痔になりやすい生活習慣とは?

現在、私の夫はアメリカの大学院に所属しています。
去年まで日本の大学院に所属しており、今年の3月までは年金の学生納付特例を受けております。
日本の大学院は現在休学中で、学生証の有効期限が今年の3月いっぱいとなっています。

そこで質問なんですが、海外の大学等は学生納付特例の対象にはならないんでしょうか?
今は夫婦とも収入が無いので(私の貯金と夫の奨学金で何とか生計をたてています)もし、学生免除がダメなのであれば申請免除に切り替えようと思っています。
申請免除の申請は7月だったように思うんですが、4月から7月までの空白の期間ができてしまいますよね?
この空白の期間は、納付の必要があるんでしょうか?
もし納付しなければ未納となってしまいますか?

私(妻)が3月末に帰国の予定だったのですが、事情があって帰国が難しくなってしまいました。
6月には夫の1学年が終了するので、夫婦で一時帰国する予定にしています。(夫はあと4年はアメリカの大学院に所属する予定です)

居住区の市役所のHPには海外の大学のケースの記載がなく、電話は込み合っているのかなかなかつながりません。
年金に詳しい方、経験された方、教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

補足説明をしていただいたので「なるほど!」とわかったのですが、この場合、もしも日本に住民票を残したのであれば、必ず国民年金に加入しなければいけません。


質問者の場合にもそうです。

国民年金に加入している状態であれば、保険料の申請免除を受けられます。
学生納付特例制度については、原則として、海外の大学(大学院等も含む)に在学する場合には対象外ですが、海外留学と認められる場合には適用を受けられるケースもありますので、住民票のある市町村の国民年金担当課に問い合わせてみて下さい。
一方、海外転出の手続きをして住民票を日本に残さない場合には、国民年金に任意加入するか否かを選択できます。
任意加入する場合には、市町村の国民年金担当課に手続き(国外転出届等の提出)をしにゆく必要があります。

日本に住民票を残さない場合、国外転出届を出し、国民年金に任意加入“しない”を選択すると、そこで国民年金の加入対象外になってしまいます。
すると、帰国してからも、海外在住中の保険料を追納することさえ認められません(そもそも加入対象外だから)し、将来の年金もがくっと減ってしまいます。十分に注意しましょう。

年金で損をしないためには、日本に住民票を残し、国民年金に加入し続けることがベストです。
この場合、海外居住中の保険料の支払については、日本国内の代理人(親や兄弟姉妹、友人等)に納めてもらう必要があります。あるいは、免除を受けて、帰国後に追納(あとから支払うこと)する必要が生じます。
これらについては、いずれも、出国前に市町村の国民年金担当課で手続き(国外転出届と同時)をしておくことが必要で、手続きを怠ると、日本に住民票を残したままであれば「未納」となってしまいます。
免除を受けた場合の追納については、いまから10年以内に納める必要があります。また、未納については、いまから2年以内に追納する必要があります。
いずれの場合も、いまからさかのぼって2年を超えた過去の部分については、利子が加算されます。納めるときには、当時の保険料と利子を合算して支払わなければなりません(正直言って、かなりの額になります。)。

そのほか、同じような経験をされた方のブログがありますので、参考URLとしてリンクを貼っておきます。

参考URL:http://waywardaki.exblog.jp/m2005-02-01#610904
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明していただき、よく理解できました。
URLも拝見させていただきました。

>学生納付特例制度については、原則として、海外の大学(大学院等も含む)に在学する場合には対象外ですが、海外留学と認められる場合には適用を受けられるケースもありますので
 ↑
えっ! そうなんですか?
聞いてみる価値はありますね。ただ、市役所はメールでの質問ができなくて困ります。。電話はなかなかつながらないし。。
でも、聞いてみるしかないですね。年金って大事ですものね。

再度のご回答をありがとうございました。

お礼日時:2005/03/29 05:22

#1です。


海外にいた場合、学生特例と同じように年金の支給要件の被保険者期間はカラ期間として加算されます。
そこが「未納」の人と違います。
したがって、年金計算には保険料の納付などがない場合はその期間は反映されません。
しかし、学生特例納付は10年以内に追納、海外在住期間は2年に遡って納付すれば、年金にも反映されます。

余談ですが・・・
なかなか、海外に居ると日本に居るのと違い免除制度などを受けられません。
日本にお帰りになって国民年金は2年までしか遡って納付することが出来ません。
どうしても将来、老齢基礎年金を満額で受け取りたい場合は、60歳以上65歳未満であれば、任意加入をして国民年金の未加入期間を納付することも出来ます。
そういう制度を利用して無理のない納付をお考えになってもよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>なかなか、海外に居ると日本に居るのと違い免除制度などを受けられません。
  ↑
そうなんですよね~。
私が予定通り日本に帰国できれば問題はなかったんですよね。。
年金はいろいろ言われていますけど、私は大事な制度だと思っています。助け合いの精神ですよね。
将来、絶対に満額を受け取りたい。。とは思っていませんが、ゼロでは不安なので、きちんと手続きをとっておこうと思います。

再度のご回答をありがとうございました。

お礼日時:2005/03/29 05:42

補足です。


ご質問の件に関しては、社団法人日本国民年金協会に保険料の支払を代行してもらうのが一番良い方法でもあります。
参考URLをごらん下さい。非常に詳しく記されています。
なお、どうやらいまからでも手続きができるみたいですから、ぜひ問い合わせてみて下さい。
おそらく、これで質問者の願いはすべてかなえられることと思います。

それにしても、参考URLを見ていて思ったのですが、ほとんど知られていなかったりする内容かもしれませんね…。
もっと積極的にPRしてほしいものです。

参考URL:http://www.nenkin.or.jp/data/c02/c10201.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういう協会があるんですねぇ。知りませんでした。
本当に年金に関してはPR不足ですよね。
誤解も多いですし。。。

kurikuri maroonさん、何度も詳しく教えてくださってありがとうございました。感謝します。

お礼日時:2005/03/29 05:33

すいません、URLを張り忘れました。


旅券のコピーで、海外期間を証明するということがお役所のHPででています。

参考URL:http://www.city.hino.tokyo.jp/kakuka/index.cfm/1 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サイトの紹介、ありがとうございます。
それにしても日野市のHPは親切ですね。うちの市のHPと大違いです(笑)

お礼日時:2005/03/29 05:06

 住民票を日本に残していくと、保険料に関して「未納=滞納」扱いになりますが、それは本当に滞納なのではなく行政が「本人が海外に行っていることを確認できないから」滞納扱いにせざるを得ないのです。



 住民票を抜く抜かないに関係なく海外に行かれた期間が1カ月超なら、国民年金は「任意加入期間」という期間=払っても払わなくてもいい期間となります。

 一例として年金を貰うには25年間の期間が必要ですが、例えば23年間保険料払って、2年間海外に行ったとしましょう。

 その方は住民票を抜いていた、抜いていないにかかわらず23年の納付と2年の「カラ期間」で年金がもらえます。

 でも、実務的には、住民票を抜かずに海外に行かれると、納付通知がその日本国内の住所に送られ、しかも保険料を払わないのですから「滞納の扱い」になります。
 だから普通老後に役所にいくと「貴方は23年しか年金に加入していないんだから年金貰えない」という風にいわれてしまいます。
 
 このトラブル、実際にあった例を知っていますが、こういう場合は、住民票を抜かなかったとしても、海外にいた期間=任意加入期間ですので「年金はもらえる」のです。
「旅券をお役所に提出し、その日付から出入国の日を確定すると、海外にいた期間は任意加入期間=カラ期間となり、年金がもらえるようになります」(通達でそういう取扱が認められています)

 ということで、言いたいことは「旅券を絶対捨てない、失くさない」です。
 日本に住所を残して海外に行かれるのでしたら、相変わらず年金の納付書は来ますから納付されるのがベスト。実際納付されたら何のトラブルも起こりません。
 でも何かの理由で、納付しなかったことを考えると後でもめる可能性がありです。

 帰国してすぐ交通事故にあって、障害状態になった場合、障害年金を貰うためには、直近1年間に「保険料滞納」がないのが条件ですが、間違いなくお役所は貴方が日本に住所を残してしかも保険料を払っていない場合には、「滞納だから条件該当しない」と言うでしょう。
 でも、上の理屈から、海外にいた期間が証明できれば、保険料滞納はしていないことになり障害年金はもらえるのです。


 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういう方法もあるんですね。勉強になりました。
ただ、アメリカ滞在中の「カラ期間」に、万一障害状態になったら傷害保険は下りないんですよね。。
あっては困ることですが、人生何があるかわかりませんから、やはり年金を納付するか、申請免除を受けた方がいいですね。

ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2005/03/29 05:03

まず、国民年金の被保険者の種別から説明しますね。


次の3つの種別があります。

1.第1号被保険者
日本国内に居住(=日本国内に住民登録しているか外国国人登録している、という意味)している、第2号被保険者・第3号被保険者ではない、20歳以上60歳未満の者

2.第2号被保険者
被用者年金(厚生年金保険や共済組合等)の加入者
※いわゆる「サラリーマン」
※被用者年金と同時に国民年金にも加入している、と見なす扱いです

3.第3号被保険者
第2号被保険者に生計を維持される被扶養配偶者
※いわゆる「サラリーマンの妻」
※自分自身で保険料を支払う必要はありません(第2号被保険者の保険料(厚生年金保険料等)から充当されます)
※第2号被保険者と同じく、被用者年金と同時に国民年金にも加入している、と見なします

第2号被保険者・第3号被保険者については、「日本国内に居住していること」そのものは加入要件にはなっていません。
言い替えると、海外に居住していても、第2号被保険者・第3号被保険者であれば、日本の国民年金制度に加入できる(あるいは加入している)わけです。住民登録とは関係ありません。

ところが、第1号被保険者に関しては、日本国内に住民登録をしていることが加入要件になっています。
ですから、もしも日本の住民登録を抹消してしまっていると、加入資格そのものがないことになります(逆に言うと、住民票を日本国内に残したまま留学していれば、加入対象のままです。)。
但し、日本国籍を持っていれば、加入資格がない場合であっても、20歳以上65歳未満であれば、第1号被保険者として任意加入できます。

日本の国民年金に加入しない場合でも、「日本国籍を有する者が海外に居住していた、20歳以上65歳未満であった期間」は、合算対象期間(いわゆる「カラ期間」)として、「老齢年金を受け取るために必要な年数」(必要資格期間。25年。)に算入されます。
但し、その期間分については保険料を支払わないわけですから、老齢年金額には反映されず、その分、老齢年金の額が減ります。

前置きがいささか長くなってしまいました。
ごめんなさい。

さて、学生納付特例制度ですが、第1号被保険者を対象とするものです。
この制度では、海外の大学(海外の大学院等も含む)に在学している者は対象外です。
一方、免除申請ですが、上述の説明のように国民年金(第1号被保険者)への加入の対象外ですから、意味がありません。
そして、空白期間については、「未納」というよりも「未加入」(加入対象外だから)ということになります。
加入(任意加入を含む)すれば、その分の保険料を支払う必要が生じますが、しかし、海外在住中の分をさかのぼって支払うことはできません。
海外在住中、もしもその期間について日本に住民登録を残していなければ、国民年金(第1号被保険者)の対象外ですから、そもそもその期間については加入(さかのぼり加入を含む)できないわけです。

以上です。

日本国内に住民登録していないかぎり、国民年金(第1号被保険者)の対象外であり、学生納付特例制度も申請免除も、どちらも適用を受けることができません。
また、仮に任意加入したとしても、どちらも対象にはなりませんので留意して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明をありがとうございます。

NO.1の方のところに補足させていただいたんですが、
日本に住所を残してきています。
なので国民年金、及び国民健康保険の支払い義務はあると認識しています。

海外の学生は学生納付特例は受けられないということは納得できました。
申請免除はこういうケースでは受けられないんでしょうか?

NO.1の補足内容に書いたことについて、ご存知でしょうか?
もしご存知であれば教えてください。
よろしくお願いします。

お礼日時:2005/03/28 13:09

『学生納付特例』の要件に「日本に住所があること」ありますので、残念ながらこれからの申請にあなたは該当しません。



海外在住の場合は日本国内に住所がないため、国民年金第1号被保険者の加入義務がありません。
どうしても加入したい場合は保険料を毎月納付する『任意加入』の制度もあります。

『申請免除』も「国民年金第1号被保険者で経済的な理由などにより保険料の納付が困難なとき」に申請することで免除を受けられます。
これも国民年金第1号被保険者を対象としていますので
「日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の自営業者,学生,フリーター,無職などの方」にはあなたは該当しません。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/nenkin/20030804 …

この回答への補足

すみません、説明不足だったみたいなので補足します。

私達は夫婦とも、出国届けは出しておりません。
住所は日本にあります。
なので国民健康保険も支払っています。

5年間、アメリカに行きっぱなしではなく、
夫は年に2回(夏期休暇と冬期休暇)は帰国しています。
私(妻)は2~3ヶ月ごとに行ったり来たりしています。

海外に居住していても日本に住所があれば国民年金の支払い義務はあるんですよね?
。。で、学生納付特例を受けていたんです。

参考URLを拝見させていただきました。
海外の学生はやはり学生納付特例は受けられないんですね。
そうなると申請免除になるわけですが、4月から7月までのブランクはどうすればいいのでしょう?

私が3月末に帰国できれば良かったんですが、できないので市役所へも行けません。

こういうケースはどうすればいいかご存知でしょうか?
もしご存知であれば教えてください。
よろしくお願いします。

補足日時:2005/03/28 12:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL、参考にさせていただきます。
ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2005/03/29 05:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q留学中の学生納付特例制度

今年の5月から2年間留学するのですが、
今年で21歳になるので、去年から年金の手紙がきていました。
去年は学生納付特例制度を使って1年間過ごしてきましたが、
次からは毎年帰国ができないため、申請しにいくことができません。
その場合は一体どうすることができるのでしょうか・・・。

そもそも、学生納付特例制度に
「在学証明書又は学生証の写し必要」
と書いてありますが、留学先は9月から新学期なので、
そのような証明書が今のところ一切ありません。

みなさんの似たような質問を見ましたが、
さっぱり意味がわからないので困っています。
家に届く手紙も、内容がさっぱりわかりません。

今年から海外へ行き、2年間帰ってこない私は、
年金を納める力も無いため、免除してもらいたいのですが、
どうすればいいのでしょうか・・・。


まだ市役所には行っていません。
いつも混んでいて、まともに話を聞いてくれないので、
内容を理解してから足を運びたいと思っています・・・。

Aベストアンサー

まず、留学される間、住民票はどうされますか?
また、留学されるのは、向こうの学校ですね?まれに、学生扱いになる学校あると聞いていますが、対象校でないことがほとんどです。対象校かどうかは直接社会保険事務所にお聞きください。
(日本の学校に籍はおいてあるという場合もありますが?
一応、ここでは完全に海外の学校に行かれる場合の回答をします。そして、対象校でなかった場合とします。)

住民票海外へ転出の場合・・転出してる間は#1のかたが言われるよう  に任意加入です。払わなくてもカラ期間となります。
 ただし、5月から行かれるとの事なので、4月分が残ります。この    分が残ります。この分は18年所得が57万円以下(収入つまり額面で約122万円以内)であれば、若年者猶予制度が使えます。この猶予制度は通常7月から6月までの1年間の申請となっています。期間中であるので、今、申請できます。

住民票は海外に移さない(何かとめんどうなので?健康保険のこともありなのか?こうされる方が多いです)場合。・・・4月から6月若年者猶予制度で申請できます。20年7月から1年間また、申請できます、そのあともまた、7月になれば申請します。この申請は家族の方でもできます。また、一度申請すれば、あとは毎年案内がきますから、ご家族に頼んでおかれてはいかがでしょう。
                                 猶予制度の説明ですが、これは、30歳までの人(学生扱いにならない人含む)が対象で、前年所得が上記の場合に支払が猶予となるもので、適用期間(7月から6月の1年) であること証明書などはいらない以外は学生納付特例(4月から3月)とおなじです。10年以内ならさかのぼって払うこともできます。そのままにしておくこともできます、この点も同じです。   

まず、留学される間、住民票はどうされますか?
また、留学されるのは、向こうの学校ですね?まれに、学生扱いになる学校あると聞いていますが、対象校でないことがほとんどです。対象校かどうかは直接社会保険事務所にお聞きください。
(日本の学校に籍はおいてあるという場合もありますが?
一応、ここでは完全に海外の学校に行かれる場合の回答をします。そして、対象校でなかった場合とします。)

