0.1規定標準溶液100mlってどういういみですか?

A 回答 (3件)

 1規定(”1N”とも書きます)溶液というのは、1モル/リットルの溶液のことです。

ですから0.1規定溶液というのは、0.1モル/リットルのことです。これを自分で調整(溶液を作ること)することもできますが、濃度を保証した市販の溶液を使うこともできます。標準溶液というのは、この市販の溶液のことを指します。
 薬品メーカー(和光純薬や東京化成等)のHPを参照されるといいでしょう。
    • good
    • 0

 「規定」については Zincer さんの回答がありますので,私は「標準溶液」について若干回答いたします。



 「標準溶液」とは何らかの試験をする時に,試験の比較の基礎として用いる溶液の事です。比較の基礎として用いるのですから,その規定度(濃度)が精密に判っている必要があります。

 「標準溶液」に関しては,何の試験に用いるかによってキチンとした決りがあります。そのため,自分で調製する事もできますが,市販品を購入して使用する事もあります(こちらの方が多いかも知れません)。
 
    • good
    • 1

vikkyiさんへ


molの概念は理解しましたか?
では解説に入ります。
反応において1molずつを反応させても反応が等量で無い場合が多くあります。
(例 水酸化ナトリウムと硫酸の中和反応)
これらの反応を比較するときにはその分子の反応に対する能力を比較しないと混乱を招きますので、この能力を基準にしたものが規定(N)と言います。
中和反応で水素イオン(あるいは水酸化物イオン)を1mol出来る量を「1グラム当量」と呼び、この1グラム当量が溶液1リットルに溶解しているもの(1グラム当量/リットル)を1規定(1N)と定義されます。(酸化還元反応の場合は電子1molを出すあるいは受け取ることの出来る量を1グラム当量と呼びます。)
こうすることによって反応の終点では
NV=一定 (N:規定度 V:反応に要した体積)
の式が適用できるわけです。
>0.1規定標準溶液100mlってどういういみですか?
と言うことですが、この中には(0.1N×0.1リットル=)0.01グラム当量の物質が含まれていると言うことになります。

ps
HIMADESUさんの回答は分子の能力(価数?)が、1の物質にのみ等しくなします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。

Q化学 0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか

化学

0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか?

解き方教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

0.25 mol/Lの硫酸溶液200 mLの中に含まれる溶質の硫酸の物質量は、
0.25 mol/L×(200/1000) L = 0.05 mol
です。
これが溶液となって、体積が500 mLとなるので、そのモル濃度は
0.05 mol / (500/1000) L = 0.1 mol/L
となります。

硫酸は2価の酸なので、規定度の数値はモル濃度の2倍になります。
したがって、
0.2規定(0.2 N)
となります。

Qある濃度の要素溶液の10mlが0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(Na

ある濃度の要素溶液の10mlが0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(Na2S2O3)溶液の20mlと当量であって、かつ、ある濃度の亜ヒ酸ナトリウム(NaAsO2)溶液の80mlと当量である。この亜ヒ酸ナトリウム溶液のモル濃度(mol/L)を求めよ。という問題に関して質問です。

解説には、I2(1mol)=Na2S2O3(2mol)というところはわかるのですが、
亜ヒ酸ナトリウムのモル濃度をx(mol/L)とすると、
x*80=0.1*10の意味がわかりません。
これって単位が合わないので計算がかわるのではないのですか?

これは何を意味しているのでしょう?

Aベストアンサー

No.1ですが間違えてました

ヨウ素のモル濃度が不明でチオ硫酸ナトリウムのモル濃度が0.1mol/Lですね。
なので
誤:ヨウ素のモル濃度が0.1mol/Lであり、この溶液10mLとあるモル濃度のチオ硫酸ナトリウムが~

正:ある濃度のヨウ素10mLとモル濃度0.1mol/Lのチオ硫酸ナトリウムが~

です。
申し訳ありません。

Q5%の亜硫酸ナトリウム溶液を100mL調整したいのですが、どのように調

5%の亜硫酸ナトリウム溶液を100mL調整したいのですが、どのように調整すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

%には重量%(w/w)と体積%(w/v)があります。
水溶液であると考えて、無水亜硫酸ナトリウムを
5グラムを秤り取って、水を入れてゆき全体を100グラムにすると重量%。
5グラムを秤り取って、水を入れてゆき全体を100mlにすると体積%。

どちらか指定が必要です。

また亜硫酸ナトリウムには無水物と7水和物があり、7水和物を使う場合は、
Na2SO3の式量が約126グラムですが、Na2SO3・7H2Oの式量は約252グラムですので、5グラム×(252/126)=10グラムを使います。

Q1番の問題です。答えはア 解答では加えた希硫酸10mLを無視して溶液が10mLのまま計算していたの

1番の問題です。答えはア

解答では加えた希硫酸10mLを無視して溶液が10mLのまま計算していたのですが、なぜ無視しているのでしょうか?問題には希硫酸の体積は無視できるとは書いてありませんでした。

Aベストアンサー

希硫酸の体積を考慮するのは勝手ですけど、面倒なだけです。
結局、そこで調べているのはシュウ酸の物質量であり、濃度ではありません。硫酸の体積を考えても考えなくてもシュウ酸の物質量は同じです。

つまり、そこで、10.0 mLをつかって計算しているのは単にシュウ酸の物質量を計算するだけのためであり、それ以降に濃度が変わっても、溶液に含まれるシュウ酸の物質量は不変なので無視できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報