電子書籍ギフト♪ 最大10,000円が当たる!

今、ロシアがウクライナに戦争をしかけて3か月になろうとしています。
インターネット上にロシア人の友人が何人かいたのですが、戦争が始まる前は「ウクライナを攻めたってロシアに何の得にもならないしそんなことしないよ」と言っていた彼らは、戦争が始まるやいなやロシア政府のプロパガンダみたいなことをいってきます。外国人の私が何か言う前に説得しなければならないとでもいう勢いで。
たぶん彼らも信じてないと思うんです。戦争が始まる前までマトモなこと言ってたわけですから。
盗聴されて密告されてひどい目に遇うと思って政府の言うことに同調している気がします。

で、思ったのは、昔、第二次世界大戦中の日本人は、日本政府の言っていたプロパガンダを信じていたのでしょうか?大本営発表を信じていたのでしょうか?
今みたいにインターネットがあるわけでもないので、今よりはプロパガンダを信じやすいと思いますが、それでも毎日のように空襲があって「わが軍勝てり」の大本営発表を信じたのかなあとも思います。
戦時中の体験談を読んでも「食べ物がなくて苦しんだ」「空襲が怖かった」が多く、私が知りたい「政府に不信感を抱いていた」または「本気で信じてた」がほとんど見当たりません。
たとえば「本当は政府がおかしいと思っていたけれど、反戦を訴えていた人が憲兵に連れ去られたのを見て黙ってなければならないと思いました」みたいな話をご存じでしたら、教えてください。

質問者からの補足コメント

  • みなさん、ご自分のお考えではなく、そういう体験談を読みましたとか、祖父母、父母からこんなんだったと聞きましたとか、教えてくださると幸いです。
    申し訳ありませんが、今の人間が「こうだっただろう」と考えた結果や、あなたのアメリカに対する思想感情等は聞いていません。
    人によって違うと思います。本当に終戦まで信じていた人もいると思いますし、思っていても言えなかった人もいると思うし、いろいろだと思います、そこらへんの各個人の本音が知りたいけれどそこはあまり書かれたものを見ないというのが現実です。

      補足日時:2022/05/14 07:58
教えて!goo グレード

A 回答 (13件中1~10件)

私見ですが


私の母は満州からたいへんな思いで
引き上げてきたそうです。
父親は海軍でしたが
戦争の話はしませんね。

母は負けてよかったといつも言ってました。
まぁ戦争が終わって大本営の悪口とか
いう暇なんてなかったのでは。
過去を振り返って人の悪口を
いうよりも明日の生活のほうが
大変だったようですよ。
まぁそのところの苦しい話は
ふたりともあんまりしなかったね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>母は負けてよかったといつも言ってました。
そう、そこなんです。
日本人は負けて悔しいというより、負けて良かったという気分がかなりある気がしています。
そこを知りたいと考えています。

お礼日時:2022/05/15 07:26

母は満州での憲兵隊の悪口は言ってましたね。


だから単純に威張り腐った憲兵が
戦争に勝ってもっと増長するのがいやだったのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、参考になります!
ありがとうございます。

お礼日時:2022/05/15 19:55

No.3 です



そもそも論ですが、どうやら基本的な事が理解されてないように思われます。

>私が知りたい「政府に不信感を抱いていた」

大日本帝国憲法の下で、今のような言論の自由の無い一般庶民である臣民が、不信感を抱いても、何の意味があると言うのでしょうか。
戦時中、もしも、それが言動につながれば、スパイ扱いされ捕まって大変な目にあいます。
誰がそんなバカな事をするでしょう。
たとえば、尋常高等小学校では上級生に帽子をぬいで挨拶しないだけで、おもいきり殴られるのが当たり前の時代ですよ?

>または「本気で信じてた」

高価なラジオすら無い家庭も少なくは無く、貧困で配給のひもじい生活の中、生きるのが精いっぱいの一般庶民では、何が重要な戦争の情報かと言えば、空襲警報です。
それが戦争です。

なので、戦時中、特に本土に空襲が増えて以降の大本営発表を聞いていた家族が思っていたのは、現実との乖離であって、「その程度」「ふーん」と言う程度なんです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

すみません、その当時の人がどう思っていたのか、今の人間のメガネがはいっていない情報が欲しい、というこちらの要望をご理解いただけていないようです。
逆に「鬼畜米英からアジアを救うという使命を信じていたし天皇陛下は神だと思っていました」でもいいのです。
その当時の人がどう思っていたのか、を知りたいので、あなたの解釈や持論を知りたいわけではないのです。

お礼日時:2022/05/15 19:54

アラフィフ男性です。

ご質問の件は私も同じ疑問を持っていろいろ調べました。

で、最初に書いておきたいのは「戦前の日本は、今の日本と価値観が違う」という点です。たとえば「戦争」について、今の日本のように「戦争はいけないことだ」とか「民間人が犠牲になってかわいそう」という感覚はあまりなかった、という点を踏まえておいていただきたい帯と思います。

その上で
>日本政府の言っていたプロパガンダを信じていたのでしょうか?大本営発表を信じていたのでしょうか?

という点について回答するなら「知識人たちは信じていなかったし、アメリカに勝てるとも思っていなかったが、知識のない庶民は大本営発表をそれなりに信じていた」です。

知識人というのがどの程度なのかは微妙ですが、戦争開始前の日本とアメリカのGDPの差は30倍あり、社会科の教師とか、それなりの企業家や銀行家、製造業の大卒社員などはこの違いを熟知していました。

だから戦争前の時点で「普通に考えれば勝てるわけがない」と思っていた人はそれなりにいたし、大本営発表がウソと考える人もそれなりに居ました。たとえば、呉に帰ってくる軍艦の数、空母の数で大本営の発表がウソであると見抜く庶民だってそれなりにいたのです。

で、戦前に関して言えば「戦争反対を主張すると特高警察に捕まる」という話があり、これは事実なのですが、ここにも微妙な問題があります。

 それは「当時は1917年(大正6年)のロシア革命で、共産主義がブームになった」ことで、大正デモクラシーという民権運動の中でロシア革命は単なる民主主義だけでなく「王政(天皇制)を廃止する運動」と認知されたことです。

これにより、特攻は「共産主義者は天皇制を壊す運動」という位置づけになり、戦争反対も特に共産主義者が強く運動を行ったため、弾圧を受けた、のです。つまり当時は「戦争反対=共産主義」という認識も強く、だから「盗聴されて密告される」というのは、戦争反対よりも「共産主義者とみられること」のほうを恐れた、といえます。

>「本当は政府がおかしいと思っていたけれど、反戦を訴えていた人が憲兵に連れ去られたのを見て黙ってなければならないと思いました」みたいな話

なんでそういう話があまり出てこないか、というと理由は簡単で「当時の日本人の大部分が戦争そのものには反対していなかった」からです。

当時の日本は徴兵制を敷いていて「戦争をする」ということは、そのまま「身内の誰かは戦争で死んで帰ってこない」ということを意味したわけです。

でも当時の日本人はそれに疑問を持っていませんでした。理由は「戦争をしないと、日本の独立が危うい」と多くの日本人が思っていたからで、特に男性は徴兵という義務と同時に選挙権を持っていて、積極的に戦争を遂行する意見の政治団体に投票していましたから「政府がおかしい」と思っている人たちはあまり多くなかったといえます。

これは今の日本も全く同じで、たとえば「政府のコロナ対策はおかしい」とか「政府のコロナ情勢の発表はなにか隠しているのではないか?」という批判をしつつ、選挙になると自民党が勝ってしまうのと同じで、政府批判と政党人気は必ずしも一致していないのは、戦前も今もあまり変わりはないです。

>戦時中の体験談を読んでも「食べ物がなくて苦しんだ」「空襲が怖かった」が多く

なので、敗戦した後、日本人が「戦争は嫌だ、もうしない」という理由になるのは「食べ物がなくて苦しんだ」「空襲が怖かった」とか「原爆を落とされた」ということになります。

「政府が戦争のために独裁的になって暴走した!」とか「軍部が総帥権を奪取して、戦争を起こした!」というような政府に対する批判や反省をほとんど聞くことができないのは、日本人大半が「戦争することをどちらかというと賛成し、選挙で推進派に投票していた」からです。

しかも、投票で戦争推進派が勝ち、戦争を起こすなら、徴兵されて戦死するのは自分たち選挙民であるわけで、まさか「僕たちは本当は戦争をしたくなかった、軍部や政府が無理やり戦争の道を突っ走ったんだ!」ということはできないのです。

だから、戦後日本の戦争をしたくない理由は「戦争は悲惨だから」という言葉ばかりになってしまったのです。

当時の日本人が大本営発表をそのまま全部信じていたとはいえません。もちろん信じていた情弱なご老人たちもいたでしょうが、若い人や現役世代は政府の建前も理解していました。

戦後にその反省ができなかったのは「日本人のほとんどが、あの戦争を遂行した責任を感じている」からです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

いろいろありがとうございます。
>「戦前の日本は、今の日本と価値観が違う」
それだからこそ、その当時の人の生の言葉を聞きたいのです。
もちろん「まるっきり信じていました」というのでもいいのです。
できるだけ「今の価値観で判断したもの」のない情報が欲しいのです。

お礼日時:2022/05/15 07:21

No.3 です



>私はその当時のプロパガンダを信じていたのか、ちがうなーって思ってても言い出せなかったのか、だんだん信じられなくなったのか、知りたいだけなのです。

最初に書いてますが、家族,親族から聞いてる話を総合すれば、そもそも、戦中戦後の酷い時代に入れば、ラジオの大本営発表は「その程度」と言う認識と思います。

戦況が悪化し、空襲も頻繁にあり、疎開に迫られ、家も街も焼かれ、現実と乖離してます。

今のように手軽に最新で分かり易い情報がマスコミを伝えた時代ではなく、また、そもそもラジオも無いご家庭もあった訳で、一喜一憂するほどもなく、家で重要な事は家長が情報収集して決定し、全員がそれに従います。

自分達の命を守る為に必要なのは、大本営発表やマスコミ情報ではないと思われます。

大本営を含め、当時のマスコミが何か言ってた的な話は殆ど出て来ず、本人達の戦争の体験談が殆どです。

なので、戦時中、特に本土に空襲が増えて以降は「その程度」「そんなもんかなぁ?」「ふーん」と、信頼性がどんどん下がっていき、若干小馬鹿にしてた面もあったようです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なんか、大本営ばかりの話になっていますが、その当時の「大東亜共栄圏」といったような思想に共鳴していたのかどうか、そこらへんなのです。
なんていうか私の考えていることが伝わっていないようですので、これ以上のご回答は不要です。

お礼日時:2022/05/15 07:24

祖父から聞いた話ですが。



戦争が進み、生活が苦しくなり、空襲などが行われる
ようになると、
なんか変だなあ。
本当に勝っているのか。
と、いう疑問が出てきた、ということでした。

仲間内でも、そういう話が出て
いましたが、いざ敗戦になってみると
まさか負けるとは思わなかった。

なんて、少し矛盾したことを言っていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう、生の声が聴きたかったです!
ありがとうございます!

お礼日時:2022/05/14 07:52

もともと日米開戦は


国民と新聞が盛り上げました。

「一億総玉砕」と言われてたように
負け戦を感じていたはずです。
しかし「鬼畜米英」に上陸されたら
なにをされるかわかりません。
黙って戦うしかなかったのでは。

薄々気づいてても
だから降伏して蹂躙されましょうとか
誰もおもわないでしょ。

アメリカが占領したからよかったものの
ソ連や中国だったら
いまどき呑気なことは言ってられませんよ。
こんな質問さえできない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「一億総玉砕」と言われてたように
>負け戦を感じていたはずです。
>しかし「鬼畜米英」に上陸されたら
>なにをされるかわかりません。
>黙って戦うしかなかったのでは。

そこらへんを、推測ではなく、その当時の人の体験談や、あるいは祖父母、父母から聞いた、ということを聞きたくてトピックを立てているのですが、みなさん自分のお考えや思想ばかり話されます。

お礼日時:2022/05/14 07:52

No.3 こちらは補足です。



>プロパガンダと同じことを唱えて「鬼畜米英」

実際に英米は鬼畜で、戦時中、当時の米国からの空襲を受けた日本人100人に聞けば、100人とも鬼畜と言うでしょう。
米国が良いように解釈されたのは、戦後のGHQ以降です。

明らかにジェノサイドな原爆投下にしてもそうですが、米国にとって、都合の悪い所の歴史解釈を、官僚的に都合の良い理由を見つけて書き換え、戦後の日本の歴史教育を徐々に歪めていき、洗脳しているだけです。

ベトナム戦争での戦争犯罪にしてもそうですが、米国のやり方です。
事実は鬼畜です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに16世紀ぐらいから20世紀にかけての白人は鬼畜みたいなものですし、アメリカは日本やドイツにいろいろ言ってるくせに自分はその後もベトナムに攻め込んだり、黒人は1960年代でもきつい差別されてたりしますけれど、逆にそこまで思想的だったのかとも思います。
日本は欧米に追い付け追い越せだったわけですから。
それにこれは私の質問とは全然関係ないお返事ですね。
私はその当時のプロパガンダを信じていたのか、ちがうなーって思ってても言い出せなかったのか、だんだん信じられなくなったのか、知りたいだけなのです。

お礼日時:2022/05/14 07:50

No.3 です。



>プロパガンダと同じことを唱えて「鬼畜米英」といい、特攻に若い男性たちを送り出していったのか、そこがわからないのです。

世の中、戦前は不況で貧困で死者も増え、もう戦争しかないなみたいな流れですね。
恋愛の流行歌などは無く、世間で歌と言えば、せいぜい唱歌か浪花節です。そんなやたらと暗い時代。

昭和天皇にしても見た事も無いし、写真も無いし、本当に神と思ってる人もいたでしょう。

それと、国が決めた事にあれこれ反対する人とか、確か、いない時代です。もし、いたとしても、ラジオや新聞しかないので、そんな情報は伝わりませんね。
尚、大日本帝国憲法なので、法的には日本人は国民ではなく、臣民です。

親戚には軍族もいましたが、家族からは出兵した者はいないので、戦地へ送り出す家族の気持ちなどは詳しくはわかりませんが、赤紙が来て、戦地に息子を送り出す母が万歳三唱で見送る、あの辺りは狂喜の状態と思っていいかと思われますが、お国の為に立派に働いて、元気で帰って来て欲しいと言う想いもあるのかもしれませんが、ここは、あくまで当方の想像の域は越えません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>当方の想像の域は越えません
そう、そうなんです、だからそういう文献などないか、あるいは聞いた話でもよい、ということなのです。

お礼日時:2022/05/14 07:45

例えば、FXで、結果が出るまでは、円高になるかもしれない、いややっぱり円安進行だ・・・などと、どちらも思いながらも迷っています。

そして、数時間とか数日とか経つち、結果が出ると、みんな口を揃えて、たとえ売り買いに失敗した人でさえまでも、「ああっ、やっぱり!・・・」「・・・思った、通りだった!」と言うんです。それと同じことです。迷っていて、本当に自分の考えや判断なんて、ほぼ無いんです。結果が出たとき、「あぁっ、やっぱり、自分は、そうなると思っていました。」と言うんです。本当は、1つに決めていたわけでもないのですが、取り敢えず、少しは思っていたことは確かなので、と言うことから・・・多くの場合、都合のよいように考えるとともに、徐々に本気で、元々、その1つだけを思っていたと、自分自身でそう思い込むように変わって行くのだと思います。
人は、失敗したとき、言い訳を条件反射的に、すぐに口に出す人が多いのも、失敗したことを正直に言えない証拠で、・・・失敗したことでさえ、隙あらばそれを正当化したいという、気持ちが起きるという、人間の性質のようなものが、無意識のうちにも現れるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その理屈だと「本当は内心これは間違ってるって思ってました」って言う人が多くなると思うのですが?

お礼日時:2022/05/14 01:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング