プロが教えるわが家の防犯対策術!

死後は楽だと思っている人が多すぎると思うのですが、皆様はどう思いますか。

質問者からの補足コメント

  • HAPPY

    タグが自動生成のものなのでズレていますが、気にしないでください。

      補足日時:2022/05/20 12:42
  • うーん・・・

    根拠はないですよね。

      補足日時:2022/05/20 12:47
  • HAPPY

    タグがおかしいのでここで補足すると、ジサツするひとの考えに少し疑問を抱いたため、このような質問をしました。タグのせいですこしおかしくなってしまって、申し訳ございません。

      補足日時:2022/05/20 12:49
  • また、これは皆さんの意見を否定するものではございません。

      補足日時:2022/05/20 12:50
  • HAPPY

    この質問は宗教に関する考え方などのことではなく、単にジサツ志願者の考えに疑問を抱いたためこのような質問をさせていただきました。

      補足日時:2022/05/20 12:51
教えて!goo グレード

A 回答 (11件中1~10件)

日々改心し、良心と利他愛を発揮して世の為人の為になるべく善行を行った本当の善人は、この世の春を謳歌できなかったとしても、肉体の死後霊界の上層で、自分と同じ善人しかいない天国に行く事になるので、本当の幸福・平和・自由・平等を享受し続けられる事が出来ますが、



これとは真逆の極悪犯罪者らは、この世の春を謳歌できたとしても、肉体の死後霊界の下層である、悪人・地獄の亡者しかいない地獄で末永く苦しむことになりますが、自分と同じ悪人しかいないので、これを天国と感じる悪人もいるかもしれないですね。

という箏で、悪魔崇拝者やカルト信者や拝金・唯物・利己主義者の無神論者どもが都合よく肉体の死後は全てが無になると信じようが、神・霊界・宇宙の真実・実態は何も変わらず、善人にとってはすばらしい世界が待っていて、極悪人どもにとっては恐ろしい地獄が待っているという箏ですね。

と言ってもいくら善人だろうが、この世の人生が苦しかろうが、他殺と同等の自殺すれば、幽界等で末永く苦しみ続ける事になるので、天寿を全うしなければなりません。


人間も含めて生命の本質は霊魂であり、肉体は霊魂の仮の宿言わば衣であり、肉体が死ねば、生命の本質である霊魂は衣を脱ぎ捨て、自分に相応しい霊界に帰ります。

簡単に言えば、因果応報の法則で、善行を行なってきた善人は霊界の上層である天国に帰り、悪行を行なってきた悪人は霊界の下層である地獄に堕ち、善行・悪行を行ってきた普通の人々?は霊界の中間である中間層に帰るという事ですね。

天網恢恢疎にして漏らさずで、神も全てお見通しで、宇宙の森羅万象の全てがアカシックレコードにも記憶されており、霊界に帰った時に自分の現世での全ての行い・言動・心の思いなどを見せられるので、誤魔化す事もできないのです。

付け加えて、この世での経験や思いや行い・言動など以外、権力や地位や名誉や財産や家族などはあの世に持って行けず、これらに執着する人々ほど天国の門は閉ざされるという事です。

また、覚醒して、地球人類・日本国民の味方として良心と利他愛に従って善行を行っている本当の善人が、この世で地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力によって飴と鞭による支配構図の鞭である暗殺・冤罪投獄・首・左遷・デマ流し・民事訴訟などによる預金・財産の差し押さえ等で潰されて地獄のような経験をしようが、肉体の死後には霊界の上層である天国に向かい入れられるのも当然なのです。

これとは真逆で、地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力やこの手先や、これらに加担する闇の勢力の家畜・奴隷に成り下がっている人々が、肉体の死後、霊界の下層である地獄に堕ちるのも当然なのです。

たとえ、洗脳されて、悪政・悪行・犯罪などに加担させられている事に気づかなかったとしてもです。

地球人類の真の敵であり悪魔崇拝者でもある闇の勢力に加担させられている事にも気づかずに、地球人類・日本国民の味方を陥れたり被害を与えても、地球人類・日本国民の味方を潰す蛮行に加担した人々は特にですがね。

わかりやすく例えれば、イエス・キリストの迫害・磔に加担した人々ですね。



また、覚醒し日々改心し良心と利他愛に従って善行を行っている本当の善人が、肉体の死後に霊界の上層である天国に向かい入れられるのは当然ですし、

真逆で悪魔崇拝者や悪魔崇拝者の手先でもあるカルト信者や無神論者・拝金主義者・唯物主義者・利己主義者(自分さえ良ければ他人がどうなろうが社会がどうだろうがどうでも良いと考えている人々)や金・物・欲望の奴隷である社畜・国畜・イエスマンらが、肉体の死後、霊界の下層である地獄に堕ちるのも当然なのです。



また、自殺したり急死したりして、この世に未練や恨みがある人々は霊界に帰れず、この世とあの世の狭間である幽界で幽霊として成仏するまで後悔し苦しみ漂い続けます。

それから、 いくらこの世で権力、地位、名誉、財産、良い個性・才能、科学技術などを持っていようが、これらを善用するか、悪用するかも、神に試されているのです。

これらを世のため人のため・人々の幸福のためなどに善用した人々が、霊界の上層である天国に召され、悪用して人々に不幸をもたらした連中が、霊界の下層である地獄に召されるのも、宇宙の法則としても当然なのです。

霊界の下層の地獄で長い間反省し続けた元悪人の人々が、中間層に戻り、中間層で過ごしていた人々も含め、この世に生まれる必要があると思えば(カルマを償う事も含めて)現世に生まれてくるという輪廻転生を繰り返すのです。

下層の地獄で反省しない悪人ほど、下層の地獄に居続けるという事ですね。

生命の本質である霊魂が自ら進んでこの世に生まれてくる目的は、カルマを償うためもありますが、霊魂を磨くため、霊魂の修行のため、霊魂を進歩向上させるため、欠点を修正し長所を伸ばすため、生老病死や愛別離苦や怨憎会苦や喜怒哀楽などいろいろな経験をし、感動し、生命を謳歌するためです。

そして、生命は神の分霊で、輪廻転生を繰り返す存在で、天国の階段を一歩ずつ登り、神に近づいていく存在です。

そのためにも、日々改心し、自分を支えている神や守護神や守護霊や先祖・先人も含めた人々や自然や動植物やものなどに感謝し、世界人類の幸福や平和を祈り、良心と利他愛を発揮して善行を行う事が大切なのです。
「死後は楽だと思っている人が多すぎると思う」の回答画像11
    • good
    • 0

死を望むものは、現実逃避の意志から生み出されるただの欲望です。


現状が改善されれば、死への欲動は治まるでしょう。
    • good
    • 0

極楽往生

    • good
    • 0

生きている時にどれだけ苦痛を感じてきたかにもよるんじゃないでしょうか。


死ねば無(死後の世界があるのであればその世界に転生するか)ですし、要は今この地球で生きているなかでそれぞれの理由で苦痛を感じているわけですから、死ねば苦痛を感じなくて済むから楽になれるって思うからじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

死んだら、生命体としても終了し、神経も思考も止まりますから、楽も辛いもありません。

    • good
    • 0

死後の世界についての報告をした書籍は沢山ありますね。


以下は、有名なアラン・カーデック著のものです。

・霊との対話
・天国と地獄
・霊の書(上・中・下)

これらを読むと、死後に霊になってからは、感覚が10倍くらいになったみたいになるとか。
だから、天国に行けば、幸福感は10倍だけど、地獄だと苦痛が10倍に感じるみたいですね。

ま、死後の世界が無いって思うのは本人の勝手ですから、どーでもいいけど。
    • good
    • 0

少なくとも


天から個人個人に生まれながらに与えられた使命を完遂しないうちに死ねば
ペナルティで死後も楽させてはもらえないのでしようね
    • good
    • 0

普通に死を迎えればそうだと思いますね。


死んだらどうなるかも大体分かっているつもりです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答感謝します。

お礼日時:2022/05/20 12:47

死んでしまえば「無」に帰するので何の感覚も意識も無いので、楽は当て嵌まらない。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答感謝します。

お礼日時:2022/05/20 12:47

日々改心し、良心と利他愛を発揮して、世の為人の為になるべく善行を行った本当の善人は、天命・天寿を全うしたりした後に、霊界の上層である天国に帰るので、本当の幸福・平和・自由・平等等を享受できるので、理想的な生命を謳歌する事ができるのね。




人間も含めて生命の本質は霊魂であり、肉体は霊魂の仮の宿言わば衣であり、肉体が死ねば、生命の本質である霊魂は衣を脱ぎ捨て、自分に相応しい霊界に帰ります。

簡単に言えば、因果応報の法則で、善行を行なってきた善人は霊界の上層である天国に帰り、悪行を行なってきた悪人は霊界の下層である地獄に堕ち、善行・悪行を行ってきた普通の人々は霊界の中間である中間層に帰るという事ですね。

天網天網恢恢疎にして漏らさずで、神も全てお見通しで、宇宙の森羅万象の全てがアカシックレコードにも記憶されており、霊界に帰った時に自分の現世での全ての行いなどを見せられるので、誤魔化す事もできないのです。

付け加えて、この世での経験や思いや行いなど以外、権力や地位や名誉や財産や家族などはあの世に持って行けず、これらに執着する人々ほど天国の門は閉ざされるという事です。

また、自殺したり急死したりして、この世に未練や恨みがある人々は霊界に帰れず、この世とあの世の狭間である幽界で幽霊として成仏するまで苦しみ漂い続けます。

それから、 いくらこの世で権力、地位、名誉、財産、良い個性・才能、科学技術などを持っていようが、これらを善用するか、悪用するかも、神に試されているのです。

これらを世のため人々の幸福のためなどに善用した人々は霊界の上層である天国に召され、悪用して人々に不幸をもたらした連中が、霊界の下層である地獄に召されるのも、宇宙の法則としても当然なのです。

霊界の下層の地獄で長い間反省し続けた元悪人の人々が、中間層に戻り、中間層で過ごしていた人々も含め、この世に生まれる必要があると思えば現世に生まれてくるという輪廻転生を繰り返すのです。

下層の地獄で反省しない悪人ほど、下層の地獄に居続けるという事ですね。

生命の本質である霊魂が自ら進んでこの世に生まれてくる目的は、カルマを償うためもありますが、霊魂を磨くため、霊魂の修行のため、霊魂を進歩向上させるため、欠点を修正し長所を伸ばすため、生老病死や愛別離苦や怨憎会苦や喜怒哀楽などいろいろな経験をし、感動し、生命を謳歌するためです。

そして、生命は神の分霊で、輪廻転生を繰り返す存在で、天国の階段を一歩ずつ登り、神に近づいていく存在です。

そのためにも、日々改心し、自分を支えている神や守護神や守護霊や先祖・先人も含めた人々や自然や動植物やものなどに感謝し、世界人類の幸福や平和を祈り、良心と利他愛を発揮して善行を行う事が大切なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

もしかしたら、すこし誤解されてしまったかもしれません。すみません。
タグを間違えました。でもあなたの考え方は面白いですね。
ご回答感謝します。

お礼日時:2022/05/20 12:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング