痔になりやすい生活習慣とは?

一昨日、11歳4ヶ月のワンちゃんが亡くなりました。
今私は実家を離れて住んでおり、たまたま帰省していた時の出来事でした。
2~3日前から元気がなくなりご飯も食べてくれなくなっていて、自分の力では歩くこともままならない状況でした。
夜に何だか嫌な予感がして、お外にいるワンちゃんの所に行くと、普段寝ている所ではなく、おしっこをする場所で横になっていました。
普段ならある程度撫でると私はその場を離れるのですが、その夜はなんだか離れてはいけないような気がして、しばらくワンちゃんにしゃべりかけながら撫でていました。
そうしてるうちに、失禁して、最後に胃の中にあるものを全て出すかのように嘔吐し始め、足と手をピンと伸ばしたまま、亡くなってしまいました。
嘔吐し始めたころから名前を呼んでも反応しなくて、牙をむいたようにして亡くなりました。
まるで野生に戻ったかのように。
傍にいながら、最期の瞬間に立ち会いながら何もすることができなかった、ただただ話しかけ背中をさする事しかできなかった自分の無力さが悲しいです。

私が元々、動物アレルギーがあるので室内で飼ってあげられなかった事、思いっきり抱きしめてあげられなかった事など…こんな犬生でワンちゃんは幸せだったのかと思うことばかりです。
私はワンちゃんに沢山のモノを与えてもらったけど、私はワンちゃんに対して何もしてあげられてなかったのではと思うと、ワンちゃんに対して申し訳ない気分で一杯です。
私なりにで精一杯ワンちゃんのこと、愛したつもりだったけど、本当にこれで良かったのかなと。

眠るようにして亡くなったとは言い難いうちのワンちゃんなのですが、最期に牙をむいたようにして息を引き取っていったのは、私に対して伝えたいことがあったからなのでしょうか?私に対して怒っているからなのでしょうか?

長くてまとまりの無い質問で、すみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

初めまして。

私も犬を飼っているので、色々考え感じたことを書かせていただきますね。

「たまたま帰省していた時」「嫌な予感がして」「離れてはいけない気がして」
…それは果たして偶然でしょうか?そのワンちゃんがあなたを待って、あなたを呼んでそうなったのではないかと私には感じられます。
貴方に対し怒っていたり恨んでいたり、貴方のことが好きだったのでなければ最期の瞬間に貴方に会いたくて待っていたのではないかと思って仕方ありません。
偶然は二つ重なれば必然と言えると思います。
実家を離れ、普段会えない貴方にどうしても会いたかったのではないでしょうか?それはおそらく、貴方が大好きだったから。愛してくれた大事な家族にちゃんとお別れがしたかったから。
牙を剥いて、というのは最期に何か話をしたかったのかもしれません。都合の良い解釈かもしれませんがそれはきっとお礼が言いたかったのでしょう、「愛してくれてありがとう、帰ってきてくれてありがとう、最期に傍に居てくれてありがとう」と。
苦しくて声が出せなかったのかもしれないし、激しく吼えてでも伝えたかったのかもしれません。全ては推測と希望のものではありますが、私はきっとそうだと思います。
「精一杯愛した」と言える貴方のことを嫌ったりなんて絶対にしていません。大丈夫、幸せでしたよ。
自分を大好きで居てくれた家族に看取ってもらえたのですから。

大事な家族が居なくなってきっとお辛いかとは存じますが、貴方が元気に生きていくことをきっとワンちゃんは望みます。傍で見守ってくれることでしょう、実家以外でも貴方の傍に居れるようになったのですから。
もう触れることも出来なくても、居てくれたことや思い出は消えません。どうかこれからもワンちゃんを「大好き」だと、胸を張って言ってあげてください。

最後に。ワンちゃんのご冥福、心からお祈り申し上げます。素敵なワンちゃんと巡り合えた貴方にも、これからの人生に幸多からんことを…長々と失礼いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
最期の瞬間に会えてよかったです。
胸騒ぎって本当にするんですね。
ワンちゃんが大好きなのに、アレルギーで抱きしめてあげることもできなかったし長時間一緒にいることもできなかった自分が、本当に悔しいです。
鼻炎が出ても目が腫れても喘息が出ても、もっと抱きしめてあげればよかったです。

