……優美なる死骸が、新しい葡萄酒を飲むであろう。という一文から 「優美なる死骸」と名付けられた……小さな紙切れの遊び……の詳細は何と云う書物に書かれていたのか教えて下さい。仏語の原文でも良いです。お願い申し上げます。
「羽のはえた蒸気が、鍵で閉ざされた鳥を誘惑する。……セネガルの牡蠣が、三食のパンを
食べるだろう。……」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「優美な死骸」の遊戯(Cadavre exquis)は、マルセル・デュアメル、ジャック・プレヴェール、イヴ・タンギーが拠点としたシャトー街54番地で、1925年末に発明されたものです。

これは5人の参加者それぞれが、主語、形容語等々といったかたちで自分の受け持つ語のタイプをあらかじめ取り決めておき、全員でひとつの文章を作り上げるというものです。こうして得られたのが、あの有名な「優美な死骸は新しい葡萄酒を飲むだろう」といったものでした。小さい頃流行りましたよね、この遊び。
ちなみに、この遊戯はエクリチュールの領域のみならず、デッサンの分野でも実践されたものでした。これらの実験成果が参照できる文献としては、Dessins surrealistes,visions et techniques,Centre Georges Pompidou,Paris,1995などがあげられます。展覧会のカタログですが、巻末にまとめて載せてありますよ。また、シュルレアリスム関連の文献は日本語で読めるものもたくさん出版されているので、その辺りをあたるのもよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答誠に有り難うございました。
最近は、「童子」俳句の先生が語感の練磨に採用しているようです。
By the way,「サロメ」というネームに若かれます。全訳はエスペラント訳で読みました。フランス語は彼(オスカー・ワイルド)の原文は読んでいませんが、舞台用の戯曲(七景立て)は見ています。日本では松井須磨子がサロメを演じたのが最初らしいですね。
また何かの質問でお答頂けると有り難いです。
助かりました。

お礼日時:2001/09/18 03:42

フランス語できないんで、即お役にたつかわかりませんが、


それってブルトンとか、フランスのダダ/シュルレアリストの言葉遊びですよね。
ブルトン関係の本を探されてはいかがでしょう。
下記はフランス国立図書館です。

参考URL:http://www.bnf.fr/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドヴァイス誠に有り難う御座いました。
本当に助かりました。

お礼日時:2001/09/14 23:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中学 美術の課題 シュルレアリスム

中3の美術の課題で
「シュールな絵を描こう」というものを今やっています。

その原案がまったく決まりません。
一体どういったものを書いたらいいのかわからないんです。

インターネットでいくつか画家の方々の絵を拝見しましたが、
ちっとも意味がわかりません。
ウィキペディアも何度も読んだり検索したりしました。

シュルレアリスムの「意味」はわかるんですけど
絵の「意味」がわからないんです。

去年のうちの学校の中3の絵は、もっと理解できたはずなんです。
(たとえば地球が燃えてる絵とか…地球温暖化の意味です)

画家さんの絵と中3の絵じゃ難解度が違いすぎて
どんなものを参考にしたらいいのかわからないんです。

参考にするサイトなどがあれば教えてほしいです。
お分かりになる方情報提供お願いします。

Aベストアンサー

実年齢はともかく、精神年齢だけは中学生以下の平凡なオジさんです。

回答者さんたちはいずれも立派な大人すぎるせいか、おっしゃることがちょっと難しすぎるかもしれませんね。
「シュールな絵」と言われても、デタラメ、ナンセンスやファンシーとどこが違うのかとなると、美術事典やウィキの説明だけではなかなか理解できないかもしれません。

>去年のうちの学校の中3の絵は、もっと理解できたはずなんです。
>(たとえば地球が燃えてる絵とか…地球温暖化の意味です)

う~ん、「シュール」というのは、実はこういう「理解」と正反対の考え方をすることなのです。
たとえば、幼児は朝焼けや夕焼けがどういう光学的な原理によって起こるかは知らなくても、その真っ赤な空に対して、素直に驚異や、不安、感動等を覚えるのではないでしょうか。
このように、できるだけ学校で教わった、頭の中にある知識に頼らず、自分が幼児に戻ったつもりになって、眼前の風景なり、物事なりを観察したら、はたしてどのように見えるだろうかと考えたとき、その時に実は「シュール」なモノの見方ができているわけです。

だから、「シュールな絵」といっても、画家がなにか実物や事実を偽って描こうとしたわけではないのです。
そうではなく、海は水色、空は青色、草木の葉は緑色といった常識的な約束事にとらわれず、本当の意味であるがままに、見えるがままに描こうとした結果、いわゆる「シュールな絵」が出来上がっただけとお考え下さい。

試みに、太陽に照らされた海なり、湖なりをジッと眺めてごらんなさい。
すると、それが巨大な黄金色の竜のウロコに見えてきても全然不思議ではなく、これはこれで正確な観察であり、同時に「シュール」な観察であるとも言えるはずです。

ということで、これまでよりも、ほんの少しだけ、みんなと同じようなモノの見方、捉え方をしないといけないのでは、という考え方をしないように心がけてみませんか。
言い換えますと、幼いときにはどんなささいなことにも旺盛な疑問を抱いて、「お母(父)さん、どうして? ネエ、どうしてなの?」としつこくたずねたことを思い出し、あの好奇心旺盛な自分、簡単に大人の説明に納得しなかった自分に戻って、周囲の物事を観察してみませんか。

こういう姿勢で絵を描いたとき、その絵は立派な「シュールな絵」となっているはずです。

実年齢はともかく、精神年齢だけは中学生以下の平凡なオジさんです。

回答者さんたちはいずれも立派な大人すぎるせいか、おっしゃることがちょっと難しすぎるかもしれませんね。
「シュールな絵」と言われても、デタラメ、ナンセンスやファンシーとどこが違うのかとなると、美術事典やウィキの説明だけではなかなか理解できないかもしれません。

>去年のうちの学校の中3の絵は、もっと理解できたはずなんです。
>(たとえば地球が燃えてる絵とか…地球温暖化の意味です)

う~ん、「シュール」という...続きを読む

Q将来の書物ってどのようなものでしょうか。

私は現在、書物の行方について研究しています。そこでみなさんの意見をアンケート調査しています。
意見を聞かせてください。
最近、e-bookやマルチメディアなどの議論がされていますが、文字や書籍はどのような変遷を経ていくのだと思いますか?文字表現と文字の形式はどんな変化をするのでしょうか。電子的書籍や出版の可能性、また今日の文字表現や印刷の課題など何でも良いので意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

最後には元に戻るような気もします。
電子書籍などは容量も小さくてすんだり確かに便利だとは思いますが、媒体するものがなければ見れないわけですし。
文字は…どうなるんでしょう。今のままでいいんじゃないかと思います。すごく浅い考えですが、今の状態で格別困っていると言うわけでもないですし…

Q中学の美術の課題についてです

現在授業で、シュルレアリスムをフォトコラージュで表現する
という内容をやっています。
コラージュに使う画像は新聞や広告から持ってくることになっています。
テーマをきめてそれにそって集めていけばいいのでしょうが、そもそもシュルレアリスムがなんなのか、どんな風にすればいいのかが分かりません
授業では参考にマグリットなどの作品を見ましたが、さっぱりです。
どうやってテーマをきめればいいのか、シュルレアリスムとはなんなのか教えてください。

Aベストアンサー

例えば…ビンが途中からニンジンに変化したりするようなことです。分かりにくくてスミマセン。調べたらいっぱい出てきますよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AB%E3%83%AC%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%A0

Q『聖アントニウスの誘惑』(1945年頃のコンクールについて)

『聖アントニウスの誘惑』はしばしば描かれる画題のひとつですが、1945年頃に開かれたコンクールについて、誰か詳しい方いらっしゃいませんか?
そのコンクールとはなんでも、モーパッサンの『モナミ』の映画化に際して、『聖アントニウス』の絵を劇中使用するために画家たちに制作を呼びかけたコンクールだったようです。一位はエルンスト、二位はダリだったように記憶しています。
・・・とここまでは分かっているのですが、この映画の監督は誰だったのか、映画は完成したのか、公開されたのか、一位になった作品はどのように使われたのか・・・など、不明なことがたくさんあります。どのような情報でも構いませんので、参考文献なども含めて教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

作品:「ベラミの私事」【1947年】(モーパッサンの「ベラミ」を脚色)
監督:アルバート・レーウィン【アメリカ】

「モナミ」ではなく「ベラミ」です。
興行成績不良ですぐに打ち切り。

コンクールの順位は以下の通り。

1位:マックス・エルンスト
2位:イワン・アルブライト
3位:ポール・デルウォー

ダリは落選。
(ダリを2位とする文献もありとの事)。

絵の使用方法はちょっとわかりませんでした。

=参考文献=
朝日文庫の「世界名画の旅4、ヨーロッパ中・南部編」(下記HPより)
週刊グレート・アーティスト(’90 4/10)

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~salvador/sakuhin1.html

Q「シュール」という言葉や概念の起源はどこに?

現在、「シュール」と呼ばれる現象に関して研究している者です。
参考にさせて頂きたいので、質問させて頂きます。

現在、シュールはシュルレアリスムから来ているという仮説を立て、
日本に伝わってきた経緯を踏まえて論じているのですが、その中で
「シュール」という言葉が伝わった影には、つげ義春の『ねじ式』が関わっていると展開させています。
詳細は控えますが、作者は夢を起源にはしたもののシュルレアリスム的意識は
持ってなかったと言われており、大衆によって「シュルレアリスム的だ」と評価されたものでした。

問題なのは、この「シュール」という言葉や概念がいつ頃誕生したかです。
恐らくはこの手のものを「不条理」と呼ぶのでしょうが、世間的に見ると
「シュール」の方が広く人々に広まっています。この言葉が登場したのはいつ頃だったのか、
またどうして「シュール」という言葉が広まったのか、知り得る限りの情報を求めています。

どのような小さなヒントでも構いません。
回答者様の情報を、お待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

研究だと仰るので、少し細かい点にも触れてお答えします。気を悪くしないでください。

まず「シュルレアリスム」surréalismeの定義を正確にしなければならないでしょう。ご存じかも知れませんが、確認しておきます。
フランス語で接頭語surが「~の上に立脚している」というニュアンスであることはご存じだと思いますが、この接頭語に注目すると、シュルレアリスムは「レアリスムに立脚した芸術運動」ということになります。変だと思うかもしれませんね。しかし理論としてのシュルレアリスムは「『超』現実主義」と訳されるように、よりリアリティのある表象を目指すものです。過剰に精神的なリアリティを追求した結果、表現手段は写実的ではなくなったといえるでしょうか。シュルレアリスム的な表現手段の中で、夢や無意識、不条理が多く描かれますが、それは表面的に隠されている現実の歪みを提示するにあたって有効な手法だからだ、といえるでしょう。

ただし、こうした趣向は日本に受容された時に、あまり理解されなかったといえます。surは否定語であるかのように、「非現実的」(大辞泉)と示されている場合さえあります。この場合は「超」が「非」という否定の接頭辞という逆の意味で解釈されたと言えます。「現実から上=現実から飛んでる」という解釈がありますが、これはフランス語に即すると正確ではないこじつけです。意味が反転してしまったのです。
もっとも上記の議論は巌谷国士の『シュルレアリスムとは何か』に書いてあります。簡単に読める本ですし、「シュール」という語と「シュルレアリスム」の差も若干ふれていたので、参考になるでしょう。ご存じかも知れませんが。

なぜ、特につげ作品に特化するのかは見当がつきませんが、日本の批評家がフランスに通用する芸術作品を探し求めて、シュルレアリスム的と評していたことも確かです。その甲斐あってか知りませんが、『ねじ式』自体はフランス語でも論文が出ているそうですね。その中ではシュルレアリスム的であると批評してあるかどうか――ちょっと読んでみないと何とも言えませんが、指導教官に聞いてみてはどうですか。
もっとも、当時、学術としてマンガが論考に値すると思われていたのかどうかということを含めて、議論が必要にはなるでしょう。現代のようにマンガが市民権を得ていた時代ではないので。面白いでしょうが、難しいでしょうね。

最後に少しだけ注意点を。シュルレアリスムという時に、ismeという接尾辞は体系化された運動ということを意味します。そこで集団的な芸術運動に参加せず個人的な活動を好むなら、ismeに包摂されることを嫌う作家はおります。しかし芸術史を批評する場合、作家の意に反して、その作品が大局としてはとある芸術運動に分類されるということがあります。作家の意見と批評は分けて考えるべきでしょう。

ご参考までに。

研究だと仰るので、少し細かい点にも触れてお答えします。気を悪くしないでください。

まず「シュルレアリスム」surréalismeの定義を正確にしなければならないでしょう。ご存じかも知れませんが、確認しておきます。
フランス語で接頭語surが「~の上に立脚している」というニュアンスであることはご存じだと思いますが、この接頭語に注目すると、シュルレアリスムは「レアリスムに立脚した芸術運動」ということになります。変だと思うかもしれませんね。しかし理論としてのシュルレアリスムは「『超』現実主義」...続きを読む

Qレオナルド・ダ・ヴィンチの手稿の原文(イタリア語)

レオナルド・ダ・ヴィンチが遺した手稿の中に「よき日がよき眠りをもたらすように、よく生きた人にはよき死が訪れる」という意味の言葉がありますが、この原文を知っている方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

Si come una giornata bene spesa da lieto dormire, cosi una vita bene usata da lieto morire.(符号省略) というのが原文だと思います。

[Da Vinci aforismi vita] と検索すると見つかりました。

参考URL:http://it.wikiquote.org/wiki/Leonardo_da_Vinci

Q「そういった影響力をポップアートについてみると」

 日本語を勉強中の中国人です。下記の文に理解できないところがあります。恐れ入りますが、教えていただけないでしょうか。

「シュルレアリスムには侵犯性があり、アブストラクトには論破力があった。そういった影響力をポップアートについてみると、いやおうなしにこちら側に飛び出してくる色彩の速度感と表層の被膜のもつ被覆性である。表現手法的にそうであるだけでなく伝播形式からいってもそうであった。」

 「そういった影響力をポップアートについてみると」はどういう意味でしょうか。『「シュルレアリスムの侵犯性とアブストラクトの論破力」をポップアートの角度から理解すると』でしょうか。その次の「いやおうなしにこちら側に飛び出してくる色彩の速度感と表層の被膜のもつ被覆性である。表現手法的にそうであるだけでなく伝播形式からいってもそうであった」はポップアートのことを言っているでしょうか。それともシュルレアリスムとアブストラクトのことを言っているのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

原文がちょっと言葉足りずですね。

 ・シュルレアリスム=侵犯性がある
 ・アブストラクト=論破力がある
これをポップアートに当てはめて、
 ・いやおうなしに飛び出してくる色彩の速度感≒侵犯性
 ・表層の被膜のもつ被覆性≒論破力
と捉えているものと思います。

「表現手法的にそうであるだけでなく伝播形式からいってもそうであった。」
については、後ろに続く文章を見ないと確実とは言えませんが、恐らくは
「ポップアートには飛び出す色合いや表面材質を覆い隠すといった手法的な特徴があっただけではなく、実際に世間に広まる過程を観察しても、人々の意識を侵略し、論破する力を持っていた」
ということを書いた文章ではないかと思います。


~~~
原文を書き換えてみると、
「シュルレアリスムには侵犯性があり、アブストラクトには論破力があった。そういった影響力をポップアートにあてはめてみると、いやおうなしにこちら側に飛び出してくる色彩の速度感と表層の被膜のもつ被覆性がそれらにあたる。表現手法的にそういった特徴があっただけでなく、実際、伝播における影響力においても同様の特徴が見受けられた。」
といった感じですね。

原文がちょっと言葉足りずですね。

 ・シュルレアリスム=侵犯性がある
 ・アブストラクト=論破力がある
これをポップアートに当てはめて、
 ・いやおうなしに飛び出してくる色彩の速度感≒侵犯性
 ・表層の被膜のもつ被覆性≒論破力
と捉えているものと思います。

「表現手法的にそうであるだけでなく伝播形式からいってもそうであった。」
については、後ろに続く文章を見ないと確実とは言えませんが、恐らくは
「ポップアートには飛び出す色合いや表面材質を覆い隠すといった手法的な特徴があっただけでは...続きを読む

Qフランス民謡「月の光に」の歌 仏語、英語、試聴サイト探してます

フランス民謡「月の光に」の歌、フランス語、または英語版での試聴サイトを探しています。メロディーと歌詞はわかるのですが、どのように音符にはまるのかがわからないのです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

追伸です。

この楽譜で2番の言葉の入り方がお分かりになるでしょうか?
http://fr.wikipedia.org/wiki/Au_clair_de_la_lune

「民謡」とのご質問でしたが、この曲は一般にはリュリーが作曲したのでは・・・???と言われていますから、もしかしたら別の曲をお探しなのかもしれませんね。そうだとしたらごめんなさい。

Q春画

最近春画というものを初めて知りました。

文献を読み進めているうちに、「日本人って昔から性的なものについてとてもオープンな人種なんだなぁ」というのが感想なのですが、日本以外の国でも日本の春画くらいあからさまな性表現の歴史的文化(?)のようなものはあるのでしょうか?

クリムトはよくエロティシズムが・・とか書かれていますが、今回春画を見てみて次元が違う気がしました。。

Aベストアンサー

ビアズリーは、“春画的”かと。一部ですが。
モロにそのまま描かれている作品があります。
着物でなく、ドレスやコルセットで、モノクロームが多いです。
ダークで、エロいです。

エロティシズムの表現は、世界各国どの時代でも、あるでしょう。
時世柄どのていど抑圧されていて、表に出るか出ないかの違いで。
江戸のように文化が爛熟すると表に出てくる表現かもしれません。

Q小学校のときに……

こんにちは。はじめまして。
小学校の全校合唱でうたったうたで,どうしてもタイトルが思い出せない曲があるのですが…。
歌詞も途中しか覚えていないのですが「……ララーララララーラ ララーララララーラ ぼくらは友達なんだ いつでも………」というものです。
どなたかこの曲をご存知でしたらば,タイトルを教えていただけませんか?お願いいたします。

Aベストアンサー

 No.1です。

 ごめんんさい。調べてみたけど分かりませんでした。
 一度この回答を締め切られて再度投稿してみはいかがでしょう? もうchopinistさんのこのご質問自体がずいぶん後ろのほうに来てしまっているので、なかなか回答者も出ないような気がします。
 今度は、私の補足にお答えくださった具体的な事柄を質問欄に記載されると、今は夏休みですし、もっと多くの方の関心を引き、有力な回答を集められるのではないかと思います。

 折角補足にお答え下さったのに、回答できずにごめんなさい。もし上記の対策をたてられるのであれば、私にpoint発行なさらないでくださいね。まったくお役に立てなかったのですから……。
 chopinistさんのお探しになっている歌が早く見つかるようにお祈りしています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報