痔になりやすい生活習慣とは?

3日前ほどから首、腕、足、脇の下、おなか、頭などがたまらなく痒いです。
かくと広範囲でみみずばれのような、ぼこぼこした状態になってしまいます。
かかないようにと思っても我慢できません。
頑張ってかくの我慢すれば治まりますが、また別のところがすぐ痒くなります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

専門家ではありません。

あくまでも似た症状持ちということでご参考程度に。

おそらく蕁麻疹ではないでしょうか。蕁麻疹にもいろんな種類があります。
寒冷蕁麻疹、それとは逆の温熱蕁麻疹etc.

#5さんも仰っているようにもし寒冷蕁麻疹だとすれば冷やせば逆効果です。

原因も千差万別のようです。
主なものとしては食事、ストレス、睡眠不足からくる疲れなどのようです。

慢性になると結構つらいところがあります。
早めに皮膚科の受診をおすすめします。服薬だけでも痒みが嘘のように引きますよ。

おだいじに。



http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/fpoint2.htm

参考URL:http://www.mirai.ne.jp/~seisinc5/fpoint2.htm
    • good
    • 1

春らしい陽気に誘われて薄着して出た寒冷蕁麻疹だったら冷やしたら悪化します。

この場合は体の芯から暖めないとダメです。

3~4日前に玉子を大量に食べたとか(ケーキなどにも意外と大量に入っています)…ありませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

実は、この痒みは花粉症によるものだと解りました。
元々花粉症では無かったのですが、痒みと同時に喉が
いがいがしてて変だなぁと思っていたら、今度はくしゃみと鼻水。。。

花粉症でも皮膚炎になるそうです。

夜夜寝る前は薬を飲むようにして、掻かないよう
努力していきます。

お礼日時:2005/03/29 10:06

こんにちは。


痒いですよね。
それは蕁麻疹です。
皮膚科にいってお薬をもらいましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
蕁麻疹ですか。。でも何の原因もなくでるものなんでしょうか?
何か原因が解ればいいんですけどね。。
やはり、病院第一ですよね。

お礼日時:2005/03/28 02:47

何かアクの強いものでも食べました?(サバとか)


普段飲まない薬を飲んだとか。
とにかく病院に行ったほうがいいですね。
一時的な痒みを押さえるには#1さんの言われるように冷やすことです。(濡れタオルなど)
しかし、これは一時にしか過ぎません。
まだ寒い時期ですし^^;
するときは凍傷などに気をつけて。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
普段と変わらない食事で、最近ではサバとかは食べてないです。
薬も風邪薬や、サプリメントなどと言ったものも全く飲んでないです。
思い当たる原因がなくて困ってしまいます。
早めに病院行った方がいいですよね。。
とりあえず、今晩は少し冷やしてみます。

お礼日時:2005/03/28 02:38

こんにちは。


この季節肌がかゆくなる方って結構多いですよね、わたしも病院へいくことをまずはおすすめします。
乾燥しているのかもしれないので化粧水や乳液、なければハンドクリームなどで保湿をしてみるといいかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
乾燥肌ではないので、乾燥はしてないです。
カサカサで痒くなる事はないので、少し違うかもしれません。(いつもしっとりしてる感じです)
でも、まずはやはり病院ですね。。

お礼日時:2005/03/28 02:36

病院に行ったほうがいいと思います。


冷やせばちょっと痒みは治まりますよ。
私はアトピーで(軽いですけど)痒いときは
氷など使って適度に冷やしてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
やはり病院に行った方がいいんでしょうか。。
暖かくて痒い訳ではないのですが、冷やすといいのですね。

お礼日時:2005/03/28 02:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q顔にかゆみのあるボコボコが大量発生・・・

ここ一週間ほどずっと、肌の調子が最悪で
(1)いつも使っている化粧品がピリピリするようだ
(2)化粧ノリが悪い
(3)赤みのあるボコボコがでた
 見た感じはニキビのような赤い腫れになっている
 とても痒いし、日に日に増えていくような気がする
 白ニキビになったところもある。
 とにかく痒くてつらいです。
 普段、できない箇所にまでボコボコがある
 特に頬、顎がひどい。
(4)肌がいつもより乾燥している

特別、化粧品を変えたわけではないし
ずっと使ってきたものを使用しているので
化粧品が原因だと思えません・・・。

これは蕁麻疹なのでしょうか?
それともただの肌荒れなのですか?
はじめは生理前だし、肌が敏感になっているのかと
思ったのですが、どうも様子がおかしいので・・・。
(こんなひどいことになったのは、初めて。)


昔、食べもので一度蕁麻疹が出たときに
出してもらった、蕁麻疹の薬があるので
飲んでみようかと思うのですが、大丈夫なのでしょうか??

外に出るのもつらいほど、
赤い腫れが発生して泣きそうです・・・。

ここ一週間ほどずっと、肌の調子が最悪で
(1)いつも使っている化粧品がピリピリするようだ
(2)化粧ノリが悪い
(3)赤みのあるボコボコがでた
 見た感じはニキビのような赤い腫れになっている
 とても痒いし、日に日に増えていくような気がする
 白ニキビになったところもある。
 とにかく痒くてつらいです。
 普段、できない箇所にまでボコボコがある
 特に頬、顎がひどい。
(4)肌がいつもより乾燥している

特別、化粧品を変えたわけではないし
ずっと使ってきたものを使用しているので
化粧...続きを読む

Aベストアンサー

私は同じような症状ですが,毎年3月から5月くらいにかけて外出時,油断をしているとかゆかゆです。年配のお医者さんの診断では,急に紫外線をたくさん浴びて肌が過敏になったのだろうといわれています。
自然に落ち着くので,勝手に花粉のアレルギーとも思っています(花粉症です)
お日様にたくさんあたったり,長時間外にいたりしませんでした?
ここ何日かは平年並みの陽気になりましたが,紫外線だいぶ強かったんじゃないかと思います。
かゆいのやですよね

Q体中痒くてどうしようもありません・・・

症状としては、
・1、2週間程前から首からひざ上にかけて、特に上半 身(背中、お腹まわり、首周辺)が痒く、
 夜、布団に入ると余計に痒くなりなかなか寝付けません。
・痒い部位をかいた後、赤くなり、かき過ぎた部分は赤い斑点が出ます。

*アレルギーはありますが、花粉症だけで、特に皮膚のアレルギーはありません。
*6年前に両手ひら・両手首~両ひじにかけてストレス性のじんましんが出た経験があります。


 先月下旬に近所の皮膚科に行きましたが、乾燥による痒みと診断されローションと弱いステロイド剤を処方してもらいました。
しかし、お風呂上りにローションを塗り、ますが、痒みは全く治まらず、毎日毎晩痒みに悩まされています…。
(ステロイド剤は2回くらい、特に痒い部分にぬりましたが続けて塗らないせいなのか痒みは治まっていません。)

どなたか良きアドバイスを頂ければと思い、投稿しました。

ご回答、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは、拝見させて頂きました(^.^)

体中痒いとのことですが、おそらくそれは乾燥からくる痒みだと思います。
同じ乾燥肌である私からのアドバイスをしますね。

本来、健康な肌ならば、皮脂と水分で満たされ、
皮膚の中の細胞と細胞の間にコラーゲンやヒアルロン酸、
そして、細胞と細胞をくっつける接着剤代わりの、
セラミドという成分などで満たされて、皮膚の表面にも
皮脂膜が出来、それが外の世界からの刺激物となるアレルゲンから身を守っているのですが、
乾燥肌やアトピー肌の場合、皮脂や水分不足で細胞と細胞をくっつける接着剤代わりのセラミドがとても不足している為、間があいてスカスカとなり、バリア機能が低下し、その結果、外の世界のアレルゲンなどの刺激物で痒みを
生じたりしやすいことになります。
ですので、こまめに保湿剤などで保湿するといいですよ。
私はフェルゼアDXとユースキンAいう保湿剤を混ぜ混ぜしてこまめに使用しております。ユースキンIも良いみたいです。そして、入浴時には、お風呂に色々入れています。
「1、アスコルビン酸を1g入れる。」
 (ビタミンCの粉末なのですが、肌に悪いと言われる塩素を除去する働きをします。1gで効き目があるようです)
「2、保湿成分を木綿袋に入れ、入浴剤として。」
オートミールを1カップ、米ぬかを半カップ、やぎミルクの粉末を大さじ1程を木綿袋に入れ、お風呂で袋をモミながら入っています。しっとりしますよ。
特に、オートミールは、湿疹などの肌のトラブルに良いみたいです。
「3、石鹸は極力使用しない。」
(石鹸を使用すると乾燥したり、皮脂も洗い流してしまうので、使用するのはワキ、股間、足の裏程度です。
シャンプーも界面活性剤使用の物ではなく、マイルドな弱酸性の物。)

そして、次は体の内側からです。
「1、肌が潤う食品を意識的に摂る。」
(豚耳(ミミガー)、豚足、鶏皮、ゼラチンの粉でゼリー作ったり、(これらのコラーゲンの食べ物を摂るときはビタミンCと一緒に摂ることで活かされる)。
 セラミドを摂る為にコンニャクもオススメですよ。  私はその他、セラミドとコラーゲンの入ったサプリメントも飲んだりしています。

そして それ以外で大事なのは「掻かないこと。」です。痒いとどうしても痒みを取り除きたくて掻いてしまいがちですが、掻くと、皮膚を余計に荒らしてしまい、さらに刺激に敏感な肌になってしまうので、掻かないように気をつけてくださいね。痒くなったらすぐにかゆみ止めのローションなどを塗ることです。

こんにちは、拝見させて頂きました(^.^)

体中痒いとのことですが、おそらくそれは乾燥からくる痒みだと思います。
同じ乾燥肌である私からのアドバイスをしますね。

本来、健康な肌ならば、皮脂と水分で満たされ、
皮膚の中の細胞と細胞の間にコラーゲンやヒアルロン酸、
そして、細胞と細胞をくっつける接着剤代わりの、
セラミドという成分などで満たされて、皮膚の表面にも
皮脂膜が出来、それが外の世界からの刺激物となるアレルゲンから身を守っているのですが、
乾燥肌やアトピー肌の場合、皮脂...続きを読む

Q痒みを伴う赤い湿疹(水泡)について

教えて頂けましたら幸いです。

2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。

2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。

赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。

一度病院に行きましたが、外用副腎皮質ホルモン剤「アンテベート」を処方され、毎日きちんと塗っています。また、飲み薬「タリオン錠」も頂き、毎日2回しっかり飲んでいます。

が、治るどころかむしろ広がって行くんです。

これってなんの病気なのでしょうか?
じんましん?アレルギー?

2か月前にインドネシアに行った際、虫にさされたのが原因ですかね?過去にストロフルスにかかったこともあります。

毎日痒いうえ、薬を全身に塗ってガーゼをするのがかなり面倒で、早く治したいのですが…

詳しい方、教えてください!!困っています…

教えて頂けましたら幸いです。

2か月前くらいから、腕、脚に数か所ぽつぽつと赤い湿疹が出来るようになりました。既にこの段階で痒みはあり、仕事中も気になってその周りを掻いたりしていました。

2~3週間前くらいから、急に全身に広がり始め、今は腕、肘、背中、腰、臀部、脚、膝にまで広がっています。おとといあたりから指や唇、手のひらなどにもぽつぽつ出来始めています。

赤みを帯び、痒みを伴った湿疹で、水泡のようになっています。掻いたりすると水泡が破けるからか、なかから液体が出てきます。
...続きを読む

Aベストアンサー

私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。(長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい)

単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。
日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。

今から8年くらい前にパン屋で働いていました。丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さい水泡ができ、潰すと中からトロっとした水のような物が出てきました。だんだんと他の指にも出来始め、急いで皮膚科に行きました。

皮 膚科では、仕事や家事で水を多くつかっている事が原因の主婦湿疹ですね。と言われステロイドの塗り薬をもらいました。使い始めてすぐに一度、良くなり、 あぁ~治ったか、と安心していたのもつかの間、また新しい水泡が出来て、痒くてかくと皮がやぶれ。といった事の繰り返しで、どんどんと悪化していきまし た。
ネットで調べたところ、ステロイドを使うと一瞬は治っても次に出来る皮が薄くなるとのこと。皮が薄くなった分、水泡ができた時にやぶれやすくなると思い、すぐに使用を止めました。

それからは極力、水に直で触れないように食器を洗う時、料理をする時、お風呂に入る時、常にゴム手袋をし、寝る時にはワセリンを塗って、手袋をして保湿して寝る。という生活が始まりました。
その後、パン屋でのバイトを辞めるとだんだんと状態が良くなってきました。
やはり水仕事が原因だったか。とその時は思いました。

完治することはなく、2008年に留学のためアメリカに移り住むことになりました。丁度、アメリカに来て2年目の夏くらいにまた、再発したのです。
以 前は指だけだった水泡が手のひらや手の甲にまで広がり、とにかく痒くて痒くて、夜も眠れない事もありました。水仕事はしていないのに、おかしい。と疑問を 抱きながら生活をしていたある日、チャイナタウンにある小さな漢方のお店が目に入りました。中に70歳くらいのおばぁちゃんが座っているのが見えました。 もしかしたら?と思い、中に入って手を見せました。おばぁちゃんは何も言わずに小さな箱を投げてきたのです。ずいぶんぶっきらぼうだな。と帰ろうとも思い ましたが、ワラにもすがりたいような状態だったので、とりあえず試してみる事にしました。
使い始めてから2週間で、一気に治ったのです!

その薬の成分の所に『ケトコナゾール』と書いてありました。

そ こから、私のリサーチが始まりました。ケトコナゾールとはフケや脂漏性皮膚炎、水虫などに効く抗真菌薬と書いてありました。それらの原因である真菌に効果 がある塗り薬のようです。その中でカンジダ菌という文字が目につきました。もっと調べていくうちに、このカンジダ菌とはパンを作る時に使う『イースト菌』 の一種だというところまで辿りつきました。『イースト菌』という文字を見た時に、すべての事が繋がっていきました。8年前にパン屋で働いていた時は仕事が ら一日3食パンを食べていたこともあった。一時は米食に戻っていたが、アメリカに来てから、またパンを食べる事が増えた、などです。このケトコナゾールは 以前に使っていたステロイドのクリームとは違い、治った後に皮が薄くならないように私は感じました。ネットでもステロイド剤のような副作用が無い。と書い てあります。

このクリームを使うようになってから、水泡が手に広がる事もなくなり、とても楽になりました。しかし、それでも水泡が手からまったく無くなるという事はありませんでした。そこで、今度はカンジダ菌を身体の中から追い出す方法はないものか?と探しはじめたのです。

そして見つけたのがアシドフィルス菌(Acidophilus)というプロバイオティクスでした。これはヨーグルト等に入っているビフィズス菌のような物です。
この良い菌を身体のなかで定住させると、カンジダ菌が住みずらい環境になるそうです。それを飲み続ける事と、カンジダ菌であるイースト菌の摂取をやめました。約1ヶ月ほどで手のひら、指から一切の水泡は消え、とてもキレイになりました。
アシドフィルスは薬とは違い、腸内環境を保つのに良い菌です。なので、サプリメントとして今でも飲んでいます。ちなみに、アシドフィルスは日本の薬局などでは販売されていないようなので、ネットからの注文しかないと思います。
カンジダ菌はストレスや、疲れている時など、抵抗力が下がった時に繁殖するそうです。また、人間の免疫細胞の約80%は消化器官にあるそうです。つまり、日頃から腸内環境を良い状態にしておく事、ストレスが溜まった時に上手に発散する(ストレスが身体に与える影響は予想以上に大きいと思います)事が病気にならない一番の秘訣なのだと私は思います。

以上、長々と書きました。すべてが私の経験と、ネットなどのリサーチをもとに出てきた考えでありますので、もちろん、医学的に証明された物ではありません。病気の名称もわかりません。また、あなたの水泡の原因は、別のものかもしれません。
でも、何件も医者を回ってもなかなか治らない。いったいコレはなんだろう?と辛い思いをしている方が居ましたら、是非とも試してみて下さい。

私の説明では解りづらい点もあると思うので、『カンジダ』『イースト菌』『アシドフィルス』などのキーワードでより詳しく調べてみることをオススメします。一人でも多くの方が、あの辛い症状から解放される事を祈ってます。

私の場合は手のひら、指だけだったんですが、痒い痒い水泡について、私なりの意見ですが、参考にしてみて下さい。(長々と書いてしまったので、お忙しい方は7段落目からお読み下さい)

単刀直入に、原因は『カンジダ』というカビ(真菌)の一種だと思います。
日本でカンジダと聞くと、性病を連想される方が多いと思いますが、この菌、他にもも色々な悪さをするのでは無いか?と私は思っています。

今から8年くらい前にパン屋で働いていました。丁度働きだしてから、数年経ったある日、手の指にぷつぷつと小さ...続きを読む

Q時々、心臓がドキドキする。動悸があり 呼吸が苦しくなる 

空気が薄いようなかんじがします。
息苦しいとまではいかないのですが、普段より呼吸しにくい、酸素が足りないようなかんじです。
そして時々、ピクピクっと心臓に妙な感覚があります。
症状がでたとき大きく深呼吸すると楽になります。
あと、一番楽になるのが、咳をするとドキドキしたり苦しかったのがなくなります。
ときどきこのような症状がでます。
今日は、結構連続してこの症状があります。
これまで大きな病気になったことはありません
ちょっと自分の体が心配で質問しました。

Aベストアンサー

参考になれば

 動悸や息切れの原因等をあげてみますね

1 精神的なストレスの繰り返しや継続、あるいは不安から、自律神経に乱れが生じてしまった場合におこります。

2 動悸息切れを持つ人は共通して、頸や、肩、胸、背中の筋肉が硬直しています。また、スポーツや一定姿勢の継続による筋肉疲労が考えられます。筋肉疲労は自立神経にも悪い影響を与えます。

3 横隔膜より上が胸腔、下が腹腔といいますが、横隔膜が上がりすぎると動悸、息切れが生じます。肥満体の人で息切れのあるひとは、肥満によって押し上げられた横隔膜が心臓を圧迫し、動悸や息切れを起こしたり、狭心症のような症状を起こしたりすることになります。

4 3項とは逆に、横隔膜が下がりすぎると呼吸が小さくなり、やはり同じ症状となります。肺活量が小さい場合

5 猫背や逆に平背(背中の湾曲が少なく、まっすぐ)で胸隙が狭くなると呼吸が小さくなったり、心臓や肺が圧迫され、やはり同じ症状がでます。

6 胸を出し、肩を引きすぎていると、呼吸が小さくなり、上述と同じ結果になります。

 ちなみに、心臓病の研究で有名なクーパー博士は心臓そのものが悪いケースは、ほとんどないといっています。安心してください。

 解決方法

1 筋肉疲労の場合は休養することが一番です。また、マッサージも非常に効果的です。自律神経も安定します。

2 横隔膜が原因の場合は横隔膜を鍛えることです。
横隔膜を鍛えれば、肺活量も増え、胸隙が広くなります。

3 肥満の場合は、少食に切り替えることです。

4 猫背の場合はそれを治しましょう

5 平背の場合は逆に、猫背をつくるイメージで、脊柱のS字カーブを、回復させます。

参考になれば

 動悸や息切れの原因等をあげてみますね

1 精神的なストレスの繰り返しや継続、あるいは不安から、自律神経に乱れが生じてしまった場合におこります。

2 動悸息切れを持つ人は共通して、頸や、肩、胸、背中の筋肉が硬直しています。また、スポーツや一定姿勢の継続による筋肉疲労が考えられます。筋肉疲労は自立神経にも悪い影響を与えます。

3 横隔膜より上が胸腔、下が腹腔といいますが、横隔膜が上がりすぎると動悸、息切れが生じます。肥満体の人で息切れのあるひとは、肥満...続きを読む

Qボディー全体が乾燥して粉が拭いています。お手ごろな値段でお手入れ方法教えて

ボディー全体が乾燥粉が拭いています。
お手ごろな値段でいい方法教えてください。

先日医者で相談したら
なんと返事は風呂入ってないて言われました
そこの病院は兄弟でやっていて
弟の先生の答えは乾燥肌兄の答えはお風呂に入ってないから垢だといわれました。

わたし匂おう?先生て話したら
匂わないけど、それは乾燥肌でもなく
垢・ていわれました
毎日入浴しているのに…

もうそこの病院には2度といっていません。

どなたか、お手ごろな値段でお手入れ方法教えてください。一応ダヴのボディー石けんを使用しています。
タオルは木綿です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私たちの皮膚からは「皮脂」が分泌されています。この皮脂は角質層という私たちの体の「壁」を潤し、補強しています。

また、皮脂は空気にふれて酸化し、刺激のある毒になります。酸化した皮脂の毒は、角質層の内側にある顆粒細胞にふれて、これを殺します。顆粒細胞が死ぬと、新しい顆粒細胞が生まれます。そして新しい角質を形成するのです。

結局、皮脂は角質層という皮膚の壁を補強するとともに、酸化することによって新しい角質層を作り出しています。からだ中が適度な皮脂におおわれていることが、最高の皮膚環境といえます。

角質層には皮脂膜があって、基本的には化粧品などの形で物質が肌の表面から侵入するのを防ぐ役割を果たしていますから、特に親水性の物質はかなりの量が角質層のレベルで排除されます。

また親油性の物質は角質層に入りますが、その内側の顆粒層が強力に防御・排除しようとします。つまり顆粒層は、皮膚組織にとっての最後の砦であり、肌は角質層と顆粒層という二重構造の角化層によってバリアゾーンの土台を固めています。

バリアゾーンは、外部からの異物を侵入させないように防御すると同時に、皮内の水分の蒸発を防ぐという大切な役割も担っています。乾燥肌は、このバリアゾーンの機能が著しく低下している状態をいいます。

皮膚のバリア機能を低下させるものは、合成洗剤の主原料である合成界面活性剤です。

合成界面活性剤は、私たちの皮膚を守り育んでいる「皮脂」を根こそぎ洗い流し、角質層の角質細胞間脂質に溶け込んで増加して、脂質を流失しやすい状態にしていきます。脂質が流失して減少すると、皮膚の水分が蒸発するのを防ぐ手段が失われてしまいますので、皮膚は乾燥し、干からびてきます。

一番大切なことは、皮膚のバリア機能を低下させないということです。乾燥肌で悩まれる方が多くなる季節ですが、合成界面活性剤を使用しているものを控えるだけでもかなり改善します。

又、乾燥肌に悩まれる多くの方が、保湿を目的としたものによって、肌の乾燥を改善しようとしていますが、皮膚の表面には皮脂膜が、角質層には角質細胞間脂質が分布されていますので、水分は皮内に浸透することは出来ません。水分を浸透させるためには、合成界面活性剤で皮膚のバリア機能を破壊する以外にないのです。保湿を目的としたものを使用すると確かにしっとりしますが、皮膚のバリア機能はますます低下し、連用することによって、ますます皮膚は乾燥してしまいます。皮膚は親油性、脂の環境です。乾燥肌の原因は、皮内の水分が足りないのではなくて、角質層が欲している、皮脂を含む脂質が足りないことから起こります。脂を補充して、角質層を補強することが大切です。

乾燥肌の改善方法としては、

体を洗うものは、合成界面活性剤を使用していない、洗浄力の弱い純石鹸に切替えて下さい。(原材料から不純物を取りのぞいたものがベストです)出来れば、シャンプーも石けんシャンプーにして頂いた方がいいと思います。

体を洗った後は、脂質が基剤になっているクリームをすりこんで、角質層を補強します。バリアゾーンが回復するにしたがって、体の乾燥は治まってきます。

髪も体も、合成界面活性剤を使用しないものを使用することによって、健康な状態を取り戻して頂きたいと思います。

私たちの皮膚からは「皮脂」が分泌されています。この皮脂は角質層という私たちの体の「壁」を潤し、補強しています。

また、皮脂は空気にふれて酸化し、刺激のある毒になります。酸化した皮脂の毒は、角質層の内側にある顆粒細胞にふれて、これを殺します。顆粒細胞が死ぬと、新しい顆粒細胞が生まれます。そして新しい角質を形成するのです。

結局、皮脂は角質層という皮膚の壁を補強するとともに、酸化することによって新しい角質層を作り出しています。からだ中が適度な皮脂におおわれていることが、最...続きを読む


人気Q&Aランキング