ワンちゃんが大好きだとこれからも胸を張って言えるように、元気になりたいです。
回答者様の暖かいお言葉で、胸のモヤモヤが少し晴れきているような気がします。
ワンちゃんとのお別れを無駄なものにしないよう、この悲しみを乗り越えられるように頑張ります。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/28 14:17

私も今朝15年一緒に暮らした犬を亡くしました。

何回かここで質問しご回答をいただきました。呼吸が苦しそうで、餌も食べないので1週間入院させましたが私の希望もあり夕べ退院しました。骨ばかりになった細い手の毛を剃ってあり注射をした後が数箇所あり臆病な犬でしたから、辛かっただろうなと胸が痛みました。家に戻り下に置くと鳴くので皆で抱っこしました。その時から呼吸は速かったのですが、一緒にベッドに寝ていると夜中やはり呼吸が苦しそうでクンクン鳴いてまして二時頃更に鳴き(弱々しいですが)三時発作を起したのか大きく1回鳴き、血を吐いてクタッとなりそれからゆっくり二回呼吸をして目を閉じました。私は今とても苦しいです。どうしたのが一番愛する犬によかったのか分からないからです。ずっと家においたほうがよかったのか、獣医さんの所にいたのがよかったのか、分からないんです。そして様々な後悔が胸をよぎり、抱きしめて「ありがとう、ごめんね」というしかなかったです。でも獣医さんも時間の問題だったといいますから今は「この子は家に帰ってくるまで我慢して待っていたんだ。私のそばで死にたかったんだと考え始めています。私の腕の中で亡くなったんだからと。ご質問者様も同じように考えられて、会うまで待っていたんだと、その位御質問者様の事が大好きだったんだと、そう考えてわんちゃんの冥福を祈ってください。私も辛くて今質問しようとしていたら同じような内容でしたので、回答させていただきました。頑張りましょう。悲しがってばかりいるとわんちゃんが心配するかもしれませんから。この場で私も皆様の御回答を拝見し辛さを乗り切ろうと思っています。ありがとうございます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つらいお気持ちお察しいたします。
どうしてやることがワンちゃん達にとって一番良いことだったのか…答えはずっとみつかりません。
答えが無いからこそ、自責の念、後悔が胸をよぎるんですよね。
私も「ありがとう、ごめんね」と言うしかなかったです。
私達飼い主が幸せを感じることが、ワンちゃんの一番の幸せであると信じて、お互い頑張っていきましょう。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/01 22:51

こんにちは。



つらい気持ちになってしまうことは仕方の無い事だと思いますが、愛犬の事をもっと理解してあげてください.

愛犬に対する気持ちが深かった事は十分理解できますが、愛犬は、あなたに対して信頼と愛情を持てっ居た事も事実だと思います.

愛犬の伝えたかった事など何も無かったと思います.
敢えて言うとすれば、『楽しい一生でした.あなたとの生活が出来て幸せでした.ありがとう.」

愛犬の一番望んでいた物は、あなたの幸せでありあなたの楽しさです.犬は、信頼した者の幸せを一番願います.そしてその幸せが犬の幸せとなります.
今、恐らく申し訳無いと考えているでしょう.自分の事であなたが苦しい思いをしている事を.
犬は、本当に人間にとって忠実な仲間です.例え人が裏切っても一途に信頼し、それに従います.
あなたが自分の死を悲しく思い、もっと長くいっしょに居たかったと考えてくれている事を喜んでいるでしょうが、あなたがその事で悲しい思いをしていると心配していると思います.

こんな事が、本当だろうかと考える方も多いでしょうが、物言わない犬と長年暮らしてきて感じてしまう事です.

世の中には、犬が奇跡としか思えない事をしてしまう事が多いものです.特に飼い犬に助けられたりした話など多いものです.
これは、犬は、飼い主の幸せを自分の幸せと考えてしまう事による物だと考えます.
どんなに虐待されても、ほんの一瞬の優しさだけで忠実に生きていきます.

最後は、あなたが撫でてくれた事や側にいてくれたことの幸せだけを感じていたと思います.
安心していたと思います.安らかな心で居たと思います.

そこに瞬間的に発作が来て意識は無くなった様です.
あなたが目にした事は、体の反応であり、愛犬の意思に関係なく起きてしまう物です.
愛犬の言いたかった事はわかりませんが、最後の別れを心置きなく出来て幸せだったのではないでしょうか.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は今まで自分が飼い主失格なんじゃないかって、ずっと思っていました。私なりに精一杯愛したつもりでしたが、他の飼い主様と比べてしまって、なんだか申し訳ない気分でした。
回答者様のアドバイスを読み、もっと自分の愛し方に自信を持たないとワンちゃんは幸せになれないって思いました。
私はうちのワンちゃんと出会えて本当に幸せでした。

ありごとうございました。

お礼日時:2005/04/01 22:41

わんちゃん残念でしたね。

私も最近長く連れ添った子を亡くしましたので、お気持ちお察しします。

亡くなる際、牙をむくようになってしまったのは、単純に嘔吐して苦しかったからか、痙攣したから顔がこわばって歯をむいたようになっただけだと思いますよ。

私の犬は、亡くなる数時間前まで私と一緒にいましたが、朝、目が覚めたらもう息を引き取っていました。同じ部屋にいたのに気づいてやれなかったんです。朝気づいたときの体の状況(硬直や暖かさ)を獣医さんに話ししたら、息を引き取ったのは私が寝た2,3時間後だったんじゃないか、とのことでした。あの時もう少し起きてそばにいてやればよかった、一人で逝かせてしまったととても悔やみ、自分を責めました。可哀相なことをしたと今でも思い出すと涙が出ます。

うちの子は目は半開き、口も多少開いてました。同じように四肢がピンと伸びていましたよ。老衰の看病でずっと私の部屋に一緒にいましたが、夜中咳をするだけで私も目が覚めてましたから、苦しんでいたら気づくはずです。半分は希望観測ですが、静かに亡くなってくれたんだと思います。
獣医さんいわく、死んじゃった子の口は大抵開いてるし、目が半開きになるのもしょっちゅうだし、嘔吐もよくあること。眠るように逝ってほしい、誰もがそう願うことですが、命が燃え尽きる瞬間です、何らかの生体反応があって当たり前だそうです。嘔吐したり、痙攣したりはよくあること。先々代の犬は亡くなる数時間前、病気でひどい痙攣を起こしたので、もしそのときそのまま逝ってしまっていたら、相当苦しそうな顔になってしまってただろうと思います。

あなたのわんちゃんは、最期のときにあなたと一緒にいれて本当に幸せだったと思います。背中を撫でてもらい、話しかけてもらい、段々意識が遠のいていったんだと思いますよ。どんなに日ごろかわいがってもらっていても、その瞬間を飼い主に看取られながら旅立てる子ばかりではありません。あなたはあなたのわんちゃんに、最高のことをしてあげれたんだと思います。
今はどうしても、後悔や自責の念がつのることと思います。でも、色々思い悩まずに、ただシンプルに、わんちゃんを亡くした悲しみと、あなたがわんちゃんを愛した事実と、わんちゃんがあなたにくれた愛情だけを心にとめてみて下さい。寂しいけど、優しい気持ちになれると思います。
わんちゃんは虹の橋で必ずあなたを待っています。笑顔で尻尾を振ってますよ。私もうちの子がそこにいて私めがけて走ってきてくれると願っています。あ~、やっぱり思い出すと今でも泣けちゃいますね(T▽T 涙が出るのは愛し合った証拠だと思ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者様のアドバイスを読ませていただき、なんだかあったかい気分になりました。
泣いてばかりじゃいけないんだって思いました。
命の燃え尽きる瞬間に立ち会うことができて、良かったです。今でも最期の瞬間は鮮明に覚えています。
普段一緒に過ごすこともあまりできなかったので、飼い主としてしてやれる最期のことをしてやれたかなと思っています。
いつか虹の橋で再会できることを楽しみにして、ワンちゃんの分まで精一杯生きていきたいです。

