痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは。
現在父の名義で都営住宅に住んでいる者です。
この夏に結婚し、住民票を都営住宅から他に移そうと思っております。
知人の話だと、一度都営住宅から他に住民票を移した者は、同居はできるが家族でも権利の相続(曖昧ですみません)はできないと伺いました。

所得が少ないので、万が一父が亡くなった後には、できればそのまま都営住宅を利用させて頂きたいと思っております。
そのためには住民票を移さず、私の所得に基づく規定の賃金を払い続けた方がいいのでしょうか。

母とは離婚し、姉も以前一人暮らしを始めた際に住民票を移しました。
私が抜けてしまうと、知人の話に基づけば
父の死後は都営住宅を利用させてもらえなくなります。

ネットでは申請方法のことばかりで、
相続についての情報を得られませんでした。
もし都営住宅について知識をお持ちの方が
いらっしゃいましたらよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私の経験ですが、都営住宅に住む父親と同居することになりましたが、引越し準備中に父親が入院し、同居する事無く亡くなりました。

その前に入居するに当たり住宅局の人と話をしたところ、[扶養証明書]がなければ一年間の仮入居の後、扶養証明書を提出することにより本入居ができるということでした。(前記の理由により私は本入居できませんでした)したがって、現在の状態でもお父様を扶養家族扱いすることによって、亡くなった後に入居はできるようです。(どのように扶養者扱いにするかはご自身でご検討ください)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

貴重なご経験談、ありがとうございます。
どうやら扶養者として位置付けることがポイントのようですね。とても参考になりました。

お礼日時:2005/03/30 19:02

no2の補足です。

この場合はあくまでも同居を前提としたものなので、亡くなってからそこに住むというおは難しいかと思いますので、亡くなる前に同居をする必要があると思います。(お父様も喜ばれると思います)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。住民票を移すうんぬんというより、扶養家族として同居することが前提ですよね。
念のため、担当の方とお話してみます。
貴重な御意見、情報をありがとうございました。

お礼日時:2005/03/30 19:05

都営の場合はわかりませんが・・・


普通市営・町営等の公営住宅の場合は「3親等」まで
相続?できます。
他の市や町とおなじなら あなたの場合は条件的には問題はありません。
お父さんがなくなる前に住民票を移しておけばその後引き続き住むことが出来ます。
都営住宅だけ規定が違うって事は無いと思いますが・・・
※(町営ですが)私の場合は他市から祖父の亡きあとに住んでいます。
念のため都の都営住宅の係の方に問い合わせをされてみてください。
他の市や町とおなじだと良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。
父が亡くなったわけでもないのに、
「父の死後は…」と話をすることに
いささか躊躇しておりました。
しかし、ちゃんと確認しておくにこしたことは
ないですよね。担当者の方に伺ってみることにします。

お礼日時:2005/03/28 17:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q収入が上昇しても都営住宅には住めるの?

私は某官庁に勤める公務員です。
先日、研修で一緒になった他部署の女性(50歳代)が、「私は小さい頃から現在まで、都営○○住宅(都心の一等地にある)に住んでいる。」と言ってたのを聞いて、疑問に感じています。
というのも、都営住宅というのは収入制限があって、例えば3人家族だと年収316万円以下となっています。
しかし、その女性は50代の国家公務員ですから、少なくとも月収は40万はあるはずだし、賞与も合わせると年収は600万以上になります。
こんなに年収をとってる人が、都営住宅に住んでいてもいいのでしょうか。出ていかなければならないのではないのでしょうか。それとも、その女性が収入報告等を誤魔化して、居座ってるだけなのでしょうか?
もし、入るときだけ低収入ならOKで、それ以後はどれだけ金持ちになっても問題無い、というのなら、それはそれでとても不公平だと思うのですが。
都営住宅には、収入チェックなどはないのでしょうか。
真相をご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

収入のチェックは毎年あります。世帯全体の収入報告を春にやりますよ。収入によって毎年家賃が変わります。(ちなみにサラリーマンの場合は、給与所得控除後の金額で判断します。)入居したときは低収入でその後高額所得者になった場合、基本的には出なければいけないのですが、多分引越して、5年ぐらい?はそのままそこにいていいというルールがあります。(その場合、近隣の賃貸住宅の家賃に近い金額を払う事になりますが・・・。)確かに都営は住宅に困っている人の為の制度で入る時には審査があります。ただ、世帯全体の収入、家族構成で判断しますし、障害者の人が扶養者にいたり、扶養している親などがいるとまた変わってきます。その女性のケースはこどもの頃からなので確かに長いですね。何らかのそういう事情があったのか、ただ居座っているのか?
その方が公務員でも、例えば節税対策で賃貸マンションなどを所有してると、確定申告で利息や償却などの経費を入れ通算の所得でマイナスとなっていろ事も考えられます。
確かに個人事業主で経費算入できる人ですと、家賃を抑えるために申告を操作していると言う人もいますね。ちなみに 税務署がまず狙う個人(法人以外)は都営に住んでいる個人事業主だそうです。参考になったでしょうか?

収入のチェックは毎年あります。世帯全体の収入報告を春にやりますよ。収入によって毎年家賃が変わります。(ちなみにサラリーマンの場合は、給与所得控除後の金額で判断します。)入居したときは低収入でその後高額所得者になった場合、基本的には出なければいけないのですが、多分引越して、5年ぐらい?はそのままそこにいていいというルールがあります。(その場合、近隣の賃貸住宅の家賃に近い金額を払う事になりますが・・・。)確かに都営は住宅に困っている人の為の制度で入る時には審査があります。ただ、...続きを読む

Q都営住宅の使用承継制度

私は母と都営住宅に二人暮しの長男ですが
名義人の母が亡くなりまして
住宅局に変更の手続きに行ったところ
いきなり6ケ月以内の退去を命じられました。
19年8月に条例が見直されたそうです。
知らなかった私が悪いのですが
いきなり退去と言われても
困る以外何ものでもありません。
親の継承を何故、子ができないのでしょう。
納得いきません。
退去などしたくありません。
良い解決方法はありませんか?

Aベストアンサー

>親の継承を何故、子ができないのでしょう。

都営住宅の入居は公募が原則です。人気は高く、倍率が数百倍となる物件も珍しくありません。入りたくても入れない人がたくさんいるのに、親子であるという理由だけで住み続けられるのは不公平という観点から、条例などに定める基準を満たした場合に限って、同居親族に引き続き都営住宅の使用を許可する使用承継制度が導入されました。

>退去などしたくありません。
>良い解決方法はありませんか?

使用承継が名義人の子に認められるのは、高齢者・障害者・病弱者である場合に限られます。これらに該当しない場合は、退去せざるを得ません。
6カ月の猶予期間を有効に活用して、早く次の生活基盤を築かれることをお勧めします。

参考URL:http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_keiei/260toei1_01.htm

Q都営住宅に詳しい方教えて、同居する方法

私の家内の母親は都営住宅に住んでいます
年令は今年90才になりました
一人暮らしです
我々に2人の子供がいますが
下の子は女の子で26才になります
この子が家内の母親の住んでいる都営住宅に
同居すると、この子も助かるし、母も助かります
主な目的は母が90才にもなると
自分の事をするにも、おぼつかなく、心配です
子供も東京の会社に出勤するのに都合がいいのです
都営住宅に住む権利は母で終わってもいいので
その間、同居する方法はありませんか

Aベストアンサー

26歳のお子さんは、お仕事してるのですよね
そうすると都営住宅には、住むための基準があるので
お給料によっては、すめないですね

同居するときはちゃんと申請も必要です
だまってはいる方もいますが、時々調査があるので
気をつけたほうがいですよ

Q市営住宅や都営住宅に住む条件について教えて下さい。

市営住宅や都営住宅に住む条件について教えて下さい。
市営住宅や都営住宅に住む条件について教えて下さい。
体を壊していてまともな収入がない者です。
地域によって違うと思うのですが大まかでかまいません。
どんな人が住めるのでしょうか?「住むための条件」
また市役所に相談に行っても良いのでしょうか?
住んでいる地域と違う場合はその地域の市役所に行く必要があるのですか?

Aベストアンサー

 私も、数年前に知人の都営住宅申し込みを手伝ったことがあるだけで、あまり知識がないのですが、ほかに回答がつかないようですので、以下はご参考までに…。

 どこの自治体の公営住宅でも、基本は「住むところに困っている人」が対象です。大きな自治体(東京都など)では、定期的に入居者を募集しており、都の場合ですと、区役所に申込書の入ったパンフレットが年に何回か置かれて、それをもらえば、概要が分かるようになっています。ですから、まず市役所や区役所で聞いてみるのがよろしいかと思います。
 どの区役所にも「公営住宅専用窓口」は存在しないと思うので、見当違いの窓口に口頭で聞いても、うるさがられるだけで(役所にもよりますが…)何も情報が得られない場合もあります(職員が意地悪しているのではなく、募集条件などが複雑で、本当に知らない場合が多いのですが)。役所の総合案内に「公営住宅募集のパンフレットはありますか?」「パンフレットは、いつ出るのですか?」「(パンフレットがなければ)どこの窓口に聞けばいいですか?」というような形で聞くのが無難でしょう。

 さて、入居の条件ですが、おっしゃるように、自治体によって違いがあると思います。大まかなところでしたら
(1)その自治体に住んでいること(申込日現在に住んでいればOKの場合も、3年くらい住んでいなければならない場合もある)
(2)住居に困っていること(今住んでいるアパートを近々に退去しなければならないなど)
(3)低収入であること(都営住宅なら、2人世帯の場合で手取り年収が227万円以下)

-----
 参考までに、都営住宅の入居基準のページを挙げておきます。
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_keiei/261toei2.htm

 で、このページを見るとお分かりのように、都営住宅の場合、2人以上の世帯と単身者では、大きな違いがあります。都営に関する限り、単身者で「普通の人」は入居できないと考えた方が無難です。高齢者、重い障碍者(身障者なら4級以上)などに限られます。あなたが内部障碍の認定をお持ちであれば、対象になる可能性はあります。
 これは、都の公営住宅が、母子家庭や心身にハンディのある人などのサポートを優先して、福祉重視で建設されてきた経緯があるからです。ほかの自治体にも、同じような事情があるかもしれません。

 さらに、障碍などが要件とならない2人以上の世帯の場合、たとえば東京23区内でしたら、競争率は3ケタになることが普通にあります。端っこの市部の「かろうじて東京都」という場所でも、競争率が十数倍程度になることは多くあります。

 あとは、役所で聞いてみてください。うまくいくようにお祈りいたします。

 私も、数年前に知人の都営住宅申し込みを手伝ったことがあるだけで、あまり知識がないのですが、ほかに回答がつかないようですので、以下はご参考までに…。

 どこの自治体の公営住宅でも、基本は「住むところに困っている人」が対象です。大きな自治体(東京都など)では、定期的に入居者を募集しており、都の場合ですと、区役所に申込書の入ったパンフレットが年に何回か置かれて、それをもらえば、概要が分かるようになっています。ですから、まず市役所や区役所で聞いてみるのがよろしいかと思います。
 ...続きを読む


人気Q&Aランキング