色の知識で人生の可能性が広がる!みんなに役立つ色彩検定 >>

将来、アメリカで研究者としてやって行きたいのですが、
高校生でバイトしてアメリカの大学目指すか、日本の大学行ってバイトしてアメリカの大学(大学院)目指すのではどちらがいいですか?
お金が無いのでバイトをしようと思うのですが、どちらのタイミングですべきか迷っています。

教えて!goo グレード

A 回答 (6件)

私の家族の経験値から申し上げると、日本の大学を出てアメリカの大学院に進学と言うのが現実的と思います。



私はプロファイルの様な在米の長い隠居爺で、子どもたちが研究者を目指して当地の研究大学の大学院に居ます。
カミさんも同じ大学を出て研究者をしていました。

日本では大学の学費は国公立は安く私立は高いという傾向ですが、当地では、それなりのレベルになると、田舎の州立大でも安くはありません。
また、生活費もそうです。
地方だからと言ってバカにしてはいけません。

日本では学費や生活費をアルバイトで何とかしようと考える方が少なくないようですが、当地でそれはまず無理と考えたほうが良いです。
これは、万歩譲って『一般語学』『勉学の素養』『専門知識の基礎』などがクリアできている場合でならなくは無いかもしれませんが、日本の教育で育った方にそれはまずありませんから。
仮にクリアできていてもそうする人はまずいないと申し上げておきます。

子どもたちが通っている大学を例に具体的な数字を示してみます。
この大学は州立大の旗艦校で、日本には知名度がありませんが、THEの世界大学ランキングで東大と比肩しているレベルです。

日本から来るというような学生さんに適用する州外の人の学費(授業料)は年額約 500 万円です。
50万円ではありません。

そのほか、図書・教材などの勉強に必要なものへの出費、寮などの住居費、飲食費、保険・医療費、光熱・水道・通信費、交通費、生活に必要な衣住雑費、小遣いなどに、当地では節約して暮らしても、今の為替レートなら年間 300 万円はかかるのが普通です。

まとめると、学部だと年額 800 万円が4年間ですからゆうに 3,000 万円はかかるということになります。
大学やその地域によってこの額は変わるでしょうが、桁が変わることはないと思います。
『アルバイトで何とかなるレベルではない』と言うのをわかっていただけるでしょうか。

これが大変な額と言うのは当地の子どもたちにとっても同じです。
彼らはそれを借りてまかないます。
当地でまともなレベルの大学に行くとは、そのために借りるお金を返せるだけいい報酬を得ようというのを目的・目標に掲げるからで、それを達成するという強い目的意識を持っています。

『いい報酬』とはいい企業・地位を得るとすると、その成功確率を上げるうえでは『成績』と『実績』は最重要ファクターになります。
だから、当地の子どもたちはよく勉強し、大学のうちからいいところでのインターンシップに励んで他の人より高いチエ・カンを手に入れようとしたり、他の人にはないウデ・ワザを磨いて実績を作ります。

日本の大学生には飲食店のウェイターや書店で売り子などというアルバイトがありがちですが、当地の子どもたちは、専門性を必要ともせず、それを磨くことにもならないそういう仕事で得られる小金には目もくれず、そんなことで時間を無駄にするより、お金は借りてでもそれを返せる将来を確実に手に入れようと勉強に励むのです。

ウチの子どもたちはアメリカ市民なので奨学金をもらえましたが、海外からの方はもらえません。
しかし、大学院になると研究に対するある種の『報酬』を得ることが出来る場合があります。

ウチの子どもたちはバイオ・メディカル系とエンジニアリングが専攻ですが、研究室で進める大きな研究開発型のプロジェクトに参加しており、そこに大企業や国・州がスポンサーとして付いているので『報酬』が提供されています。

ここではその額は記しませんが、こどもたちはそれで研究ができ、その成果の発表の活動もでき、勉強もでき、生活もできています。
私は年金暮らしですが、彼らがもらっている金額の『給料』のような部分は私の年金額より上です。
日本的に言えば、同年代の大企業に就職した人と同じぐらいもらっていると言って良いと思います。

ウチの子どもたちは今は研究室でも年長者になっており、その研究室への参加希望者のリクルートも一つの仕事にしているようです。
海外を含む多数の大学からの希望者のレジメや論文の審査、オンラインでのインタビューなどをよくしています。
他の大学に向かう場合でも、日本から応募しようという場合はたぶんこんな関門は通過しないといけないのでしょうから、その準備は必要ですね。

以上が当地の大学・大学院での『お金』にまつわる具体例でした。
これは単なる『こう言うところもある』というだけの情報です。
行きたい大学を考えたら、その大学のサイトをよく調べて確認するようにしてください。

それから、たぶんあなたがこれから高校に行かれる方かと思い、先に触れた『一般語学』『勉学の素養』『専門知識の基礎』と言う点について少し説明しようと思います。

当地では高校までが義務教育です。
そして、ここには社会の普通の考え方として『親は高校を出るまで子供の面倒を見る』というものがあります。
これは言い換えると『高校を出ると子供は巣立つ』『高校を出た後は、社会人になろうが大学に進学しようが、それは子どもが決め、子どもの力でそれをする』ということです。
つまり、こちらでは、大学進学の費用を子どもが自分で工面するのは当たり前なのです。

私たちが暮らす町の学区では、義務教育全体を通してその準備をさせています。

小中学校では『生涯の生活の中身と、それにかかるお金』を具体的に理解させるほか、『職業とお金』についても非常に現実的に教えます。
どんな職ならいくらもらえ、それになるにはどうすればいいか、いくらかかるか、などと言う具合にです。

それを通し、高校に入るときには、自分が築きたい生活のイメージと、なりたい職業と、それを達成するまでのロードマップが出来ているのです。

なぜそうするか?
それは当地には大学入試がないからです。

日本の入試に相当するものにSATのような学力試験はありますが、これは単に高校卒業定地に学力があることをしめすものでしかありません。
だから、そこそこのレベルの大学に入ろうとする子は皆ほとんど満点レベルです。
それでは差はつかない。

ではどうやって大学は子どもたちを選別するか。
それは大学で勉強したいことについての準備ができていることを『個人的な活動実績』で示すのです。
『実績』です。

大学への願書のなかの自己主張のエッセイでそれを示します。
日本の方が『自己主張』をかけと言うと、決まって『頑張りまぁ~す』と言うことを書くと思いますが、当地でそんなものは何の役にも立ちません。
『私はこういうことやってみることが専攻への準備と考えて実行し、こんな実績を上げました』でなければ勝てません。

例えば東日本大震災の時、アメリカでは各地で子どもたちが募金キャンペーンを張りました。
募金を企画し、より多くお金を集めるために現地の新聞社や放送局にニュース記事や広告を出して報道してもらうなどしました。
あれです。
たぶん、その子たちは、政治やジャーナリズム、経営学なんかを専攻したい連中だったのではないでしょうか。

ウチの子どもたちの場合は懸賞論文に応募してました。
Intel の TED なんかです。
自分で専攻分野に課題を探し、仮説を立てて研究計画を立てて研究し、結論を導いて論文にまとめるのです。
大学からいい評価を得たいのですから『夏休みの自由研究』ではダメです。
年の単位の時間をかけて真剣に取り組みます。
どの段階でも国際学会に出しても恥ずかしくない体裁が求められるので、子どもたちは近隣の大学に行って直談判し、メンターをしてくれる研究者を紹介してもらい、その指導の下で事を進めました。

先に言った『専門知識の基礎』とはこのことです。

こう言った場では『プレゼン』や『ディスカッション』『ディベート』『議論の要約・箇条書き』『論文・レポートの作成』『ビジネスレターの作成』の能力は不可欠です。
少なくともウチの町の学校では小学校から毎日の宿題を通してこれを訓練するようになってます。

先に言った『勉学の素養』とはこのことです。

そして最後に『一般語学』。
日本の学校で教える英語は何を目的にしたものかがあいまいだと私は思います。
普通の生活に使うことを企図しているのか、論文を書くことなのか、小説が読めるようになのか、新聞が読めるようになのか・・・

その意味では、留学には、学校の授業を聞け、教科書や参考書・文献が読め、試験やレポート・論文で自分が思うことが書け、授業での質問や質疑応答・プレゼンで自分の言いたいことが言える英語が必要です。

これが留学に向けての『一般語学』と私は思います。

そんなの現地で現場でその時に覚えればいい、と思っていたら大間違いです。
その時点であなたは他の人からおいて行かれるんですから。
そのうえ、どんどん専門用語が現れます。

大学か、大学院か、それらのどこかの段階での編入をねらうか、選択肢はいろいろありますが、どの場合でも『一般語学』『勉学の素養』『専門知識の基礎』は必要だと思います。

高校時代と言う時間があるなら、そういった準備をすることを怠らないようにするのを強くお勧めします。

ちなみに私は他の人にはないチエ・ウデ・ワザ・カンを独学で身に着けて当地に来、機会を見つけてそれを使ってあげた実績でここにずっと暮らせる世界を手に入れました。
要は、やり方を間違わないことと、やる気、そして実際にやること、です。

がんばってみてはどうですか。
将来ここに成功を報告されることを期待しています。
    • good
    • 1

アメリカのアカデミアで職を見つけたいなら、大学院(phD)で奨学金を取っていくか、ポスドク研究員から実績を積んでいくかどちらかが一番日本人としては王道です。



最近は直接卒業する人もいますけど、家庭が裕福とか国内でも特殊な環境で生きてきた人がほとんどです。

いずれにせよ、アメリカのアカデミアで食ってくのはバイトで稼ぐとかそういう話では越えられないハードルがあるので、まずはそこの素質があるかどうかです。ネットで基本情報はいくらでも得られるので、まずこの質問をしないといけないレベルでは難しいです。
    • good
    • 1

実行しないなら考えるだけ無駄である。

    • good
    • 1

ドイツの大学なら学費無料ですし、英語で授業してくれますし、アメリカ国内での大学名の通りも良いです。



日本の高校をきちんと卒業して、ドイツの大学に行き、アメリカで就職するか院に行くとかの方が良いと思います。

ドイツ大学進学について、ご参考まで https://welcome.gogermany.jp/
    • good
    • 1

米国で研究者になるような勉強ができる大学は私立ですね。

バイトくらいじゃ学費はカバーできないでしょうね。
 ま,お金の問題は置いておくと,まず大学に入学できるか。推薦状は誰が書くか(英語で)。もう高校生なんだから当然中学校あたりからかなり特筆すべき行動をして推薦に足る業績がないと無理でしょう。英語が自由に使えることはもちろん前提です。
 また米国大学の大半は quarter 制度です。一つの講義科目が90分が週2回あるいは60分が週3回か4回。これが10週続いて毎週のように山のような宿題が出て11週目に試験。多分6科目くらいしか履修しないけど,平均がBを下回る学期が2学期続くと退学です。そのくらいの学力はありますか。日本のトップクラスの旧帝大工学部の3年生が半年あるいは1年の留学をして,米国大学でろくな成績がもらえないことはよくあることです。とんでもない成績だったりする。大丈夫でしょうか?
 もちろん,英語が得意で学力もかなりあれば,学部時代から英語で勉強することはメリットがあります。脳みその中も英語を使う,夢も英語で観るくらいになれば,これは強みになります。学部の講義内容は大学院の基礎です。そこがおろそかであれば大学院の講義にもついていけないし,研究なんて無理です。指導教員との討論もできない。脳みその中が日本語の間は,その言語で学修する方がいい。東南アジアのトップクラスの大学では英語で講義がある。それは母国語じゃないから,成績がいい学生でもかなり苦労をしたと言います。日本の修士や博士に留学してくる東南アジアの学生が,日本人はいいなぁ,母国語で学問の基礎が勉強できるんだから,と言うそうです。
 基礎があれば(日本語であっても,工学系なら4年生以降は本も論文も英語ですから英語の専門用語は使えるようになる),修士あるいは PhD から米国に留学しても研究者になれる。僕は修士まで日本でいただいて米国に留学しましたが,前後の日本人留学生30人くらいで数名は米国で研究職を得ています。残りも帰国して大学教員や企業の研究所あるいは国立研究所に勤めています。もちろん世界ランキングで東大より上位の私立大学のPhD プログラムです。大学院なら,1年間7科目くらいの履修で済みますし,その基礎は日本語で習っている。B 平均くらいは取れるでしょう。研究打ち合わせは,理工系なら式と図表で意志は通じる。半年もいれば,討論もできるようになります。日本人と極力交わらないようにすれば(僕はそうしなかったから英語は得意にはなりませんでしたが)英語も上手になる。研究職にも就ける可能性は出てきます。修士から,あるいは PhD からでも間に合うと思いますけど。要は,基礎的な知識を母国語で脳みそに溜めるのか,あるいは英語で脳みそに蓄えるだけの実力が今あるのか,で判断なさったらいいのではないでしょうか。
 PhD プログラムなどで指導教員が Research Assistant で引き受けてくれれば,学費と生活費は全部指導教員からもらえますから,渡航費だけあれば留学できます。僕らの周りに自費留学したのは一人もいません。僕も渡航費だけで数年留学していました。逆に,RA になっておいた方が,指導教員は研究をしろと強制できるし,それなりの指導をしてくれるから,勉強にはなる。もちろんストレスは溜まりますけど,学位のためなら仕方が無い。毎年1編以上の論文を書けるだけの研究を2年続けて,講義の理解で qualifying exam に合格すれば,学位はもうすぐ!です。
    • good
    • 3

「アメリカで研究者」であれば、高度な英語力は必須です。



英語力に問題がないのなら、日本の大学に行ってからアメリカの大学院でも良いでしょうが、英語力が問題というのなら、できるだけ早くアメリカへ行くべきだと思います。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング