リ-スが会計的に物価変動ヘッジがあるということなのですが、どういうことでしょうか.

たとえば、1000万の機械を5年リ-スをすれば、毎月均等分をリ-ス会社に支払えばいいのであって、リ-ス契約をした時点で将来の負債は決まってしまいます.買取との違いは一回で支払うか(実際は色々な支払方法があるのですが、ここでは省略)毎回、均等で支払っていくかどうかの違いだと思うのですが.

A 回答 (2件)

リースのメリットを物価変動ヘッジということに限って言えば…



・pasominさんも書かれているように契約後の金利情勢の変動に影響を受けない。
・物価の変動にも影響を受けない。契約時の価格を基にリース料を決定するので製品の価格が上昇傾向にある場合には大きなメリットとなるでしょう。これは昨今のデフレ状況では却ってデメリットにもなり得るのですが。そういう意味ではレッシーはその時々の当該製品の物価傾向をよく見極めた上でリースの会計処理上のメリットとも照らし合わせて判断する必要があると言えます。

こんな感じでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

物価だけのことを考えたら、今はリ-スが不利ですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/09/10 11:49

「リース」の場合と「借入して買い取った」場合との比較ではないですか。



「借入して買い取った」場合は、物価(金利)上昇局面では、通常、金利上昇分を負担せねばなりませんが、「リース」であれば、通常、最初の契約どおり、一定額を払っていって終わりです。

したがって、「リース」は物価変動に強い、ということでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡単明瞭で要領を得ていますね.ありがとうございます.

お礼日時:2001/09/07 10:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q均等割りは、いつ支払うのでしょうか?

今月9月が決算で〆になります。
ちなみに、今期で丁度、会社設立1年になります。


質問(1)
おそらく経常利益が20万円程出そうなのですが、
この場合、法人税は30%の6万円程徴収されることになるのでしょうか?


質問(2)
均等割りは、この場合、いつに支払うのでしょうか?(法人税と同時に支払うのでしょうか?)


質問(3)
あと、税理士さんへの決算書作成の支払いを含めると、利益を悠に上回ってしまいますが、これは何とかならないものなのでしょうか?





以上、お願いします。

Aベストアンサー

私の書き方が悪かったですね。

>赤字の場合は、均等割と消費税
ここで言う所の<消費税>とは、あくまで売上や経費を基に計算をした消費税となります。
均等割に消費税を掛けるものではないのは・・・ご存知ですか?
もし、ご存知でしたら、すいません。

均等割は、法人市県民税に<充当>では無く、加算です。
私が出した計算額に、7万円(であれば)を加算して払うようになりますね。

ちなみに、消費税の納付額は、資本金が1千万円以上か、「課税事業者の届出」を提出していない限り、初年度から、納付は発生しません。

Q私は30代、退職金が毎月毎月・・・これ普通ですか?

ある会社に転職しようと思っていますが、その会社では退職金を退職時に払うのではなく月々の給料にプラスして支払うシステムがあるようです。実際20・30代など年齢に関係なく月の給料の他に退職金を受け取っている方もいるようです。このような退職金前渡方法は一般的なのでしょうか?会社に取ってどのようなメリットがあるでしょうか?ちょっと不思議なので詳しい方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

前払い型退職金制度のことと思われます。
導入している企業もあります。

参考HP
http://www.taishokukin.com/system/prepay.html

Q車両購入はリ-スか買取か

車両購入の際、同額くらいの車なら4年落ち程度の中古車を買うか
新車をリ-スにするか、税務上、会計上のそれぞれの利点、そうでない点を教えてください。

Aベストアンサー

当社は、社用車25台程度使用していますが、6年前より全車リース車両に変更いたしました。導入時どちらが有利か検討比較いたしリースに決定いたしました。
比較事項・車検費用・オイル交換・点検費用・タイヤ交換・車両保険・車両管理等比較してみますとリースの方が経費削減と業務改善が図れました。但し内部保留の充実した企業は、購入の方が断然有利と思われます。
また燃料もリース会社の燃料カード使用することにより、燃料費5%以上の削減かつ燃料給油日、給油料等も明細があることにより公私混同のチェックも可能です。
参考まで

Qデリバティブ取引、ヘッジ取引とは何ですか?

デリバティブ取引、ヘッジ取引の意味が良くわかりません。
一体、どういったものなのでしょうか?
また、為替予約というのはデリバティブ取引、ヘッジ取引に含まれるのでしょうか?
以上、よくわからなくて困っています。詳しい方がおられましたら、どうか教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

デリバティブは金融派生商品の総称なので、説明し出したら桐がありません。こちらを参考に。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96

ヘッジはそのものずばりはありませんでしたが、こちらを参考に。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E7%89%A9%E5%8F%96%E5%BC%95

デリバティブは契約内容で区分されるものですが、ヘッジ取引はリスクヘッジ(危険回避)という目的を充足する手段に対して与えられた呼称であり、デリバティブの活用例のひとつです。契約自体はデリバティブの契約です。

為替予約は、デリバティブと呼ぶかどうかは分類の仕方次第でしょうが、会計上はデリバティブとされ、決算に際しては時価評価が必要です。
http://bizplus.nikkei.co.jp/qa/keiri/?i=2005120101oneq3

Q支払手形と営業外支払手形の違いは?

厳密にはカテ違いだと思いますが、「簿記」のカテで反応がなかったので削除の上、「財務・会計・経理」に再掲載させていただきます。

3/11の第1回建設業経理士2級の第1問で、次のような仕訳問題がありました(税抜き方式)。
「前期に完成・引き渡した落合1号工事について、無償補償の特約に基づく外注工事費¥73,500(消費税込み)を約束手形を振り出して支払った。なお、前期決算において完成工事補償引当金¥100,000を計上していた。」

TACや大原簿記などの模範解答では

 完成工事補償引当金70,000/支払手形73,500
 仮払消費税3,500 /

となっています。勘定科目群には「営業外支払手形」もあり、前期の引渡し物件なので貸方は営業外支払手形だ、と私は思うのですが、普通の支払手形が正しいのでしょうか?とっても違和感があります。どなたかお分かりになる方、教えてください。

Aベストアンサー

営業外支払手形というのは、有価証券の購入などのいわゆる営業とは直接関わりのないものを購入した際に振り出した手形のことを言うのだと思います。引渡し物件が前期のものであるか否かで判断するのではないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報