ホロコーストと南京大虐殺は違う、といったら馬鹿にされました。
ホロコーストはナチスが行った民族差別による一方的な大虐殺で、南京大虐殺はその存在自体があったかどうか議論の余地があるとおもいます。
私の考えでは、ホロコーストと南京大虐殺は比較の対称にもならないほどはっきりとした違いがあると思うのですが、うまく文章にできません。
皆さんのご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>ホロコーストと南京大虐殺は違う、といったら馬鹿にされました。


その馬鹿にしたっていう人は、一体どういう人なんでしょうか?日本人ですか?
歴史認識が正しくできている人なんでしょうかね?
ホロコーストと南京大虐殺とは全く違うものです。

>ホロコーストはナチスが行った民族差別による一方的な大虐殺で、南京大虐殺はその存在自体があったかどうか議論の余地があるとおもいます。
ホロコーストはナチスドイツによる国家的犯罪であり、国際法にふれる犯罪です。しかし、南京大虐殺はというと、novarioさんのおっしゃる通り、はっきりとした事実確認がなされていません。また、国際法にふれる犯罪とは少し異なります。
今出されている情報というか事実というものは、人聞きされていたり、誇張されているものがほとんどで、実際その場に居合わせた人の情報というものはありません。また、捕虜にされた人の証言というものがありますが、その時代の捕虜にされた洗脳政策により、「やっていないこともやった」という証言が数え切れないほどあります。(その人の所属した部隊が駐留していない、遠く離れているで犯罪行為をしたなど、記録を調べてみるとつじつまの合わないことが多いのです。)

また、最新情報によりますと、南京大虐殺を働いたとされる陸軍の部隊は、虐殺がなされたとされる時間には南京城内にはいなかったということが、軍の記録により分かりました。(その時間には南京城内には入れないところに駐留していたそうです。)
ですから、南京大虐殺そのものがあったかどうかということが、かなり怪しいですし、虐殺にあった人数もかなりあやふやなものです。

確かに虐殺がなかったとは完全に否定できませんが、現在言われているような大規模な虐殺は行われていないと俺は考えています。
(アジアにおける軍人とゲリラ、民間人の区別はとても難しく、それまで民間人と思われていたにとが突然ゲリラに変わってしまうことがよくあるのです。このことは、ベトナム戦争においてアメリカが嫌と言うほど味わったことですが・・・。
ですから、相手が本当に民間人なのか、ゲリラなのか判別できにくいため、疑いのあるものは殺害されたと言う可能性が否定できないからです。)

単に、南京虐殺について声高に日本に対して言うことにより、実際中国自身が第2次大戦後に行った人民虐殺を隠しておきたいためと俺は考えています。
(中国が行ったの人民虐殺は、第2次大戦中に日本軍が行った殺害数よりもずっと多いのです。)

最後に、昔、中国は元寇という日本侵略をしていますよね。その時、かなりの人が奴隷として中国に連れて行かれたんですよ。ご存じでしたか?
そのことを中国政府はなんと思っているんでしょうね。
政府?が変わろうと今の日本に「謝罪を」というのであれば、この元寇の時の「謝罪」はどうなっているのでしょうか?
俺はとても不思議です。

南京大虐殺について書いているHPを見つけましたので、ご覧になるのもいいですよ

参考URL:http://www.nc4.gr.jp/link/history-issue/nanking. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URL、大変よかったです。ありがとうございます。

お礼日時:2001/09/04 20:17

南京大虐殺とホロコーストが違うと言うnovarioさんの考えは正しいです。


ホロコーストはひとつの民族を地球上から抹殺しようとしたのです。
南京大虐殺があったとしても(私はなかったと思っています。)
日本が漢民族を抹殺しようとしましたか?
日本がおこなった戦争犯罪は戦争が起きればどの国の軍隊でも起こす可能性の
ある犯罪です。
戦勝国のアメリカの原爆や無差別爆撃はれっきとした戦争犯罪です。
だからドイツのしたホロコーストは普通の戦争犯罪では推し量れない
人類に対する重大な犯罪です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
ホロコーストが人類に対する犯罪ということがよくわかりました。
東京裁判では、旧日本軍の行為を、人類に対する犯罪といってましたね。じゃあホロコーストはどうなるんでしょうね。

お礼日時:2001/09/06 18:29

端的に言えば、ホロコーストというのは継続的な政策で、南京大虐殺は一時的な事件であると言えましょう(南京大虐殺の存在は前提とします)。



しかし、ある種の極限状態下における人間の狂気の発露、というように共通点を見つけることはできます。

問題は、そのような共通点なり違いなりを抽出することにより如何なる結論を導くことを意図しているかでしょう。

ホロコーストというのは継続的な政策で南京大虐殺は一時的な事件であることからドイツ人の残虐行為の特殊性を強調することもできますし、ある種の極限状態下における人間の狂気の発露という点から特にドイツ人や日本人が残酷なことをした訳ではないとも言えますし、ドイツ人と日本人の狂気の発露ということからドイツ人と日本人が共に特別に残酷であるとも主張できます。もちろん、それぞれにそれぞれの立場から反論することもできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。sukemasaさんのご意見ももっともです。
やったやらないの議論より、どんな結論をだすかが大切である。そうですね。

お礼日時:2001/09/04 20:16

はじめまして!



私もnovarioさんのご意見に大賛成です!
ホロコーストは、ひとつの民族が(もしくは宗教が)気に食わない
もう一方の民族(宗教)を、一方的に抹殺しようとした、「民族の犯罪」
なのに対し、南京大虐殺は、ご指摘の通り、その存在すら不確かなもの
であり、もし似たような行為が行われていたとしても、その人数はかなり少ない
もので、その行為はあえてあげるなら「戦争犯罪」というところでしょうか。

つまり、ホロコーストは、ゲルマン民族が今後ず~っと背負っていかなければならない罪なのに対し、南京云々は、東京裁判で償いは済んでいるものと考えます

むしろzawayoshiさんのおっしゃるように、日本に落とされた2つの原爆が
裁かれないのが不思議でなりません・・・

ちなみに、蛇足ですが・・・日本軍が南京大虐殺で殺したといわれる人数と
2つの原爆による死者数が、ほぼ同じぐらい(約20万人)と
いわれています・・・

20万人を殺すのに、原爆2個が必要なのに、銃剣や毒物・生物兵器(使ったとして)で20万人もの人間を、一度に殺すことができるのでしょうか?
とても不思議です・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですよね。中国は30万人とかいってますが。
南京事件に関する資料に関しても、疑問がのこります。

ホロコーストについてのご意見、参考になりました。

お礼日時:2001/09/04 19:24

 ホロコーストはナチスが国家政策として行った民族差別であり、南京虐殺は大東亜戦争時に発生した一事件であると私は考えます(民族差別的要素も否定しませんが)。


 よく南京虐殺があったかなかったか泥沼の水掛論になってますが、伝えられるような大規模(数十万人)のものが一度あったのではなく、もっと小規模のものが誇張されたか、各地で似たような虐殺事件がいつのまにか混同されて「南京大虐殺」と呼ばれるようになったのだと思います。

 ホロコーストと広島長崎はまた別の問題でしょう。
 ホロコーストは確固たる選民思想に基づいて行われたもの。
 広島長崎は殺戮の効率化を追及したもの。(アメリカは戦争の終結を早めたなどとほざいておりますが)

 日本とアメリカの原爆に対するスタンスの違いもここに現れていると思います。
 日本は非戦闘員も含めた殺戮を行った非人道的兵器として原爆を論じ、アメリカは戦争終結を早め、アメリカ兵の犠牲を減らしたものとして論じている。
 このスタンスの違いが両国の議論をかみ合わないものにさせ、原爆展の中止などにつながっていると私は思います。

 後半、質問から逸脱しましたが参考になれば・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。そのとおりかもしれません。
東京裁判では、日本軍の蛮行を捏造してまで戦犯を処罰していたそうですし。南京事件もその過程で生まれたのかもしれませんね。

表記ぶそくでしたが、詳しい説明、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 19:21

 逆にホロコーストと南京大虐殺が同じだというロジックを聞いてみたいですね。


 そこから論を展開させて見たいですけど…

#私は逆にホロコーストと広島長崎大虐殺がいっしょだと考えております。

この回答への補足

原爆にかんしても、人種差別があったようですね。
当時の白人は有色人種を下等な人種としてみていて、原爆も、はなからドイツは投下予定地にははいっていなくて、まず黄色人種の日本人にたいして投下するということが前提であったともきいています。

補足日時:2001/09/04 19:17
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくのご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/04 19:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユダヤ人ホロコースト写真

私はいまだユダヤ人のホロコーストを信じられません。人間が特定の民族をそこまで憎んで淡々と殺して処理することなんか無理だと思うのです。この好奇心がミュンヘンに行った時もダッハウ強制収用所見学にも駆り立てました。実際に見て、うーん、これだけのガス室ならそんなに処理できないよと思ってしまいました。加えて歴史の写真を見る事も多いのですがどうも虐殺されたご遺体の写真を見るとほとんど男性にしか見れません。無差別に殺戮したら女性も子供ももっと写真があると思いますが如何でしょうか?もしかしたら、女性や子供の写真はあまりにもむごいから公開されていないのでしょうか?それとも元々600万も殺戮されていないのではないでしょうか?

Aベストアンサー

写真そのものから真実を判断するのは不可能です。
死体が沢山映っている写真があった。
ではその死体はユダヤ人なのか、ナチスが殺した
のか、なんてのは写真だけから読みとることは
できません。
ショックが大きいけれども、どのようにでも理由がつけられます。

あるドイツ人が反論していました。

1,ユダヤ人の人口は、虐殺前は1500万だったが
  虐殺直後は1800万。非常に不自然だ。

2,あの施設は、特に焼却炉は24時間365日フル稼働
  しても600万など処理できない。物理的に不可能だ。

3,これだけ疑問点があるのに、世界の人は信じている。
  それは、タイムズ、ロイター、ポストなど世界のマスコミが
  宣伝したからだが、これらは総てユダヤ資本の会社だ。

4,ではなぜ、彼らはこんなことを宣伝したのだ。
  イスラエル建国の為の、国際世論造りがその目的だ。

負けると悪者にされるのは日本だけでは
無いような気がします。

ちなみに、600万と言われる中で、かなりの部分はロシアによる
ことが判明しています。

Q(再)南京大虐殺で「三十万人大虐殺」を行った日本軍が・・・

前回も質問しましたが、納得のいく回答がなかったので、再掲します。


南京大虐殺の遺体処理についての質問です。

日常のニュースを見ていて思ったことなのですが、
例えば、殺人事件の発覚のキッカケが死体から放たれる異臭というケースが多々あると聞きます。
経験者が言うには、あれほど人間として耐え難い悪臭はないそうです。
しかも、たった一体の腐敗臭でさえ広範囲に漂うそうです。

1、ナチスドイツはホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を行うにあたって、初めから死体処理工場を準備していました。ナチスに100%の遺体処理が可能だったのは、工場を建設し、あらかじめ犠牲者を収容所に監禁していたからです。

2、ソ連軍がポーランド軍の将校を抹殺したカティンの森の虐殺でも、あらかじめ将校たちに自分の墓穴を掘らせたうえで射殺しています。

3、モンゴルのチンギスハーンは、都市国家の国民を皆殺しにしたが、全員殺してしまったために死体を処理する者がおらず、死体が全部腐ってしまった。そのあまりにも悪臭に耐えかねて、チンギスハーンはその都市を放棄したそうです。



【質問1】
死体処理について何の準備もなく、偶発的に「数十万人」を虐殺した軍隊が、ただの一体も腐らせずに処理するなどということが可能でしょうか?

【質問2】
中国側のいうような「三十万人大虐殺」がもし本当にあったのならば、
99%の遺体を処理したとしても(絶対に不可能ですが)
残りの1%の、つまり3千人の遺体が現場に残されているはずです。
それならば多くの人々が腐敗臭に苦しんだという証拠が残っているはずです。
そのような証拠はありますか?

【質問3】
前準備もなく「数十万人」を虐殺した日本軍が、どのように遺体から悪臭を発せずに処理したかを教えて下さい。

前回も質問しましたが、納得のいく回答がなかったので、再掲します。


南京大虐殺の遺体処理についての質問です。

日常のニュースを見ていて思ったことなのですが、
例えば、殺人事件の発覚のキッカケが死体から放たれる異臭というケースが多々あると聞きます。
経験者が言うには、あれほど人間として耐え難い悪臭はないそうです。
しかも、たった一体の腐敗臭でさえ広範囲に漂うそうです。

1、ナチスドイツはホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を行うにあたって、初めから死体処理工場を準備していま...続きを読む

Aベストアンサー

No.7 で何か述べている人がいますが、結論は変わりません。
> 当時の日本兵の手紙:「もう支那兵の死人が暖かになって腐
> るので、悪臭が鼻を切るように匂ってくるよ。全く戦地だね。
> 揚子江の隅には死人の山で□の如くだよ。一寸内地の人が見
> たら驚くね。腐ってどろどろになって居るよ…」

 で、これは「死体」であることは示していますが、大虐殺による死体であったことは全く意味しません。正規軍同士の戦闘結果であろうが天安門での虐殺結果であろうが、死体は死体です。五十歩百歩と言えましょう。

> これが不衛生な都市の悪臭か、あるいは死体の匂いなのかは、
> 質問者及びこのWebをご覧になっている方の判断にお任せしま
> す。

 というか、この文章からしたら死体の臭いにしか読めないのですが、
他者の読解力をずいぶんと甘く見ていますね。要するに、自称「ほぼ同じこと」が全くもって「ほぼ同じ」などではなかったというだけのことです。

> それで「3月中旬までは未処理の死体が残っていた」事は確
> 認できます。(それ以降がどうかはこれだけではわかりませ
> ん。)

 戦争が行われたのですから、死体が残っていないわけがありません。誰かが「死体が残ってい」なかったという意見を述べているとでも思っているのでしょうか。私ですら死人の存在を明言しています。
 問題は、「三十万人大虐殺」という量であり、それにより生じた三十万体の死体を処分する作戦行動の命令書の有無であり、処理し切れなかったと仮に想定した場合において残ったであろう死体の発する腐敗臭です。
 決して「死体の臭い」などという量を無視した概念ではなく。

No.7 で何か述べている人がいますが、結論は変わりません。
> 当時の日本兵の手紙:「もう支那兵の死人が暖かになって腐
> るので、悪臭が鼻を切るように匂ってくるよ。全く戦地だね。
> 揚子江の隅には死人の山で□の如くだよ。一寸内地の人が見
> たら驚くね。腐ってどろどろになって居るよ…」

 で、これは「死体」であることは示していますが、大虐殺による死体であったことは全く意味しません。正規軍同士の戦闘結果であろうが天安門での虐殺結果であろうが、死体は死体です。五十歩百歩と言えましょう...続きを読む

Qホロコーストの意味と用例

「ホロコースト」は「焼かれたいけにえ」という意味のギリシャ語を語源とする言葉です。

これは「ホロコースト百科事典」というサイトでの言葉の定義です。

この定義に従うと、広島と長崎でアメリカ合衆国が日本の国民に対してホロコーストをした、という用例が成立すると思うのですが、なぜかあまりこの言葉が使われていません。

質問1:
アメリカ合衆国による日本の非戦闘員の大量虐殺をホロコーストと呼ぶことが少ないのはどのような背景があるのでしょうか?

質問2:
今後、日本の教科書で広島、長崎の非戦闘員大量虐殺をホロコーストと呼ぶようにした場合、何か問題がでるでしょうか?

Aベストアンサー

いつも楽しい回答文を拝見してをります。Mokuzo100nennさんのきまじめな質問に、阿呆の私が回答するのも変ですが、少しだけ。

>>「ホロコースト」は「焼かれたいけにえ」という意味の
>>ギリシャ語を語源とする言葉です。

語源的には、「ホロス」が「すべての」、「カウストス」が「焼きつくすこと」といふ意味で、神にささげる犠牲を完全に燃やした宗教儀式のことです。ギリシャの話では、クセノポン『アナバシス』第7巻第8章第4節に、動詞の形で表現されてゐます。ゼウスへの丸焼きの生贄について述べられてゐます。ユダヤ関係では、たとへば旧約聖書のギリシャ語訳レビ記6章23節に、神への全焼のささげもの、としてホコカウストスといふ名詞の形でそのまま表現されてゐます。

単語の分析的な意味だけ考へれば、完全に焼くことですので、証拠隠滅目的燃焼や廃棄物焼却処理などにも使用できます。しかし言葉は文化や社会と密接に結びついてをり、宗教的な意味合ひが含まれます。

ユダヤ人のあひだでも、「ホロコースト」といふ表現を嫌ふ人たちが多くゐます。神への犠牲の意味ではないからです。私も、正直なところ、不適切な言葉の使用だと思つてゐます。しかし、「ユダヤ人大量虐殺」の意味でほぼ定着してしまつたものは、変へるのが困難です。

>>アメリカ合衆国による日本の非戦闘員の大量虐殺をホロコーストと
>>呼ぶことが少ないのはどのような背景があるのでしょうか?

ユダヤ人の場合は、まだ聖書との関連で、ホロコーストといふ言葉が結びつきますが、日本人では、そのやうなものがありません。

>>今後、日本の教科書で広島、長崎の非戦闘員大量虐殺を
>>ホロコーストと呼ぶようにした場合、何か問題がでるでしょうか?

言葉の使ひ方は自由ですが、言葉の歴史を無視することになります。

ちなみに、近所にホロコースト記念館があります。アンネ・フランクにゆかりのある人が運営なさつてゐます。でも、広島・長崎とむすびつけるやうな展示はいつさい見られません。

いつも楽しい回答文を拝見してをります。Mokuzo100nennさんのきまじめな質問に、阿呆の私が回答するのも変ですが、少しだけ。

>>「ホロコースト」は「焼かれたいけにえ」という意味の
>>ギリシャ語を語源とする言葉です。

語源的には、「ホロス」が「すべての」、「カウストス」が「焼きつくすこと」といふ意味で、神にささげる犠牲を完全に燃やした宗教儀式のことです。ギリシャの話では、クセノポン『アナバシス』第7巻第8章第4節に、動詞の形で表現されてゐます。ゼウスへの丸焼きの生贄について述べられて...続きを読む

Qナチスと南京大虐殺

この二つは虐殺の定番とされていますが、
具体的にどのような虐殺を行っていたんですか?
詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

虐殺の定番と言えば、社会主義国が自国民や他国民に対して行ったものですよ。ナチスの「虐殺」、存在すら極めて怪しい「南京大虐殺」など比較にもなりません。

スターリン:累計で1億人くらいを虐殺?正確な数字は、将来も算定不能でしょう。

ウクライナの反ソビエト勢力を衰弱させるため、意図的に食料を徹底的に徴発して1千万人近い餓死者を出させる。徴発した食糧は他国に輸出して外貨を稼ぎ一石二鳥。

土木工事や鉱山採掘に必要な奴隷の数を予め算出し、各地の秘密警察に「政治犯***人を**までに調達せよ」と命じて全国から数千万人の「政治犯」を強制収容所に送り、奴隷として酷使。劣悪な輸送環境で多数が死に、過酷な労働、安全設備の欠如、飢餓と寒さで政治犯(奴隷)は次々に死亡。その数は数千万人に上ると推定される。採掘した資源は国外に輸出して外貨に換える。

第二次大戦で、緒戦の対ポーランド戦、後の対ドイツ戦、一週間の対日戦で得た捕虜は国内に連行して政治犯同様に奴隷として使役。外国人ゆえ、いっそう仮借なく酷使し待遇も悪く、多数が死亡。最後のドイツ人捕虜がドイツに戻ったのは1960年代のこと。

第二次大戦でソ連は「2000万人」という未曾有の犠牲を出しているが、その大きな理由は「損害無視の人海戦術」。ドイツ軍将兵の回想で「ソ連の指揮官は兵の命を全く無視した戦法を取る。理解できない」と言うものが多い。ソ連軍の人海戦術は、数年前のハリウッド映画「スターリングラード」の冒頭で描写されています。

毛沢東:国民数が大きいだけに、虐殺数は1億人を軽く超えていると推定。こちらも正確な数字は誰にも分かりません。

スターリンのやり方を模倣した毛沢東は、同じ手口で製造した政治犯を強制収容所に送って奴隷として使役し、農民を餓死させ、朝鮮戦争では人海戦術と無補給で「義勇軍」兵士を無駄死にさせました。

虐殺の定番と言えば、社会主義国が自国民や他国民に対して行ったものですよ。ナチスの「虐殺」、存在すら極めて怪しい「南京大虐殺」など比較にもなりません。

スターリン:累計で1億人くらいを虐殺?正確な数字は、将来も算定不能でしょう。

ウクライナの反ソビエト勢力を衰弱させるため、意図的に食料を徹底的に徴発して1千万人近い餓死者を出させる。徴発した食糧は他国に輸出して外貨を稼ぎ一石二鳥。

土木工事や鉱山採掘に必要な奴隷の数を予め算出し、各地の秘密警察に「政治犯***人を**ま...続きを読む

Qホロコーストと日本の戦争犯罪

ホロコーストと南京大虐殺は違う、といったら馬鹿にされました。
ホロコーストはナチスが行った民族差別による一方的な大虐殺で、南京大虐殺はその存在自体があったかどうか議論の余地があるとおもいます。
私の考えでは、ホロコーストと南京大虐殺は比較の対称にもならないほどはっきりとした違いがあると思うのですが、うまく文章にできません。
皆さんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

>ホロコーストと南京大虐殺は違う、といったら馬鹿にされました。
その馬鹿にしたっていう人は、一体どういう人なんでしょうか?日本人ですか?
歴史認識が正しくできている人なんでしょうかね?
ホロコーストと南京大虐殺とは全く違うものです。

>ホロコーストはナチスが行った民族差別による一方的な大虐殺で、南京大虐殺はその存在自体があったかどうか議論の余地があるとおもいます。
ホロコーストはナチスドイツによる国家的犯罪であり、国際法にふれる犯罪です。しかし、南京大虐殺はというと、novarioさんのおっしゃる通り、はっきりとした事実確認がなされていません。また、国際法にふれる犯罪とは少し異なります。
今出されている情報というか事実というものは、人聞きされていたり、誇張されているものがほとんどで、実際その場に居合わせた人の情報というものはありません。また、捕虜にされた人の証言というものがありますが、その時代の捕虜にされた洗脳政策により、「やっていないこともやった」という証言が数え切れないほどあります。(その人の所属した部隊が駐留していない、遠く離れているで犯罪行為をしたなど、記録を調べてみるとつじつまの合わないことが多いのです。)

また、最新情報によりますと、南京大虐殺を働いたとされる陸軍の部隊は、虐殺がなされたとされる時間には南京城内にはいなかったということが、軍の記録により分かりました。(その時間には南京城内には入れないところに駐留していたそうです。)
ですから、南京大虐殺そのものがあったかどうかということが、かなり怪しいですし、虐殺にあった人数もかなりあやふやなものです。

確かに虐殺がなかったとは完全に否定できませんが、現在言われているような大規模な虐殺は行われていないと俺は考えています。
(アジアにおける軍人とゲリラ、民間人の区別はとても難しく、それまで民間人と思われていたにとが突然ゲリラに変わってしまうことがよくあるのです。このことは、ベトナム戦争においてアメリカが嫌と言うほど味わったことですが・・・。
ですから、相手が本当に民間人なのか、ゲリラなのか判別できにくいため、疑いのあるものは殺害されたと言う可能性が否定できないからです。)

単に、南京虐殺について声高に日本に対して言うことにより、実際中国自身が第2次大戦後に行った人民虐殺を隠しておきたいためと俺は考えています。
(中国が行ったの人民虐殺は、第2次大戦中に日本軍が行った殺害数よりもずっと多いのです。)

最後に、昔、中国は元寇という日本侵略をしていますよね。その時、かなりの人が奴隷として中国に連れて行かれたんですよ。ご存じでしたか?
そのことを中国政府はなんと思っているんでしょうね。
政府?が変わろうと今の日本に「謝罪を」というのであれば、この元寇の時の「謝罪」はどうなっているのでしょうか?
俺はとても不思議です。

南京大虐殺について書いているHPを見つけましたので、ご覧になるのもいいですよ

参考URL:http://www.nc4.gr.jp/link/history-issue/nanking.html

>ホロコーストと南京大虐殺は違う、といったら馬鹿にされました。
その馬鹿にしたっていう人は、一体どういう人なんでしょうか?日本人ですか?
歴史認識が正しくできている人なんでしょうかね?
ホロコーストと南京大虐殺とは全く違うものです。

>ホロコーストはナチスが行った民族差別による一方的な大虐殺で、南京大虐殺はその存在自体があったかどうか議論の余地があるとおもいます。
ホロコーストはナチスドイツによる国家的犯罪であり、国際法にふれる犯罪です。しかし、南京大虐殺はというと...続きを読む

Q南京大虐殺

日中戦争について知りたいことがあるのですが、
(1)日中戦争全般での中国側の兵士、民間人、ゲリラを問わず日本兵により殺害された人数の合計

(2)南京攻略後「市内」にて、中国側の兵士、民間人、ゲリラを問わず日本兵により殺害された人数の合計

(3)第二次上海事変以降から、南京攻略までの中国側の兵士、民間人、ゲリラを問わず日本兵により殺害された人数の合計

どなたか詳しいかたがいれば回答お願いします。なお、回答においては
単に~です、ではなく根拠となる資料もできればお願いします。

Aベストアンサー

(1)ウィキでは、1350万としていますね。(抜粋)

<第二次世界大戦の結果、ファシスト・イタリアが倒れ、ドイツと日本が降伏した。犠牲者数は世界でおよそ6,000万人と言われる。主要参戦国における死亡者数の概数は、ソ連2,000万人(軍人1,300万人・市民700万人)、中国1,350万人(350万人・1,000万人)、ドイツ730万人(350万人・380万人)、ポーランド540万人(12万人・530万人)、フランス60万人(25万人・36万人)、イギリスおよびイギリス連邦50万人(45万人・6万人)、日本210万人(170万人・38万人)、アメリカ40万人(40万人・0.17万人)、イタリア40万人(33万人・8万人)と推定されている。>

 イギリスのタイムズ社のデーターをグラフにしたものでも、それに近い数字が出ています。
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/5227.html

 戦争前と戦争直後の地域ごとの大雑把な人口推計を足し合わせてその差を戦争死者としたのではないかと思います。ですから、餓死や病死(戦争の影響によるものも、そうでないものもあるかもしれません。)についても含んでいる可能性があります。

(2)
 日本は明治時代から、戸籍制度が完備しており、戦争に兵士として参加した人数などはほぼ正確ですし、民間人の死者の推計も戸籍台帳が空襲で焼失したりした場合でも、戦中・戦後できる限りの復元・情報収集が行われました。

 それに対し、中国は清の滅亡前から太平天国の乱など、国内で騒乱が相次ぎ、秦の滅亡後は軍閥が割拠して半独立国状態で、蒋介石が北伐を完了(もっとも、軍閥は蒋介石の政権下に入っただけ。)したのが1928年で、それから全国的な統治組織を整備し始めたのですから、全国統一基準の個人の住所・年齢・性別・名前の把握などは、1931年の満州事変・1937年の日華事変勃発時には、全くできていませんでした。

 ちなみに、中国が正確な人口把握を行うのは、2000年の国勢調査からで、それまでは無戸籍の人は調査されていなかったようです。
http://www.peopledaily.co.jp/j/2000/03/24/newfiles/a1330.html

 ですから、中国の戦争死者数は、日本に比べるとかなり大雑把で、南京事件の死者数の推計に対しては、中国側に基礎となる正確な資料がなく、日本側の軍の報告書などをもとに推計するのが一番実情を反映しているのではないかと推測されています。(当時、日本側には隠ぺいしようとする動きがほとんどなく、現地指揮官の手記や軍上部への報告書は、かなり信頼が置けるものと言われています。)

 南京事件の死者数では、秦郁彦氏(元大蔵官僚・防衛大学校教官)の行った日本側の資料を基にした推計が、一番確かなようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%A6%E9%83%81%E5%BD%A6

 尚、中国側も犠牲者30万については、証明できないことを専門家が認めています。(北京週報日本語版。ネット上で長く見ることができましたが、先日削除されました。)

(3)
 上記のような状況なので、時期を区切った数字は一層、不明です。

(1)ウィキでは、1350万としていますね。(抜粋)

<第二次世界大戦の結果、ファシスト・イタリアが倒れ、ドイツと日本が降伏した。犠牲者数は世界でおよそ6,000万人と言われる。主要参戦国における死亡者数の概数は、ソ連2,000万人(軍人1,300万人・市民700万人)、中国1,350万人(350万人・1,000万人)、ドイツ730万人(350万人・380万人)、ポーランド540万人(12万人・530万人)、フランス60万人(25万人・36万人)、イギリスおよびイギリス連邦50万人(45万人・6万人)、日本210万人(170万人・38...続きを読む

Qホロコーストは失敗だったのでしょうか?

ホロコーストが失敗だったという意見は数多くあります。
しかし、失敗したのはドイツが他国と戦争を始め、アメリカの参戦やソ連進行などの軍事的な失敗によるもので、決して絶滅政策が失敗したのだとは思えません。

ホロコーストは本当に失敗するのでしょうか?

Aベストアンサー

しかし、失敗したのはドイツが他国と戦争を始め、
アメリカの参戦やソ連進行などの軍事的な失敗に
よるもので、決して絶滅政策が失敗したのだとは
思えません。
  ↑
ホロコーストの目的が達成出来なかったのです
から、失敗でしょう。

質問者さんがいいたいのは、ドイツが負けたので
ホロコーストが悪者扱いされるようになったのだ、
勝っていれば善になっていたかもしれない、

そういうことではないですか。
そもそもナチスのホロコーストについては、
本当にあったのか、疑問も出されています。
負けるとあること無いことの罪をかぶせられる
ものです。




ホロコーストは本当に失敗するのでしょうか?
   ↑
そんなことは無いでしょう。
絶滅させられた民族などはいくらでもいた
のではないですか。

かつて、中央アジアには、紫色した髪と
目を持った民族がいた、なんて説もあります。

インカ帝国はスペインによって滅ぼされました。

中共政府は、数百ある少数民族を56にして
しまいました。

Q南京大虐殺の真相について

・日中戦争における【南京大虐殺】は、日本が兵の【意識高揚の為に、でっち上げた虚偽】である事を証明できる歴史的証拠や根拠は有りませんか?
・僕が報道や新聞で見た限り
(1)二人の日本兵の写真しか無い(虐殺された死体の山が写った写真が無い)
(2)報道の中で聞いた話ですが、実際に行なわれたはずなのに、中国側の被害者の家族が出てこない。
(3)当時は銃器が主兵器であり、日本刀での殺戮は想定しずらい。

・事実の究明とは別に中国の教育では【南京大虐殺】が、おまじないのように出てきます。
・【天安門事件】には触れずに、有った事が立証できない【南京大虐殺】が平然と中国国民に教育される実態に不満を通り越して恐怖すら感じます。

Aベストアンサー

アイリス・チャン著「ザ・レイプ・オブ・南京」
http://web.archive.org/web/20040622232004/http://www.history.gr.jp/nanking/iris_chan.html

Qナチスドイツがユダヤ人のホロコーストをした理由とは

ナチスドイツがユダヤ人のホロコーストをした理由とは何でしょうか?
また、当時の世界ではユダヤ人のホロコーストは知られていたのでしょうか?
欧州ではユダヤ人に対しての救済活動というものは無かったのでしょうか?

Aベストアンサー

 不況に伴う、嫉妬です。
 ナチス時代国内でユダヤ人の摘発をしたのは、主にゲシュタポですが、そのほとんどはドイツ人達の密告でした。ご存知でしょうが、当時ドイツはベルサイユ条約の賠償金などのため、大変な不況に喘いでいました。なにせ日本の大使が、歓迎会の果物が虫食いのものしか出なかったと伝えているくらいひどかった。それがユダヤ人への妬みの引き金になりました。
 一方でユダヤ人も、これは高島慶子さんという方の英国エッセイにも出ていますが、他の人たち、いわば異教徒達とあまりつき合おうとしませんでした。食べ物にもタブーが多いので、ちょっとお茶でもというわけにはいかないからでしょう。その結果、周りから見ると、何をしているか分からない人、怪しい人たちといった感じで密告につながりました。
 そして政府にしても、どこかに別の敵がいれば、政府へのクレームが減ります。なんせ世界有数の弁護士を抱える国ですから、どれだけ注文がくるか分かったものではありません。そしてアーリア人神話による純血主義が、異質なものを排除する動きになっていきます。
 20世紀の入り口当たりで、コッホをはじめとするドイツの医学や細菌学への理解が広がりますが、その根底に病の原因となる、人間にとって異質なものを徹底的に排除しようとする意識が一般の人たちにも広がっていたことをしめしています。バウハウスの、無駄を省いた機能一点張りの建築、あるいは植生の成長を妨げる害虫、雑草の排除のための殺虫剤の開発が証です。
 なお、ホロコーストは連合国によって知られていましたが、継戦のために、表立っては何もされませんでした。初めて歩兵部隊として強制収容所を開放した日系部隊にも、箝口令によって発表されなかったくらいです。

 不況に伴う、嫉妬です。
 ナチス時代国内でユダヤ人の摘発をしたのは、主にゲシュタポですが、そのほとんどはドイツ人達の密告でした。ご存知でしょうが、当時ドイツはベルサイユ条約の賠償金などのため、大変な不況に喘いでいました。なにせ日本の大使が、歓迎会の果物が虫食いのものしか出なかったと伝えているくらいひどかった。それがユダヤ人への妬みの引き金になりました。
 一方でユダヤ人も、これは高島慶子さんという方の英国エッセイにも出ていますが、他の人たち、いわば異教徒達とあまりつき合お...続きを読む

Q南京大虐殺

南京大虐殺の真実
http://www.nextftp.com/tarari/
南京事件 小さな資料集
http://www.geocities.jp/yu77799/

中国側の主張する30万人説は間違いにしても、上のようなサイトを見ると、南京大虐殺はあったと思われます。
しかしネット上には、いまだに否定派が幅をきかせているようです。
たとえば、
http://www.nextftp.com/tarari/nankinhodo.htm
のような記述は、否定派は否定できるのでしょうか?
私としては、「戦争のあるところ、南京大虐殺のようなことは起こりうる可能性がある。だから、戦争回避の努力をすべきだ」ということで、片付く話だと思うのですが、なぜ否定派は否定しつづけるのでしょうか?
中国側にも、「中国人でも状況が重なったら、南京大虐殺のようなことをするかもしれない。だから、自らも襟を正すべきだ」ということもできると思います。
なぜ否定派は不毛な否定をつづけるのでしょうか?それとも、南京大虐殺がなかったという決め手はあるのでしょうか?
どなたかコメントお願いします。

南京大虐殺の真実
http://www.nextftp.com/tarari/
南京事件 小さな資料集
http://www.geocities.jp/yu77799/

中国側の主張する30万人説は間違いにしても、上のようなサイトを見ると、南京大虐殺はあったと思われます。
しかしネット上には、いまだに否定派が幅をきかせているようです。
たとえば、
http://www.nextftp.com/tarari/nankinhodo.htm
のような記述は、否定派は否定できるのでしょうか?
私としては、「戦争のあるところ、南京大虐殺のようなことは起こりうる可能性がある。だから、戦争...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは.

南京大虐殺は,歴史の問題ではなく政治の問題になってしまったので,学問ではなく政治で決着をつけなくてはならなくなってしまいました.否定派が後を絶たないのはそれが原因だと私は考えています.

>しかしネット上には、いまだに否定派が幅をきかせているようです。

幅をきかせているかどうかは判断が分かれますが,否定派は無視できるほどの少数派ではありません.
その理由はあなたご自身がよくご存じのはずです.

>中国側の主張する30万人説は間違いにしても、

あなたは中国側の主張する30万人説に疑問を持っている,または,疑問を挟む余地があると考えている,ということですね?

あなたは南京大虐殺の否定派の一人です.
あなたが望まないとしても,否定派としてカウントされます.
あなたは,自分が否定派であることを自覚して下さい.

南京で日本軍と中国人の間に不幸な事件が起きたことを否定する人はいません(いますが,無視できるほどの少数です).が,今現在,南京大虐殺を(政治の問題ではなく)歴史の問題としてメスを入れようという試みは,南京大虐殺を否定する行為としてカウントされてしまうため,否定派は後を絶たないのです.

南京大虐殺が政治の問題になってしまった以上,それはやむを得ないことなのです.

こんにちは.

南京大虐殺は,歴史の問題ではなく政治の問題になってしまったので,学問ではなく政治で決着をつけなくてはならなくなってしまいました.否定派が後を絶たないのはそれが原因だと私は考えています.

>しかしネット上には、いまだに否定派が幅をきかせているようです。

幅をきかせているかどうかは判断が分かれますが,否定派は無視できるほどの少数派ではありません.
その理由はあなたご自身がよくご存じのはずです.

>中国側の主張する30万人説は間違いにしても、

あなたは中国...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報