最新閲覧日:

プリンタの高画質用専用紙で、光沢のないもの。
印刷したてはきれいに白紙な部分が、数ヶ月もしないうちに、黄色に変色します。
なるべく直接空気に触れないよう保存しているのですが、クリアファイルに入れていても、変色します。
同様の経験をしている方は、おられないでしょうか。
空気中の窒素酸化物などの濃度によるのか、それとも、紙表面の塗工物質の質に依存するのか(裏面はほとんど変色しないため)、原因がよくわかりません。
できれば、科学的に正確な回答をいただけると助かります。

A 回答 (1件)

参考URL、ご参考になりますでしょうか?


被薬品処理面だけ、ということなので、参考URLの蛍光塗料などによるのでしょうか。

参考URL:http://www.npaper.co.jp/main/tip/qa/qa_pap04.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
専用紙の表面というのは、紙の繊維の上に、塗工といって薄く粘土などの層を塗ります。そのため、普通紙に比べ、カラーの印刷精度がよくなります。これは、被薬品処理面とは、残念ながら異なります。教えていただいた参考URLは、紙の繊維層自体に薬品を混ぜるなどの内容で、そこに書かれた新聞紙などの紙よりも、高画質プリンタ専用紙は、はるかに速く、変色します。また、新聞紙などはどちらかというと褐色に近くなるのですが、専用紙の場合、黄色です。

お礼日時:2001/09/04 16:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