「ブロック機能」のリニューアルについて

西部邁さんなど保守思想家がアメリカ批判して
『アメリカニズムが世界中に蔓延普及すれば格差がさらに広がり極貧国はなおいっそう搾取される』みたいな主張してましたが、
それなら少し前の世界と現在を比べて極貧国が増えているのか?と言えば増えてないそうです。
https://honkawa2.sakura.ne.jp/4630.html
上記統計データ見ると、世界人口は増えてますが極貧国は増えてません。
世界人口は増えていて極貧国が変わってないということはむしろ貧困層は減ったということになると思います。
私はアメリカニズムが世界中に蔓延普及すれば格差がさらに広がり極貧国はなおいっそう搾取されるというのは嘘で、むしろ世界は豊かになったと思いますが、皆さんはどう考えるか?色々ご意見お聞かせください。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

私はアメリカニズムが世界中に蔓延普及すれば


格差がさらに広がり
極貧国はなおいっそう搾取されるというのは嘘で、
 ↑
これは、かつての資本論と同じ事を
言っていますね。

自由主義のおかげで、経済が発達し、
全ての階級が恩恵を受けたのに、そのマイナス面
だけを見ようとするようになった。
スラムがあっても、それは自由以前より良くなっている。




むしろ世界は豊かになったと思いますが、
皆さんはどう考えるか?色々ご意見お聞かせください。
 ↑
ウェルビーイング」(well-being)という言葉があります。
身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念で、
「幸福」と翻訳されることも多い言葉です。

人間のウェルビーイングは、歴史的に見れば向上しています。

たとえば健康的に長生きする人は世界中で増えているし
食糧事情も技術の発展で改善し、人口の増加を支えてきました。
「ほとんどの人は、世の中は悪化していると信じ込んでいますが、
データは逆のことを指し示しています。

メディアから受ける印象とは逆なんです。

突発的に起きるテロ攻撃、戦争といった目を覆うような惨事は、
多くの耳目を集めますが、
人類にとって良いことは10年、20年の単位でみれば大きな
変化が見えても、徐々にしか進まないので、
メディアに取り上げられにくいのです。

毎日のように13万7000人が極貧から脱出していますが、
新聞がトップで報じることはありえません。

過去25年間でみると、実に10億人以上もの人たちが
極貧状態から救われています。
    • good
    • 1

よほどの極悪政権でない限り、自分の国を開発し豊かにし経済発展させようと行うのは当然なので、極貧国が減るのは当然なのね。




アメリカ原住民の大量虐殺から始まって、黒人奴隷の強制連行と大量虐殺、独立戦争はまあ良いとして、南北戦争、米西戦争、米比戦争、義和団の乱への派兵、コロンビア領パナマ侵攻、キューバ侵攻、ニカラグア侵攻、メキシコ侵攻、ハイチ侵攻、再びメキシコ侵攻、ドミニカ共和国侵攻、シベリア出兵、第一次世界大戦、第二次世界大戦(日本に対する無差別空爆や二回の原爆投下も含まれる)、朝鮮戦争、レバノン派兵、再びキューバ侵攻、ベトナム戦争、再びドミニカ共和国派兵、カンボジア侵攻、ラオス侵攻、レバノン派兵、ニカラグア空爆、グレナダ侵攻、リビア空爆、パナマ侵攻、湾岸戦争、ソマリア派兵、二度のイラク空爆、ハイチ派兵、ボスニア・ヘルツェゴビナ空爆、イラク空爆、スーダン空爆、アフガニスタン空爆、イラク空爆、コソボ空爆、よたびイラク空爆、アフガニスタン戦争、イラク戦争、リベリア派兵、ハイチ派兵、ソマリア空爆、リビア攻撃、シリアへの軍事介入検討(シリアで使用された化学兵器はアメリカによるものという情報も)、アフガンやパキスタンなどへ無人爆撃機で無差別爆撃、イラク空爆、シリア空爆(イスラム国・ISISのバックはアメリカロックフェラー・CIA・モサド)などなど。

これらの中には、大日本帝国が満州事変をでっち上げたように、極悪アメリカが工作しでっち上げて戦争を仕掛けたものも多数あり。

あと、極悪アメリカが直接関与していなくても、裏で戦争や紛争や内乱などに関わったものも多数あり。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング