身欠きニシンがたくさんあるので、会津地方のお土産でよく売っている
ニシンの山椒漬けを作りたいと思います
作り方を教えて下さい

A 回答 (2件)

ニシンの山椒漬けの作り方です。



材料(約20人分)
みがきにしん  15本
しょうゆ   1カップ
酒      1カップ
砂糖    大さじ1/2
さんしょうの葉 40枚位
酢        少々

(作り方)
1.にしんは前の日に、こぬか水に浸して柔らかくしておいて、ひと口大の斜めそぎ切りにする。

2.入れ物(漬け物用のバットなどで良い)に、にしん、さんしょうを交互に並べる。

3.分量のしょうゆ、酒、砂糖、酢を少々いれて煮立ててから、冷ましたものを2にかけて、ふたをして軽い重し石をする。
(冷暗所に置き2日目位からが食べ頃。)

冷蔵庫に入れれば2週間ぐらいはもちますが、酸味が出てきた場合は、焼いて食べると美味しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速 教えて頂いてどうもありがとうございます
すぐ試して見たいと思います

お礼日時:2001/09/04 16:59

これで宜しいでしょうか。


《ニシンの山椒漬け》
http://www.fujigrandhotel.co.jp/food.stm

参考URL:http://www.fujigrandhotel.co.jp/food.stm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました
早速試してみたいと思います

お礼日時:2001/09/04 17:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qぶりの”アラ”の下処理について教えてください

料理初心者です。
スーパーでぶりのアラが非常に安く売られていたので買いました。
下処理は以下の方法でいいのか教えてください。
1・アラに塩を振って10分ほど置く
2・熱湯をかける
3・2の湯を捨て、水につけてうろこなどを取る

ぶりのアラのレシピを探したらほとんどがぶり大根で、そのレシピと一緒にこの下処理方法が紹介されていました。
私はぶりは焼いて食べるのが好きなので塩焼きにしたいです。
ぶり大根に使うための下処理と同じやり方でいいか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ブリの下処理は臭みを取るために行うものなので、焼く場合は水につけた後良く水分を拭き取れば、それまでの行程は同じ処理で大丈夫です。

ブリが新鮮ならば下処理は不要です。

Q会津地方の郷土料理でにしんの山椒漬けの作り方

以前、転勤で会津で暮らしたことがあります。
そのとき、頂いたのですが、とても珍しくおいしかったです。
今、山椒の新芽がいっぱいですので、作ってみたいと思います。
是非教えて下さい。

Aベストアンサー

↓の作り方でよろしいでしょうか??

参考URL:http://www.club-tohoku.com/carrot/05/fukusima/04.html

Q下処理済みの牛すじの使い道・・・

下処理済みの牛すじの使い道・・・

下処理済みの牛すじをもらい、しばらく冷凍してました。
使ってみようと思うのですが、どのようなレシピがおすすめでしょうか?
使った事がないので困っています。

何でもいいのでレシピの詳細も教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

煮込み

カレー


下処理済が軽く茹でてあるだけなら、
煮込み時間がかかりますので、
圧力鍋があるのでしたら使用したほうが早いです。

Q山椒が多くの料理に使われてますが 日本で最初に山椒を口にしたのは 誰だったのですか?

山椒が多くの料理に使われてますが
日本で最初に山椒を口にしたのは
誰だったのですか?

Aベストアンサー

No.1の方と同意見になります。
日本では縄文時代の土器からも発見されています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6

日本の歴史の場合は、ある程度文字を使うようになった奈良時代または
そのちょっと前くらいでないと明確な人名はわかりません。

Q牛タンの下処理方法

アメリカ在住なのですが、
こちらでは牛タンはスライスされた物ではなく
一本皮付きでドーンと売られています。
かなりグロテスクで躊躇しているのですが、
この牛タンを使ってお料理したいのです。
でも下処理(皮むき)の方法が分かりません。

下処理の方法をご存知の方、是非お教えください。
もしくは、下処理について分かりやすく説明してあるサイトがあれがお教えください。

Aベストアンサー

タン塩などにする場合には、まずはきれいに洗って、使う部分(だいたいは付け根あたりを使う)をカットしたら、よく切れる肉切り包丁でそぎ落とすように丁寧に皮やスジを剥いでいきましょう。

面倒なら、多少肉が皮に付くのは覚悟で、ズバズバ切り落としてください(これだと非常に簡単)。

冷凍品なら、表面が解けてきたあたりで、皮と肉の間に包丁を入れて、皮を引っ張れば、一気に剥けます。

ちなみに生のものでも、わざと少し凍らせてからだと肉がある程度硬い状態になっているので、皮を剥いだり、薄くスライスする作業がやりやすいです(凍らせすぎると刃が立たなくなりますので、多少の見極めがいりますが)。

シチューなどに使うなら、丸ごと1~2時間ほど熱湯で茹でてから、一度取り出します。
皮は煮込むと固くなるので、あとはタンを押さえながら皮を剥ぎとります。

あとは、適当にカットして煮込んでください。
下記URLも参考にするといいでしょう。

参考URL:http://www.rheinbruecke.de/vorstellen1.htm

Q夫と妻、どっちが腹身でどっちが尾の身?

夫と妻、どっちが腹身でどっちが尾の身?

先日、飲食店の口コミサイトで、とある老舗日本料理屋さんでの体験談として
1匹の魚を半身づつ夫婦で食べることになったが、夫側に腹身、妻側に尾の身を
提供され、「きちんとわかっているお店だと感じた」という投稿がありました。

(逆だったかも知れません。今となってはどのサイトのどの投稿かわかりません)

三枚におろさず腹身・尾の身に分けたところが「わかっている」ポイントではなく、
腹身は男性(夫)、尾の身は女性(妻)に、という出し方が「わかっている」と
言っているような文脈でしたので、そんなマナーがあるのか?と気になり
質問させていただきました。

どなたかご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。
理由も教えていただけると有り難いです。

例えば、腹身は脂っこいから男性向けとか、そういう理由なのでしょうか?
それとも、腹開きは女性に(安産的な意味で)よろしくないとか?
でも、それだと切腹に繋がるから男性にもよろしくないですよね・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うがった考え方かもしれませんが、そのご投稿は、ご年配の男性の投稿だったのではないでしょうか?

昔は、お料理を提供する際に料理の出来に差があれば、よりおいしいほう、より見た目の綺麗にできているほうを目上の方に出し、あまりを目下の方に出すのが当然でした。

魚の切り身は、最も見た目と味の差がつきやすいお料理です。
脂がのっておいしく、切り身の見た目もよい腹側は目上の方に。
脂が少なく味が落ち、見た目もよくない尾のほうは目下の方に。
そういう習慣があったんですよ。
昔ながらの料亭などでは、上座に座っている方によりいい部位をお出しするというこの習慣をきちんと守っている所も多いです。

ただ、現代的に端的に言えば、今回のケースで夫であるだけで目上で、妻であるから目下だなんて男尊女卑もいいとこですが。
そのような夫婦関係を当然とする時代もあった。という事です。
投稿者の方は、そういう時代を生きてこられた方で、現代の特にお安く食事ができる場所での、目上目下の区別もなくただ手近の場所から料理を並べだすお店に慣れる事ができない方なのだったのではないでしょうか。

ちなみに我が家では、夫が脂身や脂っこいものが大嫌いなので、夫に尾の身を出します(笑)

うがった考え方かもしれませんが、そのご投稿は、ご年配の男性の投稿だったのではないでしょうか?

昔は、お料理を提供する際に料理の出来に差があれば、よりおいしいほう、より見た目の綺麗にできているほうを目上の方に出し、あまりを目下の方に出すのが当然でした。

魚の切り身は、最も見た目と味の差がつきやすいお料理です。
脂がのっておいしく、切り身の見た目もよい腹側は目上の方に。
脂が少なく味が落ち、見た目もよくない尾のほうは目下の方に。
そういう習慣があったんですよ。
昔ながらの料亭など...続きを読む

Qゲンコツの下処理。

ラーメンのスープを作りたいのですが
下処理が下手なのか臭みの強いスープができてしまいます。
血抜きをしてタワシで余分な肉を取っています。
このときにプルプルしたものも取ったほうが良いのでしょうか?
下処理方法を教えてください。
よろしくお願いします・

Aベストアンサー

こちらで
http://www.wakoushokuhin.co.jp/ramen/ramen1.html
http://www.geocities.jp/iejiro55/iejiro4.htm

Q北海道空知地方で宝永ぎょうざは売ってますか?

先日ママさん友達から宝永ぎょうざを頂き早速食べたところ美味しくってどこで売ってるの?と聞いてみたところネットで売ってるよ♪
と言われました。
でも、送料が高くって・・・(悩)

そこで、北海道の空知管内で宝永ぎょうざを販売している直営店なんかが分かれば嬉しいのですが、どなたか分かる方が居ましたら教えて下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ぎょうざの宝永 岩見沢店 があります。
直営店ですので他の店舗とは価格がちがいます。

ちなみに直営店ですので本店と価格も同一で20個入り800円、40個入り1300円で販売してます。

失礼ですが、No.2さんの店舗は取扱店ですのでどうせ同じ岩見沢で購入するなら直営店で購入して価格も安く、美味しい食べ方や焼き方などアドバイスを頂いたほうがベストだと思います。

後は、空知管内と言うことですが空知も広いのでもう少し住んでいる所がどの辺か分かれば直ぐ近くの店舗情報が得られます。

私の知る限りでは、空知南部では下記のところがあります。

ぎょうざの宝永 岩見沢店
岩見沢市北4条西8丁目2-13
電話:0126-25-8837 FAX:0126-25-8836
定休日:毎週火曜日
営業時間:10:00~20:00

ぎょうざの宝永 美唄店
美唄市東4条北5丁目4-26
電話・FAX:050-3719-4013
定休日:不明
営業時間:10:00~20:00

※美唄店は「フードファクトリー」と言う会社が運営しており、恐らく直営店である岩見沢店の出張所みたいな扱いだと思います。

良かったら参考にして下さい。

参考URL:http://www.houei-gyouza.com/

ぎょうざの宝永 岩見沢店 があります。
直営店ですので他の店舗とは価格がちがいます。

ちなみに直営店ですので本店と価格も同一で20個入り800円、40個入り1300円で販売してます。

失礼ですが、No.2さんの店舗は取扱店ですのでどうせ同じ岩見沢で購入するなら直営店で購入して価格も安く、美味しい食べ方や焼き方などアドバイスを頂いたほうがベストだと思います。

後は、空知管内と言うことですが空知も広いのでもう少し住んでいる所がどの辺か分かれば直ぐ近くの店舗情報が得られます。
...続きを読む

Q中国料理だと、海老って余熱で火を入れようとしますが、海老の天麩羅って揚げ時間が長く感じます。 下処理

中国料理だと、海老って余熱で火を入れようとしますが、海老の天麩羅って揚げ時間が長く感じます。
下処理でプリプリ感を出しているのは分かりますが、
中国料理の下処理もなかなか手間がかかってます。
海老の天麩羅の衣に限って揚げ時間の長さが長いのは関係がありますか?

Aベストアンサー

中華料理のエビは衣で覆わない直接加熱が可能な物ばかりで、小型のエビを使う事が多く、その分調理時間も短くなります。

中国料理でも、衣をつける(粉を着けるではありません)調理方法の場合は時間が掛かりますし、イセエビやロブスターなどの大型エビを使う場合は、それなりに時間がかかりますし

天ぷらは、揚げたてを食べる物で、余熱で加熱されるのを待っていると、衣が水分を吸ってしまって、ゆるゆるのベチャベチャになってしまっておいしくありませんん

中国料理だから、日本料理だからという区別ではなく料理の種類や食べ方で調理時間が変わるのは、中国も日本も同じです。

Q焼きニシンの刺激臭について

今朝凄く臭くて起きてみたら凄く臭くて吐き気がしました
2階で寝ていたのですが、一階ではニシンを焼いていて、その臭いだと思います
臭くて寝れず、調べてみたらシュールストレミングは原料がニシンということで納得したのですが、
普通のニシンを焼いただけで吐き気がして起きてしまうほどの臭いがしてしまうものなのでしょうか?
それは捨てたとのことですが、食べない方が良いですよね?
いつも買っていないニシンだということで、普通のニシンならあんな臭いはするのでしょうか?
食品衛生上とかで違法になるとかは無いのでしょうか? 今も吐き気がします
色々教えて頂けないでしょうか

Aベストアンサー

生のニシンは腐ると嫌気性細菌発酵によって強烈な臭気が発生します。たぶん腐敗していたのでしょう。
英単語で「Red herring(ニシンの燻製)」は別の意味で注意をそらすもの、偽の手がかりという意で使われますがそれも臭気からきているようです。
最近北海道ではニシンの豊漁が続きシーズン中ならどこの居酒屋でも刺身・塩焼きでいただけますがいやな臭気など皆無でいいにおいですよ。骨が多くやや食べにくいですが頗る美味です。
GW期間中山形県新庄市の最上公園(新庄城跡)では「カド焼き」祭りがおこなわれ会場中生ニシンを焼いていますがやはりいい焼き魚の香りいっぱいになります。花見を兼ねて宴会が行われます。今年は震災の影響で開催は?ですが。

http://yamagata6.blog118.fc2.com/blog-entry-431.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報