住民票海外へ転出の場合・・転出してる間は#1のかたが言われるよう  に任意加入です。払わなくても...続きを読む

Q休学中の国民年金

後輩から相談された事なのですが、彼女は10月からしばらく大学を休学しています。この場合、休学中の国民年金は通常通り支払わなければいけないのでしょうか?
4月に手続きをして1年間の納付特例が承認されていますがこれは自動的に10月分からは無効になるのでしょうか?
休学中は学生納付特例が適用できるのかどうかが調べてみてもわかりませんでした。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

休学中であっても、学生としての身分が継続していれば、学生納付特例が適用されていますから、保険料の納付は必要ありません。

Q国民年金の学生免除申請について

今月20歳になります。
国民年金の加入の案内が届きました。
学生免除申請したいと思ってます。
申請書の記入欄に在学予定期間と学生納付特例を受けようとする期間という項目があるんですが、現在、休学中で、復学時期・卒業予定年月は未定なんですが、この項目は未記入でいいんでしょうか?

Aベストアンサー

学生納付特例は休学中でも在籍していれば申請できます。
申請期間は年度毎ですので、とりあえず来年の3月まで書いておいては如何でしょうか?
在学期間は目安でいいでしょう。
来年度の申請はまた改めて行うことになります。

Q留学と健康保険(扶養)について

健康保険のことで困っています。
今年の年末に退職して、来年の1月末から半年間留学をする予定です。有休の消化をする為、離職日は2月15日となります。留学中の健康保険は国保に入るのか、それとも親の扶養に入るのかどちらがいいのでしょか。(得なのでしょうか)。また、保険の手続きはいつ、どこでどのように行えばいいのでしょうか。教えてください。そうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1年以内の留学でしたら、住民票をそのままにしておかれるのなら健康保険でもOKです。

>健康保険は国保に入るのか、それとも親の扶養に入るのかどちらがいいのでしょか。(得なのでしょうか)。

・国保の場合
国保には扶養というものがありませんから、加入することで被保険者となりあなたにも保険料が発生してきます。
保険料がいくらになるか前もって市町村役場に問い合わせるとよいでしょう。
手続きは国民年金同様、お住まいの市町村役場でします。

・親の健康保険の扶養の場合
親の扶養になれれば、保険料が掛かりませんので保険料負担を国保と比較すればお得といえます。
親が加入の健康保険が政府管掌の健康保険でしたら退職すればすぐに加入できます。
ただし、親の加入の健康保険組合の場合は独自の扶養認定基準がありますのですぐに加入が可能かどうか分かりません。
退職前に健康保険証の保険者にでもお問い合わせください。扶養になれない期間だけは国保に加入することになります。
手続きは親の会社の担当者がやってくれます。

留学にあたって病気・けがになられた場合は、原則1年以内を対象に「海外療養費」が使えます。
ただし、日本で健康保険に加入しているからといって国内のように保険証が使えるわけではありません。
「海外療養費」というのは被保険者が海外の医療機関で治療を受けた場合、いったん本人が治療費全額を支払い、帰国後「国内で保険医療を受けた場合に準じた医療費」が給付される制度です。
渡航前に健康保険の診療内容明細書、領収明細書などを用意しておかれるとよいかもしれません。
ただし、国保に加入されている場合、海外転出届を出されると国保の加入資格は失いますのでお気をつけください。

「海外療養費」(URLを参照)について詳しく書いてありますので、4ページ一通り読んで見てください。
http://allabout.co.jp/study/homestay/closeup/CU20030706/index.htm

海外旅行傷害保険のように全額カバーとはいきません。
なお、3月だけですが、クレジットカードを持っていると海外旅行傷害保険(保険期間3か月)がついているカードもあるそうです。
詳しくは下のURLを参照してください。
http://www.penguin-books.co.jp/e-travelers/ryugaku_hoken.html

渡航する前に保険のことは重要ですから、十分調べて決めることをお勧めします。

参考URL:http://waywardaki.exblog.jp/m2005-02-01#610904

1年以内の留学でしたら、住民票をそのままにしておかれるのなら健康保険でもOKです。

>健康保険は国保に入るのか、それとも親の扶養に入るのかどちらがいいのでしょか。(得なのでしょうか)。

・国保の場合
国保には扶養というものがありませんから、加入することで被保険者となりあなたにも保険料が発生してきます。
保険料がいくらになるか前もって市町村役場に問い合わせるとよいでしょう。
手続きは国民年金同様、お住まいの市町村役場でします。

・親の健康保険の扶養の場合
親の扶養になれれ...続きを読む

Qチェックアウトの朝のチップについて

ホテルに泊まった時、毎朝 枕もとにチップをおきますが、最終日は、どうなんでしょうか?今までは置いてチェックアウトをしてますが、してない方がいると知って皆さんどうされてるか、、教えて下さい

Aベストアンサー

チップという習慣は、ひょっとしたら「海外一般」では語れないような気が(あくまで「気」がですが…)しています。また「枕元にはおかない」というのは「有力な説」にも思えます。(参考URLの最初のほうをご覧下さい。また、その中の「For stays of more than one night, $1 per night is standard」=1泊しかしない人=最終日しかない人=は、Hotel Maidにチップを置く必要がない、とも読めん事もないページのリンクが切れていたので、それは参考URLの後のほうにいれて置きました。)

私自身は、英国に住んでいた時は、最終日も、また1泊しかしない場合もチップは置いてました。「チップは、サービスの対価」という元々の意味からしたら、そういう事なんだろう、と何となく考えた為です。仮に、「最終日はチップ不要」というのが一般的な国があったとしたら、元々のチップの意味が薄まり、「払わなくちゃならないから、払っているだけ」という性格が強くなったんでしょうかね。

因みに、「最終日はチップを置かなくても、何も盗まれないから、置かなくていいんだ」という意見の人がいました(いわゆる「発展途上」の某国の滞在が長い人です)が、さしたる根拠もなく、「そう言う問題じゃないんじゃねぇ~の」と思ってます。(してない人のすべてがそういう発想と言う気はありません。私が会った、たった一人の人です。)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=118644,http://www.astanet.com/travel/tippingtips.asp?r=/travel/tippingtips.asp

チップという習慣は、ひょっとしたら「海外一般」では語れないような気が(あくまで「気」がですが…)しています。また「枕元にはおかない」というのは「有力な説」にも思えます。(参考URLの最初のほうをご覧下さい。また、その中の「For stays of more than one night, $1 per night is standard」=1泊しかしない人=最終日しかない人=は、Hotel Maidにチップを置く必要がない、とも読めん事もないページのリンクが切れていたので、それは参考URLの後のほうにいれて置きました。)

私自身は、英国に住んで...続きを読む

Q留学中の国民健康保険について教えてください!!

現在無職です.
今年の4月から1年間海外に留学します.
海外では保険に入る予定です.
この場合,日本にいない1年間の国民健康保険は支払わないといけないのでしょうか?

・国民年金は,免除してもらうと将来もらう額が少なくなるので一年間まとめて支払うつもりです.
・住民税は前の年の所得に応じて前の年の分を支払うので,住民票を移しても支払う額には変わりないため支払うつもりです.

●しかし,健康保険がどうしたらよいのかわからないのです.
健康保険は年金のように義務はないですし,日本にいないので医療機関を使いません.なので,支払わなくてもよいと思っているのですが,大丈夫でしょうか?
一年後日本に帰国した際に,再度入るつもりなのですが,一度抜けたら入れない,もしくは何か罰則があるのでしょうか?
もしくは,今収入がないため,親の扶養に入ってでも支払わないといけないのでしょうか?

素人でわかりずらい文章ですいませんが,詳しく知っておられる方,ご意見お待ちしております.

Aベストアンサー

度々melgirlです(笑)。

>半年は無職で働いていないのですが,昨年会社を
>やめるまでの収入が250万以上あります.
>4月から一年間は海外行くのであいもかわらず無職
>なのですが,昨年の収入がこれだけあると両親の
>扶養にははいれないのでしょうか?

これは健康保険組合によって規定が違うようですので一概にこうだ、と申し上げることは出来ません。
良く聞く「年間130万以下」という基準は収入がある場合の人について述べたものだと思うので、今現在無収入のあなたなら退職時にもらった離職票か雇用保険受給資格票をお持ちになれば大丈夫だと思います。(責任は取れないのでご両親が加入されている保険組合に直接電話してみて下さい。)

>また,両親の扶養になることで,両親の保険の支払い>が高くなって迷惑を掛けることにはならないのでしょ>うか?
細かい計算方法は分からないのですが、多少保険料は上がるはずです。ご両親の収入にもよるとおもいますが、うちの場合で言うと、私が主人の健保の扶養に入ったことで月額約2000円ほど上がりました。あなたのご両親は私の主人よりも収入が多いと思いますので(笑)それ以上になる可能性が高いと思います何万という単位ではないと思います。

・・・そうすると今扶養者認定を受けると、あなたが海外にいっている1年間は(仮に2000円UPとすると)2000×12=24000円あまり意味の無いお金を払うことになるわけですね。

3月末まで任意継続扱いなら4月1日から国民健康保険に入って、海外転出で資格を喪失した方が金額的には少ない払い込み(4月分のみ)ですむかもしれませんね・・・。

で帰国したら月が変わらないうちに扶養者認定を申請する方が良いかもしれません。月をまたいでしまうと、帰国した月は国保を支払わなくてはならなくなると思います。

まずはご両親の健康保険組合に
1、あなたが扶養者の条件を満たしているか
2.扶養者に認定されたら、ご両親の保険料がいくら上がるのか

聞いてみてはいかがですか?
その金額を比較してどちらが安くあがるか見極めてはどうでしょうか。

色々と面倒くさいでしょうけれどこれも留学の為!と思って頑張ってくださいね!

度々melgirlです(笑)。

>半年は無職で働いていないのですが,昨年会社を
>やめるまでの収入が250万以上あります.
>4月から一年間は海外行くのであいもかわらず無職
>なのですが,昨年の収入がこれだけあると両親の
>扶養にははいれないのでしょうか?

これは健康保険組合によって規定が違うようですので一概にこうだ、と申し上げることは出来ません。
良く聞く「年間130万以下」という基準は収入がある場合の人について述べたものだと思うので、今現在無収入のあなたなら退職時にもらった離職票...続きを読む

Q留学先での授業料の支払い方法について

こんにちは。

留学先での授業料の支払い方法について教えていただきたく思います。

今秋9月からアメリカの大学院に留学することになりました。そこで、授業料を支払う際に大金(一回約200万円くらい)が必要となってきます。そこで留学経験のある方にお聞きしたいと思いますが、アメリカの大学院、もしくは大学であのような大金をどのような手段でお支払いしていらっしゃいますか?

直接大学のほうのofficeに送金すること等可能でしょうか?
それとも銀行で少しずつ下ろして直接現金を持って支払いにいくのでしょうか?

銀行では一日で30万円が引き落としの限度とされている場合が多いので、一日で授業料分を引きおとすことなど不可能です。

以上に関してなにかアドバイスありましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、小切手払いが一番らくだと思います。

それ以外にも大学によってはクレジットカード払いがOKだったり、分割払いができたりする場所もありますよ。

#1の方が書かれているように、大学にあと1~4年ぐらい居るのであれば現地の銀行口座を作る事をお勧めします。

小切手は銀行の窓口で作る方法と、自分で金額を書き込む小切手とがあります。手数料とかが色々変わったりするので、その辺は作りたい銀行の窓口などで聞いてみるかして調べてみて下さい。

ちなみに、現金をその場で払うことは通常はしないと思います。というか…証拠が残らなかったりするので…現金で支払うのはやめたほうが良いかもしれません。できれば、銀行の窓口に現金もって行って、小切手作ったほうが良いと思いますよ。

Q過去の留学期間の年金免除について

学生時代に校費で海外に2年間留学しました。20歳になったとき、親が国民年金を支払いに窓口まで行ってくれたのですが、留学期間は免除になると言われ、支払うことができませんでした。

最近年金特別便が来たので、社会保険事務局に行きました。2つあった年金手帳が一つにまとめれました。それはよかったのですが、留学期間免除の件については、申請していなければ、免除にならないとのことでした。また、すでに2年を経過しているので、さかのぼっては申請できないと言われました。

親に話したら、騙されたみたいだと憤慨していました。ちゃんとお金も用意して、役所へ行ったのに、留学する人は、免除なので、支払う必要はないと言って、お金を受け取ってくれなかったそうです。その際、免除になるためには、申請がいるという説明はありませんでした。

そのことを、社会保険事務所の人に伝えると、「係の物が申請書が必要だと言った、言わない」と言う件については、今から調べようがないから、やはり、申請書を提出していないと、だめですね。と言われました。

こうした場合は、泣き寝入りをするしかないのでしょうか。

学生時代に校費で海外に2年間留学しました。20歳になったとき、親が国民年金を支払いに窓口まで行ってくれたのですが、留学期間は免除になると言われ、支払うことができませんでした。

最近年金特別便が来たので、社会保険事務局に行きました。2つあった年金手帳が一つにまとめれました。それはよかったのですが、留学期間免除の件については、申請していなければ、免除にならないとのことでした。また、すでに2年を経過しているので、さかのぼっては申請できないと言われました。

親に話したら、騙さ...続きを読む

Aベストアンサー

当時の窓口おたずねしたのは、社保ならば、住民票の移動してるかどうかの確認ができず、海外転出したものとして、(任意加入)加入手続きしないと払えないと言ったのかなと思ったのです。

いつ頃の話だったのかにより以下のように考えられます。

ただ、H11年以前の学生免除(12年からは学生納付特例制度に変わっている)の時期であれば、世帯主である親の収入が700から800マン円以上くらいならば、申請されても通りませんでした。
結果払うしかないので、子供が学生でも高所得者は払っておられました。免除に通った場合は3分の1が年金額に反映されました。

また、学生納付特例の場合は年金額には反映されず、期間のみですので、以降納付されて受給資格ある場合、納付要件上も問題ない方であるならば、申請のあるなしでの影響はありません。

Q海外から日本の携帯電話にかけるには

海外から日本の携帯電話にかけにはどうしたらいいのでしょうか

固定電話なら、例えば、03-1234-5678にかける場合

81-3-1234-5678でいいのだと思いますが

携帯電話、例えば、090-1234-5678なら

81-90-1234-5678

でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

固定電話03-1234-5678にかける場合

滞在国の国際電話識別番号-81-3-1234-5678です。

携帯電話090-1234-5678なら

滞在国の国際電話識別番号-81-90-1234-5678です。

滞在国の国際電話識別番号は、国によって違います。
イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、オランダ等ヨーロッパは、「00」(例外あり)です。
中国(中華人民共和国)、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド等も「00」です。

アメリカ合衆国、カナダ等は「011」です。

香港、タイ、シンガポール等は「001」です。

台湾等は「002」です。

例えば、
イギリスから日本の固定電話03-1234-5678にかける場合

00-81-3-1234-5678になります。

アメリカから日本の携帯電話090-1234-5678にかける場合

011-81-90-1234-5678になります。

上に書いた国際電話識別番号は、昔、私が調べたものですので正しくないかもしれません。

念のため自分で国際電話識別番号は調べてくださいね。

固定電話03-1234-5678にかける場合

滞在国の国際電話識別番号-81-3-1234-5678です。

携帯電話090-1234-5678なら

滞在国の国際電話識別番号-81-90-1234-5678です。

滞在国の国際電話識別番号は、国によって違います。
イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、オランダ等ヨーロッパは、「00」(例外あり)です。
中国(中華人民共和国)、フィリピン、マレーシア、ニュージーランド等も「00」です。

アメリカ合衆...続きを読む

Q健康保険(社保)の扶養者(娘)が海外留学(約1年の予定)します。

健康保険(社保)の扶養者(娘)が海外留学(約1年の予定)します。
どのように手続き等すれば良いでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

扶養者が娘?
娘さんだから被扶養者ではないですか?

被扶養者としてお話しします。
健康保険としては、海外留学で日本に住んでいないのだから、被扶養者削除の手続きが必要ですが、帰国して再度被扶養者に入れる時、証明書がいると思います。
その時に必要書類がすぐに入手できるかどうか、海外留学だと難しい?

被扶養者が増減しても、保険料は変わりませんから、そのまま被扶養者にしておくのも一つの方法だし、削減と増加の手続きをするのも方法です。

出国まで、帰国してからのことを考え、私だとそのままにしておきますが。


人気Q&Aランキング