【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

特許明細書の翻訳に関する質問です。初出の「その他のシグナル」という単語(another signal)に対して、「前記シグナル」と言う場合、said another signal と訳して問題ないでしょうか?

私は、said とanother とが並ぶことに違和感を感じるので、最初から another signal とせずに、an additional (or alternate, or further) signal と訳しておいて、said additional (or alternate, or further) signal という風に訳しています。

皆さんはどうされていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>私(明細書翻訳歴3年強)よりもベテランの特許翻訳者の方や弁理士さんのご意見を聞かせていただきたかったからです。



お気持ちはわかりますが、tokkyoさんより詳しい人はこのカテゴリーには他にいないのではないかと思います。(苦笑)

>私は、かつて "said another + noun" と訳して、そのまま出願されたこともあり、弁理士さんから再検討してくれと言われて "said further + noun" と訳しなおして出願したこともあります。私は、特許事務所に勤めるサラリーマン翻訳者ですので、弁理士さんが最終的に判断をされてきました。そういう状況で、自分でも確信が持てないため質問をさせていただきました。

もしかしてtokkyoさんの中には "said another + noun" でもいいじゃないかというお気持ちもおありなのでしょうか。
そうなると、私の感性とは異なるということになります。
私の感性では飽くまで "said another + noun" には抵抗があります。
ランダムハウス英語辞典によれば、
「another はその中に an を含むので,その前に冠詞,代名詞の所有格,this, that, no, any, some などはつけない」
とされています。
saidについても同じことが言えるんじゃないでしょうか。

>できればこのまま質問を続けて、色々なご意見もお聞かせいただきたいと存じます。

英語カテで質問した方が早いですよ。
私だったらそうします。
    • good
    • 1

要するに、日本語の「前記のその他」を英語に訳すときに、"said another"という言い回しがネイティブレベルで適切かどうかを知りたいんですよね?


それだったら、日本の特許明細書の「前記のその他」から英語に訳したものより、逆に欧米の特許明細書から日本語の「前記のその他」に訳されたケースの原語を調べた方が、欧米人の使い方がわかると思います。
その場合も、英米人以外の人が発明者になってるものではなくて、純粋英米人と思われるものを調べた方がいいでしょう。

>私自身、"said another + noun" と訳されたクレームを目にしたことが何度もあり、使われているという「事実」は承知いたしております。

ふむふむ、たしかにヨーロッパ特許庁の検索サイトで"said another"をキーワードにして検索するとヒットしますね。
ただ、ヒットしたものの第1発明者は日本人や中国人、ドイツ人他の「外国人」がほとんどでしたけど。(苦笑)
逆に、"said other"をキーワードにしてヒットしたものは、英語圏のものが多かったです。

例えば、DOLBY LAB LICENSING CORP社のEP1519363。発明者名はCROCKETT BRETT G; SMITHERS MICHAEL Jです。英米的名前ですね。

1. A method for time aligning an audio signal and another signal, comprising
deriving a reduced-information characterization of the audio signal and embedding said characterization in the other signal when the audio signal and other signal are substantially in synchronism, wherein said characterization is based on auditory scene analysis,
recovering the embedded characterization of said audio signal from said other signal and deriving a reduced-information characterization of said audio signal from said audio signal in the same way the embedded characterization of the audio signal was derived based on auditory scene analysis, after said audio signal and said other signal have been subjected to differential time offsets,
calculating the time offset of one characterization with respect to the other characterization,
modifying the temporal relationship of the audio signal with respect to the other signal in response to said time offset such that the audio signal and other signal are in synchronism or nearly in synchronism with each other.

興味深い使い方をしてますね。最初はanotherだったのに、後の方ではotherを使ってます。

ただ、IBM社の出願US2003020128(第1発明者=BERNSTEIN KERRY)には"said another"という表現が含まれていました。

14. A method of fabricating an IC chip having an on chip particle detector comprising the steps of:
(a) providing an IC chip having at least one layer of particle sensitive circuitry formed therein;
(b) forming another layer having at least one particle sensor region situated therein on a surface of said IC chip; and
(c) optionally, forming at least one particle emission source over said another layer.

どっちでもいいのか、それともどちらかは文法的に間違いなのか、それは私には判断できませんが、個人的には後者はピンと来ません。

>ただ、私がその用法に自信がないので、困っておりました。参照できる文献にも当たってみましたが、"said another + noun" という訳で大丈夫ですといったものを見つけることができなかったのです。

私の個人的見解では、最初の回答で書いたとおり、"said another ~"には何となく抵抗があります。
ただ、それも所詮私の感性に過ぎません。
それだったら、特許カテじゃなくて英語カテで質問した方がいいですよ。
特許カテを覗くのは特許関係の人だけだと思いますし、ネイティブレベルの英語力がある人はまずいないでしょう。
一度締め切って英語カテで再質問されてはいかがでしょうか。
ただ、英語カテの回答が必ず正しいとも言えませんし、皆さん自己主張が激しいので、質問するのはかなり疲れますが。(苦笑)

この回答への補足

Veraciousさん、

いつもご丁寧にご回答していただいてありがとうございます。

私が特許カテに質問をした理由は、私(明細書翻訳歴3年強)よりもベテランの特許翻訳者の方や弁理士さんのご意見を聞かせていただきたかったからです。結局、特許明細書中、特に、クレームにおいて、「前記 another +名詞」を、"said another + noun" とするのは、正しいことか、もし正しくなければどのような訳をするのが、特許出願において望ましいの」かを知りたかったのです。

私は、たとえネイティブでも、特許明細書という特殊な文章の翻訳経験がなければ答えられないと思いますし、日本語がネイティブである人が明細書を読んだとしても、その日本語に違和感を覚えるのが関の山で、日本語の文法や用語について正しいか誤っているかの判断はできないと思います。つまり、「言語」の問題というより「特許業界でのルール」の問題だと思います。

私は、かつて "said another + noun" と訳して、そのまま出願されたこともあり、弁理士さんから再検討してくれと言われて "said further + noun" と訳しなおして出願したこともあります。私は、特許事務所に勤めるサラリーマン翻訳者ですので、弁理士さんが最終的に判断をされてきました。そういう状況で、自分でも確信が持てないため質問をさせていただきました。

できればこのまま質問を続けて、色々なご意見もお聞かせいただきたいと存じます。

補足日時:2005/04/05 09:27
    • good
    • 0

日本の特許庁の電子図書館の「公報テキスト検索」で請求の範囲について「前記のその他」で検索すると、19件ヒットします。


その対応外国出願をヨーロッパ特許庁の検索サイトで調べると、どういう英語が使われてるかわかります。

例えば特願平10-538951号に対応する国際公開WO98/41548号には、次のクレームがありました。

39. A composite comprising the ceramic of claim 21 and at least one other materials.

40. The composite of claim 39, wherein said at least one other material is a reinforcing material.

どうもanotherは見覚えがないなあと思ったら、やはりotherを使ってます。

この例では最初のmaterialが複数形になってるのでおかしいと思われるかも知れませんので、もうちょっと探してみたら、特開2002-209873に対応するUS2002107440には次のクレームがありました。

7. A method as claimed in claim 1 comprising the additional steps of:
conducting at least one further magnetic resonance imaging scan of said examination subject to obtain at least one further image dataset of said region without implementing said event; and
comparing said image dataset of said region obtained in step (c) with said at least one further image dataset to identify a neurally active region of said examination subject.

このクレームでは"further"を使ってますね。
他にもいろいろな例が見つかるかも知れませんので、あとはtokkyoさんがご自分でお探しください。

http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl
http://www7.ipdl.ncipi.go.jp/Tokujitu/tjkta.ipdl …
http://ep.espacenet.com/
(最後のサイトでは、Advanced Searchをクリックし、Worldwideから検索してください。)

参考URL:http://www.ipdl.ncipi.go.jp/homepg.ipdl, http://ep.espacenet.com/

この回答への補足

Veraciousさん、お忙しい中、何度もお答えいただいて大変恐縮いたします。

頂戴した回答を拝見させていただきました。いつもご丁寧にご回答いただいてありがとうございます。

少々細かい質問だった私がお手間を取らせているのですが、私は、このように使われているという「例」をお教えいただきたかったのではなく、"said another + noun" の訳が「問題ないか?」だったのですが・・・。(私は、特許事務所に勤める技術翻訳者ですが、公報に記載されている英語が常に正しいとは認識しておりません。英文として間違っている可能性も認めております。)

私自身、"said another + noun" と訳されたクレームを目にしたことが何度もあり、使われているという「事実」は承知いたしております。ただ、私がその用法に自信がないので、困っておりました。参照できる文献にも当たってみましたが、"said another + noun" という訳で大丈夫ですといったものを見つけることができなかったのです。

お教えいただきたかったことはこの点です。

もし、お時間があってお分かりでしたら、またよろしくお願いします。

補足日時:2005/04/04 17:06
    • good
    • 0

"said"はクレーム以外では使わないように思う(明細書中では"the"を使う)ので、クレーム部分ですよね?


クレーム中に「その他のシグナル」という言葉があるんですか?
発明がよくわからないので確認させていただきたいんですけど、その「その他のシグナル」は単数形で間違いないですか?
複数ということはありませんか?

"said another signal"には何となく抵抗がある(でも特許明細書中では許容範囲)んですけど、"said other signals"には個人的には抵抗がありません。
いかがでしょうか?

この回答への補足

ご回答ありがとうございました。

「その他のシグナル」の「シグナル」は単なる例です。"another area", "another surface" など"another + 名詞" の語順で、単数の場合の質問です。

質問したかったのは、"another + 名詞"(その他の~)という新出の名詞を「前記その他の~」と訳す場合、"said another + 名詞" が可能でしょうかというものです。

"another + 名詞" という語順は不変であるという前提での質問です。

お分かりでしたら教えてください。

補足日時:2005/04/03 14:34
    • good
    • 0

'another signal' described (stated) above などはいかがでしょう.おっしゃる意味なら,an

うに思いますが.

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

私の説明が少し悪かったように思います。

おっしゃるように単語の後に修飾語を配置できると思います。しかし、明細書の実施例中はそれでいいとしても、クレーム中では、「前記その他の信号」のように「前記+名詞」の場合、修飾語の後置ができません。また「前記」を、"said" 以外の訳が当てはめられているのを見たことがありません。

その場合の「前記(said)+名詞」の語順のときに、"said another signal" の語順が正しいか、もし正しくなければどうのように書くことができるかというのが私の質問です。

もしお分かりでしたら、よろしくお願いします。

補足日時:2005/04/03 09:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qthe another と言えますか?

another はan other だから、特定を意味するtheは付けられない。
よって、 the another 名詞 とは言わない。

これは、正しいですか?

Aベストアンサー

そうですね、an other となる代わりの another ですので、
普通に the another となることはありません。

the "another ~" のように引用符で囲まれた部分が特別な意味を持つような場合はあるでしょう。

Qa plurality ofは複数扱いですか?単数扱いですか?(特許翻

a plurality ofは複数扱いですか?単数扱いですか?(特許翻訳など)
特許翻訳などで、「複数の~」と言う言い回しの訳としてa plurality ofがよく使用されますが、これは単数扱いでしょうか?複数扱いでしょうか?
私の解釈としては、一群と言う意味合いだと思っていたので、”複数の”でも、
後に来る動詞は単数形を使用するのかと思っていたのですが、調べたところどちらも存在するようです。
例えば、
a plurality of bags is produced.
a plurality of bags are produced.
pluralities of bags are produced.

どちらが正しいのでしょうか?どちらも正しい場合、使い分け方法はありますか?
またpluralityとpluralitiesの違いは?複数形と言うのはわかるのですが、
どちらの意味も「複数の」である場合、解釈がわからず混乱しています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

なかなか主格の部分で a plurality of を使っている実例がないのですが、ご質問のような例では、バッグの一群という単体のものですので、is produced にあたりそうなものです。

つまり、

a plurality of bags is produced.
pluralities of bags are produced.

というのが筋のように思われるわけですが、実世界ではどちらでも are を使ってしまうようです。自然言語でもあり表現というのは時代によって曖昧に移ろうのですね。(特許を扱う方々には受け入れがたいことでしょうが。困ったものです。)


a plurality of * is - Google Search
http://www.google.com/search?hl=en&q=a+plurality+of+*+is&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

a plurality of * are - Google Search
http://www.google.com/search?hl=en&q=a+plurality+of+*+are&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

pluralities of * are - Google Search
http://www.google.com/search?hl=en&q=pluralities+of+*+are&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

なかなか主格の部分で a plurality of を使っている実例がないのですが、ご質問のような例では、バッグの一群という単体のものですので、is produced にあたりそうなものです。

つまり、

a plurality of bags is produced.
pluralities of bags are produced.

というのが筋のように思われるわけですが、実世界ではどちらでも are を使ってしまうようです。自然言語でもあり表現というのは時代によって曖昧に移ろうのですね。(特許を扱う方々には受け入れがたいことでしょうが。困ったものです。)


a plurali...続きを読む

Qother thanとexcept forの使い分けについて

~以外は
という意味のother thanと、
except forですが、
どのように使い分けるものなのでしょうか。

いろいろな例文を調べてみたりもしましたが、
わかりませんでした。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

とても興味深い問題ですね。アメリカの文法質問サイトに問い合わせたら下記のような回答をもらいました。
多くの場合、except for = other than のようです。


(Q) What is the difference between 'except (for)" and 'other than'? Are they always interchangeable?

(A) As soon as I say never, I'll find a situation in which they're not interchangeable. But usually they are, certainly.

参考URL:http://ccc.commnet.edu/forms/grammar_request.htm

QAt least one of A, B, C. and (または or) Dの意味の違いをアドバイス下さい。

●特許文書の英訳に従事している技術系の者です。請求範囲に関して、英文のニュアンスの差異についての質問です。
●請求項原文例として:(XYZは或る装置、A, B, C, Dはその構成要素)
(1)「An XYZ comprising at least one of A, B, C, and D」と、
(2)「An XYZ comprising at least one of A, B, C, or D」とを考えたとき、
これらの差異(andとorの違い)がどのようになるのかを、アドバイスをお願いしたいのです。「or」を使った英文の適否と、andとorの意味上の違い(特に特許請求範囲を記述する場合の取扱い)をご教示下さい。
●以前、このサイト(英文のカテゴリ)で「at least one of A, B, C, and D」は英文としては妥当であるとの、アドバイスをいただきました。その後、或る英文サイトで「at least one of A, B, C, or D」という文章(ただしA, B, C, Dは物質名)を見つけました。このため、改めて「andとorでどう違ってくるのか」が疑問になりました。
●日本語にすると、それぞれ「A, B, C, およびDのうちの少なくともひとつ」、「A, B, C, またはDのうちの少なくともひとつ」になると考えますが、それらが具体的にどう違うのか、明確な理解ができません。
●辞書(英英辞書含む)あるいは用例辞典では、適切な解説 も参考例も見当たりません。どう考えればよいか、アドバイスお願いします。今回は特許部門と英語部双方に投稿いたしました。

●特許文書の英訳に従事している技術系の者です。請求範囲に関して、英文のニュアンスの差異についての質問です。
●請求項原文例として:(XYZは或る装置、A, B, C, Dはその構成要素)
(1)「An XYZ comprising at least one of A, B, C, and D」と、
(2)「An XYZ comprising at least one of A, B, C, or D」とを考えたとき、
これらの差異(andとorの違い)がどのようになるのかを、アドバイスをお願いしたいのです。「or」を使った英文の適否と、andとorの意味上の違い(特に特許請求範囲を記述する場...続きを読む

Aベストアンサー

>●特許文書の英訳に従事している技術系の者です。

 和文英訳をされているということですよね?

 一般的に言えば、andとorにはNo.2の方が仰っているように意味の違いがあります。でも、frageさんが仰ってる具体例の場合はちょっと話が違ってくると思います。

>(1)「An XYZ comprising at least one of A, B, C, and D」と、
>(2)「An XYZ comprising at least one of A, B, C, or D」とを考えたとき

 (1)の方が正しい英文でしょうね。
 (2)の方は、例えば、
『「An XYZ comprising A, B, C, or D」と書いているうちに、A、B、C、Dのうちの2つ(以上)を含む場合も権利に含めたいと思い直した時に、A, B, C, or Dの前に単純に「at least one of」を加入し、orをandに直さなかった』
というようなことは、欧米人にはよくあることのような気がします。

>これらの差異(andとorの違い)がどのようになるのかを、アドバイスをお願いしたいのです。「or」を使った英文の適否と、andとorの意味上の違い(特に特許請求範囲を記述する場合の取扱い)をご教示下さい。

 「欧米で」ということであれば、この具体例では特許請求の範囲の記載においても意味上の違いは実質的にはないと言っていいでしょうね。ただ、実際に和文英訳をする時には(つまりどちらが正しいかと言ったら)、andを使うべきだと思います。

 英文和訳の時には、orもandとして訳すべき、つまり(2)の方も「A, B, C, およびDのうちの少なくともひとつ」と訳すべきだと思います。実際に翻訳をやっていてそういうシーンに遭遇することはよくあることですよ。

>●特許文書の英訳に従事している技術系の者です。

 和文英訳をされているということですよね?

 一般的に言えば、andとorにはNo.2の方が仰っているように意味の違いがあります。でも、frageさんが仰ってる具体例の場合はちょっと話が違ってくると思います。

>(1)「An XYZ comprising at least one of A, B, C, and D」と、
>(2)「An XYZ comprising at least one of A, B, C, or D」とを考えたとき

 (1)の方が正しい英文でしょうね。
 (2)の方は、例えば、
『「An XYZ comprisi...続きを読む

Q単語の意味を教えてください。

特許の明細書で使用する「付勢」とは、どんな意味でしょうか?
付勢バネを用いた弾性的係合  とか
付勢力 とか
・・力で付勢する付勢手段 とか
・・の方向へ付勢する付勢手段 とか
・・・により供試体が付勢されるように  とか
コイルばねにより付勢されている状態で  とか
供試体は付勢手段に押されて とか

Aベストアンサー

www.soei.com/japan/voice_PDF/41meisaiyougo.pdf
に結構詳しく説明されています。一読されてはいかがでしょうか。

Qwhen~ingについて

We can't be too careful when choosing our friends.
このwhen~ingの用法が今ひとつわかりません。分詞構文なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時には」という意味ですので、

(c) We can't be too careful in choosing our friends.とも言えます。

「友だちを選ぶときには、どんなに注意しても注意しすぎるということはない」に相当する英文として、(a) (b) (c) の形を覚えて下さいね!

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時...続きを読む

Q「なお、~」の英語表現

仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。

例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。

that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。

そこで、文頭に1フレーズ置くことにより「なお」と言える表現がないものかと探しております。1フレーズというのは、例えば、副詞一語、あるいは慣用的な表現のことです(「まず」を「To begin with
」というように)。

どなたかご教示下さい。

なお、「なお」の訳として「also」を使う例文も見かけますが、「also」は単に情報を追加する場合に使うような感じがしますので、注意喚起の場合には違和感があると思います。「also」は日本語でいう「また」に相当するような感じがします。

仕事で、日本語の技術文を英訳することがよくあります。その際、「なお、~である」という文の「なお」をどう英訳するかで少し悩んでいます。

例えば、ある冷却装置のことについてひとしきり説明した後、注釈として、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」と言いたいとします。この「なお」は読者への注意喚起だと思って「Note that ~」とよく訳しています。

that以降が短ければこれでいいのですが、that以降にwhen文を挿入したりしてthat以降が複雑になる場合には、「Note that」では文を作りにくいです。

そこ...続きを読む

Aベストアンサー

論文やリポートを書く時には少しあらたまった単語を使い、furthermore, in addition 等が使えると思いますが、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」という文ではマニュアルの様な文と思われますので、あまり角張った言い方をしなくても、A fan may (also) be used/substituted as a cooling device. とも言えると思います。
二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。それでなくても専門的な用語が多く使われるので、文としてはあまり込み入ったものは歓迎されません。法律関係は別ですが。
例えば上記に挙げた英文ですが、この前に勿論Note that (or, please note), in addition, furthermore を入れる事は可能ですし、「なお」という言葉にこだわるなら入れたいという気持ちになるかもしれませんが、これは本文中ならまだしも、注釈の場合は必要ありません。訳注では短文、またはフレーズだけの場合がほとんどです。これは日本人としてのこだわりかもしれませんが、英語圏の者にとってはあまり意味がありません。
単語の訳にこだわる事も大切ですが、文、段落としてのbig picture が最後にものを言う、という例として、ニクソンが来日した時の通訳をした人の逸話があります。元大統領が、carrying coals to Newcastle という表現を使った時に、その日本語訳を聞いた日本人在席者がどっと笑ったので、スピーチ後ニクソンが翻訳者に何と言ったのか訊いたところ、「灘に酒を盛って行く様なもの(つまりは意味が無い、無駄な事)」と訳したとの事でした。

論文やリポートを書く時には少しあらたまった単語を使い、furthermore, in addition 等が使えると思いますが、「なお、冷却装置は扇風機でもよい」という文ではマニュアルの様な文と思われますので、あまり角張った言い方をしなくても、A fan may (also) be used/substituted as a cooling device. とも言えると思います。
二つの言語、特に日本語と英語程違いが多い言語間の翻訳では、直訳が良い訳というわけではありません。英語、特に技術関係、医療関係は簡潔さが好まれます。それでなくても専門的な用語が多...続きを読む

Q英語での記入の際のNoneとN/Aの違いは?

タイトル通りなのですが、英語で記入するときに答えがないものにNoneやN/Aと書けといわれたのですが、この2つに何か違い(使い分け方)はありますか?
あと、ミドルネームの欄にどちらかを書くべきか、空欄にしとくか迷っています

どなたかアドバイスお願いします

Aベストアンサー

none は、数を聞かれて、ゼロの場合。
N/A は、no. 2 さんもおっしゃってますが、not applicable で該当無し。

例えば、How many children do you have? の質問だと、none と答えるといいでしょう。でも、What's your child's name? との質問であれば、N/A となる訳です。

他には、例えば Social Security Number を書く欄があって、自分は SSN を持っていない場合は、N/A とすればいいです。

それから、ミドルネームがない人は、普通は N/A よりも空欄にする人が多いと思います。N/A は、必ず記入しないといけない時、該当が無い場合に使うといいです。

QWordの改行記号↓について

インターネットやメールの文章をコピーしてWordに貼り付けると改行記号に↓がつきます。↓の意味は?、あとで改行記号に変換するのが面倒です何かよい方法がありますか?教えてください。

Aベストアンサー

Wordで表示される2種類の改行マークですね。
↓と表示される改行マークは「強制改行」です。一つの文章のまとまりである「段落」の中で、改行するとき用いられます。Shift+Enterで改行します。個人的に「段落内改行」と呼んでいます。もう一方のEnterで行う改行は、一つの段落が終わって、二つ目の段落に移るための改行(改段落?)です。使い分ければ整った文書が作れると思います。

メーラーからメールをコピーしてWordに貼り付けると、改行が↓マークになることが多いようです。「強制改行」マークを「改行」マークに簡単に変えるには「置換」を使います。
Wordの「編集」から「置換」をクリックして、「検索する文字列」に「^11(半角)」、「置換後の文字列」に「^13(半角)」と入力して、「置換」または「すべて置換」をクリックしましょう。その際、オプションのチェックは外しておきましょう。また、「^」は「へ」のキーです。

Q英語フォントで中点の書き方

word2000を使って科学論文を書いているのですが,
単位などを書くときに使う・(中点)の外国でも使えるフォントでの書き方が分かりません.
今は,日本語のフォントでキーボードの?マークのキーを押して書いているのですが,(例[J/m・s・K])
これだと半角にしても左右の間隔が大きいという問題と,
外国に提出した時には文字化けして読めなくなってしまうという問題が
起きてしまいます.
なんとか世界共通のフォントで・を書けないでしょうか?
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

こんにちは。#1,#3 を書いたWendy02です。

>Altキーを押したまま,0183と順番に押しても何もでませんでした.
見えにくいけれども、ズーム200%にしたら、見えます。(私のほうでは確認しました。)


人気Q&Aランキング