色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

10円玉が2枚、50円玉が1枚、100円玉が3枚ある。
これらを使ってできる全額は?通りである。ただし、0円は含めないものとする

解説お願いします

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

> これらを使ってできる全額は?通り



「全額」は370円。他にありようがなく、従って1通りです。

 ちなみに「金額」についてはNo.2に1票。
    • good
    • 0

10円玉、50円玉をフルに使っても100円にはならないので、



・100の位は、百円玉の枚数だけで決まる。
 0~3枚の4種類。

・10の位は、
 (10円玉, 50円玉) = (0, 0), (1, 0), (2, 0), (0, 1), (1, 1), (2, 0)
 の6種類

その組合せは
 4 × 6 = 24

ただし 0 円は含めないので、「全て 0 枚」という1ケースは除いて
 24 - 1 = 23 とおり
    • good
    • 0

100円玉が0枚のとき


10
20
50
60
70
5通り

同様に100円玉が1枚のとき、2枚のとき、3枚のときがあるので、
5×4=20通り
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング