社会人&学生におすすめする色彩検定の勉強術

三年目のIT企業勤務の男です。
最近はコロナが落ち着いていることや、作業内容の関係で出社することが多いため、出社や帰宅に歩く時間がありますが、業務時間はずっと座り仕事なのもあって若干運動不足ぎみです。
最近リングフィットアドベンチャーをやっているのですが、1日1ステージ程度のペースにもかかわらず、運動後かならず嘔吐するようになりました。
やはり適切な運動をできていないのでしょうか?ジムに行ってちゃんとした指導を受けたほうがいいですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (4件)

ついでに言うと、リングフィットアドベンチャーはジムより5倍ぐらい辛いですよ。



リングフィットは自分の筋力に応じて負荷は調節できるけど、運動量はステージクリアするまでやらされますよね。その時点で運動不足な人には厳しい内容です。途中のインターバルもほとんど無いので、苦しくても再開しなきゃいけなかった気がします。

自分で若いと思ってても、デスクワークの人にとっては5分ジョギングするのさえキツつい。友達んちでリングフィット何度かやりましたが、よくこんなキツいことできるなーと思った記憶があります。

あんなキツい運動をやらされるジムはありません。
例えば一般的なフィットネスクラブや筋トレジムでは、以下のような内容です。

まずエアロバイクで10分ぐらい軽くウォーミングアップ。それから筋トレを5種目ぐらい。それぞれ連続10~15回で限界の重さで2~3セット。セット間2分ぐらい休憩を入れながらやります。これを約5~6種目、胸、背中、脚、肩、腹など全身バランスよくやる。

以上で終了です。合計45分ぐらいですがトレーニング時間の半分以上は休憩です。人によっては1セット毎に息が整うまで3分でも5分でも休みます。

筋トレの後、20~30分走ったりバイクを漕いだりする人もいますが、それは好みです。頻度も、ガチな人で週3~5回ですが、普通は週2回ぐらいければ真面目なほうです。

このように、苦しさも運動量も運動頻度もリングフィットの半分以下です。それでもリングフィットよりみるみる体型も変わっていくし、体力も付いていきます。内容に無駄が無いからです。

殆どの人は運動は辛いものだという先入観がありますから、
・ゲーム性が無いと続かないんじゃないか?
・ジムは本格的そうだからついていけないんじゃないか?
・筋トレは辛いからEMS器具などで鍛えたほうが楽なんじゃないか?

このように考えて、王道を経験して挫折したならわかりますが、正しい筋トレや正しいランニングの練習方法を習った経験も無いのに、キツいと決めつけて近道を探す。そして、もっと大変なことをやります。哀れなことです。

本来、誰にとってもトレーニングは面倒なものです。みんな、できるだけ少ない労力と時間で成果だけ手に入れたいと考えています。
だから、いかに楽に効率よく効果を出せるか世界中で研究が繰り返されているし、そういう運動ができるように、ジムやトレーナーがあるのです。つまり、楽するためにジムがあると言っても過言ではありません。

したがって、ジム通ってる人には、なんでリングフィットとやEMS器具のような、辛くて大変なことをやるのか理解できなくなります。
運動は運動でサクッと終わらせて、もっと面白いゲームやったほうがいい。ゲーム内で鍛えようとすると運動効果もゲームの楽しさも、どちらも中途半端になってしまう。
筋トレも、質の高い正しいフォームを習ってやれば10回3セット5分ぐらいで終わるのに、なぜEMS器具なんか付けて20分も痛みを我慢するのだろう、とかね。

このように、本格的なトレーニングをしている人より何倍もキツいことをしているのに、それが楽だと誤解している人がたくさんいます。

スポーツとトレーニグは似て非なるものです。ゲームはスポーツです。高得点を摂ったりステージをクリアしたり、相手に勝つのが目的です。したがって、なるべく体力を温存し、力を無駄遣いしないように賢くプレイする必要がありますね。

一方、健康目的、運動不足解消、肉体改造、体力向上のトレーニングは、自分が疲れることがゴールです。たくさん運動するのが目的ではありません。効果的な内容で、早く疲れるほど効率がいい。
自分がしっかり疲労したらそれで目的達成で、他人と競う必要も無いし、高得点を狙う必要も無いし、ステージをクリアする必要もありません。

このように、ゲームとトレーニングは相反するもの。ステージクリアがゴールになってしまうと、手段と目的が入れ替わってしまい、本来ゴールだったはずの運動不足解消や体力向上という目的は、実は達成しにくくなります。

それに、負担も増えます。
ステージの途中だから苦しくても頑張るなんて、要らない努力ですよね。普通の運動なら、ちょっとでも気持ち悪くなったらすぐ休憩します。
筋トレに限らず、最近人気のキックボクシングやボクササイズも、大抵は3分以上運動を続けることはありません。ミット打ちでもサンドバッグでも、3分やったら交代して休む。また体力が回復したら3分やって休む。気持ち悪くなるほどやるシステムにはなっていません。

日本の部活や体育教育では疲れても頑張らないといけないみたいな根性論が根付いているし、長時間運動しようとか、毎日やるべきとか、無駄に量や頻度ばかり重視して運動の質を考えない風潮があります。

その先入観があると、ジムもその延長に見えてしまうのかもしれません。
本来の運動はもっと合理的で体系的なもので、その人に合ったプログラムを組んでおこなうものです。

あえてハードなトレーニングをする人もいますが、それは体力が付いてきた人だけです。ジムに20年ぐらい行ってますが、嘔吐した人や、倒れるまで運動するような人は見たことがありません。

だから、そういう心配は無用です。

結局こういうことも、実際にジム行った人でないとわからない。何事も、とりあえず自分でやってみないとイメージだけで判断するようになり、そういう姿勢は仕事やプライベートの可能性も狭めることになります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

無理しない範囲で適度に休憩をはさみながらやるほうが重要なんですね。今後参考にさせていただきます。

お礼日時:2022/06/03 21:42

マッスルマインドコネクションというものがあります。



例えば筋トレでは、自分がその筋肉の場所や形や動きを理解して、意識を集中させて鍛える必要があります。体だけでなく脳で運動します。
意識がそこに集中していないと、たとえ頑張って鍛えているつもりでもその刺激は脳に届いておらず、そのトレーニングの効果は半分以下に低下します。だから、必ず筋トレは有酸素運動とは別に、各部位ごとに集中しておこないます。「有酸素運動と筋トレが一度にできる」というのは昔から通販の運動器具の謳い文句ですが、そんな運動はありません。

つまりテレビやゲームの画面に集中しながらの運動は、けっこう頑張ってるつもりで、実はあまり効果無かったりします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

筋トレしてる部位に集中しなければいけないんですね。音楽を聴くぐらいなら大丈夫でしょうか・・?

お礼日時:2022/06/03 21:39

本題とは外れますが、座っている時間が長い人は死亡率が上がります。

しかも、座っている時間を減らさない限り、運動習慣を作っても効果が無いそうです。

健康が気になるなら、昇降デスクと疲れないシューズをゲットして、立って作業する時間を増やしていく、会社ではタイマーをセットして1時間ごとに5分ぐらい歩き回るなどの習慣を身に付けてください。最近流行ってて、大手企業では導入しているところも多いですよね。

デスクワークに従事していると、立って作業するなんて非現実的に思えますが、料理人や受付やサービス業など、ほとんどの職業は一日中立っているのが普通です。慣れてくるとPC作業も立ったほうが肩も凝らず快適にできるようになってきます。

こういう意識が高い取り組みは、中年になって不調を感じ始め、危機感を持ったオッサンしかやろうとしません。しかしちょっと遅いです。みんな、もっと前からやっとけば良かったなあと思っています。すでに先人が犯したのと同じ失敗を、次の世代で繰り返すのは馬鹿らしいので、取り入れてみることをお勧めします。


運動はなるべく勉強して取り組んだ方がいいのは確かです。知識さえあれば、辛さや苦痛をいくらでも最小化できるし、少ない時間と労力で成果を出すこともできるようになります。

ただし運動後の嘔吐については、ジムに行って相談しても解決できないと思います。体調不良の原因を特定するのは簡単じゃないし、いくつもの要因が重なって酷くなってることが多いです。ジムで聞いても、「気持ち悪くなるようだったら、無理しないで休んでください!」と言われるだけです。

自分自身で色々調べて、疑わしい要因をひとつひとつ潰していくしかありません。激しい運動で吐き気が起こる人は珍しくはありません。一般的にスポーツ性貧血として片づけられる場合が多いです。
しかし、スポーツ性貧血とは、「運動すると貧血の症状が出る」という現象に名前を付けただけです。

こちらのサイトにもあるように、何がトリガーとなって症状が出ているかは人それぞれです。

“運動すると吐き気”の原因は「スポーツ性貧血」かも。症状と対処法、おすすめの食べ物[医師監修]
https://tinyurl.com/26owgho7

貧血は鉄欠乏症ですから、このサイトには鉄不足を解消するための、お勧めの食べ物などが紹介されています。

しかしここでも問題があります。
まず、本当に貧血かどうかは医療機関で血液検査しないとわかりませんよね。日本では、Hbというヘモグロビンの値しか検査してくれない病院が多いのですが、これでわかるのは重度の貧血場合だけです。潜在的な鉄欠乏症、いわゆる隠れ貧血は見落とされます。
甘いものが欲しくなるとか、頻繁に肩がこるとか、冷え性ぎみなんてのも、実は貧血の症状だったりするのですが、貧血とは見なされていません。
隠れ貧血かどうかは、自分で医者に頼んで、血液検査のフェリチンという項目を加えて貰わなければいけません。

さらに、仮に鉄が欠乏していることが明らかになったとしても、解決は簡単ではありません。ネット上では必ず鉄分の多い食事を紹介しようとしますが、現代の食事で鉄不足を改善することなんて不可能です。
鉄に限らず、ビタミンやミネラルの必要量は人によってかなり違います。同じ食事を摂っていても鉄が欠乏しない人もいるし、人一倍栄養バランスに気を付けていても、体質次第ではぜんぜん足りていない人もいます。
仮にフェリチンの値が低い場合、iHerbやAmazonなどで海外製のキレート鉄など、吸収しやすいように加工された鉄サプリをしばらく飲み続けないと効果が無いかも知れません。

さらに、そもそも貧血ではない可能性や、貧血に加えて他の病気の可能性もあります。運動して吐き気を催す人は多いですが、本当に嘔吐する人は滅多にいません。何か他にも原因が無いか探す必要があります。

もしかすると、胃の病気を患っている可能性もありますよね?ピロリ菌がいて胃炎などにかかっていないか、胃の検査もする必要があるはずです。

あるいは煙草を吸っていると胃の調子が悪くなり吐き気を催しやすいので、喫煙者ならそちらの可能性も疑ってください。

他には睡眠不足や、運動中に頭を振ることで三半規管に問題が出て、眩暈で吐き気を催す人もいるかもしれません。

空腹だったり水分補給が足りなくて、運動中に吐き気を催す場合もあります。それも疑ってください。

生活リズムが不規則なせいで、自律神経が乱れ、胃の不調に繋がっている可能性もあります。

慢性的なストレスを我慢していませんか?ストレスも胃の不調に直結します。これも心当たりがあるなら、当たってみるとか、医師に相談して薬を出してもらうとか、試してみる必要があります。

そもそも、いつからそういう体質になったのか?
いつもどんな時に吐き気を催し、どうすると楽になるのか?
日頃から自分の体を観察してパターンを掴むのも大切です。

という感じで、吐き気や嘔吐ひとつとっても、原因を特定するのはとても面倒なことです。みんなたくさんの原因を抱えているので、医者もすぐには解決できません。

怪我などと違って、ジムのトレーナーにはわからないことですね。



ジムいくかどうという質問に関しては、行ったほうがいいです。

学生時代は、義務教育や一般教養で様々な分野の知識をバランスよく身に付けることができたと思います。文系でも生物を勉強させられるし、理系でも国語をやらされるし、運動嫌いでも体育やらされるしね。
それが社会人になると仕事で必要なことや、自分が興味があることしか勉強しなくなります。これは非常にマズいことです。

本来、人生の幅を広げる体験は、自分が興味を持っていたことではなく、むしろ興味が無かった分野とか、関わらない人種との交流に隠れていることが多いです。社会人になっても積極的にいろいろな場所に出向いたり、習い事をやってみたりする人は、学生時代と同様に教養や価値観をアップデートして行けますが、やらない人はどんどん置いて行かれます。

タダでさえ今は遠回りしなくて済む時代です。自分が欲しい情報に素早くアクセスできるようになった一方で、自分が欲していない体験や、必要だと気づいていない知識を身に付けるチャンスは奪われていると感じます。

そこにコロナ。若い人の多くは、何かに挑戦する機会も、人との出会いも、著しく奪われています。コロナ以前の人より、年間に出会う人の数も、出会える人の種類も少ない。これは必死で取り返さないといけないことです。

少しでも時間があるなら、ジムに限らずとにかく行動範囲を広げるようにした方がいいと思います。飽きて1ヶ月で辞めたとしても、行かないよりは得るものがあるでしょう。
プラスになる体験や出会いがどこに転がっているかわかりませんからね。

ちなみにエニタイムフィットネスやジョイフィット24など、最近多い24時間ジムは基本的に無人ジムで、セルフガソリンスタンドみたいなものですから、運動の仕方も教えて貰うことはできないし、誰かと会話することさえありません。マシンの使い方やトレーニングについてある程度習った経験がある人じゃないとまともに使いこなせません。

初めて行くなら、そういうマシンジムではなく、スタッフが常駐しているフィットネスクラブや、キックボクシングやらなんやら、人に教われるジムに行ってみたほうが楽しいでしょうね。
無理をさせるジムなどないので、吐き気がするからといって、毛剣する必要はないだろうし、栄養改善に関してもむしろトレーナーや他の人に聞いたほうが、いろいろ知れるはずです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なんでも一人でやるには限界がありますからね・・
ご意見を参考にして少し考えてみます。

お礼日時:2022/06/03 21:47

リングフィット程度で嘔吐するようではジムに行ったらぶっ倒れて気絶するのでは?



食生活なども良くないんだと思いますよ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かにそうですね・・・
まず食生活の改善から行ったほうがよさそうですね
ありがとうございました

お礼日時:2022/06/01 01:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング