マンガでよめる痔のこと・薬のこと

 電磁調理器では、渦電流によるジュール熱により発熱する。その為に使用する鍋は鉄である必要があると、どの本にも書かれています。発熱がヒステリシス損によるものであるのなら、それは納得できます。
 鍋で発生する電圧はレンツの法則?で、鍋の材質に関係無く一定ではないのですか?だとすればジュール熱は材質の抵抗値Rの減少よりも、電流Iの2乗の増加の影響を大きく受けて、FeよりAl,Cuの方が多くなる気がするのですが、誰も納得できる説明をしてくれません。何方か教えてもらえませんか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

電磁調理器(IH)の発熱は渦電流損です。


基台にはコイルしかありません。
このコイルの出す磁力線を受け止めて、渦電流を発生させます。

鉄は磁性があるので磁力線を強めます。抵抗が大きいので渦電流の効率は低いです。
でも結局発熱は大きいです。

一方、銅やアルミは磁力線を強める事が出来ず、渦電流の効率が高くても発熱は少ないです。

と言う事で結局、鉄鍋しか出来なかったのです。

今では技術開発が進み、No.1さんの言われるようにアルミ鍋や銅鍋もOKになっています。
その技術を参考URLに示しておきますが、電気系の者でも難解な内容です。
感じだけつかんでください。

参考URL:http://www.business-i.jp/sentan/jusyou/2003/pana/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。透磁率の大きさとの関係など、もう少し考えてみたいと思います。
参考URLの内容も全部が理解できるわけではありませんが、よく勉強したいと思います。

お礼日時:2005/03/29 20:09

 SiやGeは常温では導電率が小さいけど、結晶引き上げとかの溶融してる状態は誘導加熱でしょう。



 電磁調理器の質問ってどうやら、アルミ鍋でも少しは熱くなるはずなのに、まったくなのは何故ってことですか?
それなら、何も乗ってないときは、10kHzとかの強い磁気は出してないんです。代わりに測定するためのパルスを間欠的に出して、渦電流の電磁誘導でコイルに返ってくる電圧波形を測定してます。それが、記憶されてる鉄やステンレスの波形と同じときだけ、連続的に強い磁気を出す。そして、連続加熱中も測定は続けられていて、鍋が取り去られた、ズレたりして、波形が範囲から外れれば、直ちにまた測定待ち状態に切り替わる。
 以上、また先輩からのコピペなんだけど。電熱器と違って、何も乗ってないとき10kHzとかの強い磁界が出っぱなしじゃないってことです。それでは危険すぎるからでしょう。指輪とか腕時計とか包丁とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ショウも無い質問にきちんと回答して頂いて本当にありがとうございます。
私も以前ローテクの電磁調理器の上に探りコイルを置いてオシロスコープの波形で、かなり高い周波数のパルスが断続的に出ているのを見たことがあります。ただ、電流の強弱とパルスの大きさの関係が、あまりはっきりしませんでしたが。
どちらにしてもありがとうございました。だいぶ霧が晴れた気がします。

お礼日時:2005/03/30 18:46

>誰も納得できる説明をしてくれません。



 これって、何十年も昔からある超古い技術です。
誘導加熱溶融とか高周波焼き入れとか、それなりの民間工場で普通にやられてるし、非鉄なら半導体のチョクラルスキー法、これは教科書にも載ってるし学生実験で単結晶を作る定番です。
 納得するには、表皮効果の理解しかないでしょう。これは、たいていの電磁気学の本には、問題や例題として載ってます。つまりそんなにむずいレベルじゃないってことです。
 業界通な先輩が言うには、これではないけども、「家電業界は、他分野では既にある技術なのに、言及も謝辞も無く、まるで新発明のように宣伝する」と辛口です。
このアルミ鍋対応が出遅れたのは、技術とは別次元の問題、パブ記事には絶対に書かれないけど、想定外の使用をされたときの対策(法的とか)に年月が費やされたとか、避けられない特許が切れるのを待ってたとか、あったのではと。
確かに、パブ記事に書かれてる「新」技術って、矩形波の3次高調波のLC共振とか、撚り線のコイルとかは電子工学では基本的なことですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。誰もと言いましたが、今までは職場の仲間内に聞いただけで、この様に不特定多数の大勢の人に聞いたわけではありません。このようにきちんと対応して頂いたことに感謝します。
生意気にも少し反論させてください。SiやGeの加熱は誘電加熱ではないのでしょうか。アルミの発熱とは若干違うような気がしますが。アルミ鍋が電磁調理器で発熱しないのは、センサーなどで非鉄を感知して電流をカットしているからなのでしょうか。実際の器具の働きと原理的なものをごちゃ混ぜにしているのかもしれません。

お礼日時:2005/03/29 20:03

 鉄とアルミニウムでは透磁率に差がるので、同じ磁場の強さに対しては、鉄の方が磁束を通しやすいからだと思います。

渦電流は磁束の単位時間あたりの変化量に比例して発生するので、鉄の方が磁束が多い分だけ加熱されやすいのでしょう。
 アルミ鍋や銅鍋でも少しではあっても磁束が通っている分だけ加熱されていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。たぶんおっしゃることのような気がするのですが。確信が持てません。

お礼日時:2005/03/29 20:25

定電圧源で駆動された渦電流のようなモデルをイメージされているようですが、一定電力の駆動も可能でしょうし、目先を変えて、電磁調理器の「効率」に着目してみるのも一案かと思います。



電磁調理器内の巻線を一次側、鍋に流れる電流の経路を二次側巻線に見立て、トランスをイメージして下さい。ただしこのトランスは二次側が短絡されています(鍋底自体が二次巻線)。説明が簡単になるよう、現実とは異なりますが巻数比を一対一とし、一次側を流れる電流値と二次側を流れる電流値は同じだとします。巻線には抵抗がありますので一次側でも二次側でも損失が生じます。同一抵抗率、同一太さなら両巻線の発熱量は同じです。電磁調理器内巻線の発熱量が鍋の発熱量を下回る為にはどのような条件が必要か想像できると思います。一次巻線は銅でしょうから二次巻線の抵抗率はそれ以上の物、例えば鉄やステンレスであって欲しいのです。では不幸にして二次巻線がアルミや銅の場合にはどのように対処すれば良いのか。二次巻線が細ければ良い事がおわかりでしょう。つまり鍋底が薄ければ良いと想像されます。しかし現実は薄くない。この解決策は、no.3さんが示されたURL:
http://www.business-i.jp/sentan/jusyou/2003/pana/
の図3の近辺に書かれています。表皮効果の利用です。周波数が高くなるに従い電流は導体表面に集中するという性質があります。その実効的深さを表皮厚と言います。使用周波数を上げる事で、電気的には表皮厚程度に鍋底が薄くなった恩恵が受けられると言うことです。このようにして二次側の抵抗、発熱量が一次に比べて高く維持できるようです。(注意:一次側巻線は細い線を素線とした撚り線で表皮効果の影響を受けず断面積が有効に利用出来ているという条件付きです。)なお、磁性は表皮厚を薄くするように寄与するので、周波数が低かった時代は、表皮効果による渦電流損の捻出の点でも、ヒステリシス損とならんで、鉄が好まれた可能性がありそうですね。

ところで実物は巻数比が一対一ではないでしょう。二次側鍋底は1ターンと言う解釈で良いでしょうが、一次側は複数ターンありそうですね。その場合も考えてみて下さい。おもしろい事に発熱量比は巻線の全体積比に反比例、抵抗率比に比例するという風に普遍化できそうです。ここで全体積というのは各々、概ね調理器内蔵巻線ブロックの体積(ただし表皮効果考慮の有効断面積に基づく)であり、また表皮厚を考慮した鍋底体積です。なお、一次巻回数については、どのような電圧/電流で駆動したいかという回路素子の都合で決定される筈です。

さて上では抵抗が高い方が良いと言う一方的議論をしましたが、単調にそうならない事は明らかです。極限としての絶縁体は渦電流加熱出来ませんから。一次側に電流が流れる(励磁電流)だけで、二次に電流が流れない局面もあると言うことです。そのような条件下に現実があれば、おっしゃるように低い抵抗率が好まれる事になります。例えば世の中の鍋底が現実よりずっと薄かったとしたらそうなるでしょう。抵抗体としての鍋には種々の条件によって定まる最適な材料抵抗率があり、効率は当然放物線を描きます。付け加えるに巻線の損失だけでなく実際には駆動回路の損失も考慮の対象でしょう。しかしいずれにせよ、アルミや銅に対する実情は鍋の抵抗が低すぎる領域に位置しており、その方向からの視点で解説が記されている場合が多いので「抵抗率が大きい方が好ましい」となっているのでしょう。

(私なりに考察してみましたが、電磁調理器の中身は覗いた事がありません。誤りが無いと良いですが。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な回答をありがとうございました。
お説を充分理解できているわけではありませんので、これからも勉強させていただきます。

お礼日時:2005/03/29 08:39

言われてみると不思議ですね。


昔モータの設計で磁気関連には少し経験があるので
分かる範囲で・・・

鉄とアルミなどの金属との一番の差は、
磁気を集める力である透磁率が異なります。
(1000倍ぐらいです)その為、同じ磁力を
電磁調理器を出しても中に通る磁束が1000倍
近く異なります。イメージではU字型磁石に鉄を近づ
けた時とアルミを近づけた時の力の差がその感じです。
これが最初に鉄系のなべに対応した電磁調理器がでた
理由だと思います。ただ最近鉄以外のなべでもOK
なのがでているので、これは渦電流だけが効いて
いると思います。(鉄系はヒステリシス損も効いて
入ると思います)

先ほどは鉄の透磁率は1000倍と書きましたが
あくまで目安で500ぐらいか1000以上のも
あり材料で決まります。また磁束を1000倍
通すとも書きましたがこれも厳密には磁気回路
の設計で単純には決まらない場合があります。
以上参考になれば・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございました。
鉄の透磁率の大きさによって発生電圧が大きくなるであろう事は理解できますが、透磁率の小さいアルミでも電圧は発生するし、熱も出るのではないかと思うのですが。

お礼日時:2005/03/29 20:21

電磁調理器は数千から数万Hzの変動磁場を利用しておりますので、常磁性体でないと残留磁場の影響が無く発熱しないと思います。


ですのでご質問のようにヒステリシス損だと考えて良いのではないでしょうか。
なお物理学の内、電磁気学は一番苦手なので間違っていたら笑って済ませてください。(汗)
<(_ _)>

この回答への補足

発熱がヒステリシス損によるものだとすれば、絶縁物である酸化鉄で出来たフェライトの塊でも熱が出るのではないかと、材料を探しましたが、まだ実現しておりません。フェライト板が手に入ったらためしてみたいと思います。

補足日時:2005/03/29 16:28
    • good
    • 0

 こんにちは。



 化学の専門的な知識をお持ちのようですね。私にはちょっと理解できませんんでした。ということで、直接のお応えではなく、超現実的なお応えになりますが……

 この質問は、過去の問題です。今のIT調理器はアルミ鍋も含めて、どんな金属でも使えるように改良されましたので。残るは土鍋ですが、さすがにこれは無利でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めての「教えて!goo」質問デビューに早速回答頂きありがとうございました。何回もお礼したのですが、当方の不慣れで出来ませんでした。これからもよろしくお願い致します。

お礼日時:2005/03/29 16:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIHクッキングヒーターでアルミ鍋を使う方法

IHクッキングヒーターで使えない鍋でも、使えるようにする補助器具らしきものがテレビ番組で紹介されたという話を耳にしました。あまりにあいまいな情報で申し訳ないのですが、発売元やその他の詳細をご存知の方がいらっしゃいましたらお知らせください。

Aベストアンサー

intermywayさん、こんにちは。
以前同じようなご質問がありお答えしたのですが、
イセIH(電磁)調理器用ヒートプレートというものを、
およそ4年前くらいに大手通販にて購入しました。
価格は2~3,000円ぐらいだったと記憶しています。
製造元は大阪の伊勢工業株式会社と記載されており、
そのプレートを電磁調理器に置いて、アルミの鍋、
土鍋やガラスのサーバーなどが使えるものです。

インターネットでもいろいろ探してみたのですが、
特許が移ったのか、別会社のものは見つかりました。
ヒートプレート自体は我が家のものと全く同じですが、
蓋や焼き網など、付属品とセットになっているようです。
お探しの商品のご参考になりますでしょうか?

参考URL:http://linda.infomart.or.jp/spic/task/5/5.html

QなぜアルミがIH対応?

スーパーで販売してる鍋焼きうどんを買いました

アルミ容器(磁石がつきません)なのになぜ?HIで加熱できました

ちなみに我が家のIHはアルミ対応ではありません

教えて雑学^^

Aベストアンサー

別に非磁性体でも導電率が高ければよいのです。

>アルミ容器(磁石がつきません)なのになぜ?HIで加熱できました

でも、ステンレス鍋は非磁性体なのに従来品のIH機器でも加熱できますね。

勿論、アルミや銅などの非磁性体対応と謳っているIH機器には工夫がしてある訳ですが
非対応であっても条件が整えば非磁性体でもIH加熱は可能ですよ。

基本原理は加熱する側の透磁率と電気的な比抵抗の大きさによって左右されることになります。

アルミは基本的に非磁性体なのですが、このアルミに対し高周波の電流を使った磁場に置くと
そこに「渦電流」が生じます。

この渦電流を使った例として家庭の電力量計がありますね。
非磁性体のアルミの円盤が使用電力(電流)に応じて回転数を変えていますね。

実際にはアルミが全く磁力の影響を受けないわけではありません。
非透磁率が小さいだけです。

鉄とアルミなどの金属との一番の差は、磁気を集める力である透磁率が異なります。
(1000倍以上違います)
その為、同じ磁力を電磁調理器を出しても中に通る磁束が1000倍近く異なります(一概に100倍ではないです)

渦電流は金属の比抵抗が小さい方が大きいので、鉄よりもアルミ、銅などの方が大きくなります。
従ってアルミや銅などの非磁性体をIH加熱するには「渦電流」損による熱損失分の熱量によるもの
(これ自体は鉄より大きい)

鉄などはこの渦電流と直方向の変化によるヒステリシス損失による熱損失分の加熱(これはアルミよりも1000倍大きい)が利用できます。

なのでアルミの鍋の底部が振動しやすい構造で比抵抗を小さくしておけば普通のIH機器で加熱できます。
またIH機器の誘導コイルとアルミ鍋の底の距離が重要です。

別に非磁性体でも導電率が高ければよいのです。

>アルミ容器(磁石がつきません)なのになぜ?HIで加熱できました

でも、ステンレス鍋は非磁性体なのに従来品のIH機器でも加熱できますね。

勿論、アルミや銅などの非磁性体対応と謳っているIH機器には工夫がしてある訳ですが
非対応であっても条件が整えば非磁性体でもIH加熱は可能ですよ。

基本原理は加熱する側の透磁率と電気的な比抵抗の大きさによって左右されることになります。

アルミは基本的に非磁性体なのですが、このアルミに対し高周波の電流を使...続きを読む

Q電磁調理器でアルミ鍋を使用する方法を教えて下さい

東急ハンズに、そんなことが出来る器具があるらしいと
過去に聞いた事があるのですが、値段・商品名などご存知でしたら
教えて下さい

Aベストアンサー

伊勢工業の「ヒートプレート」ではないでしょうか?

IH調理器と鍋の間に敷いて使う伝熱補助プレートのようなものです。
アルミ以外でも土鍋・ガラス製品に使用できるとパッケージに書いてありました。

廃番になるとかなったとかの噂を耳にしましたが・・・
検索してみるとクロワッサンのお店のサイトに掲載されていました。
問い合わせてみては如何でしょうか。

参考URL:http://www.kayano-life.co.jp/croissant/kitchin/nabe/

Q銅損、鉄損という発熱ロスの言い方は、アルミ導体でも使える?

よく、渦電流損失を銅損、抵抗発熱を鉄損といいますが、アルミ導体を使用したものについてもそんな言い方ができるのでしょうか。ちょっと違和感を感じましたので。

Aベストアンサー

カテゴリー違いですね。まあそれはともかく

>渦電流損失を銅損、抵抗発熱を鉄損といいますが、アルミ導体を使用したもの
>についてもそんな言い方ができるのでしょうか。ちょっと違和感を感じましたので。
逆ですね。抵抗発熱が銅損で、渦電流が鉄損です。
で渦電流損は鉄心で発生するもので、アルミ導体を使ってたとしても鉄心部分までアルミにすることは無いでしょうから、すくなくともこちらには違和感は無いと思います。
抵抗発熱は導体で発生するのでたしかにアルミ導体を使っている時に「銅損」というのは違和感を感じられるのも無理は無いと思います。
でも「銅損」の「銅」という言葉は金属としての「銅」を意味しているわけではなく、「導体」のことを示している言葉だと解釈するべきでしょう。
ですから言い方として問題ないはずです。
hirohisatomo さんがどうしても気持が悪いとおっしゃるなら「ジュール損」の方を使われたら良いと思います。

Q磁気を遮断するもの

10mmくらいの間隔を置いて磁石が固定されており、お互いに引っ張りあっているものの間に、何かの物質により磁力を遮断することは可能でしょうか。
その磁力を遮断する物質は何でしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

磁石の磁極は2種類(N極とS極)あり異種の磁極が引き合い、同種の磁極は反発しあいます。
また、一個の磁石は、必ずこの両極を持っています。

いま2個の磁石があり互いに引き合っているのですから、一つの磁石のN極と、もう一つの磁石のS極が引き合っていると思います。

一般に磁気を遮蔽するには、No.1,3の方の回答にありますように普通は透磁率の高い(磁石で付きやすい)金属を使うのですが、これは磁石が1個のときに、その磁石のN極の磁気とS極の磁気とを通りやすい物質でつないで、外に出ないように封じ込めます。
ところが、今回は磁石が2個なので、引き合っている間に透磁率の高い物質を入れると、それぞれの磁気がこの磁石で付きやすい物質を引きますので、遮断できないと思います。

>お互いの磁力が作用しなくなりそれぞれの糸がたるみ、磁石が落ちる。といった構造にしたいのですが。
このような作用をさせたいとすると、遮蔽する考えでなくて反発させるのが良いと思います。
つまり、シート状で両面が極になっている磁石を使用します。
2個の磁石の間にN極にはN極が、S極にはS極が向くように入れます。
これで、2個の磁石は、同極に相対しますから反発されるので落ちると思います。

もし馬蹄形の磁石でしたら、少し複雑になりますが、このシート状の磁石を2枚使って、それぞれの足で逆な極性にすることになりますね。

磁石の磁極は2種類(N極とS極)あり異種の磁極が引き合い、同種の磁極は反発しあいます。
また、一個の磁石は、必ずこの両極を持っています。

いま2個の磁石があり互いに引き合っているのですから、一つの磁石のN極と、もう一つの磁石のS極が引き合っていると思います。

一般に磁気を遮蔽するには、No.1,3の方の回答にありますように普通は透磁率の高い(磁石で付きやすい)金属を使うのですが、これは磁石が1個のときに、その磁石のN極の磁気とS極の磁気とを通りやすい物質でつないで、外に出な...続きを読む

Q抵抗率と導電率がよくわかりません

抵抗率と導電率がよくわかりません
金、銀、銀、アルミ、白金で抵抗率と導電率の高い順番はどうなりますか?

Aベストアンサー

電気分野からの視点で回答します。
抵抗率…電流の流れにくさ
導電率…電流の流れやすさ



導体の抵抗は長さに比例し断面積に反比例します。導体の抵抗R=ρl/A[Ω]で表されます。


抵抗率ρ(ロー)は※物質によって決まる定数で
ρ=RA/l[Ω・m]←の式で表されます!
Rは抵抗[Ω]
Aは断面積[m×m]
lは長さ[m]


導電率σ(シグマ)は抵抗率の逆数なので
σ=を1/ρ[S/m]で表されます。



抵抗率の高い※物質(金属)順に
白金 1.06pΩ
アルミニウム0.275pΩ
金 0.24pΩ
銀 0.162pΩ

p(ピコ)=10の-9乗のことです。


日常生活において水に例えると!
同じ直径のホースを2本用意
1本は10m もう1本は100m
同じ勢いだと100mのホースが抵抗率が高いといえます!

Qマイクロ波と金属の関係について

マイクロ波についての知識はゼロです。金属にマイクロ波を当てると発熱すると思

いますがアルミやステンレス鋼、鉄、銅合金でも同じなのでしょうか?金属でマイ

クロ波を吸収(保護)する材質はなんですか?またシリコンゴム、ウレタンゴム

ではどうなるのですか。(燃えるのかな)もう一つ電子レンジの扉に生め込まれて

いる金属の金網の材質はなに?どなたか教えて下さい。お願いします。?

Aベストアンサー

 初めて見ました。すでに回答してくださっている方もいらっしゃいますので重複する部分もありますが、回答します。
 電磁波は電波や光やX線などの総称です。マイクロ波は電磁波でも電波領域に含まれます。波長は一般的には1mm~1mとされていますが、規定されてはいません。
ただし、電子レンジなどは、国際規格(ISMバンド)や、(旧?)郵政省等の 法規で使用できる波長(周波数)が規定されています。日本では電子レンジに使われている2450MHz(自由空間波長約122mm)が主なものです。最近では無線LANにも使われています。
 この波長は物質の分子を共振させ易く、「分子振動」により物質を加熱します。
(他にも電子振動などの領域があります。)波長により加熱しやすいものがあり、「水」まマイクロ波で加熱しやすく、金属などはもっと低周の低い高周波の方が加熱しやすいです。逆に波長が短くなると、赤外線などは物質の表面が暖めやすくなります。
 マイクロ波は「誘電加熱」により、絶縁体(誘電体)を加熱しますが、シリコンゴムはマイクロ波を吸収しにくいものです。他には石英やテフロンも吸収しません。ウレタンは確か吸収します。逆に水はマイクロ波の吸収が良いものです。電子レンジで食品を加熱できるのはこのためです。ただし、氷は加熱しにくく、水蒸気は加熱できません。
 また、金属も加熱することがあります。これが「誘導加熱」です。これは形状や材質によります。マイクロ波により金属の極表層で「渦電流」が発生するためですが、アルミやステンレス、銅など、非磁性体の金属は発熱しにくく、鉄など、磁性体は発熱し易いです。(周波数は違いますが、電磁調理器はこの原理を利用しています。)
 電子レンジの扉は確かアルミかステンレスです。
 「静電遮蔽」というのがあり、「雷は自動車の車内には流れない」というのがあります。これと同じように、電波的に密閉された空間からはマイクロ波はその外に出ません。ですから電子レンジで食品は温められても、外の人間には影響がないのです。
 電磁波は電子線ではありませんので、電子レンジを帯電させることはありません。電子レンジにアース(グランド)がついているのは、マイクロ波を発生させる
マグネトロンという真空管を動かすために4000V程度の電圧が必要なのですが、万が一、漏電した場合に人身事故を防ぐためのものです。
 微弱なマイクロ波では、ものを加熱するのは困難です。
 しかしながら、マイクロ波の漏洩によるノイズや誤動作を防ぐため、アルミを使うのは、コスト的、実用的に一般的と思います。
 最近の携帯電話やCPUの動作速度はすでにマイクロ波による加熱領域(周波数)に入っており、ちょっと怖いですね。
 とりとめもなく、ごめんなさい。お役に立てれば幸いです。

 初めて見ました。すでに回答してくださっている方もいらっしゃいますので重複する部分もありますが、回答します。
 電磁波は電波や光やX線などの総称です。マイクロ波は電磁波でも電波領域に含まれます。波長は一般的には1mm~1mとされていますが、規定されてはいません。
ただし、電子レンジなどは、国際規格(ISMバンド)や、(旧?)郵政省等の 法規で使用できる波長(周波数)が規定されています。日本では電子レンジに使われている2450MHz(自由空間波長約122mm)が主なものです。最近では...続きを読む

Q金属の性質について

今理科で金属の性質を習っています。それで金属の性質って3つありますよね
それが全部あっていると金属なのですか?ひとつ条件が欠けていても金属ですか?(磨いても光らないとか)あと金属の条件に磁石に着くってありますか?実験のときにやったので。磁石につくと金属なんですか?教えてください!

