山梨県南巨摩郡増穂町に「つき米(よね)」って所がありますよね。
で、「つき」と言う字なんですが、インターネットで見ると「旧舂」と書いてあったりしますが、ポスタルガイドや地図で見ると「舂」です。
またあるお役所では巻という字の上の部分のしたに旧を書いた字が正しいと言っています。ところがこんな字は漢和辞典にも載っていません。(少なくても僕が持っている辞典には)
そこで質問なんですが、地元の皆さんはどういう字を使っているんでしょうか?
この質問は正確な情報が欲しいので、自信のある方だけに答えていただきたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

地元民では無いので何とも言えませんが。



まず、「旧舂」というのは、何処で読まれたのか分かりませんが、例えば「旧舂米学校(キュウ・ツキヨネガッコウ)」というような文脈ではありませんか。
地名辞典の類では、「舂米または槻米」とあり、いずれも合理的な用字ですが、「旧舂米」で「つきよね」というのは、さすがに変でしょう。
実際、舂米には、舂米学校を改装した「旧・舂米学校」すなわち「現・民俗資料館」が在るようですが。

次に、「巻という字の上の部分のしたに旧を書いた字」は、かなりマイナーですが「舂」の異体字と言えます。
(異体字を調べるときは漢和字典より書道字典がよいでしょう)

まず、一般に「旧」という字は「臼」という字の俗字として使われ、「舂」という字の「臼」の部分を「旧」と書くことは珍しくありません。
このような「<春>という字の上の部分のしたに旧を書いた字」は、一般に「舂」の俗字として認知されており、書道辞典の類には多くの用例が載せてあります。

問題は、「<巻>の上の部分」という所です。
しかし、一本の横線を二つの点で書くことも書写の上では少なくなく(例えば「上」は草書で「∴」です)、「舂」の上の部分の一番上の横線を二個の点で書くことも、書道の一般法則から言っても不可能ではありません。
このような「<巻>という字の上の部分のしたに旧を書いた字」は、とりあえず一例だけ発見しました(「日本名跡大字典 / 北川博邦編」の「舂」の項)。

要するに「巻という字の上の部分のしたに旧を書いた字」は「舂」の異体字で、これを「舂」とは別の字と言うのは、まあ、問題が無いでしょう。
しかし「<巻>という字の上の部分のしたに旧を書いた字」と「<春>という字の上の部分のしたに旧を書いた字」の違いは、殆ど「癖」のレベルなので、区別する必要があるんでしょうかねぇ。
明治以前の漢字は、統一された教育機関が無いため、かなりいい加減に書かれていて、細かい区別を立てると、「舂」という字だけでも十通りくらいの書き方はあるでしょうから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>「旧・舂米学校」
そのとおりでした。
その後調査した結果、全国市町村役場便覧では「<巻>という字の上の部分のしたに旧を書いた字」を正式な字として、指定しているようです。
この字はJIS第4水準にはあるんですが、一般のパソコンやコンピュータでは当然対応していないので、外字で対応せざるを得ません。
全国的に迷惑しますんで、こう言う字を正式とするのはやめて欲しいものですよね。

お礼日時:2001/09/04 15:36

MiJunです。


それであれば、「増穂町」にTEL・メール(?)で問い合わせた方が早いのでは・・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

MiJunです。


恐らくお気にめさないでしょうが・・・・?
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「山梨県  南巨摩郡 増穂町」

ご参考まで。

参考URL:http://www1.sphere.ne.jp/yjk/postal/19/M19361.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2回も回答していただいてすみません。

>恐らくお気にめさないでしょうが・・・・?
残念ながら、ご明察のとおりです。
ポスタルガイドや郵政省関係のサイトで「舂米」と表記されているのは知っています。家にある山梨県ロードマップでも「舂米」です。
某メーカーの汎用コンピュータの住所辞書でも「舂米」です。
でも、「その字は違う」と言っているお役所があるので、地元の方はどう表記しているのか知りたかったんです。

お礼日時:2001/09/04 00:32

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「マピオン」
このページで
「山梨」をクリック
⇒「山梨県南巨摩郡増穂町」と入れて「Go」をクリック
⇒「つきよね」と入れて「Go」をクリック
⇒「山梨県南巨摩郡増穂町舂米」と表示

「春米」では。

ご参考まで。

参考URL:http://www.mapion.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
折角調べて頂いたのですが、ホームページ上で文字として表示できる文字は文字コードの割り当てられている文字だけですので、便宜的に別の文字を使っている可能性が高いので、あまりあてになりません。
地元の方がいつもどういう字を使っているかを知りたいのです。
舂(はるではない!)という字は「臼で米などをつく」と言う意味の字なので、あってそうな気がするのですが、増穂町を紹介したホームページで「旧舂」と表記しているのが、気がかりなんです。

お礼日時:2001/09/03 21:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の省略について。

英語の省略について。
 英語の授業で、「be busy (in)Ving のinは省略されて分詞に見えるけど、動名詞なんだぞ。」といわれたのですが、このような英語の省略ってよく聞くんですけど、この場合なんで省略できるんですか?

Aベストアンサー

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が難しいのですが、英英辞典で「gerund」を調べると「a noun in the form of the present participle of a verb」とされていますので、native speakerにもそれなりの違いは認識されているのだと思われます。

 ただし、現代においては「in」が用いられることはほとんどなくなっていますので「in」を用いた場合には非常に古臭い印象を与えます。例えば、日本語で「私は忙しゅうございました。」という表現は理解できないわけではありませんが、わざわざそのような言い方をする人はほとんどいないでしょう。それと似た感じではないでしょうか。

 なお、今では「go ...ing」で定着している表現も、もとをたどれば「go for ...ing」の「for」が取れた形だと言われています。

 ご参考になれば・・・。

 「busy in ...ing」や「spend in ...ing」は、1900年代前半までは実際に使われていた用法です。

 Mrs Joe was prodigiously busy in getting the house ready for the festivals of the day. (Dickens)

 I have spent my life in finding that out. (Galsworthy)

 そもそも「in」という前置詞の後で用いられていたわけですから、その当時は当然「動名詞」と考えられていたはずです。その意味では、先生の言われていることは全くの的外れでもないでしょう。

 確かに「動名詞」と「現在分詞」は区別が...続きを読む

Q役所に登録していた旧住所などは今後も役所に残るのでしょうか?

転出してから3年も4年もたった
前の住所や
7年も8年もたった
前々の住所なども
役所には残っているのでしょうか?
一定期間立てば抹消されるのでしょうか?

一度、住所不定にして
転出届けを出し一定期間転入届けを出さなかったら
旧住所は消えますか?

Aベストアンサー

転籍すると転籍前の戸籍と付票は除籍と除付票となります(ただし、市町村を変えての転籍の場合のみ)。
除籍された戸籍は80年間は保存されます。
除付票は5年間の保存義務があります。
昨今、名義変更のために住所履歴が必要とされる場合があるため、5年を越えても除付票を保存しているところもあるようです。

Q英語の日記では、主語の“I”は省略されることが多いでしょうか

英語国人が英語で日記を書くときには、一人称の主語“I”は省略することが多いでしょうか。
例えば、“I joined a party today.”を、“Joined a party today.”と、“I”を省略して、日記には書くことが多いでしょうか。

Aベストアンサー

多いと思います。
友達同士のメイルなどでもよく省略されていますし、私も省略しています。

Q【旧日本軍】戦時中の旧日本軍は国際人権法を守っていたと聞きましたが本当ですか?旧日本軍の兵隊さん

【旧日本軍】戦時中の旧日本軍は国際人権法を守っていたと聞きましたが本当ですか?

旧日本軍の兵隊さんには赤十字社の国際人権法の手帳が配布されていたのでよ兵隊はそれを読んでいるのでそんなレイプや虐殺はあり得ないと言います。

赤十字社の国際人権法が書かれた手帳って本当に実在しますか?

みんな持ってたっていうのは胡散臭いんですけど。

Aベストアンサー

そもそも国際法というのは条約や慣習によって成り立っている暗黙のルールに近いものなので、手帳に書かれた「国際人権法」などというものは存在しません。

Q会話時の英語においての主語の省略

おはようございます。
英語における主語の省略についての質問です。
日本語では「私はそこにいった」という意味の事柄を述べるとき
話の前後関係で
私はの部分を省略することができますが
英語では無理なのでしょうか?
例えば
went there.といえば 命令文でもないし、
二人で話をしているとしたら聞き手が行ったということもないでしょうから、話し手がそこへいったということが明確だと思うのですが。
会話において、英語では主語は省略されないのですか?
またはかなり弱く発声されるのでしょうか?
お分かりになられる方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

25年以上殆ど英語の生活をしている者です。

命令形や詩、古典など特殊な場合を除き、英語の会話やメール、手紙で主語を省略することはあり得ないと思います。

これは英語が動詞の変化の少ない言語だからだと思います。例えば一人称、二人称、三人称と動詞がそれぞれ変化する言語なら主語を省略することがあります。

ロシアに行ったらロシア人は主語をバンバン省略してロシア語を喋っていますし。

普段英語を喋ったり書いたりするときは、ほぼ100%の確率で主語は省略しないと考えておいたら間違い無いと思います。

Q福岡県糟屋郡、粕屋郡?

できれば、在住の方にお聞きしたいのですが。
福岡県に、糟屋郡粕屋町という地名がありますね。

この「かすやぐん」を、「糟屋郡」と書いたり、「粕屋郡」と書いたりしてますね。どういった経緯があるのでしょう?
元は同じ、ということなら、「糟屋郡粕屋町」という表記の中で使い分けている意味は、一体なんなんでしょう??
気になって仕方がありません。

Aベストアンサー

正式には糟屋郡です。「糟」の字が当用漢字になくなったせいだと思いますが、「粕屋郡」と書く人が多く、これでも郵便は届きます。
「粕屋町」は恐らく戦後にできた町ですので「糟屋町」が認められなかったのでしょう。

Q以前塾で英語の受動態の単元を習った時、 byのあとの省略について、 by us, by you,

以前塾で英語の受動態の単元を習った時、

byのあとの省略について、

by us, by you, by people, by someone

は、省略可能で

by a lot of peopleとby many people

は、省略不可と教えてもらいました。

なぜ a lot of や many が付くと省略できないんですか?

Aベストアンサー

○by us, by you, by people, by someoneというのは「一般的」だから省略可能なのです。

 たとえば、日本語でも、「ベニスは水の都と呼ばれている。」、「ライオンは百獣の王と呼ばれている。」・・・これらは「誰が」ということではなく一般的に呼ばれているから明示する必要がないのです。

 これに対し、a lot of people,many peopleは「限定的」なのです。数の多少とは関係なく、限定された人々なのです。だから、受動態になった時、省略は一般にしないのです。

Q郡国制と郡県制

中国の歴史で郡国制、郡県制、封建制がでてきますがいまいちそれぞれの違いがわかりません。
できたらできるだけ詳しくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

郡県制は、中央集権制度。
中央より官吏を派遣し、各地を治める。

封建制は、地方分権制度。
各地を諸侯に分け与え、諸侯が領内の全権を掌握する。

郡県制は、首都周辺を群県制・地方を封建制にした混合制度。

Q英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか? 例えばwanna 、tryna 、

英語を話すときに、省略することがおかしい場面はあるのでしょうか?
例えばwanna 、tryna 、he's/she's 、I'm/you're 、there're などなど…。
会社との契約時には省略形は使わない方が良いだとか、目上の人には使わない省略の仕方などあるのでしょうか?

Aベストアンサー

wannaとかgonnaとかの省略形っていうか崩れた言葉って感じ。
それらはビジネスの場面では使わない方が良いと言われてるね。
とは言え、実際にはみんなちょいちょい使ってるけどね。
目上の人なんかには、want toとかじゃなくてwould like to とか使うけど、その時はI'd like toって省略するのは特に問題ないね。
それと、It'sとかI'mとかは、まさに省略形なんだけど、こういう省略形はどんな場面でも普通に使うよ。
逆にこういうのは省略しないと相手は違和感があると思う。

Q社会科地図帳の旧国名と旧国境の記述について

日本地図をみていると、
薄い字と線ではありますが、
旧国名と旧国境が書いてありますよね。

確かにみているだけなら、
「なるほど昔この県は○○国と●●国だったんだな」とか、
「××県は♂♂国と♀♀国の一部からなっているんだな」
ということが分かります。

でもよく考えてみると、
地図帳に旧国名と旧国境を書いておく必要があるのでしょうか?。
歴史の時間で地図帳を使った記憶がないので、
これらを記述しておく意味が分かりません。

誰かご存じの方、
教えて下さい

Aベストアンサー

なるほど、確かに地図に載っていても「昔はこういう名前だったんだ」以上にはなかなか話が進まないですね。さりとて、旧国名や区分が現代の生活に全く関係していないかと言うとそうでもないのはご承知の通りです。

例えば
- 市名で、既にある市名と重複する場合に旧国名を冠して区別する。(会津若松、常陸太田、陸前高田など・・・最近は大阪狭山や京田辺といった市名もありますが)
- 駅名ではこの例はさらに多い。(越前大野、相模金子、肥前山口、紀伊勝浦など)
- 特産品などは旧国名を冠するものも多い。(讃岐うどん、信州りんご、加賀友禅など)

があるのはご存じの通りです。地図から旧国名を消してしまうとそのうちに「讃岐うどんの讃岐とはなんですか」という質問がこのサイトに寄せられることになりそうです(笑)。
旧国名や国境が地図に載っていてもさして邪魔になるわけでなし、地域の成り立ちや文化を考える上でそれなりの役目を果たしている、と考えるのではどうでしょうか。


人気Q&Aランキング