お礼日時:2005/04/01 22:29

 私は最近、大事にしていた猫を無くしました。

それも病気ではなく事故で。私が家に帰った時、その子は箱の中で、花に抱かれながら、でも変わり果てた姿になっていました。今思い出すだけでも涙ぐんでしまいます。

 私は、貴方が羨ましいです。私は、我が家の子の最期には立ち会いたかったです。どんな姿になっていても。生まれた時から成長を見守り、やっと慣れてきて甘えたい盛りだった矢先でした。

 もう一つ言えば、私は中学生の頃犬も飼ってました。今程動物を大切にするという考えの無かった私は(田舎ですし、親も昔の人なので。)虫の息になるまで放っておいて、いよいよになって病院に連れて行き、そこで診察をしてもらっている時に息を引き取りました。所構わず泣きながら、その子を抱きしめて連れて帰りました。

 11歳まで生きて、ご主人様に見守られて旅に出た質問者様のわんちゃんが不幸せに思えますか?

 動物アレルギーなのにこんなにワンちゃんを思っている飼い主の事を、気づかないとお思いですか?旅立ったその子は、総て分かってくれてます。牙をむき出しで・・・というのは、動物が無くなる自然な旅立ちの姿だと思います。隠れる必要もなく、虚勢を張る必要も無く、あるがままの姿で旅立っていったワンちゃん、幸せだと思います。だって、側に今一緒に居る事が出来ないのに、こんなに貴方に思われてます。

 私こそまとまりの無い文書になってしまいましたが、幸せな一生だと思いますよ、どう考えても。今は唯、安らかに眠ってくれるように祈るだけですね。合掌です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまいすみません。

回答者様の亡くなった猫ちゃんの事、思い出させてしまいすみませんでした。
うちのワンちゃんが幸せな一生だったって言ってもらえて、なんだか安心しました。
ここのカテゴリーの質問をいつも拝見させていただいているのですが、皆さんしっかりした飼い主様ばかりで、自分のワンちゃんの飼い方に自信がなくなっていました。私はワンちゃんと一緒に過ごす資格なんかないんじゃないかって…。
回答者様のアドバイスで、うちの子も幸せだったんだって思えるようになってきました。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/04/01 22:19

心中、あ察し申し上げます。



私も愛犬を昨年の12月に亡くしました。
病院に見舞いにいった所、急変してあっという間に亡くなりました。
あと10分到着が遅れたならばケージの中で1人で息を引き取っていたでしょう。
私たち夫婦が間に合うように呼んでくれたと思っています。

本当にこのコにとって良い飼い主であったか
最期はどうしてもらいたかったのか
おうちに帰りたかっただろうに・・・・

いろいろ、思い返されます。

でも、

最期に間に合うように呼んでくれたことで
背中を擦ってあげたり、声をかけてあげたり・・・

怒ってなんかいません!
ワンコは人が思っている以上に人を愛してくれています。
最期に伝えたかったことは

「私を家族に迎えてくれてありがとう」
「最期を一緒にいてくれてありがとう」

ふとしたことで愛犬のことを思い出してメソメソしてしまいます。
時間というお薬はなかなか効いてくれませんが、いつかは良い思いで、綺麗な思い出だけを残してくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者様の辛い思い出を思い出させてしまって、すみません。

皆さん同じような思いになるのですね。
私も最期に呼んでくれて、背中をさすって声を掛けられて良かったです。
ワンちゃんとは離れて暮らしていたのに、失ったもの大きすぎて、心にぽっかり穴が空いてしまいました。

ワンちゃんの最期を看取ったときは悲しくてもなぜか泣けませんでしたが、一晩たって土に返してあげてからふとした事で涙が止まらなくなってしまいました。
昨夜雨が降っていたのですが土の下でお腹をすかせたり寒い思いをしているんじゃないかって涙が出てきます。

いつか時間というお薬が効き、良い思い出だけになれるように、元気になりたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/28 14:37

私も昨年7月にうさぎを亡くしました。


かわいい動物達と一緒に暮らしている家族にとっては必ず、避けられない悲しい現実です。

後悔、自分を責めてしまう、はたして本当に幸せだったのかなどそれは本当に飼い主にとって辛く苦しい思いです。
でも、この思いはほとんどの飼い主さんが抱く感情です。

>たまたま帰省していた時の出来事でした。
これだけでわかります。ワンちゃんが質問者さまに直接「さよなら」を言いたかったんでしょうね。

ありがとう、虹の橋のたもとで待っているよ・・・。って言いたかったのだと思います。

我が家のうさぎも、私が目覚めるのを待っていたかのように明け方、私の腕の中で息を引き取りました。
もし、就寝中であったりして看取ってやることができなかった場合を想像するだけで、気が変になりそうでした。でも質問者さまのワんちゃんも我が家のうさぎも待ってくれていたのですから・・・。

これを書いているいま、涙があふれます
今の気持ちから立ち直るのに時間がかかるでしょう、みんなそうです、同じです。
思いっきり今はワンちゃんのための涙を流してあげて下さい。。。

私の落ち度で下半身不随になり旅立ったうさぎでした。自分を責める日々の中、出会った詩です。 ご紹介します。
少しでも励ましになればと思います。
  
質問者さまが最後までさすり続けた手の温もりをいだいて虹の橋のたもとで待っていますよ。 ご冥福をこころよりお祈り申し上げます。

http://www.utinti.com/~japanesepitz/nizi.htm

参考URL:http://www.utinti.com/~japanesepitz/nizi.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者様の悲しい思い出を思い出させてしまい、すみませんでした。
虹の橋の詩、初めて知りました。
少し気持ちが楽になった気がします。
うちのワンちゃんは心臓が悪く、激しい運動ができない子でした。虹の橋のたもとで心臓を気にせずに元気に走り回っていてほしいです。
いつの日か虹の橋のたもとで再会できることを楽しみにし、これからワンちゃんの分まで一生懸命生きていきたいです。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/28 14:25

つらいお気持ちお察しいたします。


わたしも以前飼っていた犬が、殺鼠剤を食べてしまい、苦しんで死んでしまいました。最終的には、獣医さんに安楽死させてもらったのですが、それまでの間、かなり苦しそうで見ていられず、最期は近づくこともできずに逝ってしまいました。
質問者さまが最期を看取ることができたのは、幸か不幸かわかりません(苦しむところは見たくないですよね)。しかし、11年以上ものつきあいで、家族同然だったと思われるワンちゃんを看取ることができたことは、ワンちゃんにとっては幸せなことではなかったでしょうか。ひっそりと苦しみながらしんじゃうよりも、飼い主にさすってもらいながらであれば、苦しいながらも安心できたと思いますよ。
逆に、わたしは安楽死の処置をしてもらっている時、もう暴れる力もなくぐったりしている愛犬に近づくことすらできず、後悔しています。
その後、何日も泣き続けて、いわゆるペットロス状態になりました。悲惨な最期でしたが、家族全員が可愛がって小犬のころから育てて、家族に幸せをもたらしてくれて感謝しています。
きっと質問者さまなりに、いっぱい可愛がったのであれば、ワンちゃんも楽しい11年間に違いありませんよ。それに偶然とはいえ、最期を看取ってもらえたのですから。
つらいでしょうけど、がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者様の辛い思い出を思い出させてしまって、すみません。
回答を読みながらも、涙が止まりません。
最期を看取る事ができ、本当に良かったです。
家族の中でワンちゃんの最期を看取ることができたのは私だけで、他の家族はそのとき不在でした。
ワンちゃんの世話を一番していたのは父だったので、ワンちゃんが最期に会いたかったのは父だったのではないのかと、最後に会ったのが私で本当によかったのかと思います。
やり場の無い思いで一杯です。

ワンちゃんにとって楽しい一生だったと思えるように、前向きに頑張ります。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/03/28 14:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング