プロが教えるわが家の防犯対策術!

現行憲法が押し付けられたものという勘違いをしている人がかなりいますか?実際には草案は日本人が作ったものです。押し付けられたようなものではないです。

教えて!goo グレード

A 回答 (7件)

こんばんは!



一部訂正があります。<(_ _)>

ホイットニー准将が日本側に「GHQ草案」を渡した時は、吉田茂は首相ではなく、「外務大臣」でした。訂正いたします。

幣原喜重郎が首相でした。

その後、GHQの後押しがあって、吉田茂が首相になりました。

その時、吉田茂は「憲法9条」の戦争放棄は「幣原首相」の希望だと述べて、「GHQ草案」を隠したまま「マッカーサー3原則」を盛り込んだ「日本国憲法」を発布したのです。<(_ _)>
    • good
    • 1

戦前戦中からの守旧派のコネで集まっている人達からすると、現行憲法はアメリカだろうが日本だろうが、「押し付けられたもの」ということです。



またアメリカの情報機関はその手の人達を「歴史修正主義者」として見ていますね。
    • good
    • 0

こんにちは!



>現行憲法が押し付けられたものという勘違いをしている人がかなりいますか?

これについては、紅蓮雫さんの方が勘違いをしています。確かに、「憲法草案」は、当時の国務大臣、松本烝治が書きました。「松本草案」と呼ばれるモノです。しかし、GHQのマッカーサー元帥が「松本草案」を却下しました。その理由は、明治憲法を下敷きにした「日本国憲法」は、マッカーサーの意向が反映されていなかった!それで、即却下でした。

そこでマッカーサーは、ホイットニー准将に「マッカーサー3原則」を書いたメモを渡し、ホイットニーに「GHQ草案」を書かせました。そのマッカーサー3原則とは「天皇制の存続・戦争放棄・封建制の廃止」でした。その出来上がった「GHQ草案」をホイットニーは、吉田茂首相に渡し、「この案を飲まなければ、天皇の命の保障は出来ない…」と言われたのです。既に、「東京裁判」が始まっており、天皇の戦争責任追及が米国でも激しい為、庇い切れない!という趣旨でした。

上記の内容は、スタンフォード大学フーヴァー研究所の西鋭夫教授が公開された米公文書の一次資料を基に発表した内容です。

西教授の「米国産・日本国憲法の正体」(ダイレクト出版)という書籍で明かされています。

今の日本の憲法は「GHQ草案」なので、米国から押し付けられた憲法という事なのです!

因みに、占領中に押し付けられた法律は、破棄できる!と、「ハーグ陸戦条約(国際的な戦時規定)」に書かれています。この条約は、日米共に批准しているので、今でも有効です。

この件について故石原慎太郎氏が、東京都知事の時に、早く憲法を破棄して新憲法を作ったらいいと述べていましたが、メディアから暴論と言われ無視された経緯があります。

護憲派の憲法学者が現憲法は有効とみなしています!(^_^;)
    • good
    • 2

当時は国際連盟でせかい通信されたのでしょうが、何分にも航空機は無く、長州ファイブが乗った船やら浜口雄幸首相が乗った船があっただけではないでしょうか。


 いくら学校令学校を整備しても、揺れる世界、反戦条約、軍事軍部台頭の内外迷惑・国連脱退の片鱗を教えろと言っても出出来る物でも無かったことは教訓でもある。 ダメな世相の中であっても、英語・フランス語の翻訳・意訳に通じた人物は、不幸中の幸い、居たということではないでしょうか。
 草案・原稿があれば、寺子屋もある。
    • good
    • 0

はいはいそうですか。

    • good
    • 1

端から傀儡政権であり


現時点でも独立国家とは呼べない
占領政策はずっと続いている

確かに終戦直後の方が
気概ある政治家は多かったかもしれない
しかしそこまで

戦争回避出来なかったこと、敗戦を憂う
    • good
    • 1

そうですね



やはり明日は 草餅では無く 柏餅でしょうね
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング