マンガでよめる痔のこと・薬のこと

17年度予算が成立すれば、郵貯簡保と銀行から、償還見通しが立っていない証券と引き換えに、国民一人ひとりの資産が、自動的に引きおろされる額が決まる。こんな風に感じます。国債の消化システムは確立されている訳ですから。
ただ見ているしかない無力感を、「不渡り見通し折込済み手形」と名づけて、とりあえず脇に置いておこうとしましたが、あまりうまくない。
これはという表現(評言)はありませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「公務員執行負債の連帯保証条項付き特別割引手形」



もしくは

「役員賞与のための強制寄付行為」

または

「平成の徳政令執行間近」

および

「貸し剥がし債権」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Thank you,very much for your quick response!
特に「連帯保証」、「徳政令」の概念を援用するがうまい。
他所で使ってもいいですか?
勿論、営利目的ではない。

お礼日時:2005/03/29 09:12

「ハイリスク・ハイリターン国債」


というのはどうでしょう.

銀行貯金で,これだけの利率をつけられるのはありません.今や国債ぐらいです.でも,利率の高い物というのはリスクも高いはずなんです.

日本の財政は,厳しい状況にあります.
1600兆円という国民の貯金のおかげで持ってますが,
最初に破綻の兆候が現れるとしたら
国債からだと思います.
「日本の財政が危ない」となったら,まず国債を買う人がいなくなる.
現在は,その直前の段階だと思います.

日本の財政が大丈夫だという根拠は,国債を買う人がまだ大勢いると言うことです.

毎年,30兆円の国債を買う人がいる限り日本は大丈夫ですが,それができなくなったら,終わりです.

そろそろ国債の発行はやめた方がいいと私も思いますね.

国債の発行は,20年前から急増しています.
みなさん,昭和40年代あたりを思い出してみてください.あのころは貧しかったけれども,こんなに借金してませんでした.
よっぽど健全でした.今は,そのころよりも,
高速道路や,大きな吊り橋がたくさんでき,新幹線もたくさん作られましたが,それらのほとんどは「国債」と言う名の「借金」で作られました.
年金も,できたばかりで,健全でした.
いつのころから「借金」が当たり前になってしまったのでしょうか.「成熟した経済だ」と言う人もおられると思いますが,
この借金問題を解決するには,年率3%以上の経済成長を30年間以上続けられなければだめなはずです.
小泉さんが,「マイナス成長もやむなし」として総裁選に立候補したときは期待したんですけど,今現在は,まだ中途半端ですね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ちょっとひねらせて頂いて「ハイハイ国債」。
政府から言われて郵政や銀行が「はいはい」と買う。
でもハイリスク。「はい、これ」と言って確かにリターンをくれるかな?

お礼日時:2005/03/30 02:35

どうぞ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/03/30 02:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング