」「経常利益」「利益」の中で見るのが一番大事なのでしょうか?

勉強させてください

Aベストアンサー

各利益は以下のような構造になっています。

売上高 - 売上原価(仕入等) = 売上総利益(粗利益)
売上総利益 - 一般管理・販売費(経費) = 「営業利益」
営業利益 ± 営業外損益(主に金利) = 「経常利益」
経常利益 ± 特別損益 = 税引き前当期利益
税引き前当期利益 - 税金 = (税引き後)「当期利益(=純益)」

さて、どの利益が一番大事かとのご質問ですが・・・
それぞれ意味があるので見方や立場によって違い、一概には言えません。

例えば・・・
最終的に利益が出ていることが重要という点では「純益」でしょう。
しかし、土地の売却益等2度と同じ手を使えない利益でやっと黒字を維持しているようではとてもと良い会社とは言えないでしょう。

そのように事業の継続性を重視するという意味では「経常利益」が重要です。

でも、借入金の金利負担が重く経常利益がたとえ赤字の会社でも「売上総利益」や「営業利益」では利益水準が高い会社は企業買収を考えている人にとっては良い会社でしょう。

このように色々な見方がありますし、また別の見方もあります。
それと、利益は単年度で見るだけでなく何年かの流れで見ることが大切です。

ご参考まで。

各利益は以下のような構造になっています。

売上高 - 売上原価(仕入等) = 売上総利益(粗利益)
売上総利益 - 一般管理・販売費(経費) = 「営業利益」
営業利益 ± 営業外損益(主に金利) = 「経常利益」
経常利益 ± 特別損益 = 税引き前当期利益
税引き前当期利益 - 税金 = (税引き後)「当期利益(=純益)」

さて、どの利益が一番大事かとのご質問ですが・・・
それぞれ意味があるので見方や立場によって違い、一概には言えません。

例えば・・・
最終的に利...続きを読む

Q売上総利益率と営業利益率と経常利益率について

収益性分析などに使われる、売上総利益率・営業利益率・経常利益率は
それぞれ売上総利益・営業利益・経常利益を売上高で割って×100
で求めますが。
その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
低い方が良いのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

> その際に算出された%は数値が高い方が良いのでしょうか?
 『高い方が良いのか』と言う観点で答えれば、Yesです。

> 合わせてROA・ROEも高い方が良いのでしょうか?
 こちらも高いほうが良いと教わりましたが、「財務レバレッジ」に気を付ける必要が有ります。
 ROE⇒借入金が多くなれば、純資産は相対的に減少するので値が大きくなる
 ROA⇒借入金が多くなれば、総資産が増えるので値は小さくなる
http://www.nsspirit-cashf.com/inv_st/roe_roa.html

どの指標に於いても、何故高いのか?の分析が必要です。
又、本当に高いのかどうかは、対前年の値と比較したり、同業他社(業界の平均)の値と比較しなければ判りませんよね。

Q経常利益と純利益の違い

タイトルのままなんですが、
経常利益と純利益の違いはなんですか?

Aベストアンサー

損益計算書を簡単に表示すると下記になります。

「損益計算書」P/L
売上高 (+)
売上原価 (-)
*「売上総利益」
販売費及び一般管理費 (-)
*「営業利益」 
営業外収益 (+)
営業外費用 (-)
*「経常利益」
特別利益 (+)
特別損失 (-)
*「税引前当期利益」
法人税及び住民税額(-)
*「当期利益」(純利益)

上記の通り、損益計算書は利害関係者が損益状況を把握できるように*利益を段階的に表示しています。

「経常利益 」は売上高 から売上原価、販売費及び一般管理費を差引いた「営業利益」に営業外収益・営業外費用を加算・減算して算定されます。「経常利益 」は「企業の収益力」を表します。

この「経常利益」に偶発的に発生した特別利益・特別損失を加算・減算し、法人税及び住民税額を差引いたものが「当期利益」(純利益)となり、これは企業の「最終損益」を表します。

また、他の利益の意味するところは下記のHPに分かり易く書かれていますのでご覧になってください。

http://www.kodomobook.net/~books/003.htm

参考URL:http://www.kodomobook.net/~books/003.htm

損益計算書を簡単に表示すると下記になります。

「損益計算書」P/L
売上高 (+)
売上原価 (-)
*「売上総利益」
販売費及び一般管理費 (-)
*「営業利益」 
営業外収益 (+)
営業外費用 (-)
*「経常利益」
特別利益 (+)
特別損失 (-)
*「税引前当期利益」
法人税及び住民税額(-)
*「当期利益」(純利益)

上記の通り、損益計算書は利害関係者が損益状況を把握できるように*利益を段階的に表示しています。

「経常利益 」は売上高 から売上原価、販売費及び一般管理費...続きを読む

Q粗利益・営業利益・経常利益の上手い表現を教えてください。

私なりに考えて

 粗利益=企業の市場における競争力の大きさを表す
 営業利益=企業本来の営業活動による成果を表す
 経常利益=営業外の活動を含む会社全体の利益を表す

と表現しました。そこで、粗利益のように「競争力」といった
端的な単語で営業利益・経常利益を表現できたらいいなと思います。

 粗利益=企業の市場における競争力の大きさを表す
 営業利益=
 経常利益=

しっくりとくる表現がありますでしょうか?

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4847028.html

>端的な単語で
どういった”単語”を求めているかその種類が何か
やはり分からないですが、どういった”力”であれば

営業利益=企業の本業での収益力
経常利益=企業の毎期通常の収益力
でしょうか。

若しくは
粗 利 益⇒企業の、商品またはサービスの競争力(付加価値力)
営業利益⇒企業の、営業活動による競争力
経常利益⇒企業の、営業活動と財務活動を併せた全体の収益力

財務分析による、収益性分析などでこのようは表現を
もちいり説明する事があります。

Q経常利益と当期利益の違いについて

はじめまして。

経常利益と当期利益の違いについて、ご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

損益計算書は下記のようになっています。

 総売上高
-売上戻り
 純売上高

-売上原価   
=売上総利益
-販売費及び一般管理費
=営業利益
+営業外収益
-営業外費用
=経常利益
+特別利益
-特別損失
-税引前当期利益
-法人税及び住民税
=当期利益
+前期繰越利益
=当期未処分利益

総売上高-売上戻り(返品)=純売上高

売上高-売上原価=売上総利益

又、売上総利益のことを「粗利」「粗利益」「荒利益」とも云います。

売上総利益-販売費及び一般管理費=営業利益

営業利益+営業外収益-営業外費用=経常利益

経常利益+特別利益-特別損失-税引前当期利益-法人税及び住民税=当期利益  と、なります。

営業利益は、上記のように、通常の営業活動の結果の利益です。
経常利益は、営業利益に、直接営業活動に関係のない、雑収入や受取利息を加えて、借入金の利息などを控除した後の利益です。

この経常利益が、企業としての本来の活動から得た利益となります。

純利益(当期利益)は、経常利益に特別利益を足して特別損失を引いて、更に、税金を控除したもので、その決算期間の利益を表します。

特別利益とは、過去の年度の利益を訂正するもの・固定資産を売った利益などで、特別損失は、過去の年度の利益を訂正するもの・固定資産を売ったり、廃棄した時の損失などです。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://doujou.kanki-pub.co.jp/taiken/kaisha3/sec1-2.html

損益計算書は下記のようになっています。

 総売上高
-売上戻り
 純売上高

-売上原価   
=売上総利益
-販売費及び一般管理費
=営業利益
+営業外収益
-営業外費用
=経常利益
+特別利益
-特別損失
-税引前当期利益
-法人税及び住民税
=当期利益
+前期繰越利益
=当期未処分利益

総売上高-売上戻り(返品)=純売上高

売上高-売上原価=売上総利益

又、売上総利益のことを「粗利」「粗利益」「荒利益」とも云います。

売上総利益-販売費...続きを読む

Q経常利益ってなんですか? 営業利益は営業で儲けた利益で、経常ってなんで

経常利益ってなんですか? 営業利益は営業で儲けた利益で、経常ってなんですか・・・

Aベストアンサー

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 <例>
 本来の業務とは、自動車部品メーカーであれば自動車部品の売買で得られた
 利益です。(会社の定款に記載されている業務で得られた利益)
  ※本業の売上高-本業の仕入高-人件費及-本業の販売費等=営業利益

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。
  ※営業利益に、営業外損益を加減算します。
 <例>
 金融業以外の会社が、お金を借りた場合に借入利息は営業外損失ですから
 経常利益(損失)に含まれます。
  ※金利は、お金を借りていれば日常的に支出されますが、本業の儲け
  (費用)ではありませんので、経常利益に含まれます。
 
税引き前当期純利益
 今期発生した全て(税金を除く)の損益を表します。
  ※経常利益に特別損益を加減算します。
 <例>
 不動産業以外の会社が、会社の所有する土地を売って儲けたのであれば、こ
 れは普通(経常)には計上されるものではありませんので、特別損益とし
 て当期純利益に含まれます。


以上は一般論です。対象の会社の業種(業態)によって異なる場合があります。

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 <例>
 本来の業務とは、自動車部品メーカーであれば自動車部品の売買で得られた
 利益です。(会社の定款に記載されている業務で得られた利益)
  ※本業の売上高-本業の仕入高-人件費及-本業の販売費等=営業利益

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。
  ※営業利益に、営業外損益を加減算します。
 <例>
 金融業以外の会社が、お金を借りた場合に借入利息は営業外損失ですから
 経常利益(損失)に含まれます...続きを読む

Q売上、経常利益、純利益の違い分かり易く教えて下さい。

売上、経常利益、純利益の違い分かり易く教えて下さい。
※難しい言葉ではなく、例えを用いて教えて下さい。

Aベストアンサー

NO1さんが、丁寧に説明していると思いますが、補足情報という位置付けで聞いてください。
何か利益がやたら出ている、何だこれらは、っという感じではないでしょうか?
これを理解するには、これらが並んでいる順番は、基本的な商売の流れから発生する費用を考えながら見ると分りやすいです。
まず、企業の利益をもたらすものは、売上げですから、売上げが一番最初に来ている。売上げは、商品を引き渡したり、サービスを提供したりすると、その値段で計上できます。車を100万で売った。その車を客に引き渡した。引き渡したら、引き渡した時点か、その後、代金が払われてきますので、代金を払ってもらう前でも、売上げを計上していいんです。
次に、売るための車を仕入れないと商売になりません。80万円で仮に仕入れていたとしましょうか。それを売ったので売上原価として、80万円を計上します。100万から80万を引いた、20万円が、粗利益です。しかし、この車を仕入れただけでは、売れません。広告を出したり、営業マンに売ってもらってはじめて売れますので、彼らに給料を払ったり、広告業者に代金を払わないといけません。これらが、売るための費用、即ち、営業費用です。では、この営業マンの給料を誰が計算するのか?というと、経理担当の人です。経理担当の人を採用したのは誰でしょうか?総務の人です。総務の上司には重役もいます。管理職もいます。管理職の人がいるビルの家賃や光熱費も掛かります。これらの経費は、っというと、一般管理費として一くくりにします。そうすると、先ほどの、粗利益から、営業費と一般管理費を引くと、営業利益というものが出てきます。しかし、会社が借り入れをしていたり、また逆で、投資をしている場合、利息収入や利息費用が発生します。これらが、営業外(さっきの車を売る活動と直接関係ない、金融的な損益)が出てきます。この金融的なものは、やっぱり商売に不可欠ですし、商売をやっている間、大体発生してきます。これの収支をさっきの営業利益に足すと、経常利益が出ます。経常の意味は、毎期発生する、常日頃でる利益ぐらいの意味です。あー、今期、1億の経常利益出たなら、前期のそのぐらいあり、来期も、同じぐらいだろうなー、っと想像できます。
しかし、企業経営には、イレギュラーも付き物です。地震や火事で工場が壊れました。いらない資産を売却しました。株が暴騰したので、たまたま儲かりましたなどです。これらが特別損益項目と呼ばれるものです。これらを先ほどの、経常利益に足し、企業は最終的に税金を払わねばならないので、税金を払った後、最終利益が出ます。長々と書きましたが、商売(本業)から近い順番から費用を計上し、売上げから差し引く、各段階で、利益を出す。もう一度復習すると、大体流れがつかめます。暗記はしない方がよいです。

NO1さんが、丁寧に説明していると思いますが、補足情報という位置付けで聞いてください。
何か利益がやたら出ている、何だこれらは、っという感じではないでしょうか?
これを理解するには、これらが並んでいる順番は、基本的な商売の流れから発生する費用を考えながら見ると分りやすいです。
まず、企業の利益をもたらすものは、売上げですから、売上げが一番最初に来ている。売上げは、商品を引き渡したり、サービスを提供したりすると、その値段で計上できます。車を100万で売った。その車を客に引き渡し...続きを読む

Q連結決算経常利益の内訳(企業ごとの経常利益)を確認することは不可能? 営業利益の内訳だったら可能?

みずほ銀行27年3月期の連結経常利益1,010,867 百万円の内訳を知りたいと思い、決算資料を確認したのですが詳細(企業ごとの経常利益)が掲載されていません。

営業収益876,961 百万円の内訳なら掲載されています。

・これは、連結経常利益は、個別に算出不可能ということなのでしょうか?
・グループ全体としてしか計算できない性質のもの?

http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

Aベストアンサー

それはみずほ銀行ではなくみずほフィナンシャルグループのものです。
個別はみずほFGの主要3社、みずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券の報告書を調べればいいです。みずほ証券は作成をやめてしまったのでみずほFGのセグメント情報を見てください。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/report/index.html

1-45からです。
http://www.mizuho-fg.co.jp/investors/financial/tanshin/data1503/pdf/fy.pdf

連結は個別をただ単純に足し合わせるだけのものではないので、当然ながらグループ全体でなければ計算できません。

Q営業利益、経常利益、純利益の違いは?

会社案内などを見ますと、よく営業利益、経常利益、純利益などが載っていますが、ものすごく簡単にいうと、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。
教えていただけるとうれしいです。o(_ _)o

Aベストアンサー

では、簡単ですが下記にて。

・営業利益
『会社の本業での儲け』を表す数値です。基本的に、売上から原価と営業に関する諸経費を差し引いたものがこれに当たります。
・経常利益
営業利益に『本業以外での収支(営業外損益)を加味』した数値です。具体的には、営業利益に金融機関からの借入金の利息(マイナス)や預金の利息を加味した数値です。
・(税引前)純利益(当期利益)
経常利益から『特別損益等を足し引きした』数値です。例えば、持っている土地の売り買いがこれに当たります。(営業以外で、継続でない損益)

ごく簡単な例を出すと、
売上:1000円
製造原価:600円
間接費用:100円
⇒ 1000-600-100=300円(営業利益)
営業外支出(借入金利息):50円
営業外収益(預金利息):10円
⇒ 300-50+10=260円(経常利益)
特別利益(土地売却):100円
特別損失(株の評価損等):150円
⇒ 260+100-150=210円(純利益)
という流れになります。
(売上から諸費用・諸損益をどんどん足し引きしていきます)

実際に会社が使える利益(当期未処分利益)の算出には、ここからまだ法人税や住民税等を足し引きする必要はありますが。

では、簡単ですが下記にて。

・営業利益
『会社の本業での儲け』を表す数値です。基本的に、売上から原価と営業に関する諸経費を差し引いたものがこれに当たります。
・経常利益
営業利益に『本業以外での収支(営業外損益)を加味』した数値です。具体的には、営業利益に金融機関からの借入金の利息(マイナス)や預金の利息を加味した数値です。
・(税引前)純利益(当期利益)
経常利益から『特別損益等を足し引きした』数値です。例えば、持っている土地の売り買いがこれに当たります。(営業以外で...続きを読む

Q粗利益と営業利益の違い

こんにちわ

粗利益と営業利益はどう違うのでしょうか。どちらも売り上げから経費などを引いているようなのですが、

会社を見る場合どちらの数字が高い方が儲かっている会社なのでしょうか。

Aベストアンサー

単純に説明すると上から

売上総利益(粗利益):売上総利益=売上高-売上原価
営業利益:営業利益=売上総利益-販管費(営業に掛かった費用)
経常利益:経常利益=営業利益-営業外損益
税引前当期利益:税引前当期利益=経常利益-特別損益
当期利益:当期利益=税引前当期利益-税金(法人税+住民税+事業税)

という計算になります。

単純に金額だけで見るのであれば、粗利益が大きいほうがよいのですが、
売上1億の粗利益5000万の会社と、売上3000万の粗利益2500万の会社では
後者の会社のほうが額は少ないですが粗利益率が高いので優秀な会社と言えるでしょう。

ただこれも業種により計算方法や優秀といえるパーセンテージが異なってきますので
一概に金額だけを見て儲かっているかどうかの判断は難しいと思います。


人気Q&Aランキング