Aベストアンサー

こんばんは。
まず金属の性質の基本的な条件として、
○熱と電気を良く伝える(伝導性が良い)
○光沢(金属光沢・ピカピカする)がある
○叩いたり、圧力をかけると良く延びる(線に伸ばしたり[延性]、薄く伸ばしたり出きる[展性])
と言う常温(人間が生活している温度で固い)で、固体の元素(1種類の物質からできた)物質を金属と言います。

金属にも見かけの上で例外もあります。
例外1、水銀は常温(人間が生活出きる温度)でも液体ですね。ですが、温度をマイナスに下げれば、固体にり、3つの条件を満たします。
例外2、電気の通しやすいもの(銀、銅など)もあるけど、通しにくいものも有ります。
例外3、延びにくい金属(ベリリウム、チタンなど)もあります。

磁石については、
磁石に付く金属・・・鉄、ニッケル、コバルト
磁石に付かない金属・・・金、銀、銅、アルミニウム
と種類があります。磁石に付かない金属もあります。

>全部あっていると金属なのですか?ひとつ条件が欠けていても金属ですか?
そうですね。金属は、基本の3つの条件兼ね備えていますが、金属の種類によってそれぞれの条件ををどれくらい満たしているか差があります。差はありますが兼ね備えています。

※難しく言えば、化学反応する時、電子を放出する元素(1種類の物質)を言います。
これから勉強していくと、もっと詳しい金属の性質が解ってきます。ここに書かない性質も出てきます。難しい条件をつければ、この説明だけでは不足だったり、不正確だったりする事柄が出てきます。
それはまた、次回質問してください。

こんばんは。
まず金属の性質の基本的な条件として、
○熱と電気を良く伝える(伝導性が良い)
○光沢(金属光沢・ピカピカする)がある
○叩いたり、圧力をかけると良く延びる(線に伸ばしたり[延性]、薄く伸ばしたり出きる[展性])
と言う常温(人間が生活している温度で固い)で、固体の元素(1種類の物質からできた)物質を金属と言います。

金属にも見かけの上で例外もあります。
例外1、水銀は常温(人間が生活出きる温度)でも液体ですね。ですが、温度をマイナスに下げれば、固体にり、3つの...続きを読む

Q磁石にくっつく金属

磁石にくっつく金属といえば「鉄」というのは常識中の常識ですが、鉄以外ではニッケルがありましたよね。他には なかったでしたでしょうか?

Aベストアンサー

通常の気温で金属の強磁性体ということなら、鉄・コバルト・ニッケルです。
これらを主成分とする物質も強磁性体となる場合が多いです。ネオジム磁石や
サマリウムコバルト磁石がその例で強力です。逆にステンレスは磁石につかな
いのが多いですね。一般にクロムの多いステンレスは磁石にくっつきません。
昔、磁気テープによく使われたクロムテープは実は二酸化クロムです。また、
マンガンアルミ磁石という単独では磁石にならない物同士の合金もあります。
このほか、他の金属酸化物やプラスチックなどの磁石も研究されてます。

参考URL:http://www.magtec.co.jp/magnetnews/q&a_backno.html

Qビジネスメールでの御礼の書き方

相手先へお願いしていた書類を
受け取ったのですが、
受け取った事(御礼)とこれからもお願いしますという
感じのメールを書こうと思うのですが、
少々分からない事があるので、教えてください。

・受け取りましたという報告の文章
 「受け取りましたありがとうございます。」で大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

#1の追加です。

失礼しました、手紙ではなくメールでしたね。

こんな感じでしょうか。


いつもお世話様です。
先日依頼いたしました***の書類は、本日確かに受領いたしました。
早速に配慮いただきまして、誠にありがとうございました。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。


人気Q&Aランキング