冬物クリーニング最大49%OFFはコチラ

【円安ドル高は来年まで続く?】日銀の黒田総裁の任期が来年まであって、黒田総裁は円安派のトップなので、来年に円高政策に切り替えて退任はありえないので、外国の投資家は円安に動くと読んで日本国債を売りに走ってます。

質問1:なぜ円安だと日本国債が売られるのですか?

日本は財政赤字で日本国債を買って貰って予算を組んでいますよね。日本国債が売られまくると買い手が見つからなくなるのでは?

質問2:円安で得をしている輸出企業は企業全体の1割に満たないのに9割の内需企業を捨てる日銀の黒田総裁の政策は正しいのでしょうか?もう誰も日本の家電製品を使ってませんよ。バイクも車も現地生産の時代ですよ。黒田総裁は時代についていけない老害になったのでしょうか?

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

質問1:なぜ円安だと日本国債が売られるのですか?



円安と国債は直接関係してない気がします・・・

日本の国債は、最近は日銀が買い取ってますが、従来は銀行・証券が買ってました。

おおまかな構図は、
 銀行に預金が増える ー> 貸出先が見つからない ー> 国債を買う

今は銀行から日銀が買い取ってます。つまり、貸出先が少しづつ増えてるのかもしれません。

あと、「日本の財政は黒字」です。一般会計が不足してるだけです。
外貨準備高も世界一です。財政が健全なのは長期国債の金利を見ればおおむね想像つきます。

質問2:円安で得をしている輸出企業は企業全体の1割

長い円高で国内の生産が落ち込んじゃったので、日本に製造業が戻るといいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2022/04/29 19:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング